FC2ブログ

伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夏を思わせる暑い一日でした 6/29雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温:23℃ 水温:22.2℃ 透視度:12m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:牛着岩(コーヂーコーナー)

1_0629kaikyo.jpg
 天気予報では曇りのち雨でしたが予報に反して素晴らしいお天気に恵まれました まるで夏のような日差しで外にいると肌がジリジリ焦げそうでした 本日もウミウシ・ダイブで60分×3本勝負です リクエスト頂いて昨日。見つけられなかったアラリウミウシとノウメア・ワリアンス、今日こそ見つけたいと気合入ってます ダイビングサービスの女性スタッフもご一緒したいとのことで同行しました

2_0629herishiro.jpg
 まずファーストコンタクトは昨日、見つけたヘリシロイロウミウシです 二次鰓の動きがいいですね~ カイメンを摂食中なのでしばらく同じ場所で見られるかと思います

3_0629musume.jpg
 ムスメウシノシタです ウォッチング・ポイントは薄暗い岩肌など 一応、シタビラメの仲間ですがクロウシノシタなどに比べるとサイズが小さいのでおそらく食用には適さないかと、、、

4_0629caramel.jpg 5_0629senhime1.jpg
 キャラメルウミウシです 右側のフチが欠損していますね そして今日もたくさん見られたセンヒメウミウシ 今が旬のウミウシですね

6_0629ryumon.jpg 7_0629jutten.jpg
 リュウモンイロウミウシです 単体や集団で見られました 白いカイメン付近でずっと見られているジュッテンイロウミウシ 今シーズンは例年より個体数が多いようです

8_0629senten.jpg 9_0629noumea.jpg
 センテンイロウミウシ、爆発的に発生しています そしてようやくリクエストのノウメア・ワリアンスをGET いや~、普段は何気なく見ているウミウシなのに、いざ探すとなるとなかなか見つからないモンですねぇ~

10_0629sori1.jpg 11_0629muchik.jpg
 このエリアでは比較的、普通に見られるソリキヌヅツミと二本ムチカラマツの上の方に付いているムチカラマツエビです

12_0629usuiro.jpg 13_0629iga.jpg
 ウスイロウミウシとイガグリウミウシ どちらもフツーにいますのでついついスルーしてしまいます

14_0629ise.jpg
 この時期のイセエビは抱卵しています お腹にあるオレンジ色の物体がイセエビの卵です 同行したダイビングサービスの女性スタッフにスレートで「この時期のイセエビは抱卵しています」と書いて紹介しました キャリアは浅いもののダイビングに取り組む姿勢はマジメな女性スタッフ、エキジット後に生物情報をメモしています ふとメモを覗き込むと「イセエビ排卵中」と書かれていました 過去の例もあったのでいやいやそれは排卵中じゃなくて抱卵中だよと、アドバイスしました(爆) ちなみに過去の例

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温:23℃ 水温:22.5℃
透視度:12~10m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:牛着岩(コーヂーコーナー)

15_0629traf.jpg 16_0629hatatate.jpg
 2ダイブ目ももちろん、同じポイントを攻めました まずは台風一過、貴重なウミウサギガイ科の仲間のトラフケボリ そしてコーヂーコーナー前の三角岩でいた越冬したでっかいハタタテダイです

17_0629osero.jpg 18_0629senhime2.jpg
 ここの定番、オセロウミウシと3ダイブ目もたくさん見られたセンヒメウミウシ センヒメウミウシ科の仲間は独特のフォルムをしています カッコいいですね~

19_0629hoshikinu.jpg 20_0629benikinu.jpg
 タカラガイの仲間、ホシキヌタ 貝がつるっつるでキレイです 昨日も見られたベニキヌヅツミ 宿主はアミメヤギでしょうか

21_0629setoiro.jpg 22_0629hiro.jpg
 そして大好物のセトイロウミウシ 一時、大量発生していたのですが、最近はめっきり見かけなくなりました どこにいっちゃったんでしょうね そして岩のくぼみにいたヒロウミウシ 後ろ姿もイケてますね まさにバックシャンですね(←死語

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温:23℃ 水温:22.5℃
透視度:12~10m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:牛着岩(コーヂーコーナー)

23_0629shirousa.jpg 24_0629nishiki1.jpg
 それなりに出モノは多いのですが、リクエスト頂いている本命のアラリウミウシがまだ見つかっていません、、、60分×6ダイブ=360分で見つけられないとなると、ターゲットが普通種なだけにボクなりにちっぽけな自尊心が傷つきます なかば意地になって探しました(笑) ウェストのくびれとぽってり感がタマらないシロウサギウミウシ そして旧名フルーツポンチウミウシ、現ニシキウミウシの幼体です

25_0629benisan.jpg
 キサンゴの仲間の間にはベニサンゴガニがいました こちょちょ棒を駆使して撮影しました

26_0629nishiki2.jpg 27_0629sori2.jpg
 こちらはニシキウミウシの幼体でも旧フタイロニシキウミウシ・バージョンです そしてコチラのソリキヌヅツミは外套膜が剝けて貝が露わになっていました

28_0629jutten2.jpg
 ここからは怒涛の美女軍団3連発 まずはジュッテンイロウミウシ

29_0529shirotas.jpg
 そして白線がタスキ掛けになっているシロタスキウミウシ いや~、おキレイ

30_0629arari.jpg
 そしてラストを飾るのはリクエスト頂いていた本命のアラリウミウシ 2日間60分×6ダイブの合計360分を要してなんとかGETしました アラリウミウシはラストダイブで合計2個体見つかったのですが、最初の個体はご一緒したダイバーが自らGETしました と、いうことでリクエストはコンプリートしたものの野球のピッチャーに例えると残念ながら、ボクに勝ち投手の権利は付きませんでした、、、 ま、それでもセーブポイントくらいは付いたかと、、、 そしてエキジット間際にご一緒した方がハナイロウミウシのペアを見つけてくれたのですが、いかんせんタイムリミット マーキングはしましたので撮影は次回に持ち越しです

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


 それでは、また!
スポンサーサイト



| ダイビングログ | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/668-f2410f7b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT