伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台風で雲見CLOSEでもマクロ三昧のハッピーダイブ! 9/17田子のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ時々雨 気温:29℃ 水温:27.6℃ 透視度:18m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:白崎№1

1_0917kaikyo.jpg
 さすがは田子湾内 近隣のダイビングエリアがCLOSEする中、ボートポイントOPENです 尊ノ島、弁天島、防波堤にブロックされていいるので非常に穏やかでした エントリーしてまず思ったのが潮色の良さです 水底がくっきり見えますね~

2_0917kazari.jpg 3_0917mebaru.jpg
 ブイ下のサンゴイソギンチャクではカザリイソギンチャクエビがいっぱい そして土管漁礁ではメバルが見られました~(^O^) 土管の中を水中ライトでのぞくとイセエビやイタチウオが見られます

4_0917hiro.jpg 5_0917hitode.jpg
 岩肌や転石裏でたくさん見られたヒロウミウシとオオアカヒトデを宿主にしていた通称、バルタン星人ことヒトデヤドリエビです アカヒトデだと単体かせいぜい2~3個体ですがオオアカヒトデを宿主にしてる場合、いっぱい付いています

6_0917kiiroib.jpg 7_0917glass.jpg
 すぐそばには大きなキイロイボウミウシとムチカラマツを宿主にしたガラスハゼのペアが見られましたね 今シーズンはガラスハゼをやたら見かけるような気がします

8_0917nishiki.jpg 9_0917iga.jpg
 やや深場では毛先がピンクのイガグリウミウシが見られました いや~カワ(・∀・)イイ!! ニシキウミウシは前から見られているしっぽが二つに割れているヤツでした~ 浅い方のブイで色々な生物をウォッチ&撮影しながら安全停止をして浮上しました

フィールドインプレッション
天候:晴れ時々雨 気温:29℃ 水温:27.5℃ 透視度:12m 潮流:なし ウネリ:微
コース:弁天島

10_0917akasuji.jpg
 ニクイロクダヤギでクダヤギクモエビ探しをしました お目当てのクダヤギクモエビは見つかりませんでしたが、アカスジカクレエビがワラワラ見られました クダヤギクモエビも雲見や田子で見つけたいなぁ

11_0917sumire.jpg
 そして本日のヒット スミレコボレバケボリです 同じヤギで2個体見られました 一時、雲見ではコボレバケボリがたくさん見られたのですがスミレコボレバケボリは見つかりませんでした スゴイなぁ、田子湾内

12_0917koke.jpg 13_0917moebi.jpg
 この岩のトップには赤いコケギンポの仲間がいました 見つけたのは高校生ダイバーのヒロくんです どうもありがとう(=^0^=)

14_0917nembutsu.jpg
 そして安全停止中は浅場で生物観察 ネンブツダイでしょうか? テンジクダイの仲間の幼魚の群れが太陽光を浴びて気持ち良さそうでした

14_a0917kimo.jpg
 安全停止中のお楽しみはエンタクミドリイシの中の生物探し なんとフタイロサンゴハゼがいるじゃありませんか いや~、カワイかったです その他、ヒメサンゴガニ属の一種もいっぱいいました そして写真は青い眼をしたキモガニです このサンゴで2個体見られました

フィールドインプレッション
天候:晴れ時々雨 気温:29℃ 水温:24.0℃ 透視度:18m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:白崎№2

16_0917setoryu.jpg
 ラスト3ダイブ目はセトリュウグウウミウシとキサンゴカクレエビ狙いで白崎№2を潜りました そして-27mのケーソンブロックでセトリュウグウウミウシが見られました なんと交接中でした キサンゴカクレエビは残念ながら依然、見たエントウキサンゴからいなくなってしまい見つかりませんでした

17_0917date.jpg
 ケーソンブロックの砂泥地で見られたダテハゼ 顔のブルーのラインが伊達ですね~

18_0917shirohana.jpg
 3番よりのケーソンブロックではシロハナガサウミウシが2個体見られました

19_0917konayuki.jpg
 コナユキツバメガイも見られました 雲見でも過去2度、それぞれ単体で見たことがありますがここではなぜか大発生します

20_0917toshi.jpg
 ヒメエダミドリイシの群生地です Tシャツとサーフパンツでまるで南の島で潜っているようですね

21_0917kimo2.jpg 22_0917edasango.jpg
 ヒメエダミドリイシの中にキモガニがいました 南方系のチョウチョウウオの仲間やカニの仲間が見られます

23_0917tsunohata.jpg 24_0917akebono.jpg
 南方系のチョウチョウウオの仲間とエダサンゴのコラボ まさに南国ですね ツノハタタテダイと第64代横綱、曙太郎もといアケボノチョウチョウウオです

 潮色よく水温が高くエダサンゴの群生地はまるで南の島のようでした(*゚▽゚*) ここだけでも相当、癒されます(((o(*゚▽゚*)o)))

14_0917otohime.jpg
 浮上前にオトヒメエビをパチリ 紅白のおめでたいカラーリングですね 田子湾内はとても穏やかで青い潮は温かく、生物もわんさか見られましたよ~ヽ(´▽`)/ 明日は今日よりもウネリが取れてきますのでもしかしたら雲見がOPENするかもしれませんね どこを潜るかは明日、決めましょう

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/728-0f7f7da9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。