伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウミウシダイブを満喫しました そしてモウサンウミウシ登場!! 9/23雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:23℃ 水温:25.8℃ 透視度:12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:弱
コース:牛着岩(小牛横~湾内ブイ)

1_0923kaikyo.jpg
 久し振りの雨降りになりました 水温、潮色ともUP! まさにベストシーズンですね~(^O^) ただ秋特有の速い潮がかかっていました(^_^;)

2_0923umiushi1.jpg 3_0923umiushi.jpg
 1ダイブ目は小牛横からエントリー 小牛をまわってサンクチュアリでウミウシダイブをする計画です クマドリカエルアンコウは相変わらず大人気 長蛇の列ができていました クマドリ待ちの間にウミウシカクレエビをご紹介 今シーズンは特によく目につきますね すっかり雑魚キャラ?と化した感があります(笑) 通称、ウルトラマンですね!

4_0923glass.jpg 5_0923k_kaeru.jpg
 小牛横のムチカラマツで見られるガラスハゼと大人気のクマドリカエルアンコウ ようやく順番が回ってきました(苦笑)

6_0923mousan.jpg
 ん(メ・ん・)? おぉ~、なんとモウサンウミウシがいるじゃないですか~~~(((o(*゚▽゚*)o))) 前から見たかったんですよね~ カンドーしました!! ウルトラセブンに出てくるエレキングみたいですね(笑)

7_0923yaguruma1.jpg 8_0923yaguruma2.jpg
 そしてヤグルマウミウシがいっぱい見られました 触角と二次鰓が白いバージョンもいました いよいよヤグルマウミウシの季節がやってきましたね~o(^▽^)o

9_0923himeg.jpg
 どこにでもいるヒメギンポですが冬場は婚姻色でと美しくなります 旬は冬ということでしょうか ヒロウミウシが30個体くらいベタベタ貼り付いていました

10_0923sakishima.jpg 11_0923isobana.jpg
 今時分にカヤ類で数多く見られるサキシマミノウミウシ イソバナカクレエビもフツーに見られます ただ今日はヤギのポリプが開いているところが撮れたのでちょっぴり嬉しかったですね(*´∀`)

12_0923kotohime.jpg 14_0923aou.jpg
 コトヒメウミウシとアオウミウシです コトヒメウミウシは小型のウミウシで色々なバリエーションがありますね アオウミウシは極小個体が多いですね

13_0923ayame.jpg 15_0923sweet.jpg
 アヤメのヤギにアヤメケボリが戻ってきましたね~ 個体数がうんと増えました~(^-^) そしてスイートジェリーミドリガイ やっぱミドリガイ系はカワイイですね~(*゚▽゚*)

16_0923umiushi3.jpg 17_0923umiushi4.jpg
 潮流がアゲンストということとこのエリアだけでウミウシがざくざく見られたのでコースを変更してUターン 湾内ブイでエグジットすることにしました ここでもウミウシカクレエビのペア この宿主では大小2個体、見られました 今日の1ダイブだけでなんと4個体 ヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ

 とっても美しいエビです 伊豆ではウミウシよりナマコを宿主にしてることが多いです(^O^)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:27℃ 水温:25.6℃ 透視度:12m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:牛着岩(コーヂーコーナー)

18_0923sarasa.jpg 21_0923mkocho.jpg
 2ダイブ目はコーヂーコーナーでウミウシダイブ ウミウシ密度が上がってきましたよ~~~ まずはサラサウミウシのちびっこ そしてここに来て個体数が増えているムラサキウミコチョウ!

22_0923mikado.jpg
 ミカドウミウシの幼体がいました 探し方が呼吸を控えて耳を澄ませます 「朕はここぞよ~」という囁きが聞こえたら声のする場所をチェックしてください(爆)

23_0923senhime1.jpg 25_0923doto.jpg
 極小サイズのセンヒメウミウシ こんなちっこいのは初めて見ました!! ミレニアムマツカサウミウシはいつものフトガヤではなくスダレカヤで見られました

26_0923mkocho2.jpg 28_0923senten.jpg
 でっかいムラサキウミコチョウと巨大なセンテンイロウミウシ センテンイロウミウシは今まで見た中でも一番大きかったですね~(@_@。

27_0923hiram.jpg 29_0923hiram2.jpg
 キレイなヒラムシとジミ~なヒラムシ ヒラムシの仲間に生まれ変わるとしたらせめてキレイな方がいいなぁ…

29_0923kiiro.jpg 30_0923iboyagi.jpg
 雲見の各エリアでちょいちょい見かけるようになってきたキイロウミウシ 白いのにキイロウミウシとはこれいかに!? イボヤギミノウミウシはキサンゴの仲間を食い荒らしていました(^_^;)

31_0923komi.jpg 31_0923tsumamo.jpg
 浅場ではコミドリリュウグウウミウシやツマグロモウミウシが見られました~ コミドリリュウグウウミウシは極小サイズです トサカリュウグウウミウシを探したのですが今回は見つかりませんでした…

32_0923nuno.jpg
 そして昨日、見つけたヌノサラシの幼魚 小牛洞窟のはちょっぴり大きくなっていますがコチラはまだ背ビレの付け根が赤い幼魚です(´▽`)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:27℃ 水温:25.9℃ 透視度:12m 潮流:ウラ潮、強 ウネリ:弱
コース:牛着岩(前~水路~サンクチュアリ~湾内ブイ)

33_0923aomino.jpg 34_0923michiyo.jpg
 ラスト3ダイブ目はナマハゲミノウミウシ狙いで黒崎を予定していたのですが、風が強くなり海は荒れ模様 と、ゆーことで1ダイブ目で行けなかったサンクチュアリへ ここではミノウミウシの仲間がたくさん見られましたね~(^-^) アオミノウミウシ科の一種3やミチヨミノウミウシが見られました どちらも雲見ではフツーに見られるのですが、場所によってはけっこうレアなようです

34_0923miyako.jpg
 カイメンにはミヤコウミウシの幼体がいました ブルーの斑紋がとってもキレイですねヽ(・∀・)ノ

35_0923akaten.jpg 36_0923aomino2.jpg
 久し振りに見ました、アカテンミノウミウシ そしてまたまたアオミノウミウシ科の一種3がいました 雲見ではよく見られますよね~和名が付かないですかね ボクの考えた候補はクモミノウミウシ(→雲見のウミウシ)

37_0923shiromino.jpg
 動きがユーモラスなシロミノウミウシが大小2個体、見られました(´▽`)

38_0923hyomon.jpg
 そして最後はヒョウモンダコ もっと怒らせて青い斑紋を浮き上がらせれば良かったのですが… 3ダイブ目を終えて水面に顔をだすとエントリー時の嵐はどこへやら 穏やかな海況になっていました 雨の降りしきる中、60分がっつり3ダイブ、どうもおつかれさまでした~(^◇^)

※絵文字、選ぶのが大変なのと努力の割に評判があまりよくなかったので今回はヤメました(T_T)

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 22:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

モウサンよかったですね(^-^)見たいと思うとけっこう見れたりしましますよね♪次はツガルウミウシ属1種の3が見たい~妄想して行きます!

| ほ・そちえ | 2012/09/24 18:46 | URL |

おつかれさまでした~~

おつかれさまでした~ 海が荒れて黒崎、ナマハゲミノウミウシ狙いできなくて残念でしたね(;_;) モウサン、カンドーしました! 妄想しましょう… もう、そうしましょう!!( ´▽`)

| 伊豆人 | 2012/09/25 22:48 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/734-320184fd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。