伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ナイトロックス講習で久し振りのモロコ根、コブ根 8/19雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:31℃ 水温:20.1℃ 透視度:15~10m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:なし
コース:牛着岩(ブイ~水路~小牛まわり~クレバス~三角穴~ブイ)

1_0819kaikyo.jpg
 本日、ご一緒した方はナイトロックス講習にお申込み下さいました ただ一年振りのダイビングということでまずは小牛まわりでリフレッシュダイブをしました

2_0819isobana.jpg
 今日も中層から水底はやや冷たい潮がはいっていました まずはイソバナカクレエビ 各ヤギに付いているんじゃないかというぐらいアチラコチラで大発生中

3_0819kaikam.jpg
 こちらは当店オススメのカイカムリ いや~かぶり物が似合いますね

4_0819koke.jpg 5_0819glass.jpg
 ギンポ岩のコケギンポの仲間と小牛のムチカラマツにペアで付いている大きなガラスハゼ

6_0819ishi.jpg
 石モノ釣り師がクチグロと呼ぶイシダイの老成魚 迫力ありますね~

7_0819soushi.jpg
 H型のアーチからクレバスにかけてマアジがウジャウジャ湧いていました そして三角穴を抜け水路へ  水路の入口(ブイから見て)には久し振りのソウシハギ ゆうに40cm以上はありました

8_0819kosho.jpg
 そして湾内ブイ近くの緊急減圧用のタンクのまわりにイスズミの群れが と、思いきやコロダイの群れ と、思いきやなんとコショウダイの群れでした~ 単体はコリンズブイ付近で見られますが、群れは初めてみましたっ カッコいい~~

9_0819niji.jpg
 そして安全停止中はいつものスマイルくん コイツを撮影していると3分間があっという間に過ぎていきます
 
フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:31℃ 水温:20.5℃ 透視度:15~12m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:なし
コース:牛着岩(-24mアーチ~モロコ根~ヒラ根~西根~トビ根~グンカン~コブ根~グンカン)

10_0819teng.jpg
 2ダイブ目はPADIエンリッチド・エアー・ナイトロックスコースです ナイトロックスのアドバンテージを最大限に活かすため、コースを水深-20mくらいのやや深場に設定しました エアーでは減圧不要限界がちょっと厳しいコース取りですね まずは-24mアーチのテングダイ レギュラーメンバーですね

11_0819madai.jpg
 そしてチョー久し振りのモロコ根へ スゴイっ でっかいマダイがうじゃうじゃ 特に大きかったカラダが黒いマダイの老成魚 一体、何年くらい生きるとこうなるんでしょう

12_0819isaki.jpg
 根頭にはイサキが切れ間なく群れています

13_harisen.jpg 14_0819sango.jpg
 エアー、減圧不要限界ともかなりの余裕があったので調子に乗ってコブ根ヘ ここもウチ的にはめったに行かないエリアですが、せっかくなのでサビカラマツやウミウチワ類にクダゴンベがいないか探しちゃいました そこで見られたのがハリセンボン カワイかったです ナンヨウキサンゴがあったのでキサンゴカクレエビをチェックしましたが、やはり見つかりません サンゴガニが見られました

15_0819senaki.jpg
 グンカンでは先だって見つけたセナキルリスズメダイ 美人さんですね~ でもとってもシャイなのですぐに穴の中に隠れてしまいます そ~っと控えめなアプローチでお願いします フレームに入り込んでいるイソカサゴのお間抜けなカンジが面白いですね

16_0819hitode.jpg
 そしてこちらもこの間、見つけたヒトデヤドリエビ 通称、バルタン星人です この手のエビはボクのストライクゾーンなんですよね~

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:31℃ 水温:23.6℃ 透視度:8m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:三競(1~2.5番)

17_0819ikaeru.jpg
 ファンダイブ(講習)は終了したのですが、三競のハタタテハゼを見たくてジブンのためにもう一本、潜りました まずはちょうど一週間前の先週、月曜日に見つけたイロカエルアンコウ 今日も捕食シーンを狙ったのですがダメでした、、、 一日でも長く見たいので現地ガイドの皆さん、くれぐれも大きさ比較のためにコインを置いたり、指を突き立てないようにお願いしますね 刺激しないことが長く見られるコツですよ

18_0819musuji.jpg
 こちらはムスジコチョウダイの幼魚 コロダイやアジアコショウダイの幼魚は良く見かけますが、ムスジコチョウダイやヒレグロコショウダイの幼魚って珍しい気がします

22_0819okibeni.jpg
2.5番の住民、オキナワベニハゼ 通年、見られますが水温が高いこの時期の方が撮影しやすい(近寄りやすい)ように思います

19_0819hatatate.jpg 20_0819tatsu.jpg
 う~ん、ハタタテハゼのペア 3個体いるとの情報がありましたが2個体しか見られませんでした う~ん、カワイイ でもうまく撮れないっ 写真はイマイチなんですが、よ~く見るとアクビしてるんです そしてすぐ近くには白っぽいハナタツ 以前、目撃情報があった個体かと

21_0819chidiwa.jpg
 チヂワケボリ、今日も見られました 小さいので見つけるのが大変なバニーです 明日はリクエストで久し振りに神子元に行きます 楽しみですね~

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 22:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/701-b2ac06f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。