伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2月ファイナル、西風がおさまり穏やかな海況でした 2/28雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温12℃ 水温:15.0℃
透視度:12~10m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(湾内ブイ周辺)

1_022815kaikyo.jpg
 前日の大西が嘘のようにおさまり2月の最終日は穏やかな海況になりました

3_0228shirohana.jpg 4_0228kumogani.jpg
 1ダイブ目はダイブマスターコースの水中マップ作成のための計測ダイブを実施しました 余った時間で水中生物もご紹介しました シロハナガサウミウシと石裏にいたのはクモガニの仲間でしょうか

5_0228akane.jpg
 久し振りにアカネケボリを見つけました ピンドットがお洒落なバニー(ウミウサギ)です

6_0228glass.jpg 7_0228medama.jpg
 メダマイカリムシを宿したガラスハゼです メダマイカリムシはまだ小さいのですが順調に育っています

8_0228akakura.jpg 2_0228map.jpg
 表層にはアカクラゲ よく見ると魚がいます イボダイなのかクラゲウオなのかハナビラウオなのか… 浮遊物が増えてきたのでこういった浮遊系の生物も多く見かけるようになるでしょう こちらはメジャーテープと水中コンパス、水深計を駆使して水中マップ計測をしている様子です

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温12℃ 水温:15.1℃
透視度:12~10m 潮流:裏潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(-24mアーチブイ~小牛~ブイ)

9_0228tsuno1.jpg 10_0228tsuno2.jpg
 ディープダイビングのシナリオで-24mアーチブイからエントリーしました 20キックのナビゲーションも完ペキでしたね(^O^) アヤトリカクレエビを探しましたが本日も発見できず 黄色とグレーのツノガニが見られました

11_0228aou.jpg 18_0228aou2.jpg
 定番のアオウミウシ あちこちで見られました

12_0228bkaeru.jpg
 ピンク色のベニカエルアンコウです ジュズエダカリナの根元にいました

13_0228iboiso.jpg 14_0228bisha.jpg 15_0228muchik.jpg
 ムチカラマツを宿主にしている甲殻類です イボイソバナガニ、ビシャモンエビ、ムチカラマツエビです ビシャモンエビとムチカラマツが共生?しているムチカラマツがありました

16_0228nishiki1.jpg 19_0228komon.jpg
 大きなニシキウミウシとコケムシの上を這っていたコモンウミウシ どちらも定番ウミウシですね

17_0228kope.jpg 20_0228sori.jpg
 ナマコの裏では通称うさぴょんことコペポーダと小牛の洞窟で見られたソリキヌヅツミ ベニカエルアンコウがいるのですが洞窟の中から先客のダイバーがちょうど出てきたので今回はパスしました

21_0228isobana.jpg 22_0228okaeru1.jpg
 イソバナカクレエビと帰ってきたオオモンカエルアンコウです 帰ってきたとは昨夏、このワタトリカイメンで見られしばらく姿を消していたのですがまた戻ってきたからです

23_0228kimi.jpg
 今日もいました、キミシグレカクレエビ ムチカラマツを宿主にするエビカニの仲間では一番のお気に入りです 個体数が案外少なく雲見ではこの個体を含めてまだ5個体しか見たことがありません 一日でも長く見られるといいですね

天候:晴れ 気温12℃ 水温:15.0℃
透視度:12~10m 潮流:裏潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛洞窟~ロッカク岩~ブイ)

24_0228aou3.jpg 25_0228shirayuki.jpg
 ラスト3ダイブ目は大牛洞窟前からスタート 前半はウミウシ探しをしました まずはアオウミウシとシラユキウミウシ

27_0228matsu.jpg
 マツカサウオの幼魚が見られました

26_0228olt.jpg 28_0228nishiki2.jpg
 オルトマンワラエビとニシキウミウシです

30_0228kaeru.jpg 33_0228ikaeru1.jpg
 でっかいカエルアンコウと昨秋からのロングセラー、イロカエルアンコウ

31_0228kiiro.jpg 29_0228shiro.jpg
 キイロウミウシとシロウミウシですね

32_0228hiram.jpg 38_0228hiram2.jpg
 ウミウシに似ていますがどちらもヒラムシの仲間です

34_0228tenrok.jpg 35_0228isokon.jpg
 ウミトサカを宿主にしているテンロクケボリと甲羅がフジツボに占領されてしまったイソコンペイトウガニ

36_0228ikaeru2.jpg 37_0228amakusa.jpg
 ロッカク岩経由で湾内ブイへ ロッカク岩では赤いイロカエルアンコウ 藻場をアマクサアメフラシが移動していました アメフラシの仲間が増え海の中も春めいてきましたね~

39_0228surch.jpg
 こちらはサーチ&リカバリーのシナリオでリフトバッグを使用して重量物を揚収している様子です 2月最終日は穏やかな海況に恵まれ雲見を満喫できましたね~(^O^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダンゴウオのメッカでがっつり70分×2ダイブ 2/27須崎のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温16℃ 水温:13.6℃
透視度:8m 潮流:- ウネリ:微
コース:九十浜

1_022715kaikyo.jpg
 ダンゴウオ・リクエストで須崎の九十浜にお邪魔しました 大西が吹いて田ノ浦はCLOSE…(>_<) アユカワウミコチョウは次回にお預けです

2_0227amef.jpg 5_0227aou.jpg
 エントリーエリアにいたアメフラシ 九十浜は豊かな藻場なため海藻食のアメフラシには絶好の生息域ですね 定番のアオウミウシはあちこちで見られました

3_0227dango1.jpg 4_0227dangpo2.jpg
 早速、ダンゴウオが見つかりました いや~、いっぱいいますので被写体を選べます お好みのコをドーゾ(笑)

6_0227dango3.jpg
 緑色のダンゴウオもいました 今まで赤しか見たことがなかったのでコーフンしました 思わずレギュレーターをくわえたまま「グリーンだよ!」と叫んでしまいました(笑)

7_0227dango4.jpg 13_0227dango6.jpg
 ダンゴ、ダンゴ、ダンゴ…(^O^)

8_0227hyomon.jpg 12_0227matsu.jpg
 ヒョウモンダコとマツカサウオの幼魚が見られました ちょっとダンゴウオに食傷気味だったのでいい箸休めといったところでしょうか(←なんて贅沢な…)

9_0227bikunin1.jpg
 そして今シーズン、初めて見たスナビクニン 菖蒲沢より須崎のほうがワカメの生育が早いですね~ スナビクニンもいっぱいいましたよ~(^O^)

10_0227dango5.jpg
 天使の輪が見られるダンゴウオの赤ちゃん ニモダンゴですね イメージよりずっと大きいのですぐに見つかります

11_0227kkocho.jpg 16_0227himeg.jpg
 キイロウミコチョウとヒメギンポのペア この時期は恋の季節で婚姻色になっています

14_0227ibobe1.jpg 15_0227ibobe2.jpg
 ここではいっぱい見られるイボベッコウタマガイ

18_0227hanami.jpg 19_0227ami_sp.jpg
 大きなハナミドリガイも見られました ダンゴウオ探しをしていたらエビでしょうか?それともアミの仲間でしょうか? エツキイワノカワのちょこんと乗っかっていました 1ダイブでお腹いっぱいダンゴウオが見られました~\(^o^)/

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温16℃ 水温:13.6℃
透視度:8m 潮流:- ウネリ:微
コース:九十浜

21_0227kuroheri1.jpg 25_0227ubauo.jpg
 車内でしばし休憩してから2ダイブ目も九十浜です ちょっとダンゴウオ以外をチェックしてみました まずはこの時期大領発生するクロヘリアメフラシ 海藻ではウバウオが見られます

23_0227himeika.jpg
 世界最小のイカ、ヒメイカです ダイオウイカがブームになりましたが以前、TBSの夕方の番組Nスタニュースワイドで世界最大のイカに対して世界最小のイカということでヒメイカが取り上げられました その際、当店で撮影したヒメイカの動画が使用されました


 その映像ががこちらです 海藻などに寄り添って擬態します 撮影地は須崎ではなくホームの雲見です

24_0227bikunin2.jpg
 超かわいい水玉模様のスナビクニンがいました ダンゴウオにひけをとらないくらいかわいいですよ~(^O^)

17_0227dango7.jpg 20_0227dango8.jpg
 ダンゴ、ダンゴ、ダンゴ… アゲイン!

26_0227setomi.jpg
 セトミドリガイのちびっこがいました ゴクラクミドリガイの仲間が多く見られるのもこの時期ならではでしょうか

22_0227dango9.jpg
 そしてラストはやはりダンゴウオ このダンゴウオ、実は水中カメラのストロボのステイにくっついていました(笑) 寒さに負けずダンゴ三昧なダイビングを満喫しました こうなったらお昼ご飯は中華で肉ダンゴとデザートは胡麻ダンゴでしょうか…(^O^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 19:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

荒れたビーチでもダンゴウオ、頑張っていました! 2/20菖蒲沢のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温12℃ 水温:14.5℃
透視度:8m 潮流:- ウネリ:強
コース:ビーチ

1_022015kaikyo.jpg
 北東(ナライ)が吹いて結構、波が高かったです いつもは大西が吹いて菖蒲沢に逃げてくるのでこんなに荒れたビーチは初めてです さて海の中は一体、どんな感じでしょうか?

2_0220sarasa.jpg 3_0220hoshi.jpg
 浅場はウネリで砂が巻き上げて視界不良だったため水路まで泳いでいきました ところが水深-15mでも強烈なウネリが入り苦戦しました…(^^;) サラサウミウシとホシキヌタです

4_0220ao1.jpg 5_0220ao2.jpg
 定番のアオウミウシ でもこんなBADコンディションだとアオウミウシがいてくれるだけでありがたや。ありがたやといった感じでした

8_0220sarasa.jpg 7_0220tora.jpg
 普段はスルーのサラサエビも今日は貴重な被写体です トラウツボは岩の亀裂からこちらをのぞいていました

9_0220watagumo.jpg 10_0220watagumo2.jpg
 ワタトリカイメンに付いていたのはおそらくワタグモウミウシでしょうか? 卵塊と赤、青で囲った○の中にウミウシがいますね 擬態が上手く見つけると嬉しいウミウシです(地味ですが…)

6_0220moebi.jpg 11_0220koke.jpg
 セクシーシュリンプことイソギンチャクモエビと赤いコケギンポの仲間

12_0220dango.jpg
 ダンゴウオ、なんとか見つかりました~\(^o^)/ ウネリが強烈だったので他のダンゴウオはどこかに隠れてしまったようです ウネリの中でダンゴウオを探すという大変、貴重な体験ができました~(^O^)


 帰り際に船着き場を見るとスゴい風音と高波が押し寄せていました(;'∀') よくこの中を60分も潜ったものです(^^;)

13_0220sakura.jpg
 西伊豆でも見られますが本場の河津桜 川沿いは見頃までもう少しといった感じですが日当たりがいい場所ではピークを過ぎている桜も見かけました 確実に春はやってきていますね~(^O^)

14_0220dolphin.jpg
 大ニュースです! 昨日お邪魔した田子湾にイルカが2頭、入ってきたそうです 水温もなんと16℃! いや~、スゴいですね~、田子っ!! 写真はいつもお世話になっているフリッパーダイビングサービスの岡部氏が撮影しました

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 14:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

千両役者が揃い踏み!? 2/19田子のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温12℃ 水温:13.6℃
透視度:8~6m 潮流:- ウネリ:-
コース:白崎(4~2番ブイ)

1_021915kaikyo.jpg
 小春日和の穏やかなコンディション まずは出モノで盛り上がっている白崎を潜りました 一昨日の雲見は春濁りを感じましたが本日の田子は潮色が上向いていました(^O^)

4_0219okaeru.jpg
 黄色いオオモンカエルアンコウでしょうか? ちょうど良いサイズでした~

3_0219ao1.jpg 5_0219komon.jpg
 定番のアオウミウシとコモンウミウシ

6_0219setoryu.jpg
 いました、いました~ セトリュウグウウミウシ いや~、小さくてキレイですね~(#^.^#)

7_0219kurosuji.jpg
 そして続いてはクロスジリュウグウウミウシ こちらは貫禄たっぷりのサイズです ツツボヤの一種を摂食中でした

8_0219iga.jpg 10_0219ao2.jpg
 箸休めに定番のイガグリウミウシとあちこちで見られたアオウミウシ

9_0219pika.jpg
 ピカチュウも絶好調ですね~\(^o^)/

11_0219kuma.jpg 2_0219kope.jpg
 ラストは越冬したクマノミの幼魚 そしてお約束のうさぴょんことコペポーダです いや~、まさに役者揃いの白崎でしたね~!

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温12℃ 水温:14.0℃
透視度:8~6m 潮流:- ウネリ:-
コース:弁天島

12_0219kudakumo.jpg
 続いては弁天島を潜りました 超久し振りにクダヤギクモエビが見られました(^O^) 2年前のI.O.P以来でしょうか? 先週末の菖蒲沢で見たテズルモズルカクレエビくらいコーフンしました(笑)

16_0219kinsuji.jpg 13_0219sero.jpg
 そして大好きなキンスジケボリとウミトサカの仲間を宿主にしているセロガタケボリ

14_0219glass.jpg
 ムチヤギにはメダマイカリムシを左右に装備したガラスハゼが見られました ラッキー(^O^)

15_0219ao3.jpg 19_0219sarasa.jpg
 そしてまたまた定番のアオウミウシとサラサウミウシ

17_0219benikinu.jpg 18_0219iga2.jpg
 ヤギに付いていたベニキヌヅツミと田子では多く見られるイガグリウミウシ

20_0219koke.jpg 21_0219moebi.jpg
 赤いコケギンポの仲間と黄色いスナイソギンチャクを宿主にしていたイソギンチャクモエビ 英名、セクシーシュリンプです

22_0219nekojita.jpg
 こちらも久し振りに見かけたネコジタウミウシの一種です ボクの大好きなウミウシのひとつです

23_0219ayame1.jpg 24_0219ayame2.jpg
 いつものアカヤギの一種にはアヤメケボリがワラワラ付いていました

25_0219hirame.jpg 26_0219akakura.jpg
 エグジットエリアに向かう途中、大きなヒラメが岩の上に鎮座していました そして表層を見るとアカクラゲ 浮遊物が増えてきたので今シーズンこそ西伊豆エリアで浮遊系のダイビングが楽しめるポイントを見つけたいと思います! いや~、田子も相当、盛り上がってきましたよ~~~\(^o^)/


 本日のダイビングのまとめです よろしかったらご覧ください(^O^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 16:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春、到来! 春濁り、到来? 2/17雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:雨 気温9℃ 水温:13.2℃
透視度:5m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(-24mアーチブイ~小牛裏)

31_021715kaikyo.jpg
 南岸低気圧が通過し、朝から底冷えのする寒さでした 昨日に続き、今日も凪になりました 立春が過ぎ河津さくら祭りが始まり暦の上では春なんですが、まだ実感できませんね(^^;) ところが海の中は春濁りっぽい感じになってきました…(>_<)

9_0217takanoha.jpg 2_0217migi.jpg
 クローズアップレンズ無しで潜り、久し振りにお魚ウォッチしました タカノハダイとミギマキです 唇が赤い方がミギマキです

3_0217koika.jpg 8_0217kawa.jpg
 コウイカの仲間とカワハギも見られました(^O^)

4_0217tsuno1.jpg 5_0217tsuno2.jpg
 アヤトリカクレエビを探していたらツノガニが2個体、見つかりました アヤトリカクレエビは残念ながら本日も見つかりませんでした

6_0217nishiki1.jpg 12_0217nishiki2.jpg
 大きなニシキウミウシ、2個体

7_0217eel.jpg 10_0217tora.jpg
 ラストはウツボとトラウツボをチェック ボトムタイム、25分の潜水でした

フィールドインプレッション

天候:雨→曇り 気温9℃ 水温:13.2℃
透視度:5m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(-24mアーチブイ~小牛~ブイ)

11_0217ao1.jpg 23_0217otome.jpg
 続いて2ダイブ目も-24mアーチブイからエントリー まずはアオウミウシとオトメウミウシ

13_0217muchik1.jpg 14_0217bisha.jpg 15_0217iboiso.jpg
 ムチカラマツを宿主にしているエビカニが見られました ムチカラマツエビ、ビシャモンエビ、イボイソバナガニです

16_0217bkaeru1.jpg
 以前、ハナタツがいたジュズエダカリナの根元にベニカエルアンコウがまだいました(^O^)

17_0217kaikam.jpg
 お気に入りのカイカムリ ジュズエダカリナの帽子を被っています

18_0217sarasa.jpg 19_0217sori.jpg
 小牛の洞窟へ移動しました サラサウミウシとソリキヌヅツミです

20_0217bkaeru2.jpg 22_0217okaeru.jpg
 洞窟の奥に向かって右側の壁にベニカエルアンコウ その奥にも大きなベニカエルアンコウがいたそうです そして洞窟ダイビングを出たワタトリカイメンにずっと付いているオオモンカエルアンコウ

21_0217isobana.jpg
 こちらもお気に入りのイソバナカクレエビ 虫っぽくて可愛いですよね

24_0217kimi1.jpg 25_02017kimi2.jpg
 今日もいてくれました、キミシグレカクレエビ 同じ個体ですが別カットでも撮ってみました 雲見ではムチカラマツエビやビシャモンエビび比べて圧倒的に個体数が少ないような気がします

26_0217moebi.jpg 30_0217kope.jpg
 グビジンイソギンチャクうを宿主にしていたイソギンチャクモエビとナマコに付いていたコペポーダ 通称、うさぴょんです

27_0217benikinu.jpg 28_0217ayame.jpg
 バニーのヤギではベニキヌヅツミとアヤメケボリが見られました

29_0217glass.jpg
 ラストはヤギで見られたガラスハゼ 右側に宿したメダマイカリムシは順調に育っている様子です! いや~、春とは名ばかりで冷えました~(>_<) エグジット後は熱々のお味噌汁でお腹の中から温まりましょう(^O^) 三寒四温で少しづつこれから暖かい陽気になって行きますね

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 15:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダンゴウオ・ラッシュ&テズルモズルカクレエビ

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温14℃ 水温:13.5℃
透視度:8m 潮流:- ウネリ:-
コース:沈船

1_021515kaikyo.jpg
 どうも週末と凪が合いませんね…(>_<) 引き続き冬型の気圧配置で雲見は大西CLOSE 本日ご一緒したゲストは電車でお越しの方でしたので帰りが便利な菖蒲沢をご案内しました

2_0215sero.jpg 5_0215tenrok.jpg
 まずはボートポイントの沈船へ ソフトコーラルにはウミウサギの仲間、セロガタケボリとテンロクケボリ

3_0215isokasa.jpg 6_0214benikinu.jpg
 ワタトリカイメンの中でイソカサゴが休んでいました そしてヤギの仲間にはベニキヌヅツミ

4_0215tezuru.jpg
 今日イチのネタです! テズルモズルで見つけたテズルモズルカクレエビ ず~っと見たかったエビです ついに念願が叶いました これが雲見だったら最高だったのにな~ 次は雲見でも探してみます!!

7_0215koib.jpg 8_0215wreck.jpg
 根に移動してウミウシ探しをしました コイボウミウシをGET 平均水深が深いのでDECO注意ですね 潮色、落ちましたね… 潜降/浮上用ロープから見た沈船 ぼんやりしか見えませんね(^^;) でもテズルモズルカクレエビが見られて大満足(ボクが…笑)の1本でした(^O^)

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温14℃ 水温:13.4℃
透視度:8m 潮流:- ウネリ:-
コース:ビーチ

9_0215kope.jpg 17_0215egg.jpg
 続いてはビーチでダンゴウオ狙いです まずは通称うさぴょんことコペポーダと海藻の裏に付いていた何かの卵塊らしき物体 一体、何なんですかね?

10_0215sweet.jpg 12_0215shiro.jpg
 トーフ岩ではスイートジェリーミドリガイとシロウミウシ

11_0215dango1.jpg
 そして2日前に見つけたダンゴウオのおチビちゃん

13_0215kkocho.jpg
 ここでは雑魚キャラのキイロウミコチョウ いっぱい見られました(^O^)

15_0215aopanda.jpg 18_0215hiram.jpg
 通称アオパンダことツツボヤの一種とヒラムシの仲間

14_0215minok.jpg 16_0215koke.jpg
 ミノカサゴの幼魚と赤いコケギンポの仲間

19_0215dango2.jpg 20_0215dango3.jpg
 ダンゴ岩に移動してここからダンゴTime ちびっ子があちこちで見られました~(^O^)

21_0215dango4.jpg 22_0215dango5.jpg
 後からエントリーするパーティのためにばっちりマーキングしておきました いや~、ダンゴウオかわいいですね~(#^.^#)


 ダンゴウオをムービーで撮影してみました 結構、動きがあって面白いですね(^O^) あ~、早く雲見を潜りたいなぁ~

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 22:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バレンタインデー・ダイブ 2/14田子のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温14℃ 水温:13.8℃
透視度:8~6m 潮流:- ウネリ:-
コース:白崎(1番ブイ)

1_021415kaikyo.jpg
 バレンタインデーの今日、雲見リクエストでしたがあいにくの冬型の気圧配置 大西が吹いて残念ながらCLOSEでした…(>_<) と、いうことで田子湾内をご案内しました カメラデビューのゲストがご一緒だったのでじっくりフォトダイブを満喫しました

2_0214ao1.jpg 9_0214ao2.jpg
まずは伊豆の定番、アオウミウシカメラリハーサル

3_0214hanao.jpg 4_0214iga.jpg
 続いてはハナオトメウミウシとイガグリウミウシ

5_0214tsutsu.jpg 7_0214kope.jpg
 ツツボヤの一種です 人の笑い顔のようにうも見えます セトリュウグウウミウシのエサにもなっていますね ナマコの裏には通称うさぴょんことコペポーダがいました

6_0214shirohana1.jpg 13_0214shirohana2.jpg
 シロハナガサウミウシはあちらこちらで見られましたよ(^O^)

8_0214olt.jpg 10_0214sero.jpg
 ヤギの仲間においたオルトマンワラエビとウミトサカの仲間を宿主にしているセロガタケボリ ウミウサギの一種です

11_0214isobana.jpg 12_0214otohime.jpg
 ラストはヤギの仲間で見られたイソバナカクレエビと岩の亀裂にいたオトヒメエビ 紅白の色合いがおめでたい感じですね

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温14℃ 水温:13.3℃
透視度:6m 潮流:- ウネリ:-
コース:白崎(2番ブイ)

14_0214pika1.jpg
 2本目はセトリュウグウウミウシとクロスジリュウグウウミウシを狙って2番ブイからエントリー まずは幸先よくピカチュウをGET

15_0214shiro.jpg
 続いて定番のシロウミウシ

16_0214pika2.jpg
 ん~(^^;) なんとお目当てのセトリュウグウウミウシとクロスジリュウグウウミウシをハズしてしまいました(>_<) 他人に教えて自分でハズしてしまうというなんともしまらない終わり方になってしまいました またリベンジしたいと思います 雲見がs潜れなくて残念でしうたが田子湾内も役者が揃い踏みでおおいに盛り上がっていますね~\(^o^)/

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 20:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダンゴウオ、ベビーラッシュ!? 2/13菖蒲沢のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温9℃ 水温:13.3℃
透視度:8m 潮流:- ウネリ:微
コース:ビーチ

1_021315kaikyo.jpg
 週末前のリサーチダイブ 大西が吹き雲見がCLOSEしたため菖蒲沢に行ってきました もちろんお目当てはダンゴウオです(^O^)

6_0213kkocho.jpg 2_0213koib.jpg
 まずはここのレギュラーメンバー、キイロウミコチョウとコイボウミウシ

3_0213dango1.jpg 4_0213sango2.jpg
 早速、いましたダンゴウオのおちびちゃん まだ天使の輪の名残りが残っているコもいました いや~、かわいいっすね~(#^.^#)

5_0213tatsu.jpg
 タツノオトシゴと思いきやハナタツのようですね 皮弁が立派ですね

7_0213shiro1.jpg 11_0213shiro2.jpg
 トーフ岩ではシロウミウシがベタベタ見られました

8_0213aopanda.jpg 10_0213sarasa.jpg
 ツツボヤの一種、アオパンダとサラサウミウシ

9_0213minok.jpg 15_0213koke.jpg
 ミノカサゴの幼魚が見られました そしていつもの赤井コケギンポの仲間

12_0213dango3.jpg 13_0213dango4.jpg
 トーフ岩とダンゴ岩の隣の隣の岩でもダンゴウオの赤ちゃんが見られました(^O^)

14_0213futasuji.jpg
 ラストはテングザ(マクサ)の中にいたフタスジミノウミウシのちびっこ グローブの指先に付けて撮影しました 明日も西風予報 ピカチュウ祭り開催中の田子湾内をご案内する予定です 明後日は凪次第で雲見か菖蒲沢の予定です(^O^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 14:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピカチュウ祭り&久し振りのセトリュウグウ! 2/10田子のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温8℃ 水温:14.7℃
透視度:10~8m 潮流:- ウネリ:弱
コース:白崎(1番ブイ)

1_021015kaikyo.jpg
 冬型の気圧配置が強まり大西が吹き荒れました リクエストの雲見は残念ながらCLOSEでしたが田子湾内をじっくりのんびり潜ってきました

2_0210sarasa.jpg 3_0210arari.jpg 4_0210runxina.jpg
 まずはカメリハでサラサウミウシ キレイなアラリウミウシや小さなルンキナウミウシ2個体、アオウミウシはいっぱい見られました

5_0210shirohana1.jpg 6_0210shirohana3.jpg
 ユビノウトサカを摂食中のシロハナガサウミウシ

7_0210isokasa.jpg 8_0210korai.jpg
 岩の隙間からこちらを伺っているイソカサゴ 「家政婦は見た」的な感じですね(笑) そして実は眼つきが悪いコウライトラギス

9_0210pika1.jpg
 ピカチュウGET! でもこのピカチュウ、ボクは見ていません…(^^;)

10_0210hanami.jpg 12_0210nishiki.jpg
 旬のハナミドリガイが藻場で見られました 大きなニシキウミウシもいました

11_0210sewro.jpg 15_0210kuymogata.jpg
 ウミトサカの仲間ではセロガタケボリ こちらは大型種のクモガタウミウシです

13_0210komon.jpg 14_0210kurioya.jpg
 田子湾内もウミウシで賑わっていますね~ コモンウミウシとクリヤイロウミウシです

16_0210shirohana2.jpg 17_0210shirohana4.jpg
 エグジット間際のブイ下ではまたまたシロハナガサウミウシが見られました(^O^)

0210nabe.jpg 0210diver.jpg
 サーフェスインターバル中に美味しいもつ鍋をご馳走になりました 身体が温まりましたね~(^O^)

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温8℃ 水温:14.8℃
透視度:8~6m 潮流:- ウネリ:弱
コース:白崎(2番ブイ)

20_0210piuka5.jpg
 続いては白崎2番ブイからエントリー ケーソンにカエルアンコウの仲間がいるとのことです ファーストコンタクトはー28mのケーソンのピカチュウです

19_0210pika3.jpg 24_0210pika2.jpg
 20~21mラインでもピカチュウがいっぱい見られました(^O^)

25_0210setoryu.jpg
 そして「今日イチ」の出物です! 小さなセトリュウグウウミウシがいました なんとご一緒したゲストが見つけて下さいました いや~、久し振りに見ましたがやっぱ可愛いですね~(^_-)-☆

26_0210hiro1.jpg 27_0210hiro2.jpg
 ヒロウミウシが大小、見られました

28_0210kuma.jpg 18_0210aou.jpg
 越冬したクマノミの幼魚とレギュラーメンバーのアオウミウシ

29_0210tsutsuboya.jpg 30_0210kope.jpg
 ラストは笑っているようにも見えるツツボヤの一種 セトリュウグウウミウシのエサにもなっています そしてナマコの裏には通称うさぴょんことコペポーダがいました 水面は荒れていましたが水中は穏やかな本日の田子湾内でした ピカチュウ祭りを堪能 そして蛍光レッドがワンポイントのセトリュウグウウミウシをじっくり撮影しましたね~(^O^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 21:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レギュラーメンバーから久し振りの生物までいっぱい 2/7雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ→曇り 気温11℃ 水温:15.3℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:微
コース:牛着岩(ブイ~小牛~-24mアーチブイ)

1_020715kaikyo.jpg
 今週に入ってから凪が続いています 今日も穏やかな海況でした 少~し浮遊物が増えましたが全然、気になりませんでした

3_0207koke1.jpg 4_0207koke2.jpg
 まずはギンポ岩でコケギンポの仲間をチェック いつものコブダイが回遊していました

2_0207glass.jpg
 ヤギに付いている大きなガラスハゼ 左眼近くのメダマイカリムシは順調に育っている様子です(笑)

15_0207isobana.jpg 5_0207ayame.jpg
 アカヤギの一種を宿主にしたイソバナカクレエビとアヤメケボリ

7_0207sweet.jpg 6_0207aou1.jpg
 スイートジェリーミドリガイとアオウミウシが見られました

8_0207kameki.jpg 13_0207hiro.jpg
 ここ最近、ぽつぽつ見かけるカメキオトメウミウシと亀裂のエッジのヒロウミウシ

9_0207benikinu1.jpg 10_0207benikinu2.jpg
 ベニキヌヅツミはあちらこちらで見られました(^O^)

11_0207hosoumi.jpg 12_0207moebi.jpg
 ヨウジウオの仲間、ホソウミヤッコとセクシーシュリンプことイソギンチャクモエビ

21_0207kimi1.jpg
 ん!? キミシグレカクレエビでしょうか? いや~、久し振りですね~ 大好きんばんです、このコ!

14_0207okaeru.jpg 17_0207kika.jpg
 情報に上がっていた帰ってきたオオモンカエルアンコウとキカモヨウウミウシ 触角が片方、引っ込んだままでした

16_0207sori.jpg 19_0207sarasa1.jpg
 ウミウサギの仲間、ソリキヌヅツミと定番ウミウシのサラサウミウシ

20_0207muchik.jpg 22_0702bisha.jpg
 -24mアーチ付近のムチカラマツの群生地でムチカラマツエビとビシャモンエビが見られました

23_0207bkaeru.jpg 18_0207tkoke1.jpg
 やや大きめのベニカエルアンコウを発見 汚らしい色彩ですが自然界ではこの方がカムフラージュできるのでしょうね

24_0207kaikam.jpg 25_0207shiro.jpg
 ジュズエダカリナの帽子を被ったカイカムリとシロウミウシ

26_0207miamira.jpg
 ラストは妖艶な色彩のミアミラウミウシ 大型のウミウシです(^O^) レギュラーメンバーから久し振りのキミシグレカクレエビまで盛り沢山の内容でした~

フィールドインプレッション

天候:曇り 気温11℃ 水温:15.2℃
透視度:10m 潮流:裏潮、微 ウネリ:微
コース:牛着岩(-24mアーチブイ~たて穴根頭~-24mアーチブイ)

27_0207tsuno.jpg 29_0207benikinu3.jpg
 2ダイブ目は-24mアーチブイからエントリー アヤトリカクレエビ探しをしていて見つかったツノガニ

30_0207nishiki.jpg 31_0207kuma.jpg
 ニシキウミウシと越冬中のクマノミ

28_0207kimi2.jpg 37_0207tkokje2.jpg
 間違いないかもう一度キミシグレカクレエビをチェックしに移動しました やっぱりキミシグレカクレエビで間違いありませんね(^O^) ラッキー♪

32_0207otome.jpg 33_0207shirayuki.jpg
 その後、浅場でコンシボリガイやミスガイなどの貝持ち系を探しました そこで見られたオトメウミウシとシラユキウミウシ

35_0207akaboshi.jpg 38_0207hibusa.jpg
 ウミウシを食べるウミウシ、アカボシウミウシです そしてヒブサミノウミウシも登場しました」

40_0207isogin2.jpg 36_0207isogin.jpg
 根頭ではイソギンポが穴から顔を覗かせていました(^O^)

39_0207hiro2.jpg 41_0207unknown.jpg
 ラストはヒロウミウシと名前がわからない、とゆーよりウミウシかどうかもわからない生物 頭楯目の仲間っぽいですよね 過去にも見たことがあります 一体、何者なんでしょうね?? どなかたわかる方がいらっしゃいましたらご教授願いますm(__)m

42_sundai.jpg
 明日は東京に行きます 昨夏、所属していた高校ボクシング部が全国総合優勝したのでOB総出で祝勝会が模様されます 栄冠に輝いた現役選手の栄誉を称えるのはもちろん当時、一緒に汗を流した仲間の懐かしい顔や恩師に逢えるのが今から楽しみです!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 16:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。