伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

2015年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

大牛洞窟前以外でもウミウシダイブ 5/24雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温23℃ 水温:16.0℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:微
コース:牛着岩(-24mアーチ~クレバス~ブイ)

1_052415kaikyo.jpg
 引き続き穏やかな海況です 浅場は軽~くウネリが残っていましたが全然、問題なしです

2_0524tatsu.jpg 3_0524iboiso.jpg
 まずは-24mアーチブイからエントリー 昨日も見られたハナタツとイボイソバナガニ

4_0524kope.jpg 5_0524sero.jpg
 うさぴょんことコペポーダとウミウサギの仲間、セロガタケボリです

6_0524nishiki.jpg 8_0524sarasa.jpg
 定番ウミウシのニシキウミウシとサラサウミウシ

7_0524okaeru.jpg
 いつものオオモンカエルアンコウは定位置でした

9_0524koto.jpg 11_0524sori.jpg
 小牛洞窟の壁ではギザギザタイプのコトヒメウミウシとウミウサギの仲間、ソリキヌヅツミ

10_0524olt.jpg 12_0524himesemi.jpg
 オルトマンワラエビとヒメセミエビ

14_0524doto.jpg
 クレバスの壁ではお気に入りのワライボヤマツカサウミウシ

15_0524garbera.jpg
 ヒドロ虫ではガーベラミノウミウシが見られました 以前はエノキミノウミウシって言ってましたね エノキの方がしっくりくるような…

13_0524otome.jpg 16_0524otome2.jpg
 そこらじゅうで見られるオトメウミウシ 交接中の個体もいっぱいいました

17_0524hiro.jpg 18_0524mkise.jpg
 小さなウミウシの仲間、ヒロウミウシとモンガラキセワタ

19_0524komon.jpg 20_0524aame.jpg
 定番のコモンウミウシと大きなアマクサアメフラシ

21_0524manryo2.jpg 22_0524togari.jpg
 産卵中のマンリョウウミウシを発見 ヤギの仲間にはトガリアヤメケボリがいました(^O^)

23_0524sakurami.jpg 24_0524murasaki.jpg
 水路のヒドロ虫ではサクラミノウミウシがいました ガーベラミノウミウシとは近似種ですね シッタカ(バテイラ)のカイウミヒドラを摂食中のムラサキミノウミウシも見られました ウミウシの仲間を中心にじっくりダイブでした

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温23℃ 水温:15.9℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:微
コース:牛着岩(小牛前~水路~ブイ)

25_0524akahata.jpg
 小牛前と水路入口をご案内しました ますはアカハタ と、いってもどこぞの新聞とは関係ありません

26_0524shirohana.jpg 28_0524komon2.jpg
 あちこちで普通に見られるシロハナガサウミウシとコモンウミウシ

27_0524benikinu.jpg 29_0524benikinu2.jpg 30_0524benikinu3.jpg
 ベニキヌヅツミもバリエーションがあります ドットタイプがお気に入りです

32_0524kumogata1.jpg 33_0524kumogata2.jpg
 サザエとコラボしていたクモガタウミウシ 面白かったのでB面もチェック あ、これわかった方はCD世代ではありませんね(笑)

34_0524kumoigata3.jpg
 クモガタウミウシもいっぱいいました~

35_0524akomon.jpg
 屏風岩のアカネコモンウミウシ 奥に入っていました…(>_<)

36_0524shirohana2.jpg 31_0524shiro.jpg
 この周辺の岩(ユビノウトサカ)ではシロハナガサウミウシがいっぱいいます

37_0524minosp.jpg
 アカボシミノウミウシ 超久し振りに出会いました~(^O^)

39_0524mugi2.jpg
 ムギメシミノウミウシがいっぱい見られました

38_0524mugi1.jpg 40_0524mugi3.jpg
 小さなミノウミウシなのですがあっちにもこっちにもという感じで見つかりました ただ浅場はウネリが軽く入っていたので撮影はしづらかったです…(>_<) 可愛らしいですね~

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 18:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平日じっくり3ダイブ 5/23雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温23℃ 水温:14.2℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:微
コース:牛着岩(-24mアーチ~たて穴根頭)

1_052315kaikyo.jpg
 テトラの工事で大きな台船が湾内に入っていました 以前、作業潜水で乗ってことのある台船です 海はベタ凪でした~(^O^)

2_0523teng.jpg 3_0523tatsu.jpg
 まずは-24mアーチからエントリー -24mアーチの住民、テングダイとよく見かけるハナタツ

4_0523iga.jpg 5_0523ao.jpg
 イガグリウミウシとアオウミウシも見られました

6_0523iboiso.jpg 7_0523kurohoshi.jpg
 ムチカラマツを宿主にしているイボイソバナガニ 中層でクロホシイソモチやネンブツダイが大きな群れを形成しています

8_0523otome.jpg 9_0523madai.jpg
 たて穴付近の根頭で安全停止中に見られたオトメウミウシとホンソメワケベラのエステを受けていた大きなマダイ 浅場は微妙にウネっていました

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温24℃ 水温:14.9℃
透視度:10~8m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(ロッカク岩~大牛洞窟前)

10_0523kuroushi.jpg
 2ダイブ目はホタテウミヘビの餌付けをしにロッカク岩からエントリー まず最初に出会ったのがコイツ、クロウシノシタ いわゆる舌平目です

11_0523hotate.jpg 12_0523kobu.jpg
 ホタテウミヘビとコブダイに餌付けをしました

13_0523shirohana.jpg 14_0523shirotae.jpg
 大牛洞窟前に移動中に見られたシロハナガサウミウシとシロタエイロウミウシ

15_0523shirayuki.jpg 17_0523senten.jpg
 シラユキウミウシと小さなセンテンイロウミウシがいました

16_0523hiram.jpg 18_0523tsuguchi.jpg
 ヒラムシの仲間とウミウサギの仲間、ツグチガイ

19_0523usuiro.jpg 20_0523shiro.jpg 24_0523shiro2.jpg
 定番のウスイロウミウシとシロウミウシです

21_0523olt.jpg 22_0523akeus.jpg
 サビカラマツで通年、見られるオルトマンワラエビとこの時期、多く見かけるアケウス

23_0523musume.jpg 27_0523kopshiori.jpg
 小さな舌平目の仲間、ムスメウシノシタとワタトリカイメンにいたコシオリエビの仲間

26_0523kaname.jpg 25_0523mitsui.jpg
 大牛洞窟前の下の壁で見られたカナメイロウミウシとミツイラメリウミウシ

28_0523wata.jpg 29_0523sobakas.jpg
 カイメンそっくりなワタグモウミウシに似ているウミウシと久し振りのソバカスウミウシ

30_0523shiumoda.jpg 31_0523komon.jpg
 超久し振りの出会いがありました シモダイロウミウシです I.O.Pの深場に行くとカナメイロウミウシ同様、割と多く見られるのですが水深が浅い雲見では少ないです 同じエリアに深場のウミウシ、カナメイロウミウシがいるということはここのロケーションはほんのり薄暗いので深場に近いんですかね 定番のコモンウミウシもいました

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温23℃ 水温:14.8℃
透視度:10~8m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛洞窟前)

32_0523arari.jpg 34_0523yubi.jpg
 ラスト3ダイブ目は大牛洞窟前でじっくりウミウシダイブです まずは小さなアラリウミウシと久し振りのユビウミウシ

33_0523okenia.jpg
 オケニア・ピサロでしょうか? 初めて見たウミウシですがとても個性的なフォルムで見つけたとき思わず叫んでしまいました(^O^)

35_0523sori.jpg 36_0523sori2.jpg
 ウミウサギの仲間、ソリキヌヅツミ2連発

41_0523seto.jpg 37_0523koganemi.jpg
 小さなセトイロウミウシとすっかり定着したコガネミノウミウシ

38_0523koto.jpg 39_0523koto2.jpg 40_0523koto3.jpg
 コトヒメウミウシですがバリエーションがありフォルムが違うので同じウミウシに見えませんね

42_0523mis.jpg 43_0523mis2.jpg
 今年もいっぱい見られています、ミスガイ

44_0523isoumi.jpg 45_0523manryo.jpg
 イソウミウシの仲間とこの時期、いっぱいいるマンリョウウミウシ

46_0523kkocho.jpg
 ラストはキイロウミコチョウ 雲見でも時々、見られます じっくり3ダイブしてきました あとは早く水温が上がってくるといいなぁ~

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お天気、回復しました~(^O^) 5/17雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温24℃ 水温:14.2℃
透視度:10~8m 潮流:裏潮、微 ウネリ:弱
コース:牛着岩(小牛前)

1_051715kaikyo.jpg
 前日の濃霧が晴れお天気は回復しましたが、水温&透視度は今ひとつでした…(>_<)  今日は小牛の前でリフレッシュダイブをしました

2_0517ao.jpg 7_0517shirayuki.jpg 14_0517komon.jpg
 まずは定番ウミウシをご紹介 アオウミウシ、シラユキウミウシ、コモンウミウシです

3_0517koke.jpg 8_0517aosa.jpg
 コケギンポの仲間とアオサハギ

4_0517ayame.jpg 12_0517togari.jpg
 ウミウサギの仲間をご紹介 アヤメケボリとトガリアヤメケボリ

5_0517benikinu1.jpg 6_0517benikinu2.jpg
 ベニキヌヅツミはカラーバリエーションが豊富ですね

9_0517kumogata.jpg 10_0517kumogata2.jpg
 クモガタウミウシのA面とB面 CD世代にはちょっとわからないかも…(苦笑)

11_0517sakurami.jpg 13_0517mueasakimi.jpg
 ヒドロ虫にはサクラミノウミウシ バテイラに付着したカイウミヒドラにはムラサキミノウミウシがいました

フィールドインプレッション

天候:曇り 気温24℃ 水温:14.9℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:弱
コース:牛着岩(ロッカク岩~ブイ)

22_0517hotate.jpg 19_0517kope.jpg
 ロッカク岩からエントリーしてホタテウミヘビの餌付けパフォーマンスを披露しました ナマコの裏にはコペポーダがいました

15_0517mis.jpg 16_0517shirotae.jpg
 ミスガイとシロタエイロウミウシ

17_0517shirohana.jpg 18_0517sobakas.jpg
 シロハナガサウミウシと久し振りにソバカスウミウシを観ました

20_0517akomon.jpg 21_0517ao2.jpg
 びょうぶ岩のアカネコモンウミウシとアオウミウシいっぱい 久し振りのダイビングをのんびり満喫して頂きました~(^O^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 15:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風一過の海は? 5/16雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:雨 気温21℃ 水温:14.4℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:中
コース:牛着岩(ブイ~H型のアーチ~たて穴根頭)

1_051615kaikyo.jpg
 未明から激しい雨が降りました 朝になっていくらか小雨になりましたが海の方はウネリが入っています 河川の濁流が海に流入したため表層から中層にかけて透明度が落ちてしまいました 淡水が混ざったからか水温が14℃台まで下がってしまいました(>_<)

2_0516ibara1.jpg 3_0516ibara2.jpg
 水路入口のイバラカンザシ クリスマスツリーに似ていますがゴカイ(ワーム)の仲間です(^^;)

4_0516doto.jpg 6_0516manryo.jpg
 クレバスではお気に入りのワライボヤマツカサウミウシ 出口ではマンリョウウミウシが産卵中でした

5_0516arch1.jpg 7_0516arch2.jpg
 H型のアーチとたて穴の水中景観

8_0516kuma.jpg
 越冬したたい焼きサイズのクマノミです たて穴根頭付近で安全停止をしてシグナルフロートで浮上したのですが浅場は結構、ウネリを感じました

フィールドインプレッション

天候:曇り 気温21℃ 水温:14.2℃
透視度:10~8m 潮流:裏潮、微 ウネリ:弱
コース:牛着岩(-16mアーチ~大牛洞窟~-24mアーチブイ)

9_0516isokasa.jpg
 ワタトリカイメンに入っていたイソカサゴ なんとなく可愛いですね(#^.^#)

10_0516shirayuki.jpg 12_0516usuiro.jpg
 ロッカク岩ではシラユキウミウシとウスイロウミウシが見られました

11_0516hotate.jpg
 久し振りにホタテウミヘビに餌付けのパフォーマンスを披露しました

13_0516benikinu.jpg
 ベニキヌヅツミのペアです

14_0516shirotae.jpg 15_0516nishiki.jpg
 大牛洞窟に向かう途中でシロタエイロウミウシとニシキウミウシが見られました

16_0516otome.jpg 17_0516mongara.jpg
 こちらはオトメウミウシと極小のモンガラキセワタ

18_0516sarasa.jpg 19_0516shiro.jpg
 レギュラーメンバーのサラサウミウシとシロウミウシ

20_0516komon.jpg 21_0516arari.jpg
 大牛洞窟前で見られたコモンウミウシとアラリウミウシ

22_0516koganemi.jpg
 出口付近ではコガネミノウミウシがいました 霧が濃くブイ以外の場所での浮上が禁止になったのでそのまま-24mアーチブイまで移動して浮上しました

フィールドインプレッション

天候:曇り 気温21℃ 水温:14.2℃
透視度:10~8m 潮流:裏潮、微 ウネリ:弱
コース:牛着岩(小牛前)

23_0516kinen1.jpg
 ラスト3ダイブ目は今回ご一緒したゲストの150ダイブ記念をしました おめでとうございます!!

24_0516koke.jpg 28_0516hirame.jpg
 ギンポ岩のコケギンポの仲間と砂地で見られたヒラメ

25_0516ayame.jpg 26_0516benikinu.jpg
 アヤメケボリとドット柄のベニキヌヅツミです

27_0516nezumi.jpg 29_0516koika.jpg
 ラストは交接中のネズミウミウシとコウイカの仲間の威嚇シーンです 台風一過の雲見でしたがちょっと水温が下がってしまいました これから良くなりますので期待しましょう!

30_0516kinen3.jpg 31_0516kinen2.jpg
 ショップに戻り150本記念のお祝いをしました 改めておめでとうございます!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 20:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

嵐の前の静けさでした 5/12雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:曇り 気温24℃ 水温:16.4℃
透視度:10m~ 潮流:裏潮、微 ウネリ:弱
コース:牛着岩(ブイ~H型のアーチ~ブイ)

1_051215kaikyo.jpg
 台風6号がモーレツな勢いで接近しています 台風のウネリが若干、入っていますが見た目は穏やかです まさに嵐の前の静けさ…ですね(>_<) 潮色はグンと良くなり10m~です

2_0512diver.jpg
 雲見デビュー、おめでとうございます できれば台風の影響がなければ良かったんですが… でもギリギリ、セーフでしたね

3_0512egg.jpg 4_0512warai.jpg
 クレバスでは大きなウミウシの卵塊 マンリョウウミウシでしょうか? お気に入りのワライボヤマツカサウミウシ

5_0512arch1.jpg 6_0512arch2.jpg 7_0512arch3.jpg
 ウネリもまだ強くなかったので洞窟ダイビングを満喫しました

8_0512kuma.jpg 9_0512kasago.jpg
 越冬クマノミとカサゴです 芸人さんでカサゴ顔している方、いましたよね 眼鏡かけてる…(^O^)

10_0512sero.jpg 11_0512benikinu.jpg
 ウミウサギの仲間、セロガタケボリとベニキヌヅツミです

12_0512diver2.jpg
 浮上して牛着岩をバックにパチリ 潮色が良くなりラッキーでしたね~(^O^)

フィールドインプレッション

天候:曇り 気温23℃ 水温:16.4℃
透視度:10m~ 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:弱
コース:牛着岩(-24mアーチ~小牛洞窟~ブイ)

13_0512matsu.jpg 14_0512tora.jpg
 続いては-24mアーチからエントリー マツカサウオとトラウツボ

15_0512okaeru.jpg 16_0512ibara.jpg
 白いオオモンカエルアンコウとリトルクリスマスツリーことイバラカンザシ

17_0512mis.jpg
 今年もいっぱい見られているミスガイ Miss Guyって…(^^;)

18_0512ayame.jpg 19_0512koke.jpg
 ギンポ岩ではアヤメケボリとコケギンポの仲間をご紹介しました

20_0512matou.jpg
 安全停止中、ブイ下でマトウダイが「また見られました 5/2に見た個体と多分、同じですね 海が荒れる前に午前中、サクッと2ダイブしてきました 台風一過の雲見に期待しましょう!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 16:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久し振りにホタテウミヘビのパフォーマンス 5/5雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:曇り 気温23℃ 水温:15.5℃
透視度:5m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:弱
コース:牛着岩(-24mアーチ~たて穴根頭)

1_050515kaikyo.jpg
 晴れ予報でしたが朝のうちは曇りベース ややウネリが入っていました(^^;)

2_0505ao.jpg 6_0505sarasa.jpg
 -24mアーチブイからエントリーしてまずはアオウミウシとサラサウミウシでカメラリハーサル

3_0505murasaki.jpg 5_0505nishiki.jpg
 バテイラに付着したカイウミヒドラにムラサキミノウミウシ オオパンカイメンではニシキウミウシが見られました

4_0505iboiso.jpg 7_0505akeus.jpg
 どちらも擬態が上手いイボイソバナガニとアケウスです

8_0505okaeru.jpg
 お馴染みの白いオオモンカエルアンコウ いつもよりやや右下にいました

9_0505sori1.jpg 10_0505sori2.jpg
 小牛の洞窟入口付近ではソリキヌヅツミをチェック ラストはたて穴の根頭付近でウミウシ探しをしましたがウネリの影響かほとんど姿が見られませんでした 大きなマダイやイシダイが悠々と泳いでいました

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温23℃ 水温:16.0℃
透視度:5m 潮流:- ウネリ:弱
コース:牛着岩(ロッカク岩~大牛洞窟前)

11_0505hotate.jpg 15_0505kope.jpg
 続いてはホタテウミヘビのパフォーマンスを披露しました このエリアにいるほとんどのホタテウミヘビは手なずけました(笑) ナマコの裏にはうさぴょんことコペポーダがいました


 動画でホタテウミヘビの袋詰めパフォーマンスを撮影して頂きました Yukieさん、ありがとうございます(^O^)

12_0505shirotae.jpg 13_0505komon.jpg
 大牛側に戻ってシロタエイロウミウシとコモンウミウシ

14_0505hinakoda.jpg
 ウミトサカの仲間では外套膜が美しいヒナコダマウサギがいました

16_0505koganemi.jpg 17_0505hiro.jpg
 大牛洞窟付近でウミウシをご紹介しました まずはコガネミノウミウシとヒロウミウシ

18_0505mongara.jpg 19_0505wata.jpg
 そして小さなモンガラキセワタとワタグモウミウシによく似たウミウシ

20_0505arari.jpg
 小さなアラリウミウシは定位置した もう少し育ってくれるといいですね~

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温23℃ 水温:16.0℃
透視度:5m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:弱
コース:牛着岩(小牛裏カド~クレバス~屏風岩)

21_0505sarasa.jpg 22_0505shiro.jpg 23_0505ao2.jpg
 ラスト3ダイブ目は小牛まわりからクレバスにかけてウミウシ・ダイブです まずは定番のサラサウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ

24_0505okaeru.jpg
 1ダイブ目でも見たオオモンカエルアンコウ

25_0505doto.jpg
 クレバスではお気に入りのワライボヤマツカサウミウシ まわりに付着しているのは卵塊のようです

28_0505osero.jpg 29_0505usuiro.jpg
 オセロウミウシとウスイロウミウシ

27_0505koika.jpg
 コウイカの仲間ですね この手の仲間は種の特定が難しくてよくわかりません…(^^;)

30_0505iga.jpg 31_0505sakurami.jpg
 こちらはイガグリウミウシとサクラミノウミウシ

32_0505shirohana.jpg 33_0505akomon.jpg
 水路を抜けて屏風岩まで移動しました ラストはシロハナガサウミウシとアカネコモンウミウシです ここでシグナルフロートをうって浮上しました じっくり潜れましたね~\(^o^)/

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

引き続き穏やかな海況です 5/4雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:曇り 気温23℃ 水温:16.4℃
透視度:5m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(ブイ~H型のアーチ~ブイ)

1_050415kaikyo.jpg
 曇りベースでしたが海は引き続き穏やかでした~(^O^)

2_0504shirohana.jpg 4_0504shiro.jpg
 先行してブイ下ではシロハナガサウミウシ、シロウミウシが見られました

3_0504kuma.jpg
 越冬クマノミ 貫禄たっぷりのサイズです

5_0504ibara.jpg 6_0502hiro.jpg
 英名リトルクリスマスツリーことイバラカンザシとヒロウミウシのペアです 地形メインのダイブでしたが潮色が今ひとつだったので地形写真は撮りませんでし(^^;)

フィールドインプレッション

天候:曇り 気温23℃ 水温:16.4℃
透視度:5m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(ブイ~小牛~島裏)

7_0504namakom.jpg 8_0504koke.jpg
 2ダイブ目は小牛まわりで島裏へ まずはアカオニナマコを宿主にしていたナマコマルガザミとギンポ岩のコケギンポの仲間

8_0504glass.jpg
 メダマイカリムシを装備したガラスハゼも定位置のヤギにいました

9_0504ayame.jpg 13_0504tayame.jpg
 アヤメケボリとトガリアヤメケボリ ウミウサギの仲間です

10_0504komon.jpg 12_0504ao.jpg
 定番のアオウミウシとコモンウミウシ

11_0504kameki.jpg 15_0504shiro2.jpg
 小さなウミウシ、カメキオトメウミウシ 触角の先端が黄色いのが目印です そしてこちらも定番のシロウミウシ

14_0504akeus.jpg
 この時期よく見かけるクモガニの仲間、アケウスがいました

フィールドインプレッション

天候:曇り 気温23℃ 水温:15.3℃
透視度:5m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛洞窟~ロッカク岩)

16_0504kaname.jpg
 昨日、見られたミズタマウミウシがいたらいいなぁ~ということで大牛洞窟へ まずは人気のカナメイロウミウシをご紹介

16_0504sponge.jpg 19_0504wata.jpg
 地味~なウミウシ2連発 スポンジウミウシとワタグモウミウシによく似たウミウシ

17_0504sakurat.jpg 18_0503matsu.jpg
 洞窟内ではサクラテンジクダイとマツカサウオをご紹介しました

20_0504tatsu.jpg
 洞窟の外のハングにいたハナタツ

21_0504shirotae.jpg 24_0504shirotae2.jpg
 シロタエイロウミウシもチラホラ見られます

22_0504gomaf.jpg 23_0504hibusa.jpg
 ゴマフビロードウミウシ海冒主、まのっち情報です そしてヒブサミノウミウシも見られました(^O^)

25_0504hanamino.jpg 26_0504hotate.jpg
 ロッカク岩ではサラサエビを狙っていたハナミノカサゴ 残念ながら捕食には失敗していました(^^;) そして超久し振りにホタテウミヘビのノブオに逢ってきました もういないと思ったら健在でした よっぽど腹が減っていたのかエサを持っていなかったのに全身出てきておねだりされました ゴメン、あしたエサ持ってくるからね~(笑)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最高のお天気の中のダイビング 5/3雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温23℃ 水温:15.9℃
透視度:5m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(ブイ~小牛)

1_050315kaikyo.jpg
 本日も引き続き、お天気&穏やかな海況に恵まれました 潮色が今ひとつなのがやや残念ではありますが暖かいので海から上がっても快適です

2_0503yado.jpg 14_0503benikinu.jpg
 浅場リクエストで3ダイブしました アカヤギの一種にはヤドカリの仲間とベニキヌヅツミ

15_0503kiiro.jpg 4_0503ryumon.jpg
 小牛前の壁ではキイロウミウシとリュウモンイロウミウシがいました

3_0503ao.jpg 5_0503shiro.jpg
 こちらは定番のアオウミウシとシロウミウシ

6_0503kameki.jpg 7_0503mukade.jpg
 触角の先端の黄色が目印、カメキオトメウミウシと浅場で多く見られるムカデミノウミウシ

8_0503kiibo.jpg 13_0503akaboshi.jpg
 ウミウシを食べるウミウシが2種類、見られました 成長すると大きくなるキイボキヌハダウミウシと成長しても小さなアカボシウミウシ

9_0503okaeru.jpg 12_0503tsuno.jpg
 いつもの白いオオモンカエルアンコウとヒドロ虫にツノガニがいました

10_0503hiram.jpg 11_0503nishiki.jpg
 ウミウシに似ていますがこちらはヒラムシの仲間です そして大きなニシキウミウシです

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温23℃ 水温:16.1℃
透視度:5m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛裏カド~H型のアーチ)

16_0503mis.jpg
 2ダイブ目も小牛の浅場を潜りました まずは潜降中に見つけたミスガイ

17_0503hiram2.jpg 19_0503sarasa.jpg
 ヒラムシの仲間とサラサウミウシ

20_0503mis2.jpg 21_0503doto.jpg
 クレバスがダイバーで渋滞していたので待っている間に見つけたミスガイ そしてお気に入りのワライボヤマツカサウミウシ

22_0503medama.jpg 23_0503medama2.jpg
 メダマイカリムシを装備したコクチフサカサゴ発見! このところメダマイカリムシをよく見かけます(^O^)

24_0503kuma.jpg
 牛着岩周辺に何個体かいるのですが、このコは小牛裏カドのイソギンチャク畑のクマノミです

25_0503mgokaku.jpg 26_0503marutama.jpg
 ラストはアカウニの裏にいたムラサキゴカクガニとウミトサカの仲間の中にいたマルタマオウギガニ 可愛いですね(^O^)

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温23℃ 水温:15.5℃
透視度:5m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛洞窟~-16mアーチ)

27_0503shirayuki.jpg 31_0503shirayuki2.jpg
 ラスト3ダイブ目は海冒主まのっちから大牛洞窟付近でミズタマウミウシの目撃情報があり早速、チェックしてきました まずはシラユキウミウシ

28_0503arari.jpg 32_0503wata.jpg
 アラリウミウシとワタグモウミウシによく似たウミウシも見られました

29_0503sakurat.jpg 30_0503matsu.jpg
 洞窟内ではサクラテンジクダイとマツカサウオ

33_0503manryo.jpg 34_0503sakuram.jpg
 マンリョウウミウシとサクラミノウミウシも見られました

33_0503mizutama.jpg
 そしてお目当てのミズタマウミウシ! いや~、久し振りに見ましたがやっぱり可愛いですね~(#^.^#)

36_0503shirotae.jpg 37_0503musume.jpg
 ラストは-16mアーチ方面に向かってシロタエイロウミウシとムスメウシノシタを見てフロート浮上しました いや~、今回も色々な生き物たちが見られましたよ~\(^o^)/

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

G・W後半戦、あれ? 潮色が…(^^;) 5/2雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温22℃ 水温:15.8℃
透視度:5m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(-24mアーチ~小牛洞窟~たて穴根頭)

1_050215kaikyo.jpg
 素晴らしいお天気と海況に恵まれました G・W後半もおおむね穏やかなコンディションになりそうです が、、、潮色が落ちてしまいました 波止場から海を見ると明らかに濁っています(>_<)

2_0502tsuno.jpg 4_0502akeus.jpg
 まずは-24mアーチ付近で見られたツノガニとアケウス どちらもクモガニの仲間です

3_0502ao.jpg 7_0502iga.jpg
 アオウミウシとイガグリウミウシ 定番ウミウシですね

5_0502nishiki.jpg 8_0502nishiki.jpg
 ニシキウミウシのカラーバリエーション 旧フルーツポンチと旧フタイロニシキ・バージョンです

6_0502tatsu.jpg
 ハナタツも見られました

9_0502tsuguchi.jpg 12_0502ayame.jpg
 ウミウサギの仲間、ツグチガイとアヤメケボリ

10_0502okaeru.jpg
 お馴染みのオオモンカエルアンコウはいつものワタトリカイメンの近くで見られました

13_0502olt.jpg 14_0502sori.jpg
 小さな×2、オルトマンワラエビと薄暗いところを好むソリキヌヅツミ

15_0502doto.jpg 11_0502manryo.jpg
 クレバスではワライボヤマツカサウミウシとマンリョウウミウシが見られました ここにきて潮色が落ちてしまいましたね…(>_<) 何とか回復して欲しいですね

フィールドインプレッション

天候:曇り 気温20℃ 水温:15.6℃
透視度:15m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛前~ブイ)

16_0502kameki.jpg
 砂地で時々、見られるカメキオトメウミウシ 小さなウミウシです 触角の先端が黄色いのが特徴です

17_0502amef.jpg 18_0502kumogata.jpg
 アメフラシの仲間とマンリョウウミウシ 大きなウミウシの仲間です

20_0502benikinu.jpg 23_0502benikinu2.jpg 27_0502tenrok.jpg
 ウミウサギの仲間2種類 ベニキヌヅツミとテンロクケボリ それぞれアカヤギの一種、ウミトサカの仲間を宿主にしています

21_0502glass.jpg 19_0502koke1.jpg
 メダマイカリムシを装備したガラスハゼとギンポ岩のコケギンポの仲間 定番ですね(^O^)

22_0502matou.jpg
 冬場のイメージが強いマトウダイが見られました のんびり泳いでいました


 ムービーで撮影しました 是非、ご覧下さい

24_0502yamatowagushi.jpg
 初めて見たヤマトワグシウミウシ カッコいいフォルムのミノウミウシでした(^O^)

25_0502kiiro.jpg 28_0502manryo2.jpg
 白いのになぜかキイロウミウシとこの時期、あちこちで見られる大きなマンリョウウミウシ

26_0502aosa.jpg
 ソフトコーラルをバックにアオサハギを撮影してみました 可愛いですね(#^.^#)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 16:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |