伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

2016年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

外海を満喫&タカアシガニ祭り! 12/18田子のLOG

furusato.png

西伊豆町ふるさと納税感謝券取扱店

コース:田子(白崎№1)
天候:晴れ 気温:16℃ 
水温:17.5℃ 透視度:10~8m

1_121816kaikyo.jpg
 前日とは一転、穏やかな海況に恵まれました 当然、雲見はOPENでしたが本日はタカアシガニの浜焼きを企画していたので田子にお邪魔しました

2_1217iro.jpg
 オレンジ色の可愛らしいイロカエルアンコウの幼魚


 あくびシーンを期待してムービー撮影したのですが…(^^;)

3_1218shima.jpg 4_1218shirohana.jpg
 小さなシマウミスズメとシロハナガサウミウシ

5_1218ao.jpg 6_1218iga.jpg
 定番のアオウミウシとイガグリウミウシ

7_1218moe.jpg
 サンゴイソギンチャクにはセクシーシュリンプことイソギンチャクモエビがいました

コース:フト根
天候:晴れ 気温:16℃ 
水温:17.6℃ 透視度:12m

8_1218kumi1.jpg 18_1218kumi2.jpg
 透明度がいい外海のフト根でバースデーダイブをしました お誕生日おめでとうございます!

10_1218toge.jpg
 ハナウミシダになんとトゲトサカテッポウエビがいました ハナウミシダの中で見たのは初めてです!

12_1218aosa.jpg 15_1218sango.jpg
 アオサハギとサンゴガニ

11_1218sakura.jpg
 フト根といえばやっぱりサクラダイですよね-

13_1218setoryu.jpg
 なんとバースデーダイブの主役のゲストがセトリュウグウウミウシを発見! 自らバースデーダイブに花を添えました(^O^)

16_1218iso.jpg
 根頭ではかわいらしいイソギンポ 潮色良く魚影が濃く楽しいダイビングでしたね

17_1218kani.jpg
 アフターダイブはタカアシガニの浜焼きに舌鼓を打ちました いや~、カニでお腹いっぱいになりましたね~~\(^o^)/

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 20:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

はまゆ民宿宴会&ダイビング 12/17黄金崎のLOG

furusato.png

西伊豆町ふるさと納税感謝券取扱店

コース:黄金崎ビーチ
天候:晴れ 気温:15℃ 
水温:17.8℃ 透視度:12~10m

1_121716kaikyo.jpg
 忘年会ダイブでしたがあいにくの西風で雲見はCLOSE… と、ゆーことで黄金崎にお邪魔しました

2_1217sun.jpg
 潮色良く水中にも太陽光がさんさんと降り注いでいました

3_1217date.jpg 4_1217hirame.jpg
 砂地ではダテハゼやヒラメが見られました

5_1217ao.jpg 6_1217issen.jpg
 中層には南方系のアオチビキやイッセンタカサゴの幼魚

7_1217itoko.jpg 8_1217urume.jpg
 ほとんどゴミにしか見えないタツノイトコ 水面にはウルメイワシが群れていました

コース:黄金崎ビーチ
天候:晴れ 気温:15℃ 
水温:17.6℃ 透視度:12~10m

9_1217santa.jpg 10_1217diver.jpg
 水中もクリスマスムード満点! 今年はいつもよりハッピーなクリスマスですね!

11_1217hosoumi.jpg 12_1217suna.jpg
 ヨウジウオの仲間、ホソウミヤッコとビンの中にいたスナダコ

13_1217mongara.jpg
 雲見ではなかなか見かけないモンガラドオシ 2個体、遭遇しました

14_1217kosuji.jpg 15_1217kurohoshi.jpg
 テンジクダイの仲間、コスジイシモチとクロホシイソモチ エグジット時は波、風とも強まりエントリーした西側のスロープではなく東側のスロープからエグジットしました

16_1217hamayu.jpg
 夜は雲見の民宿はまゆさんにお世話になりました 船盛や食べきれないくらいの美味しい食事に舌鼓を打ちました~\(^o^)/

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

爆潜りでがっつり5本(^O^) 12/4雲見のLOG

furusato.png

西伊豆町ふるさと納税感謝券取扱店

コース:牛着岩(小牛洞窟前~小牛まわり~ブイ)
天候:晴れ 気温:17℃ 
水温:19.4℃ 透視度:12~10m

1_120416kaikyo.jpg
 前日よりさらにお天気&海況が良くなりました! 本日、爆潜りでがっつり5ダイブリクエストです(^O^)

2_1204tatsu.jpg 3_1204ebi.jpg
 まずは小牛洞窟前からエントリー ハナタツとクダヤギにいる気になるエビ

4_1204kope.jpg 6_1204nama.jpg
 グビジンイソギンチャクを宿主にしたうさぴょんことコペポーダとトラフナマコを宿主にしたナマコマルガザミ

7_1204hito.jpg
 アカヒトデにはヒトデヤドリエビがいました 通称バルタン星人

8_1204kimi.jpg
 地味だけどちょいレアなキミシグレカクレエビ

9_1204musume.jpg 10_1204mino.jpg
 シタビラメの仲間、ムスメウシノシタと背びれに毒があるミノカサゴ

11_1204moe.jpg 12_1204seiten.jpg
 英名セクシーシュリンプとセイテンビラメの顔 口の横に釣り竿みたいなのが付いているのが特徴です

13_1204koke.jpg 14_1204koke.jpg
 ギンポ岩のアライソコケギンポ あくびシーンを演出しました

コース:牛着岩(島裏~クレバス~ブイ)
天候:晴れ 気温:17℃ 
水温:19.0℃ 透視度:12~10m

15_1204kuma.jpg
 一本目はあえて温存したクマドリカエルアンコウ ちょっと撮影しづらい場所に移動していました

16_1204muchi.jpg 17_1204tate.jpg
 ムチカラマツエビとたて穴の水中景観

18_1204aori.jpg
 たて穴を抜けるとアオリイカがイワシの群れを狙っていました


 動画では3個体、映っていますが実際は10個体以上いました

19_1204futairo.jpg 20_1204koban.jpg
 湾内に戻りエンタクミドリイシの中には南方系のハゼ、フタイロサンゴハゼとコバンハゼがいました

21_1204umiusa.jpg
 ラストはブイ下のウミウサギ 刺激すると外套膜が開いて中から真っ白な貝が露出します この貝の白をウサギの白に例えてウミウサギと名付けられたそうです

コース:牛着岩(小牛裏カド~小牛まわり~ブイ)
天候:晴れ 気温:17℃ 
水温:18.8℃ 透視度:12~10m

22_1204aka.jpg
 シマキッカイソギンチャクを宿主にした魚のエステティシャン、アカホシカクレエビ

23_1204nishiki.jpg 24_1204hime.jpg
 ニシキウミウシとヒメサツマカサゴ 胸ビレの裏が鮮やかな黄色をしているので機会があったらチェックしてみて下さい


 小牛横の中層ではイサキの群れと良型のマダイが見られました

25_1204kimi.jpg 26_1204goshiki.jpg
 ムチカラマツエビと南方系のゴシキエビの幼体 紫色のの憎いヤツ

27_1204minami.jpg
 ラストはミナミフトスジイシモチ コスジイシモチとはちょっと違います

コース:牛着岩(-24mアーチ~小牛裏カド~ブイ)
天候:晴れ 気温:17℃ 
水温:17.8℃ 透視度:10m

28_1204aochi.jpg 29_1204muchi.jpg
 -24mアーチからエントリーして今シーズンお初のアオチビキ 南方系です ムチカラマツにはムチカラマツエビがいました

30_1204teng.jpg
 テングダイのペアとゲスト


 ガブリ寄りで撮影しました(笑)

31_1204iso.jpg 32_1204moe.jpg
 イソギンチャクエビとイソギンチャクモエビが同じグビジンイソギンチャク上で見られます ちょっと嬉しいコラボレーション

33_1204ebi.jpg 34_1204namako.jpg
 クダヤギを宿主にしている名前のわからない気になるエビとトラフナマコで見られたナマコマルガザミ

コース:牛着岩(グンカン~大牛カド~ブイ)
天候:晴れ 気温:17℃ 
水温:17.4℃ 透視度:10m

35_1204iso.jpg 36_1204hitode.jpg
 グンカンからエントリー まずはイソギンチャクエビとヒトデヤドリエビ

37_1204dai.jpg 41_1204namako.jpg
 ダイナンウミヘビとナマコマルガザミ

38_1204kasmi.jpg
 -16mアーチ付近のカミソリウオはペアで見られました

39_1204sankaku.jpg 40_1204clear.jpg
 ラストはサンカクハゼとクリアクリーナーシュリンプ あっという間の5ダイブでしたね!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今シーズン最後の爆潜りウィーク! 12/3雲見のLOG

furusato.png

西伊豆町ふるさと納税感謝券取扱店

コース:牛着岩(ブイ~クレバス~-24mアーチ)
天候:晴れ 気温:16℃ 
水温:18.8℃ 透視度:10m

48_120316kaikyo.jpg
 早いものでもう12月 今シーズン最後の爆潜りウィークです 素晴らしいお天気、海況に恵まれました(^O^)

1_120316kaikyo.jpg 2_1203nembutsu.jpg
 まずはH型のアーチとそこに群れていたネンブツダイ

3_1203kuma.jpg
 クマドリカエルアンコウ、かわいいですね~!

4_1203muchi.jpg 5_1203aou.jpg
 ムチカラマツとアオウミウシ

6_1203hosoten.jpg 7_1203tatsu.jpg
 ホソテンロクケボリとたて穴洞窟にいたハナタツ

8_1203arch.jpg
 たて穴にはクロホシイソモチが群れていました

9_1203kuma.jpg
 -24mアーチ根頭のクマノミ

10_1203moe.jpg 11_1203koto.jpg
 イソギンチャクモエビとコトヒメウミウシ?が見られました

コース:牛着岩(ブイ~小牛まわり~島裏)
天候:晴れ 気温:16℃ 
水温:17.4℃ 透視度:10m

12_1203koke.jpg 13_1203koke.jpg
 ギンポ岩のアライソコケギンポ あくびシーンを演出しました

14_1203yama.jpg 16_1203ama.jpg
 ヤマドリとアマクサヨウジの木目バージョン

15_1203hira.jpg
 砂地には大きなヒラメがいました 小牛前カドのタナでよく見かける個体ですね


 メダマがピンポン玉くらい大きいです!

17_1203ishi.jpg 20_1203benkei.jpg
 この時期、見かける大型のウミウシ、イシガキウミウシと亀裂の中にいたコクテンベンケイハゼ


 ベンケイハゼに似ていますが時折、振る尻尾の上部に黒い斑紋が確認できますね

21_1203kimi.jpg
 地味だけど割とレアなキミシグレカクレエビ

19_1203glass.jpg 18_1203muchi.jpg
 ムチカラマツを宿主にしているガラスハゼとムチカラマツエビ


 小牛裏カドではイワシの群れに時折りイナダがアタックをかけていました

コース:牛着岩(小牛洞窟前~小牛まわり~ブイ)
天候:晴れ 気温:16℃ 
水温:18.2℃ 透視度:10m

22_1203kuroho.jpg
 小牛洞窟前からエントリー クロホシイソモチの群れがグッチャリ

23_1203tatsu.jpg 24_1203ebi.jpg
 オレンジ色のハナタツとクダヤギの中にいた可愛らしいエビ 気になります…

25_1203kope.jpg 26_1203sero.jpg
 うさぴょんことコペポーダとセロガタケボリ

30_1203iso.jpg 29_1203aya.jpg
 アカヤギの一種を宿主にしているイソバナカクレエビとアヤメケボリ

27_1203namakom.jpg 32_1203akahoshi.jpg
 トラフナマコを宿主にしていたナマコマルガザミとシマキッカイソギンチャクにいた魚のエステティシャン、アカホシカクレエビ


 小牛裏カドで撮影した帯状に伸びたイサキの群れ

31_1203eso.jpg 33_1203dainan.jpg
 アカエソのペアとダイナンウミヘビ


 小牛裏カドの中層から表層にかけては依然、イワシの仲間が群れていました

34_1203kimi.jpg 35_1203glass.jpg
 先ほどもご紹介したキミシグレカクレエビとガラスハゼ

36_1203hari.jpg
 砂地ではハリセンボンが見られました


 ハリセンボンは推定でじっとしていて眼だけがくりくり動いていました

37_1203moe.jpg 40_1203goshiki.jpg
 イソギンチャクモエビと先月、見つけたゴシキエビの幼体 紫色の憎いヤツ(笑)

38_1203umi.jpg
 いました~、アカオニナマコを宿主にしたウミウシカクレエビ!

39_1203minami.jpg
 ミナミフトスジイシモチでしょうか? 初めて見ました(^O^)

コース:牛着岩(島裏~クレバス~ブイ)
天候:晴れ 気温:16℃ 
水温:17.2℃ 透視度:10m

41_1203kuma.jpg
 ラスト4ダイブ目は1ダイブ目とほぼほぼ同じコース取り と、ゆーことでクマドリカエルアンコウ

42_1203clear.jpg 43_1203tatsu.jpg
 たて穴にてクリアクリーナーシュリンプとハナタツ


 クリアクリーナーシュリンプは4~5個体見られました

44_1203iso.jpg 45_1203koika.jpg
 グビジンイソギンチャクを宿主にしていたイソギンチャクエビとコウイカの仲間


 コウイカの仲間は体色をクルクル変えるので動画がオススメですね(^O^)

46_1203minami.jpg 47_1203umiusa.jpg
 先ほどもご紹介したミナミフトスジイシモチとブイ下のウミウサギ じっくり50分×4本勝負を堪能しましたね 画像提供もどうもありがとうございました!!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。