伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

引き続き穏やかな海況です 5/4雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:曇り 気温23℃ 水温:16.4℃
透視度:5m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(ブイ~H型のアーチ~ブイ)

1_050415kaikyo.jpg
 曇りベースでしたが海は引き続き穏やかでした~(^O^)

2_0504shirohana.jpg 4_0504shiro.jpg
 先行してブイ下ではシロハナガサウミウシ、シロウミウシが見られました

3_0504kuma.jpg
 越冬クマノミ 貫禄たっぷりのサイズです

5_0504ibara.jpg 6_0502hiro.jpg
 英名リトルクリスマスツリーことイバラカンザシとヒロウミウシのペアです 地形メインのダイブでしたが潮色が今ひとつだったので地形写真は撮りませんでし(^^;)

フィールドインプレッション

天候:曇り 気温23℃ 水温:16.4℃
透視度:5m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(ブイ~小牛~島裏)

7_0504namakom.jpg 8_0504koke.jpg
 2ダイブ目は小牛まわりで島裏へ まずはアカオニナマコを宿主にしていたナマコマルガザミとギンポ岩のコケギンポの仲間

8_0504glass.jpg
 メダマイカリムシを装備したガラスハゼも定位置のヤギにいました

9_0504ayame.jpg 13_0504tayame.jpg
 アヤメケボリとトガリアヤメケボリ ウミウサギの仲間です

10_0504komon.jpg 12_0504ao.jpg
 定番のアオウミウシとコモンウミウシ

11_0504kameki.jpg 15_0504shiro2.jpg
 小さなウミウシ、カメキオトメウミウシ 触角の先端が黄色いのが目印です そしてこちらも定番のシロウミウシ

14_0504akeus.jpg
 この時期よく見かけるクモガニの仲間、アケウスがいました

フィールドインプレッション

天候:曇り 気温23℃ 水温:15.3℃
透視度:5m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛洞窟~ロッカク岩)

16_0504kaname.jpg
 昨日、見られたミズタマウミウシがいたらいいなぁ~ということで大牛洞窟へ まずは人気のカナメイロウミウシをご紹介

16_0504sponge.jpg 19_0504wata.jpg
 地味~なウミウシ2連発 スポンジウミウシとワタグモウミウシによく似たウミウシ

17_0504sakurat.jpg 18_0503matsu.jpg
 洞窟内ではサクラテンジクダイとマツカサウオをご紹介しました

20_0504tatsu.jpg
 洞窟の外のハングにいたハナタツ

21_0504shirotae.jpg 24_0504shirotae2.jpg
 シロタエイロウミウシもチラホラ見られます

22_0504gomaf.jpg 23_0504hibusa.jpg
 ゴマフビロードウミウシ海冒主、まのっち情報です そしてヒブサミノウミウシも見られました(^O^)

25_0504hanamino.jpg 26_0504hotate.jpg
 ロッカク岩ではサラサエビを狙っていたハナミノカサゴ 残念ながら捕食には失敗していました(^^;) そして超久し振りにホタテウミヘビのノブオに逢ってきました もういないと思ったら健在でした よっぽど腹が減っていたのかエサを持っていなかったのに全身出てきておねだりされました ゴメン、あしたエサ持ってくるからね~(笑)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/1194-e98c6347

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。