伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台風一過、生物情報リニューアル!? 10/2雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:28℃ 水温:26.3℃ 透視度:8~6m 潮流:なし ウネリ:微
コース:牛着岩(大牛オーバーハング~コーヂーコーナー)

1_1002kaikyo.jpg
 台風一過、初めての雲見ダイブです 濁りは残りましたが海況は急速に回復しています 本日は当店のブログを見て初めて来てくださったウミウシ・ファンの方々 がっつりウミウシダイブです(^O^) と、その前にコガネヤッコとクマドリカエルアンコウをチェックしました ところがどちらもいなくなってしまいましたΣ(|||▽||| ) コガネヤッコがいたエリアにはスミツキベラが見られましたがスミツキベラではコガネヤッコの代わりにはなりませんね(;´д`)トホホ…

2_1002konshi.jpg
 内心、ちょっぴり落ち込んでいるとご一緒した方がいきなりのファインプレイ!!なんとコンシボリガイをGETしました\(◎o◎)/! 久し振りに見ましたね~(^∇^)

 とにかく動きの速いウミウシです コンシボリガイがいたよって聞いてすぐにそこに行ってもまず見られた試しがありません…

3_1002hiram.jpg 4_1002kika.jpg
 今日はヒラムシの仲間の仲間がよく目につきました そしてまたまたファインプレイです! キカモヨウウミウシ 小さいのでカラダの割に触覚と二次鰓が大きくバランスの悪いところがまたカワ(・∀・)イイ!!

5_1002ryumon.jpg 6_1002usuiro.jpg
 奇形リュウモンイロウミウシと大きなウスイロウミウシがいました ウミウシの奇形ってよく見かけますよね(;^ω^)

7_1002komidori.jpg 8_1002krakatoa.jpg
 小さなコミドリリュウグウウミウシがアチコチで見られました そして背中の青い斑紋がキレイなヒュプセロドーリス・クラカトア(*≧∀≦*)

9_1002amakusa.jpg
 アマクサヨウジも見られました 付近に2個体いました 雲見ではホソウミヤッコとアマクサヨウジが多いですね(^-^)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:28℃ 水温:26.6℃ 透視度:10m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:微
コース:牛着岩(小牛裏カド~小牛まわり~湾内)

10_1002miyake.jpg
 2ダイブ目はモウサンウミウシ&ヤグルマウミウシ狙いで小牛裏カドからエントリー お気に入りのガラスハゼwithメダマイカリムシはいなくなってしまいました゚(゚´Д`゚)゚ ミヤケテグリがいましたが大きめですばしっこかったです(^^; 結果的にはモウサンウミウシとヤグルマウミウシは跡形もなくいなくなってしまいました(;_;)

11_1002clear1.jpg 12_1002clear2.jpg
 小牛の亀裂にはクリアクリーナーシュリンプが大小やって来ました 新参者のせいかサラサエビにやたらちょっかいを出されていました 早く馴染めるといいですね~

 サラサエビエビがちょっかい出してくるのを脚で追っ払っています(`Δ´)!

13_1002yamiten.jpg
 ( ^ω^)おっ、そしてこちらもNEWフェイス、ヤミテンジクダイ すごい名前ですよね「闇天竺鯛」(╬゚◥益◤゚)  さしずめ「闇天竺鯛」VS「闇ガイド」の闇対決といったところでしょうか(笑)

14_1002ise.jpg
 同じ亀裂でイセエビとヒメセミエビが見られました その他、ノコギリヨウジやベンケイハゼなどがいました(^-^)

15_1002tasuji.jpg
 ウミシダには久し振りのタスジウミシダウバウオ しかもペア しかも変なカッコで寄り添っていました(笑)

16_1002ayame.jpg 17_1002sakishima.jpg
 台風でお気に入りのヤギがダメージを受けていましたね~(゜´Д`゜) イソバナカクレエビが吹っ飛ばされてしまいました… でもアヤメケボリは数個体、残っていました そして今が旬?のサキシマミノウミウシ

18_1002umiushi.jpg
 ウミウシカクレエビが台風を乗り越えてくれました 宿主がウミウシだったら厳しかったかもしれませんね… いや~、カワ(・∀・)イイ!!

19_1002isokon.jpg
 先だって見つけた小さなイソコンペイトウガニも健在でした この辺は宿主ごと吹き飛ばされてしまうことがあります(>o<)

20_1002shiroda.jpg
 岩の窪みの奥にはシオダマリカクレエビがいました その他、サンゴの中のヒメサンゴガニ属の一種や青い眼のキモガニは台風を乗り越えましたね(^∇^)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:28℃ 水温:26.6℃ 透視度:5~3m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:微
コース:牛着岩(コーヂーコーナー~大牛まわり~湾内)

21_1002tenkuro.jpg 22_002koib.jpg
 再びコーヂーコーナーでウミウシダイブ ファーストコンタクトはスマイルくんことテンクロスジギンポ チューブ管から顔を出していました(*^o^*) コイボウミウシはよく見ると触覚が枝毛になっている奇形ですね

24_1002moebi1.jpg 25_1002mokuzu.jpg
 ウミウシダイブでしたがエビカニもチェック✔ セクシーシュリンプことイソギンチャクモエビやモクズショイが見られました(^O^)

26_1002mkocho.jpg
 そして夏のイメージのウミウシ、ムラサキウミコチョウ キレイなウミウシですね(☆∀☆)

27_1002aomino3_1.jpg 28_1002aomino3_2.jpg
 このエリアでは割とフツーに見られるアオミノウミウシ科の一種3 カラーバリエーションでしょうか 若干、色合いが違いますね(。-_-。)ウ~ン

29_1002senten.jpg 30_002yama.jpg
 伸びていたセンテンイロウミウシとヤマドリの幼魚 か~、イッポンテグリもいなくなっちゃったんだよなぁ~_| ̄|○

31_002kazari.jpg 32_1002kampa.jpg
 -16mアーチ方面へ移動中、サンゴイソギンチャクのカザリイソギンチャクエビをチェックしていると突然の、回遊魚ラッシュに見舞われました(((o(*゚▽゚*)o))) イナダの大群、カンパチ、ツムブリ、そしてでっかいマダイが何個体も!! 透明度が悪く撮影はままなりませんでしたのでその分、肉眼でしっかり見てきました\(^^)/ 

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:28℃ 水温:26.5℃ 透視度:5m 潮流:なし ウネリ:微
コース:黒崎

33_1002akahime.jpg 34_1002kotohime.jpg
 ラスト4ダイブ目はナマハゲミノウミウシとムカデメリベ、リュウグウウミウシ系を狙って黒崎へ 潜降中、アカヒメジの成魚が群れていました もう完全に気分は南国ですね~ ナマハゲミノウミウシは撃沈… 竜宮城もエサ場がヤラれていました
((((;゚Д゚)))) そんな中、ぽつんと小さなコトヒメウミウシがいました

23_1002hanayaka.jpg
 久し振りのハナヤカケボリ しかもでっかかったですo(^▽^)o 擬態が上手すぎて見つけるのが大変なバニーですね…(;´Д`A

39_1002traf.jpg 35_1002tsuguchi.jpg
 ウミウシは薄かったのですがバニーは充実していました! ヤギをチェック✔するとトラフケボリ、そしてツグチガイが見られましたヽ(´▽`)/

36_1002kono.jpg
 トゲナシヤギの一種を宿主にしているコボレバケボリ 大好きなバニーの一つですねO(≧▽≦)O

37_1002tenrok.jpg 38_1002onikasa.jpg
ウミトサカの仲間ではテンロクケボリがチラホラ そしてオオパンカイメンのソファーでくつろいでいたオニカサゴ ウミウシは海が落ち着いて中一日たった明日以降が狙い目でしょうか? 生物情報としてはいなくなった方が多いですが、新たな生物も見つかったのでここはあえてリセットと言わずリニューアルとしましょう! さぁ、また探しまくって見つけまくるぞ~(^o^)ノ イエー!

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 21:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/740-eb1e7e7e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。