伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フリソデエビ登場 じっくりフォトで3ダイブ! 10/15雲見のLOG

furusato.png

西伊豆町ふるさと納税感謝券取扱店

コース:牛着岩(小牛裏カド)
天候:晴れ 気温:23℃ 
水温:23.2℃ 透視度:12m

1_101516kaikyo.jpg
 素晴らしいお天気&海況に恵まれました~\(^o^)/

2_1015kuma.jpg
 ブイから潜降してファーストコンタクトはクマノミです

3_1015himesa1.jpg 4_1015himesa2.jpg
 昨日、登場したフリソデエビをご案内しようとしたらヒメサツマカサゴの捕食シーンに遭遇しました


 とても貴重なシーンですね! 食べられている方も最後の抵抗をしています

5_1015furi.jpg
 そして昨シーズンとほぼ同じ場所に登場したフリソデエビ!


 もちろんムービーも回しましたがあまり動きませんでした…(^^;)

6_1015koke.jpg 7_1015glass.jpg
 アライソコケギンポとガラスハゼ

8_1015aosa1.jpg 9_1015aosa2.jpg
 あちこちで見かけたアオサハギ

10_1015kuma2.jpg 12_1015namako.jpg
 大牛裏カドのオオサンゴイソギンチャクの群生地にいるクマノミとトラフナマコを宿主にしたナマコマルガザミ

11_1015sero.jpg 15_1015traf.jpg
 ウミウサギの仲間、セロガタケボリとトラフナマコ

13_1015hitode.jpg 14_1015hitode.jpg
 今シーズン、たくさん見られているヒトデヤドリエビ 通称バルタン星人

17_1015akahoshi.jpg
 魚のエステティシャン、アカホシカクレエビ

16_1015nishiki.jpg 18_1015iga.jpg
 ニシキウミウシ(旧フルポンバージョン)とイガグリウミウシが見られました

19_1015koke.jpg
 ラストは安全停止中に根頭で見られたトウシマコケギンポ 可愛いですね!

コース:牛着岩(大牛洞窟~グンカン)
天候:晴れ 気温:23℃ 
水温:22.4℃ 透視度:12m

20_1015sakurat.jpg 21_1015sakura.jpg
 続いては大牛洞窟からエントリー 洞窟の住民、サクラテンジクダイ

22_1015akane.jpg
 アカネテンジクダイもここの住民です サザナミヤッコはいなくなっちゃいました…(^^;)

23_1010oto.jpg 24_1015benikinu.jpg
 オトヒメエビのペアとウミウサギの仲間、ベニキヌヅツミ

25_1015seboshi.jpg
 抱卵中のセボシウミタケハゼ この時期はマタニティーな生物が多いですね

26_1015benikaeru.jpg
 ベニカエルアンコウは定位置でした

27_1015furi.jpg 29_1015traf.jpg
 フリエリイボウミウシとトラフケボリ

28_1015clear.jpg 31_1015hitide.jpg
 やっぱりヒトデヤドリエビ多いですね アカヒトデをめくるたびに見つかります

32_1015kuma3.jpg 33_1015hitode.jpg
 根頭のイソギンチャク畑で見られたクマノミとまたまたヒトデヤドリエビ

34_1015umiushi.jpg
 いました~、ウミウシカクレエビ 散々、探してやっと見つかりました 通称、ウルトラマン 可愛いですね~

コース:牛着岩(小牛裏カド~ブイ)
天候:晴れ 気温:23℃ 
水温:20.8℃ 透視度:12m

35_1015kaikam.jpg 36_1015namako.jpg
 ラストはヒレナガネジリンボウ狙いで小牛裏カドからエントリー まずはワタトリカイメンの帽子を被ったカイカムリとトラフナマコを宿主にしたナマコマルガザミ

37_1015muchi.jpg 38_1015tora.jpg
 ムチカラマツエビとトラウツボ

38_1015hire.jpg
 いました! ヒレナガネジリンボウ 午前中、見に行ったパーティが軒並みハズしていたので遅い時間帯に行って正解でした 共生しているコトブキテッポウエビを一緒におさめることはできませんでした…(>_<)

39_1015aosa3.jpg 40_1015koshi.jpg
 ジュズエダカリナに寄り添っていたアオサハギとコシオリエビの仲間

41_1015koke2.jpg 42_1015koke3.jpg
 ギンポ岩のアライソコケギンポ あくびシーンを演出しました

43_1015tsuyu.jpg 44_1015himesan.jpg
 再びフリソデエビをご紹介していると周囲にツユベラの幼魚がいました そしてラストはエンタクミドリイシの中にいたヒメサンゴガニ属の一種 終日、素晴らしいコンディションでしたね まさにベストシーズンの雲見です

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 19:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/1383-212f85b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。