伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久し振りの凪になりウミウシがっつりリサーチ 12/17雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温12℃ 水温:15.9℃
透視度:12m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛洞窟前~水路~ブイ)

1_1217musume.jpg
 先週月曜日以来の凪で久し振りの雲見OPEN 大西が続いたのに水温、潮色とも思ったより下がってません(^O^) と、ゆーことでがっつりウミウシをエグってきました~

2_1217thorunna.jpg 4_1217otome.jpg
 まずは小牛洞窟内のトルンナ・プルプロペディス 息が長いですね~ オトメウミウシも見られました

3_1217musume.jpg 5_1217benikinu.jpg
 シタビラメの仲間、ムスメウシノシタとヤギの仲間でよく見られるベニキヌヅツミ

6_1217tsuruga.jpg 16_1217minosp5.jpg
 エッグイーターのツルガチゴミノウミウシ ウミウシの卵塊の中ではなくフツーに歩いていたのは初めてかもです

7_1217hoshiakari.jpg 14_1217hibusa.jpg
 カヤ類の中にはホシアカリミノウミウシ ちいさなヒブサミノウミウシが岩の上を移動中でした

8_1217nisehakusen1.jpg
13_1217nisehakusen3.jpg 17_1217nisehakusen4.jpg
 ニセハクセンミノウミウシを一挙大公開 至るトコロで見られました まさに大発生中~ それにしてもニセじゃない方はまだ見たことがありません(>_<)

9_1217komon1.jpg 15_1217sarasa.jpg
 コモンウミウシもいっぱいいました こんなにいるんだってカンジです レギュラーメンバーのサラサウミウシもアチコチで見られました

11_1217akaboshi.jpg 12_1217doto.jpg
 ウミウシを食べるアカボシウミウシ 今回は捕食シーンは見られませんでした 極小サイズでなんだかよくわからなかったんですが触覚がマツカサウミウシ系ですね シロマツカサウミウシでしょうか?

18_1217nekojita9.jpg 21_1217hiro.jpg
 ネコジタウミウシ属の一種です このエリアではちょいちょい見かけますね すぐ近くにヒロウミウシもいました

19_1217moebi1.jpg 22_1227kimo.jpg
 水路を沖から湾内側に移動中、セクシーシュリンプと青い眼のキモガニをチェック✔

20_1217tsumani.jpg 23_1217tenrok.jpg 24_1217sero.jpg
 ラストはバニー3連発 まずはツマニケボリ そしてテンロクケボリ 続いてセロガタケボリ 雲見ではごくフツーに見られるバニーです

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温12℃ 水温:15.8℃
透視度:12m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(ロッカク岩~大牛洞窟前~たて穴根頭)

25_1217isokon.jpg
2ダイブ目はロッカク岩付近からエントリー まずはいつものイソコンペイトウガニ いつの間にか甲羅をフジツボに覆われてしまいました(>_<)

26_1217hotate.jpg 29_1217akahoshi.jpg
 ホタテウミヘビのノブオ 久し振りの雲見だったので腹ペコの様子でした ボクが近づくと砂の中からカラダを伸ばしてエサをおねだりします 全身、出てきてもうすっかりペットです(笑) 他の3個体にもエサやりをしました まだ全身、出てくるまではいってませんがそのうち全部、飼い慣らして日光猿軍団みたいに芸を仕込みたいと思います そーこーしているうちにコブダイのノブオも登場 こっちもそーとー腹ペコの様子でした シマキッカイソギンチャクには高確率でアカホシカクレエビが付いています エビを探すよりイソギンチャクの近くにタカノハダイやキタマクラなどの魚がいたらそこをチェックします

27_1217namakom1.jpg 28_1217namakom2.jpg
 ナマコマルガザミは大小、見られました コイツもコツをつかめば面白いように見つかります

30_1217aou1.jpg 31_1217koto1.jpg
 アオウミウシとコトヒメウミウシ つい最近まで極小サイズだったアオウミウシはよーやくそれなりまでサイズアップしてきました コトヒメウミウシはだいたい同じカイメン上で見られます

32_1217komi1.jpg 43_1217komi2.jpg
 コミドリリュウグウウミウシ大発生中 ただ地味過ぎるし、ちっこいし、どう料理していいやら(>_<)

33_1217sori1.jpg 34_1217sori2.jpg
 大牛洞窟前の定番バニー、ソリキヌヅツミ こーゆーロケーションを好むようですね

35_1217madara.jpg
 マダライロウミウシはCLOSE前と同じカイメンの中にいました よっぽど居心地がいいのでしょう(^O^)

36_1217iga1.jpg 37_1217iga2.jpg
 イガグリウミウシはアチコチで見られました 最近、イガの先が球でピンク色のバージョンを見てないですね…

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温11℃ 水温:16.1℃
透視度:12m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(-24mアーチブイ~-24mアーチブイ)

38_1217mitsui1.jpg 47_1217mitsui3.jpg
 ミツイラメリウミウシの南国バージョン?と伊豆バージョン 南国バージョン(合ってる?)が多いのもこのエリアの特徴です

39_1217inabamino.jpg 40_1217sweet.jpg
 ちょっと潜っちゃてて証拠写真になっちゃいましたがこのミノの形状はおそらくイナバミノウミウシかと そしてここ最近、よく見られるようになったスイートジェリーミドリガイ

41_1217kon1.jpg 42_1217kon2.jpg 45_1217kon3.jpg
46_1217kon4.jpg 48_1217kon5.jpg 49_1217kon6.jpg
 今日もいました合計6個体っ! コンシボリガイ・コレクションです まさに祭りですね~(^O^) もしかしたらコイツら雑魚キャラだったのかな??(@_@;) 黄色バージョンが圧倒的に多いので青バージョンが雲見ではレアなことは間違いなさそうです

50_1217mis.jpg
 キレイなミスガイもGET! ボクの中ではおネエ・キャラ的な存在です だって名前がMiss guyって…(^_^;) 確かにキレイですけど…(>_<)

51_1217moebi2.jpg 52_1217salpa.jpg
 セクシーシュリンプを撮ってタイムアウト 安全停止中に中層でモモイロサルパが漂っていました 潮色よく水温もやや持ち直しました 今週末も凪いでくれるといいなぁ(>人<;)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/995-3d86fe51

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。