FC2ブログ

伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

当店オリジナルのウミウシSPコース修了! 8/20雲見のLOG

furusato.png

西伊豆町ふるさと納税感謝券取扱店

コース:三競(3番~4番洞窟)
天候:晴れ 気温:31℃ 
水温:24.6℃ 透視度:12~10m

1_082016kaikyo.jpeg
 東よりの風が強く伊豆の東海岸のダイビングサイトは軒並みCLOSE 雲見は穏やかなコンディションでした 嵐の前の静けさですね

2_0820cara.jpg 3_0720hira.jpg
 本日、当店オリジナルのPADIディスティンクティヴ雲見のウミウシの見つけ方SPコースです まずは三競でキャラメルウミウシとヒラムシの仲間

4_0820seto.jpg
 キレイなセトイロウミウシがいました!

5_0720cole.jpg
 大きなコールマンウミウシ 冬の沖縄の定番ですが伊豆で出会うと嬉しいウミウシですね

6_0820kii.jpg 7_0820sen.jpg
 キレイなキイロウミウシとセンテンイロウミウシ

8_0820ao.jpg 9_0820shiro.jpg
 定番のアオウミウシロウミウシ

10_0820nou.jpg 11_0820nou.jpg
 ノウメア・ワリアンスが大発生中です


 あんまりにもいっぱいいたので動画で撮影しちゃいました(^O^)

12_0820nou.jpg
 キレイなウミウシなので大歓迎です!

13_0820shiro.jpg 14_0820shiro.jpg
 シロタスキウミウシがペアと単体で見られました

23_0820furi.jpg 15_0820furi.jpg
 こちらはフリエリイボウミウシ

16_0820sara.jpg 17_0820usu.jpg
 定番のサラサウミウシとウスイロウミウシ

18_0820ara.jpg
 ノウメア・ワリアンスばかりでしたが貴重な?アラリウミウシ

19_0820kii.jpg 20_0820kii.jpg
 キイロイボウミウシは産卵中の個体がいました おかげで卵のタイプが判明しました

21_0820seto.jpg 30_0820sen.jpg
 小さなセトイロウミウシとセンテンイロウミウシ

22_0820nou.jpg 24_0820furi.jpg
 またまたノウメア・ワリアンス

25_0820jutten.jpg
 美しいジュッテンイロウミウシがいました! ジュッテ~ンイム(笑)

26_0820koto.jpg 27_0820nou.jpg
 2.5番の壁のコトヒメウミウシと2番洞窟のノウメア・ワリアンス 種類が偏ってはいましたがウミウシがいっぱい見られました(^O^)

コース:牛着岩(大牛洞窟前~大牛カド)
天候:晴れ 気温:31℃ 
水温:24.8℃ 透視度:12~10m

28_0820iga.jpg 39_0820iga.jpg
 ウミウシSPコース2ダイブ目は大牛洞窟をご案内しました まずはイガグリウミウシ

38_0820ao.jpg 46_0820usu.jpg
 定番のアオウミウシとウスイロウミウシ

29_0820moe.jpg 37_0820clear.jpg
 セクシーシュリンプことイソギンチャクモエビと魚のエステシャン、クリアクリーナーシュリンプ


 クリアクリーナーシュリンプがウツボシーンがたまたま撮影できました!

40_0820sen.jpg 41_0820sen.jpg
 このエリアではセンテンイロウミウシが大発生中です

42_0820sen.jpg 43_0820sen.jpg
 またまたセンテンイロウミウシ

44_0820koi.jpg 45_0820kii.jpg
 コイボウミウシとキイロイボウミウシも見られました 大牛カドの産卵中のキイボキヌハダウミウシはいなくなってしまいました(>_<)

コース:牛着岩(クレバス~島裏)
天候:晴れ 気温:31℃ 
水温:25.6℃ 透視度:5m

47_0820koto.jpg 48_0820sumi.jpg
 講習は修了したのですがリクエストで追加の3ダイブ目 開拓中のナイショのポイントをご案内しました 水温が一気に下がって水中が白濁していました この理由は後ほど判明します まずはコトヒメウミウシとスミゾメミノウミウシ

49_0820ryu.jpg
 こちらはリュウモンイロウミウシです

50_0820sen.jpg 52_0820sen.jpg
 ここでもセンテンイロウミウシ、大発生中!

51_0820nishiki.jpg 57_0820nishi.jpg
 ニシキウミウシの幼体と若い成体(旧フタイロバージョン)

53_0820mura.jpg
 ムラサキウミコチョウがチラホラ登場

54_0820tastu.jpg
 箸休めのハナタツ

55_0820koto.jpg 59_0820iga.jpg
 交接の中コトヒメウミウシとイガグリウミウシ

56_0820sen.jpg 58_0820sara.jpg
 センテンイロウミウシとサラサウミウシ


 透視度が一気に下がった理由が判明 イバラカンザシが一斉に放精していたのです 大潮でもないし満潮でもないのにどのいタイミングで放精するんでしょうか? 初めて見ました!

60_0820koke.jpg 61_0820koke.jpg
 ラストは安全停止中に見たトウシマコケギンポ この2週間で水温が一気に上昇しウミウシの種類、個体数がかなり減りましたがそれでもお腹いっぱい見られましたよ~\(^o^)/

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/1365-27cab67e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。