伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マクロ系フォトダイブリクエストでがっつり3ダイブ! 2/10雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温10℃ 水温:13.0℃
透視度:10~8m 潮流:なし ウネリ:微
コース:牛着岩(大牛洞窟前)

1_0210kaikyo.jpg
 午後から西風が強くなる予報でしたので早め早めのダイブを心掛けました 本日、マクロ系フォトダイブをがっつり3ダイブリクエスト 荒れる前にまずは大牛洞窟前からエントリー

2_0210bisha.jpg 3_0210shiro.jpg
 ファーストはビシャモンエビ スマイル君ことテンクロスジギンポはチューブ管に引っ込んでしまいました(^_^;) そしていっぱい観られるシロウミウシ

4_0210npoumea.jpg 5_0210shirotae1.jpg
 ノウメア・ワリアンスのペアとシロタエイロウミウシ 背中のハートマークがはっきりしていない個体です

7_0210muchik.jpg 8_0210muchik2.jpg
 二本ムチカラマツのムチカラマツのペア ムチカラマツの二本ともエビが付いていますね

9_0210iga.jpg 10_0210koika.jpg
 左コージーでいっぱい観られるイガグリウミウシと洞窟内にいたコウイカの仲間 洞窟内はおびただしい数のサクラテンジクダイが見られます

6_0210sori1.jpg 11_0210sori2.jpg
 けっこう最近、見つけたソリキヌヅツミと前っからいるソリキヌヅツミ ボク的には結構、ツボにハマっているバニーですね(^-^)

12_0210mukakinu.jpg 13_0210kaname.jpg
 外套膜の模様がキレイなムラクモキヌヅツミと大好物のカナメイロウミウシ いつものカイメンから出ていましたがどうやら摂食中のようです

14_0210caramel.jpg 15_0210sirotae2.jpg
 スイーツ系ウミウシのキャラメルウミウシと背中のハートマークがはっきり見えるシロタエイロウミウシ

16_0210otome.jpg 17_0210hanabira.jpg
 カワイくないのにオトメウミウシとはいかがなものでしょう? ハナビラミノウミウシは本日も2個体、見られましたが小さい方はめり込んでいて写真映えせず… ウネリが大きかったので普段より余計に沖出ししてシグナルフロートをうって浮上しました ボートにエグジットする際、ウネリが大きくてちょい厳しいカンジでした 裏上がりはこれでもうギリギリ限界ですね(>_<)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:10℃ 水温:12.9℃
透視度:10~8m 潮流:なし ウネリ:微
コース:牛着岩(小牛裏カド~小牛まわり~湾内ブイ)

18_0210tosaka1.jpg 19_0210akahoshi.jpg
 2ダイブ目は穏やかな湾内エリアをじ~っくり潜りました ご一緒した方がIDC(PADIインストラクター候補生)受講中のの上級ダイバーでしたのでちょい長めのダイビング まずはユビノウトサカを宿主にしているトサカガザミ いつものアカホシカクレエビも観られました

20_0210mukade.jpg 21_0210hiro.jpg
 この時期、浅場でよく見られるムカデミノウミウシと亀裂のエッジにいっぱいいるヒロウミウシ

22_0210moebi.jpg 23_0210sarasa.jpg 24_0210kuroheri1.jpg
 マクロ系、充実しています セクシーシュリンプことイソギンチャクモエビ MAX反り返った瞬間がシャッターチャンスです ぷっくらしたサラサウミウシと今が旬のクロヘリアメフラシ 今日もいっぱい観られました~

25_0210akane.jpg 26_0210ayame.jpg
 バニーのヤギではオススメのアカネケボリといっぱいいるアヤメケボリ 撮影はしませんでしたが外套膜に黄色い斑紋があるキレイなベニキヌヅツミもいました

27_0210shiroobi.jpg 28_0210sero.jpg
 でっかくて見栄えのいいシロオビコダマウサギと近似種のセロガタケボリ バニーがいっぱいです(^O^)

29_0210togari.jpg 30_0210traf.jpg
 イソバナカクレエビをチェックしてしたらトガリアヤメケボリとトラフケボリがいました

31_0210isobana.jpg
 そしてこちらもオススメのイソバナカクレエビ でっかい個体です

32_0210hanayaka.jpg
 擬態が超上手いバニー、ハナヤカケボリ 宿主に馴染んで目立ちませんがよ~く見ると外套膜の模様がゲージュツ的! ハナヤカケボリの外套膜の模様の中に隠し文字で「キ」「リ」「ン」の文字があるとかないとか…!? 湾内ブイで安全停止してエグジットしました(^O^)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:8℃ 水温:12.9℃
透視度:10~8m 潮流:なし ウネリ:弱
コース:牛着岩(小牛前カド~湾内ブイ)

33_0210nakasone.jpg
 午後になると予報通りかなり海が荒れました 牛着岩は湾内エリアのみOPENです と、いうことで小牛前を潜りました 何を隠そう、ここが一番マクロ系が充実しています ファーストコンタクトは昨日、見つけたオススメのナカソネカニダマシ いや~、カワいいっ!(*´`)

34_0210hiramil.jpg 35_0210fusen1.jpg
 ここからはキモカワ系ウミウシもちょいちょい混ぜていきます まずはヒラミルミドリガイ そして大発生中のフウセンウミウシ

36_0210isobana2.jpg
 いつものイソバナカクレエビもいました クリスタルっぽいカンジの個体です 一言でイソバナカクレエビといっても宿主によっても個体差が千差万別 実にバリエーションが豊富ですね

37_0210koke.jpg 40_0210sero2.jpg
 生アクビ?状態のコケギンポの仲間と割といっぱい見られるセロガタケボリ セロ=チェロらしい!?

41_0210isobana.jpg
 こんなところにもイボイソバナガニ! いや~、灯台下暗しですね 気が付きませんでした… ちなみに♀です

38_0210tosaka2.jpg 39_0210namakom.jpg
 おっ、ここにもトサカガザミが 近似種のナマコマルガザミもご紹介しました(^O^)

42_0210meribe.jpg 43_0210midori.jpg
 Jシューポイントで再びキモカワ系ウミウシをご紹介 このエリアは23日にウミウシ大好きダイバーの方からリクエストを頂いているのでそれまでポイントを荒らさないように軽~く上っ面だけナメました(^o^)ノ イエー!

44_0210kamenoko.jpg
 ラストはカメノコフシエラガイ なんで画像が大きいかというと大好きだから、とゆーわけではなく単に1枚、余ってしまったから…(苦笑) このポイント、じ~っくり精査したら相当、出てくると思います キモカワ系ウミウシがっ!(爆)

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/807-de8f6883

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。