FC2ブログ

伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

連休中日は凪になりました~ヽ(^0^)ノ 10/13雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:24.2℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、強 ウネリ:-
コース:牛着岩(-24mアーチ~グンカン)

1_101313kaikyo.jpg
 風は東よりに変わり絶好のダイビング日和にんりました~ 本日、2パーティで5ダイブです 秋特有の速い潮が走っていたため、ドリフトダイビングを実施しました

2_1013all1.jpg
 SELFISHの皆さん 学習しましたね~、本日はエアーで顔が隠れていません(笑)

3_1013teng.jpg 4_1013kagokaki.jpg
 -24mアーチのテングダイのペアと-26mアーチ手前に群れていたカゴカキダイ

5_1013matsukasa.jpg 6_1013okig.jpg
 -26mアーチにいたマツカサウオと愛嬌のあるオキゴンベ

7_1013akahoshi1.jpg b8_1013akahoshi2.jpg
 シマキッカイソギンチャクではアカホシカクレエビのペアが見られました

9_1013hitode1.jpg
 根頭ではいつものヒトデヤドリエビ ヒトデヤドリエビが付いているアカヒトデをコツコツここに集めているのでひっくり返せば高確率で見つかりますよ

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:24.1℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:黒崎(先端洞窟~浅根アーチ)

10_1013glass1.jpg 12_1013bisha.jpg
 1-2-4便チームの2ダイブ目は黒崎マクロ系フォトダイブをご案内しました まずはガラスハゼとビシャモンエビ

11_1013kiiroib.jpg 18_1013michiyo.jpg
 大きなキイロイボウミウシと小さなミチヨミノウミウシも見られました

13_1013kimme.jpg
 洞窟内から出口を見るとキンメモドキの群れがキレイです

14_1013olt.jpg 14_1013sori.jpg

15_1013honsome.jpg 15_1013sarasa.jpg
 オルトマンワラエビとサラサエビ 普通種ですがじっくり観察してみるのも面白いですよ

16_1013nogogani.jpg 17_1013namakom.jpg
 岩の亀裂にはノコギリヨウジ トラフナマコを宿主にしているナマコマルガザミです

19_1013oshare1.jpg 20_1013oshare2.jpg
 オシャレカクレエビが大小のペアで見られます

21_1013kazari.jpg 22_1013mitsuboshi.jpg
 サンゴイソギンチャクにいるカザリイソギンチャクエビとミツボシクロスズメダイの幼魚達

23_1013arch1.jpg
 ラストは浅根のアーチをくぐってエグジットしました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:24.4℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:三競(1番洞窟~3番洞窟)

24_1013all2.jpg
 1-3-5便チームの2ダイブ目は昨日はご案内できなかった三競で地形ダイブを楽しみました

25_1013sankyo1.jpg 26_1013sankyo2.jpg
 1.5番アーチをくぐり抜けて

27_1013sankyo3.jpg 28_1013sankyo4.jpg
 2番洞窟に向かいます 2番洞窟のトップライトに光が差し込んでいます

29_1013sankyo5.jpg 30_1013kimme.jpg
 振り返って出口を見るとキンメモドキの群れがまるでファインディング・ニモに出てくるシルエットクイズみたい 近寄って接写しました

31_1013okibeni.jpg 32_1013togeashi.jpg
 2.5番のオキナワベニハゼ 背景の被覆サンゴの緑色とハゼのオレンジ色の対比がキレイです ゴロタの隙間でいっぱい見られるひらべったい変な形のカニ、トゲアシガニ

33_1013muchik2.jpg 34_1013sankyo6.jpg
 ぷっくらしているムチカラマツエビをご紹介していよいよ3番洞窟のエアードームを目指します エアードームで浮上して記念撮影をしました

35_1013sankyo7.jpg 36_1013sankyo8.jpg
 4番洞窟の水中景観 ここでも幻想的な光景が見られます

37_1013ise.jpg 38_1013sankyo9.jpg
 岩の亀裂にはイセエビがギシギシ詰まっています その他、ムラソイがいました 4番洞窟を出てシグナルフロートをうってエグジットしました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:24.1℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛裏カド~小牛~ブイ)

39_1013kaikam.jpg 40_1013kimi.jpg
 1-2-4便チームの3ダイブ目は当店オススメのフォトダイブコース、小牛周辺をご案内しました ジュズエダカリナの帽子を被ったカイカムリと意外と個体数が少ないキミシグレカクレエビ

41_1013mino.jpg 42_1013aosa.jpg
 ミノカサゴの幼魚とアオサハギがいました アオサハギは眼の動きがカワいいですね

43_1013koke.jpg 45_1013akasasa.jpg
 ギンポ岩のアライソコケギンポとホンソメワケベラの幼魚にエステされていたアカササノハベラです

44_1013isobana.jpg 46_1013korai.jpg
 ヤギの仲間をチェックするとイソバナカクレエビが大小さまざま見られます コウライトラギスは目つきが悪いですね~(笑)

53_1013umiushi2.jpg
 今日もいました、ウミウシカクレエビ 今シーズンも昨シーズン同様、いっぱい見られて嬉しいです 

47_1013kinchaku.jpg 49_1013niji.jpg
 キンチャクダイの幼魚を見たところで時間です 湾内のブイへ向かいました 安全停止停止中はニジギンポと戯れているとあっという間に3分経っちゃいますね

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温28℃ 水温:23.0℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:-
コース:黒崎(先端洞窟~浅根アーチ)

50_1013bisha2.jpg 51_1013gonzui.jpg
 1-3-5便チームラスト3ダイブ目は再び黒崎先へ いつものビシャモンエビとず~っとこのエリアで見られているゴンズイの大玉

52_1013namakom2.jpg 54_1013oshare3.jpg
 ナマコマルガザミとオシャレカクレエビをご紹介しました

48_1013umiushi2.jpg
 さっきは見つからなかったウミウシカクレエビが見つかりました 黒崎のマクロ系ダイブがホント、楽しいです! 最後は浅根のアーチをくぐり抜けてエグジットしました 皆さま、おつかれさまでした~~(^O^)


 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!
スポンサーサイト



| ダイビングログ | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/967-e3e72b70

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT