伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

銭洲遠征、断念、、、

日曜日の銭洲遠征の中止を本日、決定しました。今シーズンは巡り合わせが悪く3回とも海況不良により中止になりました。例年以上にトレーニングや諸々の準備に余念がなかったので残念で仕方ありません、、、 必ずしも努力や準備が報われるとは限りませんし、むしろ報われない方のことが多いのはわかっているつもりでしたが。でもここで無理をして現地まで行って潜れませんでしたはあまりにも残酷ですからね。7年前に銭洲まで行って潜れなかったことが一度ありました。あの頃は若かったというか怖いもの知らずというか経験則もなかったので行けばなんとかなると思い込んでいました。実際に荒れ狂う銭洲の海と対峙した時に本当にビビリました。板子一枚下は地獄と言いますが荒れた銭洲はまさにそんな感じです。航行中もあのデカいアルミ船が跳ねて寝ている床から天井まで跳ね飛ばされます。天井に激突しないように手を伸ばしてガードしたり、手すりにつかまったり、、、

5/16/04銭洲

釣り人は行けるんです。でも、ダイバーにとって何が一番重要かというと全員無事に線上にエキジットできるかどうかということです。荒れていてもエントリー&ダイビングはできます。でもJG船で水面から見てあの高い乾舷からそびえ立つラダーを果たして無事に登り切れるのか。ここが判断基準になります。銭洲は逃げません。今シーズンはたまたま行くことができませんでしたが来シーズンは銭洲の最高のシーズナリティーにガチッと潜れるように今からフィジカル面、機材の面で準備をして行きます。2003年から遠征をスタートして船が火災にあった2009年以来、2度目のNO銭洲になってしまいました。でも諦めるのも勇気を大切に来シーズンの遠征に思いをはせてたいと思います。

最後に、、、
だから銭洲は面白いんですよね。だから遠征は止められません。「なんでそんなつらい思いまでして行くの?」って聞かれることがあります。「銭洲って面白いんですよ~っ」て答えていますが、本当はそこにダイバーの挑戦を待っている手強い海があるからなんですよね。
スポンサーサイト

| ダイビング・イベント | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/482-d0760d45

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。