FC2ブログ

伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

台風一過、リセット&リスタート 6/24雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温:25℃ 水温:21.8℃ 透視度:5~3m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:弱
コース:牛着岩(コーヂーコーナー)

1_0624kaikyo.jpg
 台風4号、5号の影響でなんと8日振りにの雲見を潜りました この時期に本州直撃は考えられないですよね~ しかも2連発です 前日の田子湾内は穏やかで台風の傷痕は見られませんでしたが、雲見は一体ど~なっているのか一抹の不安がありました、、、 実際、潜ってみると台風のダメージは思ったよりかなり甚大でした まずはグンカン→大グンカンと小グンカンの間の洞窟が広がりました 大牛の沖合い→深場のトビ根のナシジイソギンチャクの群生地が壊滅 当然、アヤトリカクレエビのLサイズはいなくなってしまいました -24mアーチ→やはりナシジイソギンチャクの群生地は壊滅 アヤトリカクレエビのMサイズはいずこへ、、、 小牛まわり→砂地がかなり掘られ水深が深くなりました 今まで見たことがない岩が露出しています ジュズエダカリナは吹っ飛び人気のカイカムリはいずこへ、、、 小牛脇のアオリイカ漁礁はボロボロになって小牛とくっついていました あんなデカいモノが動くんですね、、、(+o+) 湾内(小牛前)→マイブームだったウミウサギガイ科の仲間はヤギから飛ばされていなくなっていたり、ヤギごとなくなっていました 当店オススメのイソバナカクレエビもいなくなってしまいましたが、別のヤギでもっと大きなイソバナカクレエビをGET ハナヤカケボリは台風一過も頑張っていました このエリアウミトサカやカイメンもかなり傷み、砂地のアカホシカクレエビが付いていたシマキッカイソギンチャクは水底ごと吹き飛ばされていました クレバスはH型のアーチ側の壁はまだマシ(ウミウシは激減)でしたが三角穴側の壁はゴロタを被弾していてウミウシのエサ場がごっそりなくなっていました ネガティブな情報ばかり発信してしまいましたが、海の回復力って思ったよりスゴくてすぐに元通りになります 前向きにコツコツ、ネタ探しに勤しみこれからも生物情報を発信していきますね

 この日、潜り終えてボクなりの生物情報をメモに記してダイビングサービスの女性スタッフに渡しました アヤメケボリがいたのですが、ほんの冗談のつもりで今、メディアにガンガン露出している女優さん、剛力彩芽にかけて「ゴウリキアヤメケボリ」と書いてしまったのですが夕方、そのダイビングサービスのログを見てビックリ仰天 なんとそのまんま「ゴウリキアヤメケボリ」と掲載されているではありませんか 慌ててダイビングサービスに電話してお詫びと訂正をしました いや~、ちょっとイタズラが過ぎましたね(爆)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


 それでは、また!

スポンサーサイト



| ダイビングログ | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/669-439cf1cd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT