伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三連休の初日は西風でしたがOPEN 10/12雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温28℃ 水温:24.8℃
透視度:15~12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛洞窟前~グンカン)

1_101213kaikyo.jpg
 朝のうちは穏やかでしたが午後から西よりの風が強くなる予報です 早めのダイビングを心がけましたがいかんせん、2パーティ5ダイブなので午後からはポイント選びを慎重にしないとです(^_^;) まずは1-3-5便チームをご案内しました

2_1012kika.jpg 3_1012moebi.jpg
 大牛洞窟前のキカモヨウウミウシとイソギンチャクモエビ その他、イガグリウミウシも見られました

4_1012matsu.jpg 5_1012yokoshima.jpg
 な、なんとマダラタルミいなくなっちゃいました(T ^ T) 代わりにマツカサウオの幼魚(代わりにはならないっすね(ToT) ナマコマルガザミを探してトラフナマコをチェックしたらヨコシマエビが付いていました

6_1012kob1.jpg
 コブダイのシンペーです サザエをバリバリ食べています まさに食欲の秋っ!

7_1012glass.jpg 8_1012nakakom.jpg
 ムチカラマツを宿主にしているガラスハゼとトラフナマコを宿主にしていたナマコマルガザミ

9_1012hitode1.jpg 10_1012hitode2.jpg
 グンカン根頭でヒトデヤドリエビをご紹介しました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温28℃ 水温:23.7℃
透視度:15~12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(ブイ~-24mアーチ~ブイ)

11_1012all1.jpg
 2-4便は大学のダイビングサークルSELFISHの皆さんです 皆さん、弾けていましたよ~(^O^)

12_1012umiushi1.jpg
 まずは昨日、見つけたウミウシカクレエビをご紹介 ん~、カワいい(*´`)

13_1012arch1.jpg 14_1012arch2.jpg
 H型のアーチの-24mアーチ どちらも魚が詰まっているカンジですよね~ヽ(^0^)ノ

15_1012teng.jpg
 -24mアーチの住民、テングダイのペア でっかいです!

16_1012arch3 17_1012arch4.jpg
 たて穴を抜けてから迷路のような洞窟を通り三角穴へ 地形ダイブを満喫しました

18_1012kaikam.jpg
 最後はブイ近くのでっかいカイカムリをご紹介してエグジットしました~

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温28℃ 水温:22.8℃
透視度:15~12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛洞窟前~小牛~ブイ)

19_1012thorunna.jpg 20_1012ui.jpg
 1-3-5便チームの2ダイブ目は小牛洞窟前からエントリー まずは洞窟内のトルンナ・プルプロペディスという和名のないウミウシの仲間 洞窟を出てウイゴンベをチェック✔

21_1012aya1.jpg 22_1012aya2.jpg
 ヤギの仲間ではアヤメケボリがいっぱい見られます

23_1012kue.jpg
 小牛の裏カドではクエの若魚が2個体、見られました~(^O^)

24_1012kimi.jpg
 お気に入りのキミシグレカクレエビ カッコいい~!

25_1012aosa.jpg 26_1012niji.jpg
 アオサハギと安全停止中に遊んでくれるニジギンポ ニジギンポと遊んでいるとあっという間に3分、経っちゃいますよ~

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温28℃ 水温:23.3℃
透視度:15~12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛洞窟前~大牛カド~トレジャーロック)

27_1012all2.jpg
 続いては2-4便のSELFISHチーム 大牛洞窟前からエントリーしてトレジャーロックでエグジットするコース取りです

28_1012clear.jpg 29_1012utsubo.jpg
 大牛洞窟前ではクリアクリーナーシュリンプやホンソメワケベラがウツボにエステをしています

30_1012sakurat.jpg 31_1012sakurat2.jpg
 大牛洞窟内ではサクラテンジクダイの口内保育シーンをじっくり観察 すでにハッチアウトしているサクラテンジクダイの幼魚がいっぱいいますが、まだ口内保育中の育メンもいます アップで見ると赤ちゃんの眼がハッキリと見えますね

32_1012otohime.jpg 34_1012glass1.jpg
 オトヒメエビとガラスハゼ ガラスハゼはどうやらマタニティのようですね

33_1012senten.jpg 36_1012koib.jpg
 密度が薄いながらもセンテンイロウミウシとコイボウミウシが見られました

35_1012hotate.jpg 37_1012kobu2.jpg
 ホタテウミヘビのノブオとコブダイのシンペー よくなついています(笑)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温28℃ 水温:24.3℃
透視度:15~12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛前カド~トレジャーロック~ブイ)

38_1012umiushi2.jpg 39_1012isogin.jpg
 ラスト5ダイブ目は大牛の前カドからエントリーしました コブダイのシンペーがすぐに近づいてきましたがスルー またまたウミウシカクレエビを見つけました 今シーズンは当たり年ですね~(^O^) イソギンチャクエビも見られました

40_1012obiten.jpg 41_1012sazanami.jpg 42_1012aori.jpg
 水路前ではいつものオビテンスモドキとサザナミヤッコ そしてブイ下ではアオリイカのちびっこがいました

43_1012takeru.jpg 44_1012fuji.jpg 45_1012selfish.jpg
 

 そして本日の最優秀作品賞 ハウジング越しのタケル 発想もさることながらよくジャスピンで撮れたよね~ タケルの表情もサイコ~です そして海越しの富士山とメンバーの集合写真 海は荒れていましたが海況なんてなんのその 若さってスゴいっ!(笑) 

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 20:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/966-7aaaa35f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。