伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本日の雲見

3月最終日はお天気、海況とも穏やかでした 水温は14℃(水底水温14.2~13.7℃)、透視度10mでした 潮色が思いのほか回復しましたよ! 浮遊物はありましたが潮そのものはキレイ でも相変わらずターゲットはウミウシONLYでしたが(笑) 1ダイブ目、ブイからエントリーし水路へ 濃密なウミウシ密度を堪能しつつ撮影していると突然、液晶モニターに「撮影枚数が0枚です」の表示がっ! またもやメモリーカードをPCのスロットルに忘れて来てしまい内蔵メモリーで撮影していたのでした 前日、忘れないようにあれだけ自分に言い聞かせていたのに、、、(涙)
ニシキツバメガイ
何とニシキツバメガイGET 寒い時期の目撃は以前にも2月に大西の田子湾内のシークレットポイントで遭遇したことがあります 雲見では小牛の水深-10mくらいの岩肌やはまゆブイの周辺でたま~に見られます コンシボリガイ同様、動きの早いウミウシです
ヘリシロイロウミウシ
久し振りのヘリシロイロウミウシ 大牛で遭遇 とてもキレイなウミウシです 30mm以上ありますので目立ちます その他、このエリアではオセロウミウシもGETしました
コミドリリュウグウウミウシ
コミドリリュウグウウミウシ 水路の壁を丹念に探すとこの時期、比較的遭遇しやすいウミウシです 黄緑色っぽい個体もいますが雲見ではこの画像のように黒っぽいカラーバリエーションの個体が多いですね
アオボシミドリガイ
青い点々がキレイなアオボシミドリガイ 季節柄、ゴクラクモドリガイ科の仲間が多くスイートジェリーミドリガイ、アズキウミウシなどは浅場にベタベタ這っていました その他、テントウウミウシ、クロヘリアメフラシ、定番イロウミウシ各種、コイボウミウシ、キイロイボウミウシ、サクラミノウミウシ、ヒブサミノウミウシなどたくさんのウミウシの仲間が見られました 他店情報ですがベニカエルアンコウやハナタツなども見られています 詳しくはDSエグザイルのホームページのLOGをご覧下さいね
それでは、また
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 20:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/23-f714ac4a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。