伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

2014年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

100本記念ダイビング! 1/31菖蒲沢のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温11℃ 水温:14.2¥7℃
透視度:15m 潮流:- ウネリ:弱
コース:沈船

1_013115kaikyo.jpg
 雲見リクエストでしたがあいにくの西風CLOSE…(>_<) と、いうことで穏やかな東伊豆の菖蒲沢を潜ってきました 太陽光が水面に反射して眩しかったです!

2_0131wreck.jpg 4_0131diver.jpg
 まず1ダイブ目は沈船へ 素晴らしい透明度でした~(^O^)

5_0131sagamimino.jpg
 久し振りに見たサガミミノウミウシ いや~、キレイなウミウシですね~

3_0131sero.jpg 6_0131glass.jpg
 ウミウサギの仲間、セロガタケボリとムチカラマツにいたガラスハゼ

7_0131kob.jpg
 沈船ではコブダイの幼魚が見られました カワイイですね~

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温11℃ 水温:15.2℃
透視度:15m 潮流:- ウネリ:弱
コース:ポイントM

8_0131koib.jpg 14_0131kiiroib.jpg
 続いては水深が浅くウミウシが豊富でボクが大好きなポイント、Mへ エントリーエリアのすぐそばの岩穴でjは大きなネコザメが見られましたが穴の奥にいたため撮影は断念…(>_<) またの機会にチャレンジします まずはコイボウミウシとキイロイボウミウシ

9_0131shiro.jpg 10_0131hiro.jpg
 レギュラーメンバーのシロウミウシとヒロウミウシです

11_0131jiboga1.jpg 12_0131jiboga2.jpg 13_0131jiboga3.jpg
 雲見ではほとんど見かけないジボガウミウシがここでは雑魚キャラです

15_0131shirayuki.jpg 16_0131hiram.jpg 17_0131shiro.jpg
 小さなシラユキウミウシ、ヒラムシの仲間、シロウミウシが見られました 以前は穴の中にいっぱいいたドチザメは最近、見られなくなったようです(>_<)

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温11℃ 水温:14.7℃
透視度:15m 潮流:- ウネリ:弱
コース:ビーチ

013115kubo1.jpg
 3ダイブ目はこの日のメイン、100本記念です 素晴らしい透明度の中、気持ちよく潜れましたね~ 100ダイブおめでとうございます!

18_0131runxina.jpg 19_0131sarasa.jpg 20_0131aopanda.jpg
 トーフ岩ではルンキナウミウシ、サラサウミウシ、ツツボヤの一種(通称アオパンダ)が見られました

21_0131jibopga4.jpg
 大きなジボガウミウシも登場

22_0131kkocho.jpg 23_0131koke.jpg
 キイロウミコチョウは雑魚キャラですね いっぱい見られました そして赤っぽいキレイなコケギンポの仲間 ダンゴウオは見られませんでしたが楽しいダイビングができました

013115kubo2.jpg 013115kubo3.jpg
 エグジット後、暖かいサンデッキで100本記念のお祝いをしました これからも素敵なLOGを積み重ねて下さいね おめでとうございます!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 20:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あいにくのお天気でしたが素晴らしいコンディション 1/30雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:雨 気温11℃ 水温:14.5℃
透視度:15m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(-24mアーチブイ~小牛~ブイ)

1_013015kaikyo.jpg
 南岸低気圧が通過し東京では今年初雪に見舞われたとのことです 雲見も小雨が降りしきり肌寒い一日になりました でも海況は穏やかで潮色もとても良かったです!

3_0130aou1.jpg 6_0130kotohime.jpg
 -24mアーチブイからエントリー 流れはほとんどありませんでした まずはアオウミウシとコトヒメウミウシ

5_0130olt.jpg 4_0130benikinu.jpg
 ウミトサカの仲間にいた小さなオルトマンワラエビとヤギの一種を宿主にしていたウミウサギの仲間、ベニキヌヅツミ

2_0130muchik1.jpg 7_0130bisha.jpg
 ムチカラマツエビとビシャモンエビです キミシグレカクレエビはどこへ行ってしまったのでしょう?

8_0130tastu.jpg
 いつものハナタツは定位置で見られました

9_0130kaikam.jpg 12_0130isobana.jpg
 ジュズエダカリナの帽子を被ったカイカムリとアカヤギの一種を宿主にしていたイソバナカクレエビ

11_0130teng.jpg
 今日は-24mアーチの低いほうの根頭でテングダイが見られました(^O^)

10_0130miamira.jpg
 妖艶な色合いのミアミラウミウシ 陸上の生物ではまず見られない色彩ですね

13_0130hirame1.jpg 14_0130hirame2.jpg
 小牛裏カドで見られたヒラメ ガブリ寄りして顔面のアップも撮ってみました

15_0130moebi1.jpg
 セクシーシュリンプことイソギンチャクモエビです MAX反った瞬間がシャッターチャンスです

16_0130shiro.jpg 17_0130ayame1.jpg
 シロウミウシはあちらこちらで見られました ウミウサギの仲間、アヤメケボリです あいにくの空模様でしたが素晴らしいコンディションでした~(^O^)

フィールドインプレッション

天候:雨 気温11℃ 水温:14.5℃
透視度:15m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(ブイ~小牛前~ブイ)

18_0130koke1.jpg 19_0130koke2.jpg
 2ダイブ目は小牛前を潜りました まずはギンポ岩のコケギンポの仲間

20_0130ayame2.jpg 21_0130ayame3.jpg
 アヤメケボリとその卵塊です

23_0130sarasa2.jpg
 サラサウミウシも、うじゃうじゃ見られました(笑)

25_0130glass1.jpg 26_0130glass2.jpg
 ヤギに付いているいつものガラスハゼ ん? よ~く見るとメダマイカリムシらしきモノが付いていますね このまま育て~(メダマイカリムシの方…笑)

24_0130togari.jpg 27_0130togari2.jpg
 トガリアヤメケボリもいっぱい付いていました せっかくの素晴らしいコンディションですが明日は西風予報 東伊豆の菖蒲沢をご案内したいと思います


 本日のムービーです お時間ありましたら是非、ご覧下さい

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 15:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

潮色最高! ウミウシいっぱい!! 1/26雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温16℃ 水温:15.1℃
透視度:20m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛洞窟前~ロッカク岩)

1_012615kaikyo.jpg
 1月だというのに暖かな陽気に恵まれました 海況もバッチリ 水面は鏡面仕上げのようです

2_0126aou.jpg 3_0126shirou.jpg
 まずは大牛洞窟前へ レギュラーメンバーのアオウミウシ&シロウミウシ

8_0126komon1.jpg 9_0126sarasa1.jpg 7_0126shirayuki.jpg
 続いてこちらもレギュラーメンバーのコモンウミウシ、サラサウミウシ、シラユキウミウシ

4_0126kaname.jpg 5_0126kiberi.jpg
 キレイ系ウミウシも登場しました カナメイロウミウシとフチベニイロウミウシ いや~、かわいいですね~(^O^)

6_0126setoiro.jpg 10_0126senhime.jpg
 大好きなセトイロウミウシと夏のウミウシのイメージが強いセンヒメウミウシ 冬場見たのは数年前の2月の菖蒲沢以来でしょうか?

11_0126muchik.jpg 12_0126olt.jpg
 ムチカラマツエビとオルトマンワラエビも見られました

14_0126sori1.jpg 15_0126sori2.jpg
 ここでは普通に見られるソリキヌヅツミ ウミウサギの仲間です

16_0126komi.jpg 17_0126iga.jpg
 極小サイズのコミドリリュウグウウミウシとイガグリウミウシ

18_0126koke3.jpg 19_0126koke2.jpg
 コケギンポの仲間はあちらこちらで見られました

20_0126kiiro.jpg 24_0126kiuroheri.jpg
 キイロウミウシとクロヘリアメフラシ クロヘリアメフラシはこれからが旬 牛着岩の浅場や赤井浜で大発生します

21_0126nisehakusen.jpg 22_0126hibusa.jpg
 ミノウミウシ2連発 ニセハクセンミノウミウシとヒブサミノウミウシ

23_0126ikaeru.jpg 13_0126koika1.jpg
 人気のイロカエルアンコウとコウイカの仲間が見られました

25_0126diver.jpg
 透視度20m~ 中層から水底がくっきり 潮色抜群でした~(^O^)

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温16℃ 水温:15.1℃
透視度:20m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(-24mアーチ~たて穴根頭)

26_0126koika2.jpg
 2ダイブ目は-24mアーチブイからエントリー まずはコウイカの仲間 威嚇のポーズをしていました

27_0126komon2.jpg 35_0126komon3.jpg
 コモンウミウシは個体数が多かったですね 浅場でいっぱい見られました

28_0126muchik2.jpg 29_0126bisha.jpg
 ムチカラマツを宿主にしたムチカラマツエビとビシャモンエビ

30_0126tatsu.jpg 31_0126kaikam.jpg
 ハナタツとカイカムリも見られました

32_0126nishiki1.jpg 33_0126nishiki2.jpg
 ニシキウミウシか旧フルポンバージョンと旧フタイロバージョンが見られました

34_0126kazari.jpg 36_0126shirohana.jpg 39_0126sero.jpg
 サンゴイソギンチャクを宿主にしたカザリイソギンチャクエビ、岩の隙間に埋もれていたシロハナガサウミウシ、ウミトサカの仲間を宿主にしていたセロガタケボリ

37_0126matsua.jpg 38_0126koke.jpg
 根頭で見られた可愛らしいマツバギンポとトウシマコケギンポ 気持ちよく潜れました~(^O^)

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温16℃ 水温:15.1℃
透視度:20m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛裏カド~小牛まわり~ブイ)

40_0126kuma.jpg
 3ダイブ目は小牛裏カドからエントリー 越冬中のクマノミがいました

41_0126ayame2.jpg 42_0126ayame1.jpg
 アカヤギの一種にはアヤメケボリ

43_0126isobana.jpg 45_0126benikinu.jpg
 イソバナカクレエビとベニキヌヅツミも見られました

46_0126hiro1.jpg 47_0126hiro2.jpg
 大きなヒロウミウシ登場 触角と二次鰓がはっきり見えますね

44_0126shiroobi.jpg 48_0126moebi.jpg
 外套膜が美しいシロオビコダマウサギとセクシーシュリンプことイソギンチャクモエビ

49_0126sarasa.jpg 50_0126umifuku.jpg
 ウミウシシーズン到来ですね ラストはサラサウミウシとウミフクロウ 潮色もよくたっぷり3ダイブ満喫しました~(^O^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

穏やかな小春日和でした 1/18菖蒲沢のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温10℃ 水温:16.2℃
透視度:15m 潮流:- ウネリ:弱
コース:ビーチ

1_011815kaikyo.jpg
 先週、見つけたダンゴウオに逢いにまたまたやってきました、菖蒲沢

2_0118aopnda.jpg 3_0118shiro1.jpg
 といころがダンゴウオはお出掛け中でした…(>_<) まずは通称アオパンダことツツボヤの一種 そしてシロウミウシ

7_0118koke2.jpg 4_0118koke.jpg
 コケギンポの仲間はカラーバリエーションが豊富ですね

5_0118kkocho.jpg 6_0118kkocho2.jpg
 あちこちで見られたキイロウミコチョウ

8_0118kkocho3.jpg 11_0118kkocho3.jpg
 掃いて捨てくくらい?いました(笑)

9_0118kumo.jpg 13_0118kope.jpg 12_0118kuma.jpg
 ゴミにしか見えないクモガニの仲間 通称うさぴょんことコペポーダ そしてオオサンゴイソギンチャクの中に身を潜めていたクマノミ

10_0118yaguruma.jpg
 コケムシを摂食していたヤグルマウミウシ 先週も見られましたね ダンゴウオには逢えませんでしたが楽しい海でした~(^O^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 18:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今シーズン初ダンゴ、GET(^O^) 1/11菖蒲沢のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温11℃ 水温:15.2℃
透視度:20m 潮流:- ウネリ:-
コース:ビーチ

1_011115kaikyo.jpg
 冬型の気圧配置で雲見は西風CLOSE と、いうことで久し振りに東伊豆の菖蒲沢を潜ってきました こちらはものすごく穏やかなコンディションでした~

2_0111beach.jpg 3_0111hoya.jpg
 藻場に太陽光が差し込みとてもキレイでした(^O^) ツツボヤの一種、通称アオパンダ

7_0111sweet.jpg 4_0111shiro.jpg
 スイートジェリーミドリガイと定番のシロウミウシです

5_0111ami.jpg 6_0111koke1.jpg
 カジメの茎に何やら甲殻類らしき生き物が アミの仲間でしょうか? コケギンポの仲間のあくびシーンです

8_0111kkocho2.jpg 9_0111kkocho3.jpg 10_0111kkocho1.jpg
 至るところでキイロウミコチョウが見られました

11_0111shirayuki.jpg 12_0111shirayuki2.jpg
 シラユキウミウシもいっぱいいましたよ

13_0111jiboga.jpg 16_0111egg.jpg
 雲見ではあまり見かけないジボガウミウシもここではレギュラーメンバーです カジメの葉の裏には何かの卵塊が付いていました

15_0111minou.jpeg
 THEミノウミウシのようですね とてもキレイでした(^O^)

15_0111mukade1.jpg 17_0111mukade.jpg
 季節柄、ムカデミノウミウシがうじゃうじゃいました…(^^;)


 せっかくなのでムービーで… 英名ブルードラゴン かっこいい…

14_0111nekojita.jpg
 ネコジタウミウシの仲間ですね サガミコネコウミウシでしょうか? とても小さかったです

18_0111dabgo.jpg
 そしてダンゴウオ、GETしちゃいました~(^_-)-☆ サービスのスタッフに情報を伝えたところ2015年、初ダンゴとのこと 新春から幸先がいいですね(^O^) 立派な親ダンゴでした 70分たっぷり菖蒲沢のウミウシワールドを堪能しました


 こちらもせっかくなのでムービーで(^O^)

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温11℃ 水温:15.0℃
透視度:20m 潮流:- ウネリ:-
コース:ビーチ

19_0111furasuji.jpg
 浅場のポイントだからでしょうか、ミノウミウシの仲間が多いですね こちらはフタスジミノウミウシでしょうか

20_0111yaguruma.jpeg
 コケムシの仲間を摂食中のヤグルマウミウシ

21_0111kamenoko.jpg
 カメノコフシエラガイの幼体ですね とてもかわいかったです(^O^)

22_0111setomi.jpeg
 頭に白い帽子をちょこんと乗っけているようなセトミドリガイ

23_0111miyako.jpg 24_0111hiro.jpg
 ミヤコウミウシとヒロウミウシが見られました

25_0111koke2.jpg 26_0111ise.jpg
 こちらはコケギンポの仲間とうじゃうじゃ見られたイセエビです 立派なサイズでした

27_0111beach2.jpg
 そしてEN/EXエリアの藻場のこの美しさ! 冬の海は冷たいのですがそれを上回る楽しさがありますね(^O^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明けましておめでとうございます! 1月2日田子のLOG 

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温8℃ 水温:14.2℃
透視度:12m 潮流:- ウネリ:-
コース:白崎(1番ブイ)

1_010215kaikyo.jpg
 明けましておめでとうございます! 本年もよろしくお願い申し上げますm(__)m 西風で雲見はCLOSEだったのですが、初めから田子リクエストでした 2015年初潜りは田子の弁天島です

2_0102akasuji.jpg
 まずはお約束のアカスジカクレエビ クダヤギにいっぱい付いています

3_0102shiro.jpg 7_0102kope.jpg
 シロウミウシと通称うさぴょんことコペポーダ

4_0102moebi.jpg
 見事なイナバウワー イソギンチャクモエビです 黄色いスナイソギンチャクが背景でキレイですね(^O^)

5_0102ayame.jpg 6_0102nijig.jpg
 アカヤギの一種にいたのはニジギンポとアヤメケボリです

8_0102kimo.jpg
 安全停止中にエンタクミドリイシの中にいたキモガニをご紹介しました

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温8℃ 水温:14.2℃
透視度:15~12m 潮流:- ウネリ:-
コース:弁天島

9_0102namakom.jpg
 続いては白崎1番ブイからエントリーしました まずはアカオニナマコを宿主にしていたナマコマルガザミ

11_0102koro.jpg 14_0102aosa.jpg
 コロダイの幼魚とアオサハギの幼魚です

12_0102iga.jpg 13_0102komon.jpg
 毛先がピンクのイガグリウミウシ 雲見ではこのタイプのイガグリウミウシが少ないです そしてコモンウミウシ

15_0102ao.jpg 10_0102hiro.jpg
 定番のアオウミウシとヒロウミウシです

16_0102isobana.jpg
 ラストはお気に入りのイソバナカクレエビ 年末に見つけたオルトマンワラエビのちびっこは見つけられませんでした(>_<) 2015年も安全第一で楽しいダイビングガイドをご提供致します(^O^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 17:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。