伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2月ファイナル、西風がおさまり穏やかな海況でした 2/28雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温12℃ 水温:15.0℃
透視度:12~10m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(湾内ブイ周辺)

1_022815kaikyo.jpg
 前日の大西が嘘のようにおさまり2月の最終日は穏やかな海況になりました

3_0228shirohana.jpg 4_0228kumogani.jpg
 1ダイブ目はダイブマスターコースの水中マップ作成のための計測ダイブを実施しました 余った時間で水中生物もご紹介しました シロハナガサウミウシと石裏にいたのはクモガニの仲間でしょうか

5_0228akane.jpg
 久し振りにアカネケボリを見つけました ピンドットがお洒落なバニー(ウミウサギ)です

6_0228glass.jpg 7_0228medama.jpg
 メダマイカリムシを宿したガラスハゼです メダマイカリムシはまだ小さいのですが順調に育っています

8_0228akakura.jpg 2_0228map.jpg
 表層にはアカクラゲ よく見ると魚がいます イボダイなのかクラゲウオなのかハナビラウオなのか… 浮遊物が増えてきたのでこういった浮遊系の生物も多く見かけるようになるでしょう こちらはメジャーテープと水中コンパス、水深計を駆使して水中マップ計測をしている様子です

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温12℃ 水温:15.1℃
透視度:12~10m 潮流:裏潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(-24mアーチブイ~小牛~ブイ)

9_0228tsuno1.jpg 10_0228tsuno2.jpg
 ディープダイビングのシナリオで-24mアーチブイからエントリーしました 20キックのナビゲーションも完ペキでしたね(^O^) アヤトリカクレエビを探しましたが本日も発見できず 黄色とグレーのツノガニが見られました

11_0228aou.jpg 18_0228aou2.jpg
 定番のアオウミウシ あちこちで見られました

12_0228bkaeru.jpg
 ピンク色のベニカエルアンコウです ジュズエダカリナの根元にいました

13_0228iboiso.jpg 14_0228bisha.jpg 15_0228muchik.jpg
 ムチカラマツを宿主にしている甲殻類です イボイソバナガニ、ビシャモンエビ、ムチカラマツエビです ビシャモンエビとムチカラマツが共生?しているムチカラマツがありました

16_0228nishiki1.jpg 19_0228komon.jpg
 大きなニシキウミウシとコケムシの上を這っていたコモンウミウシ どちらも定番ウミウシですね

17_0228kope.jpg 20_0228sori.jpg
 ナマコの裏では通称うさぴょんことコペポーダと小牛の洞窟で見られたソリキヌヅツミ ベニカエルアンコウがいるのですが洞窟の中から先客のダイバーがちょうど出てきたので今回はパスしました

21_0228isobana.jpg 22_0228okaeru1.jpg
 イソバナカクレエビと帰ってきたオオモンカエルアンコウです 帰ってきたとは昨夏、このワタトリカイメンで見られしばらく姿を消していたのですがまた戻ってきたからです

23_0228kimi.jpg
 今日もいました、キミシグレカクレエビ ムチカラマツを宿主にするエビカニの仲間では一番のお気に入りです 個体数が案外少なく雲見ではこの個体を含めてまだ5個体しか見たことがありません 一日でも長く見られるといいですね

天候:晴れ 気温12℃ 水温:15.0℃
透視度:12~10m 潮流:裏潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛洞窟~ロッカク岩~ブイ)

24_0228aou3.jpg 25_0228shirayuki.jpg
 ラスト3ダイブ目は大牛洞窟前からスタート 前半はウミウシ探しをしました まずはアオウミウシとシラユキウミウシ

27_0228matsu.jpg
 マツカサウオの幼魚が見られました

26_0228olt.jpg 28_0228nishiki2.jpg
 オルトマンワラエビとニシキウミウシです

30_0228kaeru.jpg 33_0228ikaeru1.jpg
 でっかいカエルアンコウと昨秋からのロングセラー、イロカエルアンコウ

31_0228kiiro.jpg 29_0228shiro.jpg
 キイロウミウシとシロウミウシですね

32_0228hiram.jpg 38_0228hiram2.jpg
 ウミウシに似ていますがどちらもヒラムシの仲間です

34_0228tenrok.jpg 35_0228isokon.jpg
 ウミトサカを宿主にしているテンロクケボリと甲羅がフジツボに占領されてしまったイソコンペイトウガニ

36_0228ikaeru2.jpg 37_0228amakusa.jpg
 ロッカク岩経由で湾内ブイへ ロッカク岩では赤いイロカエルアンコウ 藻場をアマクサアメフラシが移動していました アメフラシの仲間が増え海の中も春めいてきましたね~

39_0228surch.jpg
 こちらはサーチ&リカバリーのシナリオでリフトバッグを使用して重量物を揚収している様子です 2月最終日は穏やかな海況に恵まれ雲見を満喫できましたね~(^O^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/1182-c9736858

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。