伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

水温UPでテンションもUP!? 5/16雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:24℃ 水温:19.8℃ 透視度:10~8m 潮流:下り中 ウネリ:中
コース:牛着岩(-24mアーチブイ~クレバス~湾内ブイ)

1_0516kaikyo.jpg
 前日の雨が上がり、お天気は急速に回復 そして今シーズン最高気温を記録しました でも海の方はというとヨタが強くマクロ系やフォトダイブにはちょっと厳しいコンディションでした ただ水温はUPして、ゴールデンウィーク中の水温にまで盛り返しました

2_0516kobo1.jpg 3_0516beni.jpg 4_0516kobo2.jpg
 まず1ダイブ目のファーストコンタクトはコボレバケボリとベニキヌヅツミガイの黄色バージョン 動かないのでウミウシ同様、撮影しやすいのですが擬態が上手いので見つけるのが少したいへんです(~_~;)

5_0516aya.jpg
 そして大好物のアヤトリカクレエビ 潮がかかっていたのでウスアカイソギンチャクのポリプが全開! 刺激してポリプを縮めるとヤラセ写真になってしまうのでウスアカイソギンチャクのポリプを縮めないようにそ~っとアプローチ なんとか自然な写真が撮れました(ちなみにアヤトリカクレエビが付いている株は最初からポリプが引っ込んでいました (^_^;))

6_0516m_mino.jpg 7_0516warai.jpg 8_0516sumi.jpg
 クランク岩の上のムラサキミノウミウシ サザエに付着したカイウミヒドラを摂食中でした そしてクレバス内の模様がサイケなワライボヤマツカサウミウシとまだ小さなスミゾメミノウミウシ

9_0516krakatoa.jpg 10_0516ryumon.jpg 11_0516caramel.jpg
 先月24日に見つけたヒュプセロドーリス・クラカトア 相変わらずデカいです(爆) 背中の模様がバーコードみたいなリュウモンイロウミウシ 定番ですね そしてキャラメルウミウシ クレバス内はヨタがキツくてつかまっているのがやっとでした、、、

12_0516nanyo.jpg
 そしてようやく見られました、ナンヨウウミウシ アイダイブ金子さん情報です 三角穴洞窟の入り口付近はウネリガMAXで証拠写真程度にしか撮れませんでした(ToT) 凪の時にじっくり撮影したいものです

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:24℃ 水温:19.6℃ 透視度:8m 潮流:下り弱 ウネリ:中
コース:牛着岩 (小牛前~小牛~-24mアーチブイ)
 西からのウネリで大牛洞窟方面のコンディションがあまり良くない(マクロ系の撮影には 地形クルリならNO問題です)ので小牛前からエントリーして小牛まわりの-24mアーチブイ上がりです

13_0516isokon.jpg
 小牛前と言ったらやはり最近のトレンドはイソコンペイトウガニでしょう このエリアだけで違う個体を4個体も見ています

15_0516ayame.jpg
 密かなるマイブーム バニーちゃん(ウミウサギガイ科の仲間) その中でも特にハマっているのが菖蒲(アヤメ)三姉妹 ボク世代(’68年生)のアニメに登場したキャッツアイの主人公、愛、瞳、泪みたいな(わかってもらえると嬉しいのでお時間ある方はググって下さい) まずは三女のアヤメケボリ 素朴な感じで色気は感じないですね(笑) 

14_0516hana.jpg
 続いては次女のハナアヤメケボリ 外套膜にドット柄が入ったなかなかのお洒落さんです たまたま背景が青くヌケたせいもありますが、イケてます!

16_0516kakure1.jpg
 そして長女のカクレハナアヤメケボリ シックな色合いのベース(外套膜)に白のピンドットがセンスの良さを物語っています 先端の黒がとても妖艶なお洒落上級者ですね 色っぽいウミウサギガイ科の仲間です! ハナヤカケボリを探していたのですが、そちらは今日も見つかりませんでした まぁ、ボチボチ探します(#^.^#)

17_0516tenrok.jpg 18_0516akahoshi.jpg
 大きなテンロクケボリ ウミトサカの仲間が多い雲見ではセロガタケボリやコダマウサギガイと並んで最も普通に見られるウミウサギガイ科の仲間ですね 外套膜と貝殻の両方ともキレイなのでムケた状態でも絵になります そしてコリンズブイ近くのアカホシカクレエビ このキッカイソギンチャクにもアカハタとかタカノハダイがクリーニング待ちをしているのを見ますが、コイツに限ってまだ魚のカラダにたかってクリーニングをしているシーンに一度も出くわしたことが無いのはなぜでしょう!?

19_0516traf.jpg 20_0516beni2.jpg
 ヤギの仲間で見られるトラフケボリとベニキヌヅツミガイ 卵は産み付けるは食い散らすはヤギにとってはホント、いい迷惑なんでしょうね

21_0516isobana.jpg
 1ダイブ目で見たアヤトリカクレエビと並んで大好物のイソバナカクレエビ 慣れてくるとコイツがいそうなヤギの雰囲気がなんとなくわかってきます 経験則なのでうまく説明できませんが、、、

22_0516beni3.jpg 23_0516koke.jpg 24_0516konoa.jpg
 小牛の岩肌で見られたベニキヌヅツミガイ、コケギンポの仲間、そして旬のコノハガニ この個体は♂ですね ♂は甲羅のカタチが三角形、♀は五角形です トリゴン→♂、ペンタゴン→♀と覚えると簡単です(ウソ; 笑) コケギンポの仲間ですが今回は一人で撮ったので口開けシーンが中途半端でピントも合っていませんが、リクエスト頂ければあくびシーンを演出しますので是非、ご用命下さい\(~o~)/

25_0516iboiso.jpg 26_0516tsuno.jpg 27_0516namakom.jpg
 小牛まわりで見られるカノの仲間 でっかく成長したイボイソバナガニ♂、かわいいツノガニ、ナマコマルガザミです エビカニ・コースのレギュラーメンバーです 今日はなんとカイカムリが見つかりませんでした このエリアはよく見かけるので次回、凪の時にじっくり探してみます

28_0516tatsu.jpg
 そして本日の大トリはハナタツです クランク裏面のハナタツ・パラダイス?にいました 頂冠部の皮弁が立派な赤い個体が今シーズンのトレンドなんでしょうか? 多い気がします そしてクランク裏からヒト型岩を抜けてー24mアーチブイへ 安全停止して50分のダイブを終了しました ホントはあともう10分、余分に潜りたいんですけどね、、、(+o+) 今日はヨタがキツかったので目新しい生物が見つからなかったのと上手く撮影できなくてスミマセン<(_ _)> 次回は18日(金)です 凪になるといいですね~

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


 それでは、また!
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 17:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/650-db8edded

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。