伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

海の中は恋の季節ですね 6/26雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温27℃ 水温:18.6℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(-24mアーチブイ~クレバス~たて穴根頭)

1_062614kaikyo.jpg
 お天気&凪になりました 水面は鏡面仕上げのようにフラットです 本日、フォトダイブのリクエストで牛着岩を3ダイブしました

2_0626kingyo.jpg 5_0626olt.jpg
 まずは-24mアーチ根頭のキンギョハナダイの群れ 潮色がすっかり回復しました~ サビカラマツにはオルトマンワラエビ 拡大してみるとまるで遊星からの物体X(古っ)

3_0626nishiki1.jpg 4_0626hanairo.jpg
 ニシキウミウシの幼体、旧名フルーツポンチウミウシとこのところ続けて見られているハナイロウミウシ

6_0626mis1.jpg 7_0626mis2.jpg
 大発生中のミスガイ 今日もいっぱい見られました

8_0626ruri.jpg 9_0626teng.jpg
 クランクで見られたルリハタとテングダイのペア ルリハタは警戒心が強いのでなかなか撮影できません ラッキーでした

10_0626kimme.jpg
 圧巻のキンメモドキの群れ この中に巻かれてみたいと思いませんか?

11_0626koto.jpg 12_0626mkocho.jpg
 クレバスでウミウシ探し ギザギザバージョンのコトヒメウミウシと最近、爆発的に増えてきたムラサキウミコチョウ カワイイですね(#^.^#)

13_0626sagaryu.jpg
 立派な体躯のサガミリュウグウウミウシ ボク的にはカラーリングとフォルムも大好きです

14_0626doto.jpg 15_0626kuroheri.jpg
 お気に入りのワライボヤマツカサウミウシ ジブリ作品のもののけ姫に出てくる「こだま」の顔に似ていませんか? クロヘリアメフラシも見られました

16_0626komon.jpg 17_0626usuiro1.jpg 18_0626otome.jpg
 レギュラーメンバーのコモンウミウシ、ウスイロウミウシ、オトメウミウシ

20_0626futoyubi.jpg 19_0626ware.jpg
 たて穴の根頭ではフトユビシャコの仲間が見られました 高知の安満地ツアーでは巣穴に指示棒を入れるとシャコパンチでカンカンいい音がしましたがコイツはパンチに自信がないのか指示棒を入れたら巣穴から逃げ出しました そして地球外生命体のようなワレカラの仲間 真ん中の親分のまわりに子分が群がっています


 いよいよ夏ですね~ 海の中は恋の季節がやってきました ニシキベラの産卵&放精シーンです 夏の風物詩ですね ネンブツダイも大きな群れを形成しお相手探しをしているようです(^o^)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温27℃ 水温:19.0℃
透視度:12~10m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛洞窟前)

21_0626mitsui.jpg 35_0626mitsui2.jpg
 2ダイブ目はウミウシの鉄板ポイント、大牛洞窟前へ まずはミツイラメリウミウシ 交接中のペアも見られました

22_0626shirayuki.jpg 26_0626shiro.jpg 32_0626komon.jpg
 レギュラーメンバーのシラユキウミウシ、シロウミウシ、コモンウミウシ

23_0626unknown.jpg 24_0626usuiro2.jpg
 ワタトリカイメンで見られる謎の生物 大きさはゴマ粒以下でミツバチのような動きをします ウスイロウミウシとのコラボ写真

29_0626murakumo.jpg 30_0626sori.jpg
 このエリアで見られるバニー、ムラクモキヌヅツミとソリキヌヅツミ

27_0626iga.jpg 25_0626hiram.jpg
 イガグリウミウシはイガの先端が丸くてピンクのヤツがいいんですけどね… ヒラムシの仲間も見られました

28_0626mkocho2.jpg 38_0626mkocho3.jpg
 ムラサキウミコチョウがとにかくいっぱいいます カワイイから嬉しい限りです(^o^)

31_0626mis3.jpg 37_0626minoamoku.jpg
 2ダイブ目も見られたミスガイ そして久し振りに見たミノウミウシ亜目の仲間 キレイなミノウミウシですね

33_0626senhime.jpg
 大好きなセンヒメウミウシ ムラサキウミコチョウとコイツを見かけるようになると夏の訪れを感じてしまいます

34_0626caramel.jpg 36_0626kiiro.jpg
 キャラメルウミウシとキイロウミウシ このテのウミウシもいいですね~

39_0626kaname.jpg
 でました、超美人さんなカナメイロウミウシ だいぶ長く見られています I.O.Pの深場では雑魚キャラだったのでビックリ 雲見はダイビングエリアがそれほど深くないのでなかなか見られません 今シーズンは何個体か見られているので当たり年ですね

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温27℃ 水温:19.8℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(島裏~小牛洞窟前~小牛~湾内ブイ)

41_0625bkaeru.jpg
 3ダイブ目は小牛の洞窟前からエントリー ファーストコンタクトはベニカエルアンコウ

40_0626benikinu.jpg 44_0626hoshikinu.jpg
 アカヤギの一種fで見られるベニキヌヅツミ 壁にはタカラガイの仲間、ホシキヌタ

42_0626akashima.jpg 43_0626utsubo.jpg
 アカシマシラヒゲエビがウツボのエステをしていました このエステ店、大繁盛しています(^o^)


 アカシマシラヒゲエビのエステの様子をムービーでどうぞ

47_0626tenrok.jpg 49_0626sero1.jpg 53_0626sero2.jpg
 ウミトサカの仲間を宿主にしているバニー、テンロクケボリとセロガタケボリ

45_0626mis4.jpg 46_0626mis5.jpg
 3ダイブ目もミスガイ登場 今までこんなにミスガイが大発生した年は記憶がありません

48_0626yama.jpg 51_0626hosoumi.jpg
 ヤマドリが2個体 もしや縄張り争いが見られるかもと期待しましたが見られませんでした 残念 ホソウミヤッコは2個体が重なって「X」になっています


 ちなみにこちらは去年、撮影したヤマドリのバトル かなり激しいです


 砂地では魔法の絨毯のようなヒラメに遭遇しました

50_0626akahoshi.jpg 52_0626isobana.jpg
 シマキッカイソギンチャクを宿主にしていたアカホシカクレエビ クリーナーシュリンプです コチラはアカヤギの一種を宿主にしているイソバナカクレエビ 多分、クリーナーではないと思います

54_0626togari.jpg 55_0626ayame.jpg
 バニー2連発 トガリアヤメケボリとウチ的には剛力と呼んでいるアヤメケボリ(笑)


 ご一緒した方のカメラのバッテリーが切れてしまったので洞窟ダイビングにシフトチェンジ 地形も満喫しました~(^o^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://izu5963.blog129.fc2.com/tb.php/1062-45f90f3b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。