伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

季節の変わり目ですね~ 3/10雲見のLOG

 3月に入ってから一気に暖かくなり春の到来を感じたものの、今週半ばくらいからまた冬に逆戻り、、、 三寒四温とはよく言ったものですね 去りゆく冬と来たる春がせめぎあっているようです 花粉症の方にはツラい季節になりましたね さて本日の海況ですがあいにくの冷たい雨降りでしたが凪でした 全エリアOPENです
フィールドインプレッション
天候:雨 気温:10℃ 水温:16.9℃ 透視度:15m 潮流:下り弱 ウネリ:なし
0海況031012
雨に煙る牛着岩です お天気&陽気は今ひとつでしたが海況はばっちりでした このところナライ(北東の風)が続いているので海水温が例年より高めです! 1ダイブ目は-24mアーチブイからエントリーしてクレバス経由の小牛まわりで湾内ブイへ もちろん本日もボロカサゴ、意識しながら潜りますよ~! 

1アヤトリカクレエビ
-24mアーチブイからのエントリーと言えばファーストコンタクトはアヤトリカクレエビですよね~ 野球に例えるとボク的には昨年までのシアトル・マリナーズのイチロー的存在、不動の1番打者です ホント、期待を裏切らないアベレージ・ヒッターです!

2テングダイ 3マツカサウミウシ属の一種3
続いては-24mアーチの住民、テングダイのペア 神子元や銭洲で見る個体よりかなりサイズがデカいです そしてクレバスでは密かな人気のマツカサウミウシ属の仲間 この模様はホント、不思議ですよね~ シルク地のプリントシャツで欲しい感じです(笑)

4ナカザワイソバナガニ 5オルトマンワラエビ 6イセエビ
小牛の洞窟前の壁ではナカザワイソバナガニオルトマンワラエビが見られました 洞窟内ではおびただしい数のツマグロハタンポクロホシイシモチがいました イタチウオゴンズイ、そしてでっかいイセエビヒメセミエビも登場 洞窟の奥ではソリハシコモンエビがいましたが今回も画像におさめることができませんでした、、、

7ナマコマルガザミ 38ムラサキゴカクガニ
小牛の洞窟を出てしばし、ボロカサゴを捜索 今回も見つけられませんでしたが諦めずに常に頭の片隅に意識しながら潜りますよ~ ここではナマコマルガザミテントウウミウシが見られました

9カイカムリ 10イボイソバナガニ♂
小牛まわりはエビカニのゴールデン・コースです いつものジュズエダカリナを背負ったカイカムリイボイソバナガニの♂がお出迎えしてくれました

11オオウミウマ 12イロカエルアンコウ
そしてダイバーに人気のオオウミウマイロカエルアンコウのBABY どちらあまり動かないので被写体にピッタリです ただし、ブリーフィングを守って控えめなアプローチをお願いしますね!

13イソバナカクレエビ 14アヤメケボリ 15ベニキヌヅツミガイ
さてさてこのヤギではイソバナカクレエビアヤメケボリベニキヌヅツミガイをGET 貝類がワラワラ付いていてオイシー場所です それにしてもイソバナカクレエビ、ホントかわいいっすね クルクルまわって動きも面白いですよ~

16アカホシカクレエビ 17漁礁
コリンズブイ近くのキッカイソギンチャクに付いているアカホシカクレエビ コリンズブイ脇のウズラカクレモエビはどうやらいなくなってしまったようです、、、 残念(涙) 最近、設置された小牛の砂地側の杉の間伐材を利用した漁礁です

フィールドインプレッション
天候:雨→曇り 気温:10℃ 水温:16.9℃ 透視度:15m 潮流:下り弱 ウネリ:なし
19ルンキナウミウシ 18クロヘリアメフラシ
2ダイブ目は大牛洞窟前からエントリーして洞窟の左側のオーバーハング上の壁でコンシボリガイ探し ここ最近、このエリアでコンシボリガイがしょっちゅう目撃されています 今日は残念ながら見られませんでしたが、クロヘリアメフラシルンキナウミウシが見られました

20イガグリウミウシ 21シロタスキウミウシ 22ヘリシロイロウミウシ 23マダライロウミウシ
左コーヂーで見られたウミウシ 在来のイガグリウミウシのペア、新顔のシロタスキウミウシ、先月末から確認されているヘリシロイロウミウシマダライロウミウシ コールマンウミウシミカドウミウシの幼体はお出かけ中のようで今日は見られませんでした

24オセロウミウシ 25オセロウミウシ
三角岩ではここ最近、増殖中のオセロウミウシ あちらこちらで見られます 他のエリアではあまり聞きませんが、雲見では普通に見られるんですよね~ やっぱ、環境なんでしょうかねぇ? 交接中のペアもいっぱいいました

26オオモンカエルアンコウ
右コーヂーにいると来ていたのですが、今日は三角岩にいたオオモンカエルアンコウ イロカエルアンコウなのかオオモンカエルアンコウなのか今ひとつ定かではありません ボクはイロカエルアンコウのでっかいのだと思っているのですがなんとなくオオモンカエルアンコウというヒトの方が旗色が優勢なので流されちゃってます ま、その辺はまったくこだわらない派なんです(笑) どなたかご教授お願いしま~す!!

27アカネコモンウミウシ 29ノウメア・ワリアンス 30ニシキウミウシ
三角岩で見られたでっかいアカネコモンウミウシ 相変わらず触角が片方しか出ていませんでした 二次鰓の出も悪いし弱ってるんですかね? 並びにはノウメア・ワリアンスニシキウミウシが見られました

31ジュッテンイロウミウシ 32センテンイロウミウシ 33センテンイロウミウシ
左コーヂーではジュッテンイロウミウシセンテンイロウミウシ センテンイロウミウシは例年、いっぱい発生するのですが今シーズンはジュッテンイロウミウシもたくさん見られています どちらもキレイなので嬉しい限りです!

34イボイソバナガニ♀ 35ムチカラマツエビ 36ビシャモンエビ
大好きなムチカラマツ・シリーズ 超ちびっこだったころから追い続けているイボイソバナガニ♀ 立派に成長しました~ そして、ここ最近同じムチカラマツに付いたムチカラマツエビ 1本で2度オイシー感じです 別のムチカラマツではビシャモンエビが2個体見られます なぜか♂+♂の組み合わせです(爆)

37マツカサウオ 38ムラサキゴカクガニ
大牛カドをグルリとまわり湾内側へ 発見時は500円玉大だったマツカサウオの幼魚も今では大人になりつつあります アカウニではムラサキゴカクガニが見られました 甲羅のツヤツヤ感、好きなヒトには堪りませんね~(笑)

39ツノガニ 40アケウス 41イソギンチャクモエビ
ラストはトレジャーロックでエビカニ・チェック! ボク的にはストライクゾーンのツノガニアケウス、そしてセクシーシュリンプことイソギンチャクモエビ 特にイソギンチャクモエビはストロボが反射してピッカピカのつやっつやでした 雲見の海はマクロ天国です ウミウシが大好きな方、エビカニが大好きな方、カエルアンコウやタツノオトシゴの仲間が大好きな方、是非リクエストして下さいね~ できるかぎり寒さを感じさせないガイドを心掛けますので!!

 それでは、また!
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/622-38976469

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。