伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フォトダイブで60分×3本勝負! 9/6雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温30℃ 水温:2.7℃
透視度:15~12m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:牛着岩(-16mアーチ~大牛洞窟前~-たて穴根頭)

1_090613kaikyo.jpg
 前日は朝から雷雨に見舞われ雲見がCLOSE 海況が心配されましたが回復して無事、OPENしました~(^O^) 昨日は雲見を潜れなかったお客様は今回、2日間の行程で遊びに来てよかったですね

2_0906akahoshi.jpg 3_0906hotate.jpg 4_0906kob.jpg
 コブダイのシンペーのフィーディングパフォーマンスをリクエストして頂いたので-16mアーチからエントリーしました お魚のエステティシャン、アカホシカクレエビをご紹介した後はホタテウミヘビのノブオのフィーディング そしてコブダイ若魚のシンペーもどこからともなくやってきて餌をおねだりします みんなよく食べますね~ さすがは食欲の秋ですね(^O^)

5_0906isokon.jpg
 イソコンペイトウガニはマタニティ姿です いつ出産予定なんでしょう?

6_0906benkei.jpg 7_0906kaikam.jpg
 ベンケイハゼのペアとジュズエダカリナの帽子を被ったいつものカイカムリ

8_0906furieri.jpg 9_0906aou.jpg
 フリエリイボウミウシとアオウミウシもいました

10_0906senten.jpg 11_0906musume.jpg 14_0906tkoke.jpg
 ウミウシの仲間がぽつぽつ見られました センテンイロウミウシは長~く伸びています シタビラメの仲間のムスメウシノシタと浅場で見られるトウシマコケギンポ モヒカンヘアーが特徴的ですね

12_0906matsuba.jpg 13_0906sujitate.jpg
 ギンポ好きにはたまらないマツバギンポとスジタテガミカエルウオ 笑っているようでホント、カワいいですね~(*´`)

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温30℃ 水温:23.6℃
透視度:15~12m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:牛着岩(小牛前)

15_0906muchik1.jpg 16_0906muchik2.jpg
 続いてはちっちゃいエビカニ系のリクエストで小牛まわりをご案内しました まずはムチカラマツエビのペアです

17_0906glass1.jpg 18_0906egg.jpg
 続いてはガラスハゼ ムチカラマツのポリプをかじって産卵するのでこんな感じに卵が産み付けられているムチカラマツを見つけたらたいていガラスハゼがペアで見られます

19_0906glass2.jpg
 こちらはお馴染みのガラスハゼwithメダマイカリムシ お気に入りです

20_0906sakishima.jpg 21_0906koke.jpg 24_0906tenrok.jpg
 秋になると増えてくるサキシマミノウミウシとギンポ岩のアライソコケギンポ そしてウミトサカの仲間を宿主にするウミウサギの仲間、テンロクケボリ

22_0906isobana.jpg 23_0906ayame.jpg
 アカヤギの仲間ではイソバナカクレエビとアヤメケボリ どちらもウマく擬態していますね~

25_0906uzura.jpg
 CLOSE前まで見られていたウミウシカクレエビは宿主ごとどこかにいなくなってしまいました 意気消沈していると何とず~っと探していたウズラカクレモエビがっ!! いや~、テンションがりました~ 以前から背中の模様が和田アキ子さんの顔に似ていると言われていますがホントですね(笑)

26_0906tsuyu.jpg 27_0906niji.jpg
 ツユベラの幼魚はCLOSE明けも健在でした 安全停止中はお約束のニジギンポの撮影会 カワいいですね

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温30℃ 水温:27.2℃
透視度:15~12m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:黒崎(先端洞窟~浅根)

28_0906bisha.jpg 29_0906sori.jpg
 本日のラスト3ダイブ目は最近のお気に入り黒崎です 被写体の多さはもちろん、ドラマ「半沢直樹」にかなり影響されています(笑) 金融庁の黒崎のおねえキャラを真似て潜降の時はおねえ言葉で「あななたち、行くわよ」というのがマイブームです(爆) まずはムチカラマツでビシャモンエビのペアをご紹介 続いてソリキヌヅツミという通常は深場で見られるウミウサギの仲間 暗がりが多い雲見では浅場でもフツーに見られます

30_0906olt.jpg 31_0906tatsu.jpg
 ドラゴンウォールではオルトマンワラエビとその名の由来のハナタツが見られました

32_0906akashima.jpg 33_0906sujio.jpg
 ドラゴンウォールの後半にアカシマシラヒゲエビがいます ここのエステサロンは繁盛店でいつもキタマクラやキンギョハナダイが来店していますが今日はお茶っ引きでした キンセンイシモチドット型、改めスジオテンジクダイ ある意味、旬の魚でしょうか?(もう古いかな…)

34_0906michiyo.jpg 38_0906shirohana.jpg 42_0906nishiki.jpg
 ウミウシ3種盛り ミチヨミノウミウシ、シロハナガサウミウシ、ニシキウミウシです

35_0906oshare.jpg 36_0906moebi.jpg 37_0906kazari.jpg
 こちらはシュリンプ・カクテル3種盛り(笑) オシャレカクレエビ、イソギンチャクモエビ、カザリイソギンチャクエビです いずれもイソギンチャクを宿主にしています

39_0906kimme.jpg
 浅根のアーチのキンメモドキの大群 密度、濃いっす!

40_0906benikinu.jpg 41_0906begg.jpg
 アーチを抜けるとヤギが群生しています 過去にはナマハゲミノウミウシも見られました ベニキヌヅツミとその卵塊です 60分×3本勝負、おつかれまさでした~ 明日もよろしくお願いしま~~すヽ(^0^)ノ

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 19:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/937-cd36920b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。