伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

平日じっくり3ダイブ 5/23雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温23℃ 水温:14.2℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:微
コース:牛着岩(-24mアーチ~たて穴根頭)

1_052315kaikyo.jpg
 テトラの工事で大きな台船が湾内に入っていました 以前、作業潜水で乗ってことのある台船です 海はベタ凪でした~(^O^)

2_0523teng.jpg 3_0523tatsu.jpg
 まずは-24mアーチからエントリー -24mアーチの住民、テングダイとよく見かけるハナタツ

4_0523iga.jpg 5_0523ao.jpg
 イガグリウミウシとアオウミウシも見られました

6_0523iboiso.jpg 7_0523kurohoshi.jpg
 ムチカラマツを宿主にしているイボイソバナガニ 中層でクロホシイソモチやネンブツダイが大きな群れを形成しています

8_0523otome.jpg 9_0523madai.jpg
 たて穴付近の根頭で安全停止中に見られたオトメウミウシとホンソメワケベラのエステを受けていた大きなマダイ 浅場は微妙にウネっていました

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温24℃ 水温:14.9℃
透視度:10~8m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(ロッカク岩~大牛洞窟前)

10_0523kuroushi.jpg
 2ダイブ目はホタテウミヘビの餌付けをしにロッカク岩からエントリー まず最初に出会ったのがコイツ、クロウシノシタ いわゆる舌平目です

11_0523hotate.jpg 12_0523kobu.jpg
 ホタテウミヘビとコブダイに餌付けをしました

13_0523shirohana.jpg 14_0523shirotae.jpg
 大牛洞窟前に移動中に見られたシロハナガサウミウシとシロタエイロウミウシ

15_0523shirayuki.jpg 17_0523senten.jpg
 シラユキウミウシと小さなセンテンイロウミウシがいました

16_0523hiram.jpg 18_0523tsuguchi.jpg
 ヒラムシの仲間とウミウサギの仲間、ツグチガイ

19_0523usuiro.jpg 20_0523shiro.jpg 24_0523shiro2.jpg
 定番のウスイロウミウシとシロウミウシです

21_0523olt.jpg 22_0523akeus.jpg
 サビカラマツで通年、見られるオルトマンワラエビとこの時期、多く見かけるアケウス

23_0523musume.jpg 27_0523kopshiori.jpg
 小さな舌平目の仲間、ムスメウシノシタとワタトリカイメンにいたコシオリエビの仲間

26_0523kaname.jpg 25_0523mitsui.jpg
 大牛洞窟前の下の壁で見られたカナメイロウミウシとミツイラメリウミウシ

28_0523wata.jpg 29_0523sobakas.jpg
 カイメンそっくりなワタグモウミウシに似ているウミウシと久し振りのソバカスウミウシ

30_0523shiumoda.jpg 31_0523komon.jpg
 超久し振りの出会いがありました シモダイロウミウシです I.O.Pの深場に行くとカナメイロウミウシ同様、割と多く見られるのですが水深が浅い雲見では少ないです 同じエリアに深場のウミウシ、カナメイロウミウシがいるということはここのロケーションはほんのり薄暗いので深場に近いんですかね 定番のコモンウミウシもいました

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温23℃ 水温:14.8℃
透視度:10~8m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛洞窟前)

32_0523arari.jpg 34_0523yubi.jpg
 ラスト3ダイブ目は大牛洞窟前でじっくりウミウシダイブです まずは小さなアラリウミウシと久し振りのユビウミウシ

33_0523okenia.jpg
 オケニア・ピサロでしょうか? 初めて見たウミウシですがとても個性的なフォルムで見つけたとき思わず叫んでしまいました(^O^)

35_0523sori.jpg 36_0523sori2.jpg
 ウミウサギの仲間、ソリキヌヅツミ2連発

41_0523seto.jpg 37_0523koganemi.jpg
 小さなセトイロウミウシとすっかり定着したコガネミノウミウシ

38_0523koto.jpg 39_0523koto2.jpg 40_0523koto3.jpg
 コトヒメウミウシですがバリエーションがありフォルムが違うので同じウミウシに見えませんね

42_0523mis.jpg 43_0523mis2.jpg
 今年もいっぱい見られています、ミスガイ

44_0523isoumi.jpg 45_0523manryo.jpg
 イソウミウシの仲間とこの時期、いっぱいいるマンリョウウミウシ

46_0523kkocho.jpg
 ラストはキイロウミコチョウ 雲見でも時々、見られます じっくり3ダイブしてきました あとは早く水温が上がってくるといいなぁ~

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/1199-96f233a7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。