伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

引き続き、ベタ凪 本日はエビカニ祭り 5/20雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:曇り時々晴れ 気温:23℃ 水温:17.5℃ 透視度:10m 潮流:下り中 ウネリ:なし
コース:牛着岩(-24mアーチブイ~小牛裏カド)

1_0520kaikyo.jpg
 引き続きベタ凪でした~! アヤトリカクレエビを筆頭にエビカニの仲間をじっくりご紹介しました

2_0520aya.jpg
と、いうことで1ダイブ目のファーストコンタクトはアヤトリカクレエビ 縦構図でとってもキレイに撮影して頂きました!!

3_0520kobo1.jpg 4_0520kobo2.jpg 5_0520kobo3.jpg
-24mアーチの入口付近のヤギの仲間ではコボレバケボリがたくさん見られます 今回、初めて卵隗を見ました

6_0520akahoshi.jpg 7_0520nishiki.jpg
 下り潮中のアゲンストの中、小牛裏カドまで移動しました アカホシカクレエビと大きなニシキウミウシがいました

8_0520namakom.jpg 9_0520iboiso.jpg
 トラフナマコを宿主にしているナマコマルガザミといつもの大きなイボイソバナガニの♂ レギュラーメンバーです

10_0520kaikam.jpg 11_0520tsuno.jpg 12_0520m_gokaku.jpg
このエリアではカニをじっくり撮影して頂きました ジュズエダカリナを背負ったカイカムリ、黄色いカイメンを身にまとったツノガニ そしてアカウニを宿主にしていたムラサキゴカクガニです

フィールドインプレッション
天候:曇り時々晴れ 気温:23℃ 水温:17.7℃ 透視度:10m 潮流:下り弱 ウネリ:なし
コース:牛着岩 (小牛前~小牛~湾内ブイ)
 2ダイブ目も引き続き、エビカニ・リクエストです 勝手に最近、マイブームの貝を混ぜちゃいました(笑)

13_0520ayame.jpg 14_70520benikinu.jpg
 アヤメケボリとベニキヌヅツミガイ 同じヤギ上で見られました どうやらこの2種は相性がいいようですね

15_0520ikaeru.jpg
 うまく身を潜めていたイロカエルアンコウ 実は水玉模様があったんですね 今日、初めて気が付きました

16_0520isobana.jpg
 アヤトリカクレエビと並びエビカニ・カテゴリーでは当店の目玉商品、イソバナカクレエビ また撮りに来てくださいと言っているようです(*^^)v

17_0520tenrok.jpg
 ウミトサカの仲間では定番のテンロクケボリがいました 大きくてキレイな個体でした

18_0520hanayaka.jpg
 一昨日ようやく見つけたハナヤカケボリです 本当にキレイなウミウサギガイ科の仲間です この貝が見たくてどうやったら見られるんだろうと思いネットで「ハナヤカケボリ」を検索したらなぜか当店のログがヒット 実は以前にも見ていて、しっかり撮影もしていました その時は貝に興味がなかったので全く記憶に残っていませんでした(苦笑) その他、美人系ウミウサギガイ科の仲間、カクレハナアヤメケボリも見られました

19_70520madai.jpg
 湾内ブイの手前で大きなマダイに遭遇しました 体色が黒っぽく実に立派な体躯の雄でした 明日はお天気、凪が良ければ仁科地区のてんぐさ漁の解禁日です 金環日食もありますがどちらもお天気次第ですね、、、 自然とともに過ごすというのはヒトが管理できないある意味「長いモノに巻かれる」的な暮らしです お天気ばっかりはヒトのチカラではど~にもなりませんね、、、

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


 それでは、また!
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 20:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/653-31453aa2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。