伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トビエイに大接近(^o^) 7/25雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温32℃ 水温:19.0℃
透視度:8m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:弱
コース:牛着岩(グンカン~-16mアーチ~トレジャーロック)

1_072514kaikyo.jpg
 前日より少しはおさまったもののまだウネリが残りました 狭い洞窟は避け、牛着岩を広く潜りました

2_0725nembutsu.jpg 3_0725mutsu.jpg
 グンカンの7根頭ではネンブツダイとムツの群れがお出迎えしてくれました

4_0725iboiso1.jpg 5_0725akahoshi1.jpg
 深場のムチカラマツの群生地ではイボイソバナガニの♂ そしてサンゴイソギンチャクを宿主にしたアカホシカクレエビがいました

7_0725tobi.jpg
 昨日、アオウミガメの子供が寝ていた場所の近くに差しかかると今日はトビエイが休息していました


 ジリジリと近づいてガブリ寄りです 飛び発つ瞬間を捉えました

6_0725traf.jpg 8_0725kaikam.jpg 9_0725mkocho.jpg
 ロッカク岩ではトラフケボリ、カイカムリ、ムラサキウミコチョウが見られました

10_0725isaki.jpg
 -16mアーチを抜けるとイサキがごっちゃり(^o^)


 ムービー撮影しましたので臨場感を是非、感じて下さい

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温32℃ 水温:19.4℃
透視度:8m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:弱
コース:牛着岩(-24mアーチ~小牛洞窟~たて穴根頭)

11_0725tatsu1.jpg
 -24mアーチからエントリーして洞窟ダイビングをご案内 たて穴を過ぎたところでいつものハナタツ

13_0725tenrok.jpg 14_0725sori1.jpg
 小牛の洞窟付近でバニー2連発 テンロクケボリとソリキヌヅツミ

15_0725bkaeru1.jpg 16_0725akashima.jpg
 ベニカエルアンコウとアカシマシラヒゲエビは本日も健在でした(^o^)

17_0725koke.jpg 12_0725aou.jpg
 H型のアーチの根頭にいるあくびシーン撮影にオススメなコケギンポの仲間とすぐそばにいたアオウミウシ

18_0725matsuba.jpg
 根頭のアイドル、マツバギンポです 相変わらずカワイイですね

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温32℃ 水温:17.6℃
透視度:8m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:弱
コース:黒崎(浅根~先端)

19_0725benikinu.jpg 20_0725madako.jpg
 ラスト3ダイブ目はゲストのリクエストで黒崎をご案内しました 浅根のアカヤギの一種でナマハゲウミウシを探しましたが見つかるのはベニキヌヅツミばかり 岩穴からマダコがこちらを覗いていました

21_0725kope.jpg
 グビジンイソギンチャクにいたコぺポーダ 通称うさぴょんです

22_0725tatsu2.jpg
 ドラゴンウォールではキレイなハナタツ ドラゴンウォールの呼び名は伊達ではありませんね

23_0725otohime.jpg 26_0725shojin.jpg
 オトヒメエビとショウジンガニ エビカニの仲間は夏場が産卵シーズンの種類が多いですね

24_0725sori2.jpg 25_0725otome.jpg
 ラストはソリキヌヅツミとオトメウミウシ 浅場は水温が高くヌクヌクでした 明日は海況が落ち着くと思います!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/1082-c8aca78c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。