伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台風が来ていますがいい海続いています 10/4雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温23℃ 水温:24.4℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:微
コース:牛着岩(島前~水路~小牛洞窟~-24mアーチ~たて穴)

1_100413kaikyo.jpg
 台風23号と24号のはざま?でウネリがなく前日の午後よりむしろ穏やかなコンディションでした 本日も雲見無制限ダイブでじっくりと4ダイブしてきました~ヽ(^0^)ノ

2_1004arch1.jpg 4_1004tenrok.jpg
 H型のアーチの水中景観 いいですね~(^O^) ウミトサカの仲間を宿主にするバニー、テンロクケボリ 外套膜がキレイですね~

3_1004thorunna.jpg 5_1004namakom.jpg
 小牛洞窟内の和名のないウミウシ、トルンナ・プルプロペディスとトラフナマコを宿主にしていたナマコマルガザミ

6_1004kue.jpg
 -24mアーチに向かう途中、中層に大きなクエが2個体、ゆっくりと泳いでいました いや~、迫力ありますね~

7_1004arch2.jpg 8_1004matsukasa.jpg
 -24mアーチの中にはマツカサウオがいっぱい 画像はありませんが他にはイシダイ、イタチウオ、テングダイ、コロダイなどが見られました

9_1004sujitate1.jpg 10_1004sujitate2.jpg 11_1004koke.jpg
 たて穴の根頭ではギンポ三兄弟のうちの2種類 スジタテガミカエルウオとトウシマコケギンポです

天候:曇り 気温23℃ 水温:24.3℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:微
コース:牛着岩(大牛カド~グンカン)

12_1004isokon.jpg
 大牛カドからエントリーしていつものキレイなイソコンペイトウガニ 他の個体も捜索中です

13_1004glass1.jpg 14_1004hotate.jpg
 ガラスハゼとホタテウミヘビのノブオです 今日もいっぱいエサを食べました 食欲の秋ですね~

15_1004yokoshima.jpg
 グンカンでは昨日、見つけたヨコシマエビが今日も見られました~o(^▽^)o

16_1004kob.jpg 17_1004hitode.jpg
 コブダイのノブオ ロッカク岩からグンカンまでず~っと付いてきました コイツもフィーディングしているコなのでグンカン根頭で食事をご馳走して上げました(笑)

18_1004umiushi.jpg
 そしてここでも見つけました、ウミウシカクレエビ 今シーズンは昨シーズン同様、当たり年ですね~ 10月に入ってから連日、見られていますねヽ(^0^)ノ

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温23℃ 水温:24.4℃
透視度:10~8m 潮流:なし ウネリ:微
コース:三競(1番洞窟~5番洞窟)

19_1004sankyo1.jpg 20_1004sankyo2.jpg
 3ダイブ目は地形をご案内しました 2番洞窟の小窓から覗いた光景と出口のキンメモドキの群れ

21_1004kimme.jpg 22_1004muchik2.jpg
 キンメモドキとムチカラマツエビ 画像はありませんがレギュラーメンバーのオキナワベニハゼはすっかりダイバー慣れしましたのでそ~っとアプローチすればかなり寄れますよ~

23_1004sankyo3.jpg 26_1004sankyo4.jpg
 3番洞窟と4番洞窟の水中景観です 幻想的ですね~!

24_1004ise.jpg 25_1004murasoi.jpg
 4番洞窟の住民、イセエビとムラソイです

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温23℃ 水温:24.4℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:微
コース:黒崎(先端洞窟~浅根アーチ)

31_1004iga.jpg 27_1004musume.jpg
 ラスト4ダイブ目は黒崎マクロ天国を満喫しました まずはイガグリウミウシとムスメウシノシタ

28_1004bisha.jpg 29_1004muchik.jpg
 ビシャモンエビとムチカラマツエビです どちらもムチカラマツを宿主にしています 雲見ではムチカラマツエビの方が多いかな 個体の多さで言うとムチカラマツエビ>ビシャモンエビ>キミシグレカクレエビでしょうか?

30_1004sori.jpg 35_1004akashima.jpg
 深場のバニー、ソリキヌヅツミも暗がりが多い雲見では水深-10mそこそこで見られます そしてアカシマシラヒゲエビ いつの間にかペアになっていました! 一体、どこからやって来たんでしょうね???

32_1004tatsu1.jpg 33_1004tatsu2.jpg 34_1004tatsu3.jpg
 ドラゴンウォールではハナタツが3個体 まさにドラゴンウォールたる由縁ですね~ 大小、カラーバリエーションもさまざまです

36_1004akahata.jpg 38_1004kokeustubo.jpg
 アカハタとコケウツボがホンソメワケベラの幼魚にエステされていました それにしてもコケウツボ、人相悪いっすね(^_^;) 気持ちいい時も怖い顔をしています

37_1004umiushi2.jpg 39_1004oshare.jpg
 おぉ~、ウミウシカクレエビのちっこいのがペア?で見られました やっぱ今シーズンは当たり年ですね~(*゚▽゚*) そして腕立て伏せみたいな動作が特徴的なオシャレカクレエビ 画像はありませんがここのすぐそばでクリアクリーナーシュリンプがいます ちょっと撮影は厳しいのですが… いや~、今日もいい海でしたぁヽ(^0^)ノ

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/958-564aafbd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。