FC2ブログ

伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

台風連チャンで一週間ぶりのダイビング 6/23田子のLOG

フィールドインプレッション
天候:曇り時々晴れ 気温:23℃ 水温:22.7℃ 透視度:5~3m 潮流:なし ウネリ:弱
コース:白崎№1~№1

1_0623kaikyo.jpg
 本州に上陸した台風4号、5号(温帯低気圧)の影響が残りこの一週間、潜れませんでした そして本日も雲見は残念ながらCLOSE、、、 と、いうことでウミウシ・リクエストで田子湾内を潜りました 60分×3本勝負です 波止場から見る田子湾内はとても穏やかですが防波堤の切れ間から見える外海の様子は時折り大きな波しぶきが立っていました((+_+))

2_0623shunkan.jpg 3_0623iga.jpg
 今回のリクエストはアラリウミウシとノウメア・ワリアンス 普段の雲見なら労せず見られるターゲットですが、いかんせんヨタが残る田子湾内ではさすがに苦戦しました こんなコンディションの時にはウミウシも飛ばされないように岩の隙間に隠れてしまうことが多いので岩の隙間や転石裏をチェックしました 石を裏返した時にいたのがこのハゼです その時は、あ~シュンカンハゼと思ったのですが画像で見るとカラダに模様が入っていました ホントにシュンカンハゼなのかな シュンカンハゼについてネットで調べてみると、これがまた面白いコトになりました 動きが速く瞬間的に隠れてしまうから「瞬間ハゼ」なのかと思っていましたが、どーやら平家物語に出てくる「俊寛」なるヒトが名前の由来らしいのです そこで「俊寛」で検索してみるとこれがまた面白い 歴史には特に疎いのでこの機会に初めて知りましたがこの俊寛という方、完全にお笑い芸人の笑い飯のロン毛の方にそっくりです(爆) 高松平家物語歴史館なるトコロが香川県にあるらしいのですがそこの展示物の「第五景 俊寛のみ赦されず」の展示物をチェックして下さい

4_0623himesan.jpg 5_0623iboiso.jpg
 ヒメサンゴガニ属の一種が見られました 一昨年からチェックしているのですが通年、見られるようですね 黄色いムチカラマツになぜか白いイボイソバナガニの♂が付いていました

6_0623otohime.jpg
 やった~ 大好きなオトヒメウミウシ(*^^)v 南方系のウミウシですが昨年の冬から継続して見られています 今日もバッサバサと羽ばたきながら移動していました~

7_0623isobana.jpg
 そしてゴールデンウィークに見つけたイソバナカクレエビ 今日もおんなじヤギ上で見られました~ 雲見のイソバナカクレエビ、台風一過も居てくれるかな

8_0623nishiki.jpg 9_0623benikinu.jpg 10_0623moebi.jpg
 何個体も見られたでっかいニシキウミウシ でも、雲見の例があるのでウミウシカクレエビが付いていないかいちいち入念にボディチェックしてしまいます(笑) ベニキヌヅツミもアチラコチラで見られました ち~っこいイソギンチャクモエビも見られました~

フィールドインプレッション
天候:雨 気温:23℃ 水温:22.3℃ 透視度:5~3m 潮流:なし ウネリ:弱
コース:白崎№1~№1

11_0623akahoshi.jpg
 2ダイブ目も1ダイブ目と同じエリアを、やはりアラリウミウシとノウメア・ワリアンス探しで潜りました まず、ファーストコンタクトはアカホシカクレエビです 雲見同様、田子でも普通に見られますね

12_0623hiram.jpg 13_0623hiro.jpg
 ヒラムシの仲間とヒロウミウシ ヒラムシの仲間は岩肌に、ヒロウミウシは転石裏で見られました

14_0623nishiki2.jpg
 ニシキウミウシの幼体です 以前はフタイロニシキウミウシと呼ばれていたヤツですね ん~、カワイイ

フィールドインプレッション
天候:雨 気温:23℃ 水温:20.9℃ 透視度:5m 潮流:なし ウネリ:弱
コース:弁天島

15_0623hanao.jpg
 リクエスト頂いていたアラリウミウシとノウメア・ワリアンスが見つかる雰囲気がなかったのでラスト3ダイブ目は思い切ってサイドチェンジ 弁天島を潜りました ブイから潜降せずやや外海よりの左サイドからエントリーしました ロケーション的にあわよくばボブサンウミウシもというムシのいい作戦です(笑) 白崎に続き弁天島の深場でも見られたハナオトメウミウシのペア

16_0623olt.jpg
 ウミトサカの仲間に付いているオルトマンワラエビ 背景がキレイだと絵になりますね~

17_0623tatsunami.jpg 18_0623sumizome.jpg
 砂地を這っていたのは体長30cmほどもあるタツナミガイ こう見えてウミウシの仲間です 過去に浮島のアジョウ根でタツナミガイにウミウシカクレエビが付いていたのを見たことがあったので当然、ボディーチェックしましたが、残念ながらウミウシカクレエビは見られませんでした そしてヒドロ虫の仲間にはスミゾメミノウミウシがいました するとご一緒した方がジブンでノウメア・ワリアンスを見つけて下さいました ファインプレイですね~~

19_0623hiro2.jpg
 でっかいヒロウミウシも見られました 普通種ですがホント、かわいい

20_0623ayame.jpg
 アカヤギに付いていたアヤメケボリ 田子湾内はヤギ類が多いので機会があったらじっくりウミウサギガイ科の仲間を探してみたいですね~

21_0623sango.jpg
 そしてエダサンゴの中で見られたサンゴガニの仲間 抱卵している個体も見られました(今回は撮れませんでしたが、、、) ウミウシ、エビカニの仲間が豊富な田子湾内、もっとじっくりと精査してみたいですね~

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


 それでは、また!
スポンサーサイト



| ダイビングログ | 21:16 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/665-55b412c8

TRACKBACK

-

管理人の承認後に表示されます

| | 2012/06/26 00:40 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT