FC2ブログ

伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

考えさせられた水中シーン

 そこそこダイビングをしていると珍しいシーンや面白いシーン、そして考えさせられるようなシーンに出くわすことがあります ダイバーが海を潜る以上、環境や水中生物に対してどんなに気を付けても控えめな態度で接しても、絶対に無害とは言えないのが現実です うっかりサンゴやカイメンを傷つけてしまったり、、、 釣り人や漁業に従事する人達にも、同様のことが言えるでしょう どんなに釣り番組でゴミや仕掛けは持ち帰りましょうといっても、雲見の牛着岩、島渡しの釣り場付近は根掛りした仕掛けが沈んでいますし、イセエビ漁で刺し網を掛けるエリアではソフトコーラルやカイメンが網の引き上げで根こそぎむしられていたりします 神子元では釣り針が口にフックし、釣り糸が体に巻きついたウツボを見ました きっと石モノ(イシダイなど)狙いの釣り人の仕掛けに掛かってバレたのでしょう 2004年7月11日の銭洲では安全停止中にメジロザメの群れに周囲をグルグル巻かれましたが、口から釣り糸を垂らしているメジロザメを何匹も見ました おそらくヒットしたカンパチを狙って仕掛けごと呑んでしまったのでしょう

イトフエフキ
 写真は2003年9月24日、ファンダイブ中にたまたま遭遇したイトフエフキです 口にはルアーがフックしていました 普段は浅場で転石裏の生物を探していると近づいてきてエビカニの仲間に襲いかかるウザったい存在ですが、この時ばかりは見ていて考えさせられました PADI U/Wナチュラリストのスペシャルティー・コースを開催する時にダイブ2で補助教材としても活用している写真です ダイビング以外にもテングサやハンバノリ、岩ノリ、ヒジキなど海の恵みで生活させて頂いている立場のボクとしましてはお客様の前だからとか、クリーンナップデイだからとかということじゃなく、普段から「気づいたら、見かけたら拾う」を心掛けています そんな時、愛用のTUSAのBCはポケットの内容量が大きいので重宝しています(笑)

 それでは、また!
スポンサーサイト



| コラム | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/610-db3b90be

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT