伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヒヤリハット!

 朝のうち冷たい雨が降っていましたが、9:00過ぎくらいから雨が上がりました 今日、明日とも穏やかなお天気の予報 早速、海苔掻き(岩海苔採り)に行って来ました 昨日はお天気は今ひとつだったもののベタ凪、今日はちょっとヨタが入り波が打ち寄せていました 時より打ち寄せる大きな波を十分に気をつけながらの海苔掻きです 磯には一面びっしりの岩海苔 とてもひとりで採りきれる量ではありません(喜)
2/15海苔掻き
 海苔を掻く指にもチカラが入ります(笑) 本日は9:58が干潮の潮止まり 徐々に潮が上げてくるのは肌で感じていました しかし海苔の塊を目の前にして、ついつい波打ち際のほうに手が伸びてしまいます もうちょっと、これだけ採ったら岩の上の方に移動しよう、、、 例えるなら神子元でダウンカレントの際を悠々と泳ぐハンマーの群れを追いかけていて、もうちょっともう少しだけと欲を出して、やっぱりダウンカレントに引っかかってしまうみたいな(かえって分かりづらい?) そうこうしているうちに大きな波が打ち寄せてきました 待ってましたとばかりに岩の亀裂に両手の指をこじ入れてがっちりグリップ 気分はロッククライマーです 高波対策も万全!と独りでドヤ顔をしたのもつかの間、一瞬でドカーンと流されてしまいました そしてヒザとスネをしたたか打ちつけてしまいましたが不思議と痛みは感じず、ただただ必死に岩にしがみついていました 波が去ると同時に脱兎のごとく岩場をよじ登りました 頭の中ではず~っと「岩海苔採りの男性、高波にさらわれ行方不明」という新聞の見出しがグルグル回っていました その後、ポイントを変えて続けてはみたもののすっかりタマが縮んでしまいちょっとした波にもビビッてしまい結局、早々に引き上げてしまいました
2/15収穫
 と、いうことで本日の収穫です 小一時間の作業だったので前日の半分も採れませんでしたが、たいしたケガもなく無事に済んで本当に良かったです 磯をナメちゃいけませんね~(シミジミ) ダイビングのブリーフィングでは必ず「離反して水面に浮上したら島に近づいてはダメです サラシの中に入ると岩に叩きつけられる恐れがありますので必ず岩から離れたところで浮力を確保して下さい」と言うのですがまさに正論ですね
2/15本日の河津桜
 帰りがけに見た河津桜です 昨日も同じ桜を眺めたのですが、あんなことがあった後なので野に咲く花の美しさを改めて実感したのでた(苦笑)
2/15海苔の仕立て
 ウチに帰ってからシャワーを浴びて着替えるとお天気がいいので早速、海苔を仕立てました 海苔を洗って石などのゴミを取り除き、軽く包丁で叩いて海苔ごもに置いた型枠に流し込み天日で干します 乾いたら石などのゴミがないかよ~くチェックして石があれば取り除いて袋詰めにします かるく炙って醤油をたらしてご飯にかけるも良し、酒のアテにするのも良し 磯の薫りが最高です! 泊まりで潜りに来て頂いた方にはご馳走しますのでお楽しみに!!
2/15スネ
 汚いスネをお見せして申し訳ないのですがこんな感じでモーラステープを貼りまくりです 磯を這いつくばった時には何とも感じなかったのですが、今になってズキズキ痛みます 最後に大事なことなのでもう一度、言います 「磯をナメちゃイケません!」 ボク自身、決してナメていた訳ではありませんが、あやうく「岩海苔採りの男性、高波にさらわれ行方不明」と新聞に載るところでしたから 台風の時、増水した川の様子を見に行ってそのまま行方不明になったりするパターンと一緒ですね 久し振りにヒヤリハットな出来事でした

それでは、また!
スポンサーサイト

| 漁師 | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/182-2d37f124

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。