伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フォトダイブでがっつり60分×3本勝負! 6/30雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ時々曇り 気温24℃ 水温:17.9℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(-24mアーチ~小牛裏カド~たて穴根頭)

1_063015kaikyo.jpg
 引き続き穏やかな海況です 曇り予報でしたが時折、日差しがあり絶好のダイビング日和になりました

2_0630tatsu1.jpg
 まずは-24mアーチブイからエントリーしていつものハナタツ -24mアーチ内のテングダイはお出掛けしていました

3_0630doto1.jpg 4_0630komon.jpg
 コガネマツカサウミウシとコモンウミウシ

5_0630iboiso.jpg
 イボイソバナガニは♂のようですね

6_0630tentou.jpg 7_0630hinakoda.jpg
 お気に入りのテントウウミウシのペアと外套膜が美しいウミウサギの仲間、ヒナコダマウサギ

8_0630kameki.jpg 9_0630ao1.jpg
 小さなカメキオトメウミウシと交接中のアオウミウシ

10_0630kiibo.jpg 11_0630nishiki.jpg
 ウミウシ・イーターのキイボキヌハダウミウシと捕食される側のニシキウミウシ

12_0630yaguruma.jpg
 久し振りにヤグルマウミウシ フォルムが素敵です!

13_0630okaeru.jpg 14_0630tatsu2.jpg
 小牛洞窟エリアのオオモンカエルアンコウとハナタツ

15_0630sori.jpg 16_0630akeus.jpg
 同じエリアでソリキヌヅツミとアケウスも見られました

17_0630kimme.jpg
 H型のアーチ付近のキンメモドキの群れ 圧巻です!

18_0630komon 2 19_0630otome.jpg
 ラストはたて穴根頭付近で安全停止中に見たコモンウミウシとオトメウミウシ

フィールドインプレッション

天候:晴れ時々曇り 気温24℃ 水温:18.8℃
透視度:10m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛洞窟前)

20_0630osero.jpg 22_0630osero2.jpg
 2ダイブ目はウミウシ・リクエストで小牛洞窟前のみ60分 まずはここにきて増えてきたオセロウミウシの交接シーン

21_0630fujiiro.jpg
 美しいフジイロウミウシ

24_0630caramel.jpg
 キャラメルウミウシはホント、スイーツっぽいですね~

23_0630koib.jpg 28_0630sagamiiro.jpg
 移動中のコイボウミウシと普段はカイメンにめり込んでいることが多いサガミイロウミウシ 今日はめり込んでいませんでした

25_0630himemadara.jpg
 久し振りのヒメマダラウミウシ 結構、好きなウミウシです

26_0630senhime.jpg 27_0630kotohime.jpg
 センヒメウミウシも登場しました このウミウシを見ると何となく夏が来たな~って感じです そしてギザギザタイプのコトヒメウミウシ

29_0630watagumo.jpg 32_0630arari.jpg 33_0630iga.jpg
 ワタグモウミウシっぽいウミウシ、アラリウミウシ、イガグリウミウシです

30_0630kaname.jpg
 そして人気のカナメイロウミウシ やや深場で見られるウミウシですがほんのり薄暗いこのエリアでは他より浅い水深で見られます

34_0630muts.jpg 35_0630sakurami.jpg
 こちらはムツイバラウミウシでしょうか ヒドロ虫にはサクラミノウミウシがあちこちで見られました

31_0630minosp.jpg
 ラストは実亜目の仲間 このコも久し振りに見ました あっという間の60分でしたね~\(^o^)/

フィールドインプレッション

天候:曇り 気温24℃ 水温:18.4℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛前)

36_0630amef.jpg
 ラスト3ダイブ目は小牛前でじっくりフォトダイブ まずはギンポ岩にいた大きなアメフラシ

37_0630koke.jpg 38_0630koke2.jpg
 そしてギンポ岩のコケギンポの仲間

39_0630ayame.jpg 42_0630benikinu2.jpg
 アヤメケボリとベニキヌヅツミ ベニキヌヅツミはドット柄でお洒落ですね(^O^)

40_0630yama.jpg 41_0630kumo1.jpg
 よく見るとユニークな顔をしたヤマドリ クモガタウミウシはあちらこちらで見かけます

43_0630yokoshima.jpg
 久し振りのヨコシマエビ ガンガゼの棘が邪魔でした また次回、同じ場所をチェックしてみます

44_0630hiro.jpg 45_0630kkocho.jpg
 小さなヒロウミウシとキイロウミコチョウ

46_0630smodoki.jpg 47_0630_nishiki2.jpg
 シラユキモドキですね シラユキウミウシに似ていますが触角と二次鰓の色が違いますね そしてまたニシキウミウシがいました

48_0630sarasa.jpg 49_0630ryumon.jpg
 サラサウミウシとリュウモンイロウミウシ リュウモンイロウミウシは3個体いますね 二次鰓を数えるとわかります

50_0630ga.jpg 51_0630ga2.jpg 52_0630sumizome.jpg
 ガーベラミノウミウシとスミゾメミノウミウシです

53_0630shirohana.jpg 54_0630akomon.jpg
 ラストはいっぱいいるシロハナガサウミウシとアカネコモンウミウシ アカネコモンウミウシはちょっと奥まっていて撮影しづらかったですね いや~、今回もお腹いっぱいになりましたね~\(^o^)/

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 20:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/1208-8df2f25e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。