伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

2016年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

毎年恒例の海中清掃に参加しました 6/29雲見のLOG

コース:牛着岩(島裏~小牛横)
天候:曇り 気温:22℃ 
水温:21.2℃ 透視度:8m

1_062916kaikyo.jpg 2_0629clean.jpg
 今日は一年に一度のイベント 雲見海中清掃です 曇りベースの涼しくて穏やかなコンディションの中、大勢のダイバーが参加しました

3_0629kope1.jpg 4_0629nishi.jpg
 グビジンイソギンチャクを宿主にしたうさぴょんことコペポーダと大きなニシキウミウシ 旧フルポンバージョン

5_0629aka.jpg 6_0629hira.jpg
 抱卵中のアカホシカクレエビとヒラムシの仲間

7_0629aya.jpg 8_0629beni.jpg
 アヤメケボリとベニキヌヅツミ ウミウサギの仲間です

9_0629iso.jpg
 いました~、イソコンペイトウガニ 可愛いですね~(^O^)

10_0629yoko.jpg
 こちらも大好物のヨコシマエビ ♀の方ですね ♂は♀に比べてハサミが大きくやや細身です


 今日はペアで見られなくてちょっぴり残念でした…(>_<)

11_0629gara.jpg 12_0629beni.jpg
 ガラスハゼとベニキヌヅツミ ゴミはほとんど落ちていませんでした いつまでもキレイな海を守りたいですね~

コース:浅間神社下(雲見ブルーホール)
天候:曇り 気温:22℃ 
水温:21.0℃ 透視度:8m

13_0629kope.jpg
 海中清掃の後、一年に一度だけ解放される浅間神社下のポイント、雲見ブルーホールを潜りました まずはグビジンイソギンチャクにいっぱいいたコペポーダ

14_0629saga.jpg 15_0629usu.jpg
 サガミイロウミウシとウスイロウミウシ

16_0629akab1.jpg 17_0629akab.jpg
 アカボシミノウミウシはオオパンカイメン上でチラホラ見かけました 地味に美しいミノウミウシですね

18_0629hito.jpg 19_0629mia.jpg
 ヒトエガイとミアミラウミウシ どちらも大きかったです

20_0629kii.jpg 21_0629ryu.jpg
 雲見では比較的、珍しいキイロウミコチョウとペアで見られたリュウモンイロウミウシ

25_0629hira.jpg 24_0629some.jpg
 水底にはヒラタエイとソメンヤドカリがいました


 この時期、割と多く見かけるエイの仲間です 尻尾の先端がトゲではなくヒレになっているのが特徴です

22_0629gar.jpg 23_0629shirot.jpg
 美しいガーベラミノウミウシと背中にハートマークがあるシロタエイロウミウシ

26_0629shiro.jpg 27_0629komon.jpg
 レギュラーメンバーのシロウミウシとコモンウミウシ

28_0629sarasa.jpg 29_0629shira.jpg
 こちらもレギュラーメンバーのサラサウミウシとシラユキウミウシ

30_0629arch.jpg
 まさにブルーホールといった水中景観ですね

コース:牛着岩(小牛洞窟前~小牛まわり~ブイ)
天候:曇り 気温:22℃ 
水温:21.0℃ 透視度:8m

31_0629sori.jpg 32_0629mitsu.jpg
 昼食後、ラスト3ダイブ目は1ダイブ目と同じコースのリクエストです 小牛洞窟前ではソリキヌヅツミとミツイラメリウミウシ

33_0629iga.jpg 34_0629kope3.jpg
 イガグリウミウシとしつこく?コペポーダ、AGAIN(笑)

36_0629traf.jpg 37_0629traf2.jpg
 ウミウサギの仲間、トラフケボリはいっぱい

47_0629shirou.jpg 38_0629ao.jpg
 くびれが可愛らしいシロウサギウミウシとレギュラーメンバーのアオウミウシ

39_0629iso2.jpg 40_0629iso3.jpg
 1ダイブ目でもご紹介したイソコンペイトウガニ 1ダイブ目はマスクが曇ってよく見えなかったとのこと 今度は視界良好でしたね


 大きくてキレイなイソコンペイトウガニ 水中でガイドが撮影のアドバイスをしている音声がはっきり記録されています(笑)

41_0629futo.jpg
 可愛らしいフトスジイレズミハゼがいました 穴の奥行きが浅いので撮影しやすいです

42_0629mada.jpg 43_0629izu.jpg
 マダラフサカサゴとイズオコゼ ボクはどちらも見ていません…(^^;) イズオコゼはじっくり時間をかけて横から撮りたかったですね~

44_0629yoko2.jpg 45_0629yoko3.jpg
 そしてまたまたヨコシマエビ 1ダイブ目にご紹介した個体と同じです

48_0629moe.jpg 46_0629muchi.jpg
 英名セクシーシュリンプことイソギンチャクモエビの見事なイナバウワー 擬態の名手、ムチカラマツエビも見られました 海中清掃やってファンダイブして充実の一日でしたね!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 20:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

未明の大雨で海がタイヘンなことに!? 6/25田子のLOG

コース:白崎№2
天候:曇り 気温:28℃ 
水温:21.6℃ 透視度:3m

1_062516kaikyo.jpg 2_062516kaikyo.jpg
 雲見(左)は川からの濁流が流れ込みCLOSE…(>_<) 濁っているもののゴミは流入していない田子(右)湾内をご案内しました

3_0625hana.jpg 4_0625oni.jpg
 2番から3番ブイに行く途中のケーソンブロックにセトリュウグウウミウシがいるとのこと まずはハナミノカサゴとオニカサゴ

5_0625hana.jpg
 大きなハナオトメウミウシです

6_0625seto.jpg
 そしていました、セトリュウグウウミウシ ケーソンブロックの隣の岩に移動しているのをご一緒したゲストが見つけてくれました 美しいウミウシですね


 意外に動きが速いですね

7_0625shiro.jpg 8_0625iga.jpg
 シロハナガサウミウシとイガグリウミウシ

9_0625ami.jpg
 安全停止中のロープにいたカワハギの幼魚 遊泳中のトビエイが見られましたが視界不良で撮影できませんでした…(^^;)

コース:白崎№1
天候:晴れ 気温:28℃ 
水温:21.6℃ 透視度:3m

10_0625iga.jpg 19_0625hana.jpg
 続いては1番ブイをご案内 イガグリウミウシとハナオトメウミウシ3個体

11_0625shirot.jpg
 美しいシロタスキウミウシが見られました ラッキー!

12_0625hanam.jpg 13_0624hanam.jpg
 ハナミドリガイはあちらこちらで見られました

15_0625sakishima.jpg
 早くも登場したサキシマミノウミウシ 雲見では秋のウミウシのイメージがあります

16_0625iga.jpg 17_0625iga.jpg
 イガグリウミウシいっぱい!

18_0625nishi.jpg 22_0625nishi.jpg
 ニシキウミウシの幼体が2個体見られました 旧フタイロバージョンですね

20_0625sero.jpg 21_0625sero.jpg
 ソフトコーラルにはウミウサギの仲間、セロガタケボリがいました

14_0625hanam.jpg 23_0625olt.jpg
 ラストはまたまた見られたハナミドリガイとソフトコーラルの根元にいた小さなオルトマンワラエビ 潮色が1日でも早く回復することを願っています

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 20:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お誕生日祝いのドリフトダイビング 6/24神子元島のLOG

コース:神子元島(ジャブ根)
天候:曇り 気温:24℃ 
水温:18.6℃ 透視度:12m

1_062416kaikyo.jpg
 前日、大雨に見舞われましたが神子元島は川がないので濁りとは無縁でした(^O^) 軽くウネリが入っていました

2_0624isaki.jpg 3_0624hama.jpg
 イサキの群れとハマフエフキ

4_0624wara.jpg
 ワラサの群れに何度も遭遇しました! スゴイ魚影でした~\(^o^)/

コース:神子元島(カメ根)
天候:曇り 気温:24℃ 
水温:19.2℃ 透視度:12m

5_0624ten.jpg
 カメ根の際からエントリー テングダイのペアがいました 雲見みたい(笑)

6_0624koke.jpg 7_0624muka.jpg
 カメ根の南側の根(通称Aポイント)で根待ち その間、ゲストが撮影したトウシマコケギンポとムカデミノウミウシ

8_0624isa.jpg 9_0624kam.jpg
 イサキの群れと通称赤ブリ、1m以上ある大きなヒレナガカンパチ

10_0624fuku.jpg
 大型ダイビングクルーザー290(福丸)がピックアップに来るシーン かっこいい~~


 本日のダイブをムービーにまとめました

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

言霊の力でイソコンペイトウガニGET(^O^) 6/19雲見のLOG

コース:牛着岩(小牛横~小牛洞窟前)
天候:曇り 気温:25℃ 
水温:20.4℃ 透視度:10m

1_061916kaikyo.jpg
 日曜には今週で一番いい海況になりました(^O^)

2_0619moe.jpg 3_0618gla.jpg
 昨日、見つけたヨコシマエビ狙いで小牛まわりです まずはイソギンチャクモエビとガラスハゼ

4_0619nama.jpg
 アカオニナマコを宿主にしたナマコマルガザミ

5_0619yoko.gif
 やっぱり同じところにいました、お目当てのヨコシマエビ


 前日、見られた摂食シーンはありませんが尺は稼げました(^O^)

6_0619tra.jpg 8_0619aya.jpg
 ウミウサギの仲間、トラフケボリとアヤメケボリ

7_0619aka.jpg
 抱卵中のアカホシカクレエビ つい最近ペアになったオスがいつの間にかいなくなっていました(T_T)

9_0619kope.jpg 10_0619sori.jpg
 うさぴょんことコペポーダとソリキヌヅツミ

11_0619ohsu.jpg 12_0619saga.jpg
 小牛洞窟内でオオスジイシモチの口内保育シーンをチェック サガミイロウミウシが見られました(^O^)

コース:牛着岩(-24mアーチ周辺)
天候:曇り 気温:25℃ 
水温:19.4℃ 透視度:10m

13_0619beni.jpg 14_0619homu.jpg
 -24mアーチブイからエントリー ファーストコンタクトはベニキヌヅツミ ホムラチュウコシオリエビ

15_0619bisha.jpg 16_0619bisha.jpg
 -24mアーチのビシャモンエビ 2個体見られました
17_0619teng.jpg
 -24mアーチの住民、テングダイ 今日はシングルでした


 ガブリ寄りでじっくり撮影しました

18_0619bara.jpg 20_0619bara.jpg
 たて穴下のバライロマツカサウミウシ 小さい個体は亀田トレイン状態 大きい個体は卵塊が確認できます

21_0619ten.jpg 22_40619iso.jpg
 ウミトサカの仲間をチェックしました まずはテンロクケボリGET そしてなんとイソコンペイトウガニも、見つかりました 昨日、あれだけ念じていたお陰でしょうか しかも大きくてキレイな個体です 言霊ってあるんですね~ 言霊で見つけたネタを他人に教えると霊障がるらしいです…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


 久しく雲見で見ていなかったイソコンペイトウガニ 前日にイソコンペイトウガニの抜け殻を見つけて見たい、見たいと念じた結果、言霊で見つけることができました… 感謝…チーン

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウミウシフォトグラファーSP&150本記念! 6/18雲見のLOG

コース:牛着岩(大牛洞窟前~湾内)
天候:晴れ 気温:27℃ 
水温:20.2℃ 透視度:10m

1_061816kaikyo.jpg
 朝一番は前日のヨタが軽~く残っていましたが海況は時間の経過とともに上向く予報です

UMPスペシャルティカード dsk_sp.jpg
 本日はPADIディスティンクティブSPのウミウシフォトグラファーコースを実施しました 今日ご一緒したゲストはすでに当店オリジナルの雲見のウミウシの探し方コースも受講されています 当コースが開催できる現地ショップはEXILESだけですよ~!

2_0618usu.jpg 8_0618ao.jpg
 まずは大牛洞窟前からエントリー 定番のウスイロウミウシとアオウミウシ

3_0618sen.jpg 11_0618sen.jpg
 センテンイロウミウシです

4_0618ara.jpg 10_0618saga.jpg
 アラリウミウシとサガミイロウミウシです

12_0618tatsu.jpg 5_0618sori.jpg
 小さなハナタツとウミウサギの仲間、ソリキヌヅツミがいました 箸休め的な感じです

7_0618nishi.jpg 6_0618shira.jpg
 ニシキウミウシ旧フルポンバージョンとシラユキウミウシです

13_0618ryu.jpg 15_0618sen.jpg
 リュウモンイロウミウシとセンテンイロウミウシのペア

16_0618mko.jpg 9_0618iga.jpg
 美しいムラサキウミコチョウとイガグリウミウシ

14_0618fuji.jpg
 ボクの大好きなフジイロウミウシが見られました コースの方もバッチリですね!

コース:三競(2番~3番洞窟)
天候:晴れ 気温:27℃ 
水温:19.6℃ 透視度:10m

19_0618matsu.jpg
 トレーニングダイブ2は三競2番洞窟からスタートしました まずはウミウシじゃないのですがマツカサウオ

17_0618kuro.jpg 18_0618ohsu.jpg
 クロホシイソモチの♀のお腹がずいぶん膨らんでいます そろそろ産卵でしょうか? オオスジイシモチはテンジクダイの仲間の口火を切ってすでに口内保育中です

20_0618cara.jpg
 大きなキャラメルウミウシ 撮影しやすいのでオススメの一品です

21_0618ryu.jpg 23_0618sara.jpg
 リュウモンイロウミウシとサラサウミウシ

24_0618hana.jpg 25_0618oto.jpg
 大きなハナオトメウミウシと小さなオトメウミウシ

27_0618nou.jpg 26_0618mitsu.jpg
 アラリウミウシによく似ているノウメア・ワリアンスと個体数の多いミツイラメリウミウシ

31_0618shiroshi.jpg 28_0618ose.jpg
 ドッド柄がお洒落なシロシキブウミウシと温泉饅頭みたいなフォルムのオセロウミウシ

22_0618nishi.jpg 29_0618kii.jpg
 大きなニシキウミウシ旧フルポンver.とキイロイボウミウシ

30_0618kura.jpg
 おぉ~! ヒュプセロドーリス・クラカトアが移動中でした いつ見ても美しいウミウシです!


 カナメイロウミウシに似たウミウシ カナメイロウミウシが清純なイメージだとするとこっちはちょっとケバいお水系なイメージです(※個人の勝手な意見です) ハタタテハゼとアケボノハゼもそんなイメージですね

コース:牛着岩(小牛洞窟前~小牛横)
天候:晴れ 気温:27℃ 
水温:19.0℃ 透視度:10m

32_0618kara1.jpg
 ウミウシフォトグラファーSPが無事に終了しオプションでもう1本潜りました ご一緒した方の150本記念です おめでとうございます これからも素敵なLOGを重ねて下さいね

33_0618kope.jpg
 通称うさぴょんことコペポーダ 後ろ姿です

34_0618aya.jpg 35_0618tra.jpg
 ウミウサギの仲間、アヤメケボリとトラフケボリ

36_0618aka.jpg
 マタニティーなアカホシカクレエビ

37_0618iso.jpg 38_0618kuma.jpg
 イソコンペイトウガニの抜け殻が落ちていました 雲見ではしばらく見ていないイソコンペイトウガニ 付近のウミトサカの仲間をチェックしまくりました イソコンペイトウガニが見たいですね~ 言霊ってあると思うので言い続けると近いうち叶うかもしれませんね 小牛裏カドのイソギンチャク畑のクマノミは何年選手でしょう?

39_0618yuko.jpg 40_0618yuko.jpg
 おぉ~、こちらもしばらくご無沙汰だったヨコシマエビ ペアで見られました! いいネタがまたまた増えました ボク的には今日イチの収穫です!


 ヨコシマエビ(摂食シーンあり)35秒くらいからメスがムラサキウニの触手をちぎってむしゃむしゃ食べる貴重なシーンが記録されています

41_0618kara3.jpg 42_0618kara2.jpg
 ショップに戻ってから改めて150本のお祝いをしました~\(^o^)/ おめでとうございまーす!

43_0618ump.jpg
 そしてウミウシフォトグラファーSPの認定式 ダブルでめでたいですね!!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 20:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日からウェットスーツに衣替え(^O^) 6/17雲見のLOG

コース:牛着岩(小牛洞窟前~小牛まわり~ブイ)
天候:晴れ 気温:28℃ 
水温:21.0℃ 透視度:8m

1_061716kaikyo.jpg
 お天気は最高! 暑い一日になりました ただ海況は荒れ荒れのウネウネ おとなしく湾内で遊びました
 
2_0617ohsu.jpg
 エントリーは島裏から入りましたがエグジットは湾内一択 まずは小牛洞窟のオオスジイシモチの口内保育シーンをご案内

4_0617sori.jpg 3_0617nan.jpg
 ウミウサギの仲間、ソリキヌヅツミ ナンヨウウミウシはウネリを嫌って岩の亀裂に身を潜めていました

5_0617nishiki.jpg
 大きなニシキウミウシ 旧フルポンバージョン

7_0617aka.jpg 6_0617wata.jpg
 抱卵中のアカホシカクレエビとワタグモウミウシの仲間

9_0617nama.jpg
 アカオニナマコを宿主にしていたナマコマルガザミ

10_0617gla.jpg
 ラストはガラスハゼの正面顔 ご一緒したゲストが見つけて下さいました

コース:牛着岩(ブイ~小牛前~ブイ)
天候:晴れ 気温:28℃ 
水温:21.4℃ 透視度:8m

11_0617koke.jpg 12_0617koke.jpg
 まずはギンポ岩のコケギンポの仲間 あくびシーンはボクの演出です

18_0617beni.jpg
 アカヤギの一種を宿主にしたベニキヌヅツミ

19_0617hira.jpg 20_0617hira.jpg
 大きなヒラメがしました ボクの履いていたフィンと比較してみました


 ヒラメの遊び方 まず尻尾の方から手のひらを入れてヒラメの背中?を優しくコチョコチョしてあげて下さい 慣れてきたらそのままそっと持ち上げて手乗りヒラメにします ※グローブは必ず外して素手で行って下さいね

21_0617moe.jpg 22_0617wata.jpg
 英名セクシーシュリンプ、イソギンチャクモエビ またまたワタトリカイメンを宿主にしているワタグモウミウシの仲間がいました

コース:牛着岩(小牛裏カド~小牛まわり~ブイ)
天候:晴れ 気温:28℃ 
水温:19.8℃ 透視度:8m

23_0617meda.jpg 24_0617meda.jpg
 1ダイブ目で見つけていたメダマイカリムシwithスズメダイ(ボク的にはメダマイカリムシが主役なので…)を撮影しました


 バネのように見えるの部分は卵塊です

25_0617hira.jpg 26_0617hira.jpg
 2ダイブで逃げ去ったにもかかわらず3ダイブ目に同じ場所にあのヒラメが戻ってきました


 以前にも多分、同じ個体をここで見ているのできっとお気に入りの場所なんでしょう

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 20:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウミウシでお腹いっぱい3ダイブ! 6/13雲見のLOG

爆潜りキャンペーン好評開催中!

コース:牛着岩(小牛洞窟前~小牛まわり~ブイ)
天候:雨 気温:24℃ 
水温:20.6℃ 透視度:8m

1_061316kaikyo.jpg
 小雨が降るあいにくのお天気でしたが穏やかな海況でした 本日、ウミウシリクエストでじっくり3ダイブしてきました(^O^)

2_0613iro.jpg 3_0613beni.jpg
 とは言えまずはウォーミングアップで小牛まわりをご案内しました イロカエルアンコウと昨日、見つけたベニカエルアンコウ

4_0613aya.jpg 13_0613beni.jpg
 ウミウサギの仲間、アヤメケボリとベニキヌヅツミ

5_0613aka.jpg
 抱卵中のアカホシカクレエビ

6_0613shiray.jpg 7_0613wata.jpg
 シラユキウミウシとワタグモウミウシの仲間

8_0613moe.jpg 9_0613muchi.jpg
 セクシーシュリンプ、イソギンチャクモエビと擬態の名手ムチカラマツエビ

10_0613shiroh.jpg
 キレイなシロハナガサウミウシが水底を移動していました

11_0613koke.jpg 12_0613koke2.jpg
 ギンポ岩のコケギンポの仲間 あくびシーンは演出です(^O^)

コース:三競(3番~4番~2番洞窟)
天候:雨→曇り 気温:24℃ 
水温:20.6℃ 透視度:8m

14_0613come.jpg 15_0613come.jpg
 続いては三競でウミウシダイブ でもファーストコンタクトはウミウシではなくてヒトデの無性繁殖 通称コメットさん(ほうき星)

16_0613sen.jpg 18_0613kibe.jpg
 センテンイロウミウシとキベリアカイロウミウシ 残念ながら亀裂にめり込んでいました…(>_<)

17_0613fuchi.jpg 21_0613fuchi.jpg
 フチベニイロウミウシ 大きくてキレイです

19_0613heri.jpg
 ヘリシロイロウミウシがいました

22_0613mizu.jpg 23_0613shiroshi.jpg
 いつも岩の窪みにめり込んでいるミズタマイボウミウシと今シーズンこのエリアで多く見られているシロシキブウミウシのペア

20_0613shirot.jpg
 美しいシロタスキウミウシ

24_0613iga.jpg 25_0613oto.jpg
 レギュラーメンバーのイガグリウミウシとオトメウミウシのペア

26_0613ryu.jpg 27_0613mitsu.jpg
 リュウモンイロウミウシとミツイラメリウミウシ

28_0613nko.jpg
 ヤギの仲間にムラサキウミコチョウが乗っかっていました かわいいですね

29_0613cara.jpg
 ラストは2番洞窟の大きなキャラメルウミウシ ウミウシいっぱいでした(^O^)

コース:牛着岩(大牛洞窟前~トレジャーロック)
天候:曇り 気温:24℃ 
水温:19.4℃ 透視度:8m

31_0613iga2.jpg 32_0613ose.jpg
 ラスト3ダイブ目は大牛洞窟前からエントリー まずはイガグリウミウシとオセロウミウシ

33_0613nishi.jpg 46_0613nishi2.jpg
 ニシキウミウシの幼体 旧フタイロバージョンです

34_0613sori.jpg 35_0613saga.jpg
 ウミウサギの仲間、ソリキヌヅツミとサガミイロウミウシ

36_0613seh.jpg 38_0613senh.jpg
 夏のイメージのセンヒメウミウシ このフォルムいいですね~

37_0613fuji.jpg
 小さなフジナミウミウシ 出ると嬉しいウミウシですね

39_0613mko.jpg 41_0613mutsu.jpg
 ムラサキウミコチョウとこちらはムツイバラウミウシでしょうか

40_0613shirou.jpg
 かわいいシロウサギウミウシがいました くびれが堪りません!

42_0613kii.jpg 43_0613kii2.jpg
 大きなキイロイボウミウシが2個体

44_0613koi.jpg 45_0613sarasa.jpg
 コイボウミウシとサラサウミウシ

47_0613ten.jpg
 ラストはソフトコーラルを宿主にしているテンロクケボリ 大牛の浅場をショートカットしてトレジャーロックで浮上しました ウミウシでお腹いっぱいの本日のダイブでした(^O^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 20:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

爆潜りで地形を満喫! 6/12雲見のLOG

爆潜りキャンペーン好評開催中!

コース:牛着岩(ブイ~小牛まわり~島裏)
天候:曇り 気温:24℃
水温:20.4℃ 透視度:10~8m

1_061216kaikyo.jpg
 潮色は今ひとつですがお天気&穏やかなコンディションに恵まれました

2_0612wata.jpg 3_0612nuchi.jpg
 ワタトリカイメンにいるワタグモウミウシの仲間 ちょっとイタズラしてはがしてみました これで見えやすくなったかと ムチカラマツにはムチカラマツエビがいます

4_0612muchi.jpg 5_0612moe.jpg
 泳ぐウミウシ、ムラサキウミコチョウとセクシーシュリンプことイソギンチャクモエビ

6_0612hoso.jpg 7_0612beni.jpg
 ヨウジウオの仲間、ホソウミヤッコとウミウサギの仲間、ベニキヌヅツミ

8_0612mia.jpg 10_0612aka.jpg
 極彩色なミアミラウミウシとキレイなアカネコモンウミウシ


 小牛周辺でこのところ頻繁に目撃されています

9_0612iro.jpg 11_0612beni.jpg
 小牛洞窟の入口にはイロカエルアンコウが居着いています そして本日、発見したベニカエルアンコウ 空気だまりが鏡のようになっています イロカエルアンコウの少し右下にいました

コース:牛着岩(ブイ~H型のアーチ~-24mアーチ)
天候:曇り 気温:24℃ 
水温:20.2℃ 透視度:10m

17_0617diver.jpg
 同じ職場の3人グループで遊びに来て下さいました

18_0612arch.jpg
 洞窟内から見た水中景観

15_0612tsudu.jpg 16_0612shiroh.jpg
 ツヅレウミウシでしょうか? 大きなウミウシでした シロハナガサウミウシも見られました

19_0612arch.jpg
 三角穴下の洞窟の水中景観 幻想的ですね!

コース:牛着岩(-24mアーチ~たて穴~-24mアーチ)
天候:曇り 気温:24℃ 
水温:20.2℃ 透視度:10m

13_0612bisha.jpg
 -24mアーチからエントリーしました まずはビシャモンエビ

14_0612saga.jpg 12_0612kii.jpg
 大きなサガミリュウグウウミウシとキイロイボウミウシ

21_0612arch.jpg 22_0612arch.jpg
 たて穴洞窟の水中景観 洞窟ダイビングを楽しみました

コース:三競(2番~3番洞窟)
天候:曇り 気温:24℃ 
水温:20.2℃ 透視度:10m

25_0612arch.jpg
 ラスト4ダイブ目は三競をご案内しました まずは2番洞窟の小窓

26_0612cara.jpg 23_0612kimme.jpg
 2番洞窟のキャラメルウミウシと3番洞窟のキンメモドキ

24_0612diver.jpg
 エアードームで記念撮影しました たまに一人、増えて写真に写りこんでいることがあります…(嘘)

27_0612arch.jpg
 最後は4番洞窟をご案内しました 本日も爆潜りにご参加下さいましてありがとうございました!


 本日のダイビングを動画にまとめてみました 是非ご覧ください

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 21:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジブン史上最高の洞窟ダイビング! 6/11雲見のLOG

爆潜りキャンペーン好評開催中!

コース:牛着岩(ブイ~小牛まわり~島裏)
天候:晴れ 気温:25℃ 
水温:20.0℃ 透視度:10m

1_061116umiboz.jpg
 本日の海況写真を撮り忘れてしまいました…(^^;) と、ゆーことでダイブショップ海冒主さんのポットに軽いイタズラをした写真を掲載しておきます 名付けて「インストラクターのポット君」 あ、肝心の海の方は少しヨタが入っていますがまずまずのコンディションです

2_0611wata.jpg 3_0611wata.jpg
 まずはいきなりマニアックなウミウシ ワタトリカイメンに擬態したウミウシの仲間です 見つけ方のコツはワタトリカイメンに卵塊があったらこのウミウシの存在を疑ってよ~くチェックして下さい

4_0611koke.jpg 5_0611eal.jpg
 ギンポ岩のコケギンポの仲間 あくびシーンは演出です 是非、リクエストして下さい

6_0611moe.jpg 7_0611kai.jpg
 イソギンチャクモエビのセクシーダンス 今日もいました黄色い帽子のカイカムリ 

8_0611aka.jpg 9_0611aka.jpg
 魚のエステシャン、アカホシカクレエビ 背中越しに卵塊が見えます

11_0611kope.jpg 13_0611sori.jpg
うさぴょんことコペポーダ カイアシの仲間です ウミウサギの仲間、ソリキヌヅツミも見られました

12_0611iro.jpg
 人気のイロカエルアンコウ 先日、捕食した獲物はすっかり消化されお腹まわりがスッキリしていますね

14_0611kuma.jpg15_0611takabe.jpg
 安全停止中の根頭で見たクマノミとタカベのちびっこでしょうか 太陽光が差し込みキレイでした


 根頭で安全停止中、タカベの幼魚をウォッチしているとニシキベラが少しづつ群れを構成している様子です 夏の風物詩、ニシキベラの産卵&放精シーンがそろそろ見られそうですね

コース:牛着岩(大牛カド~-16mアーチ~トレジャーロック)
天候:晴れ 気温:25℃ 
水温:20.0℃ 透視度:10m


リクエストで久し振りにホタテウミヘビの餌付けをしました 今回はゲストに挑戦して頂きました

16_0611nama.jpg
 トラフナマコを宿主にしたナマコマルガザミ

15_0611beni.jpg 1_0611sero.jpg
 ウミウサギの仲間、ベニキヌヅツミとセロガタケボリが見られました セロガタケボリのセロは弦楽器のチェロの意味です(例:宮沢賢治、セロ弾きのゴーシュ)

コース:牛着岩(三角穴下洞窟 フローダイビング)
天候:晴れ 気温:25℃ 
水温:19.8℃ 透視度:10m

17_0611ade.jpg 18_0611ade.jpg
 3ダイブ目は伊豆半島で唯一、日中から出来る洞窟フローダイビングを楽しみました アデヤカイボウミウシはフローライトを当てるとさらに艶やかになります フローダイビングを経験しないと見られない光景ですね

19_0611yado.jpg 20_0611kai.jpg
 普段は雑魚キャラなのに洞窟フローダイビングで存在感が増すヤドカリや巻貝


 フローダイビングの動画です 是非、リクエストお待ちしています!

21_0611diver.jpg
 でも本日の主役はご一緒したゲストでした どの生物よりも眩く蛍光発光していました まるでSF映画の1シーンみたい カッコいい!

22_0611niji.jpg
 安全停止中に安全停止バーのニジギンポと戯れました(^O^)

コース:三競(2番~3番洞窟)
天候:晴れ 気温:25℃ 
水温:19.6℃ 透視度:10m

23_0611sankyo.jpg 24_0611sankyo.jpg
 ラスト4ダイブ目は三競で洞窟ダイビング まずは2番洞窟から

25_0611matsu.jpg 28_0611ohsu.jpg
 マツカサウオと口内保育中のイクメン、オオスジイシモチ

33_0611cara.jpg
 いつものキャラメルウミウシです

26_0611sankyo.jpg 27_0611sankyo.jpg
 2番洞窟のトップライトと出口

34_0611nou.jpg 35_0611shirot.jpg
 キレイ系ウミウシのノウメア・ワリアンスとシロタスキウミウシ

36_0611hito.jpg 37_0611hito.jpg
 ヒトデってホウキボシって呼ばれているのがいますよね チャマダラホウキボシとか 繁殖のために自切して繁殖(無性生殖)している成長過程を「コメット comet」と言います つまり「ほうき星」ですね ひっくり返すとちゃんと盤(ヒトデの中心部分も)出来ています

29_0611sankyo.jpg
 そして本日の「その時」 自分史上最高の洞窟ダイビングで見た水中景観 銀輪がキラキラと反射するキンメモドキの群れの背景は太陽光のスポットライト 感動しました! ダイビングやってて良かったぁ~ 雲見で潜ってて良かった~(^O^) 幸せになれた瞬間です!

30_0611sankyo.jpg
 めったに見られない光景ですがまたこんな瞬間に出会えるように潜り続けます


ジブン史上最高の洞窟ダイビングの映像です(^_-)-☆

31_0611sankyo.jpg 32_0611sankyo.jpg
 4番洞窟の水中景観です ウネリが入っていたためちょっとサラして白っぽくなっていました あ~、今日は三競を潜って本当に良かったです 感動した~!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

海の中はイクメン&マタニティがいっぱい! 6/10雲見のLOG

爆潜りキャンペーン好評開催中!

コース:牛着岩(小牛洞窟~小牛まわり~湾内)
天候:晴れ 気温:26℃
水温:20.0℃ 透視度:10~8m

1_061016kaikyo.jpg
 引き続き穏やかなコンディションです 本日も爆潜りでがっつり4ダイブです!

2_0610iro.jpg 5_0610tatsu.jpg
 小牛の洞窟前からエントリー イロカエルアンコウとハナタツ

3_0610ohsu.jpg
 オオスジイシモチの口内保育 卵がチラッと写っていますよね もっといいシーンが撮れるように狙いますよーーー


 小牛の洞窟内で撮影した口内保育中のオオスジイシモチ 伊豆半島で見られるテンジクダイの仲間では一番早く6月くらいから口内保育を始めます

4_0610nan.jpg
 小さなナンヨウウミウシ 小牛の洞窟での目撃例が多いようですね

6_0610sori.jpg 7_0610iga.jpg
 ウミウサギの仲間、ソリキヌヅツミとイガグリウミウシ

8_0610aya.jpg 9_0610nama.jpg
 ウミウサギの仲間、アヤメケボリとアカオニナマコを宿主にしていたナマコマルガザミ

10_0610aka.jpg
 マタニティなアカホシカクレエビ 背中越しに卵塊が見えますね

11_0610ten.jpg 12_0610wata.jpg
 テントウウミウシのペアとワタグモウミウシの仲間

13_0610mia.jpg
 ミアミラウミウシがいました!


 極彩色で大型のウミウシです 小牛周辺でよく見かけます ウミウシカクレエビ乗っていると最高ですね

14_0610kai.jpg
 昨日は黄色い帽子を脱いじゃったカイカムリ やっぱり黄色い帽子がお似合いですね


 あまり動かなかったので尺が稼げました(笑)

15_0610moe.jpg 16_0610muchi.jpg
 セクシーシュリンプことイソギンチャクモエビとムチカラマツを宿主にしているムチカラマツエビ

コース:牛着岩(大牛洞窟~大牛カド)
天候:晴れ 気温:26℃
水温:19.8℃ 透視度:10~8m

17_0610iga.jpg 18_0610iga.jpg
 大牛洞窟前でウミウシダイブ まずはイガグリウミウシ

19_0610shira.jpg 20_0610kame.jpg
 サクラテンジクダイを観察しようと大牛洞窟内へ サクラテンジクダイはあまりいませんでしたね シラユキウミウシと大きなカメノコフシエラガイ

21_0610fuji.jpg
 小さなフジイロウミウシが今日も見られました(^O^)

22_0610ryumon.jpg 24_0610koke.jpg
 リュウモンイロウミウシとコケギンポの仲間 穴から顔をのぞかせていることが多いのですが全身出ていました

23_0610sen1.jpg 30_0610sen2.jpg
 センテンイロウミウシがいっぱいいました

25_0610mko.jpg
 夏のイメージがあるムラサキウミコチョウ ペアにしてはサイズが違いすぎませんか?(笑) さしずめ蚤の夫婦

27_0610mko.jpg 29_0610mko.jpg
 このエリアではムラサキウミコチョウがたくさん見られますね

26_0610mon.jpg 28_0610kii.jpg
 久し振りにモンガラキセワタを見ました 小さなウミウシの仲間です そして大きなキイロイボウミウシ

コース:牛着岩(大牛カド~グンカン)
天候:晴れ 気温:26℃
水温:18.8℃ 透視度:10~8m

31_0610maru.jpg 32_0610maru.jpg
 ソフトコーラルにマルタマオウギガニがいました卵を抱えてお腹がパンパンです 臨月を迎えた感じでしょうか?

33_0610maru.jpg
 卵を抱えてお腹がパンパンです 臨月を迎えた感じでしょうか?


 マタニティーなマルタマオウギガニをムービー撮影しました

34_0610ara.jpg
 すごい美人なアラリウミウシ

35_0610tsugu.jpg 36_0610beni.jpg
 グンカンアーチ周辺のヤギで見たツグチガイとベニキヌヅツミ どちらもウミウサギの仲間です

37_0610yagu.jpg
 グンカン根頭では久し振りにヤグルマウミウシが見られました

コース:三競(2番~3番洞窟)
天候:晴れ 気温:26℃
水温:19.2℃ 透視度:10~8m

45_0610sankyo.jpg
 ラスト4本目は三競で洞窟&ウミウシダイビング~~! と思ってエントリーしてみました 先客が大人数で入っていたようでニゴニゴで視界不良 洞窟ダイビングは早々に諦め、ウミウシダイビングをしました それにしても巻き上げが激しくウミウシどころじゃない感じでした…(>_<)

38_0610nou.jpg 39_0610nou.jpg
 まずはノウメア・ワリアンス

44_0610ara.jpg
 続いてはアラリウミウシです

41_0610kii.jpg 43_0610sara.jpg
 キイロイボウミウシとサラサウミウシと… ん~、いかんせんニゴニゴで何にも見えません(T_T) すると先客が洞窟の中から出てきました え?たった3人!? 3人でこれでけ濁らせられるって… 「まさかのムンバイ、振り向けばガンジス」 ある意味サプライズでした(爆) がっつり4ダイブおつかれさまでした(^O^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。