伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

爆潜りでフォトダイブ4本! 7/3雲見のLOG

furusato.png

西伊豆町ふるさと納税感謝券取扱店


コース:牛着岩(ブイ~クレバス~-24mアーチ)
天候:晴れ 気温:30℃
水温:21.6℃ 透視度:12~10m

1_070317kaikyo.jpg
 バタバタした週末が終わりのんびりまったりの平日爆潜りです(笑) お天気は良かったものの沖はウネリが入っていました

2_0703chou.jpg 3_0703usuiro.jpg
 潜降中、ガイドロープに寄り添っていたのはチョウチョウウオ そしてクレバスの壁にウスイロウミウシをはじめ様々なウミウシの仲間が見られました

4_0703kimme.jpg 5_0703kimme.jpg
 キンメモドキの群れ 圧巻です!


 キンメモドキの群れ、その1


 キンメモドキの群れ、その2

8_0703teng.jpg
 -24mアーチの前にて テングダイとイサキの群れのコラボ


 動きが緩慢だったのでガブリ寄りしちゃいました(笑)

10_0703iboiso.jpg 6_0703tenrok.jpg
 低い方の根頭のイボイソバナガニ♀とテンロクケボリ

7_0703egg.jpg
 毎年、この時期になると岩礁域のあちこちで見かけるカクレセンコウカイメン


 放精? それとも産卵? どなたか詳しい方、ご教授願いますm(__)m


11_0703mkocho.jpg 12_0703nishiki.jpg
 -24mアーチの低い方の根頭にいたムラサキウミコチョウとニシキウミウシ

13_0703teng.jpg 14_0703teng.jpg
 そして同じく根頭にはテングダイが2個体、本日は合計3個体が見られました\(^o^)/

コース:牛着岩(小牛洞窟前~小牛まわり~ブイ)
天候:晴れ 気温:30℃
水温:22.2℃ 透視度:12~10m

15_0703koib.jpg 16_0703ryumon.jpg
 小牛洞窟の壁にコイボウミウシとリュウモンイロウミウシがいました

17_0703tatsu.jpg
 いつものハナタツ

18_0703yotsuba.jpg 19_0703sori.jpg
 ニクイロクダヤギの中にはヨツバネジレカニダマシ そしてここでは定番のソリキヌヅツミをご紹介しました

20_0703akahoshi.jpg
 小牛裏カドのアカホシカクレエビ 抱卵中です


 ダンスを踊ってクリーナーシュリンプであることを主張します

21_0703iboiso.jpg 24_0703glass.jpg
 ツノが♀の2倍くらい長いイボイソバナガニの♂と同じくムチカラマツを宿主にしていたガラスハゼ

22_0703noko.jpg 23_0703mino.jpg
 小牛の亀裂の中にはウツボなどのクリーナー、ノコギリヨウジ そしてここ最近、よく見かけるミノカサゴがいました

コース:牛着岩(大牛洞窟前~-16mアーチ~ブイ)
天候:晴れ 気温:30℃
水温:20.2℃ 透視度:12~10m

29_0703mkocho.jpg 31_0703koib.jpg
 3ダイブ目は大牛洞窟前からエントリー ムラサキウミコチョウとコイボウミウシ

25_0703sori.jpg 34_0703traf.jpg
 ウミウサギの仲間、ソリキヌヅツミとトラフケボリ(ペア)

26_0703otohime.jpg 27_0703sakura.jpg
 オトヒメエビと抱卵中のサクラテンジクダイ♀


 ペアとなる♂の口内に散乱して♂が育てます…(>_<)

28_0703shima.jpg 30_0703benkei.jpg
 シマウミスズメとベンケイハゼが見られました(^O^)


 英名Longhorn Cowfish ツノを牛に例えているんですね

32_0703kiibo.jpg 33_0703kiibo.jpg
 交接中のキイボキヌハダウミウシ カラダの右側にある交接器を繋いでお互いに受精、産卵します

35_0703harisen.jpg
 -16mアーチを抜けた湾内側にハリセンボンがいました 以前もここで見ているのできっと居着いているのかと…


 動きが遅いので捕まえられないこともないのですがいつまでも見られるようにそっとしています

36_0703tenrok.jpg
 ウミトサカの仲間を宿主にしている美しいウミウサギの仲間、テンロクケボリ

37_0703hitoie.jpg 38_0703hitoe.jpg
 久し振りにヒトエガイを見ました 触角の付け根に眼があって可愛いですね 最近、話題の引退した将棋界のレジェンド、ひふみんに似ていますね(笑)

コース:牛着岩(小牛前~ブイ)
天候:晴れ 気温:30℃
水温:20.6℃ 透視度:12~10m

39_tenrok.jpg 44_0703tenrok.jpg
 イソコンペイトウガニを探していると見つかるのはテンロクケボリばかり…(^^;)

48_0703tenrok.jpg
 またまたテンロクケボリ いつもはセロガタケボリも見つかるんですが…

40_0703beniki.jpg 41_0703ayame.jpg
 アカヤギの一種を宿主にしていたのはベニキヌヅツミとアヤメケボリ

42_0703koke.jpg 43_0703koke.jpg
 ギンポ岩の住民、コケギンポの仲間

45_0703isaki.jpg
 アオリイカの崩落した漁礁のH鋼にはソフトコーラルが生い茂りイサキが群れていました


 砂地に点在する漁礁 そこに寄り添うイサキの群れ 癒し系です

46_0703kumo.jpg 47_0703kumo.jpg
 ソフトコーラルにクモガニの仲間がペアで見られました 爆潜り4ダイブ、あっという間でしたね どうもおつかれさまでした そして、ありがとうございます!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/1429-dca70641

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT