伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タカアシガニパーティAGAIN! 12/29田子のLOG

フィールドインプレッション

天候:雨→晴れ 気温13℃ 水温:15.8℃
透視度:12m 潮流:- ウネリ:-
コース:弁天島

1_122914kaikyo.jpg
 夜半から雨が降り朝のうちはあいにくお天気でしたが穏やかな海況に恵まれました 先週に続き、アフターダイブはタカアシガニパーティです(^O^)

2_1229namakom.jpg 3_1229iga.jpg
 弁天島の深場からスタート ナマコマルガザミとイガグリウミウシです

4_1229torag.jpg 5_1229hoshino.jpg
 コウライトラギスとホシノハゼ

6_1229benikinu.jpg 7_1229benikinu2.jpg
 ヤギの仲間ではベニキヌヅツミが見られました 先週、見られたピカチュウは残念ながらいなくなってしまいました(>_<)

8_1229gon.jpg 9_1229shimaumi.jpg
 ゴンズイの群れとシマウミスズメです

10_1229akasuji.jpg
 ニクイロクダヤギにわらわらと群れていたアカスジカクレエビ 秋になと現れ冬の間にいつの間にかいなくなってしまいます

11_1229aou1.jpg 14_1229shiro.jpg
 定番のアオウミウシとシロウミウシ

12_1229moebi.jpg
 黄色いスナイソギンチャクにいるイソギンチャクモエビ MAX反りかえっている瞬間がシャッターチャンスですね

13_1229ichimon.jpg 15_1229isokasa.jpg
 イチモンジハゼとイソカサゴ

16_1229box.jpg 19_1229nijig.jpg
 ハコフグとアカヤギの一種に鎮座していたニジギンポ

17_1229ayame.jpg 18_1229ayame2.jpg
 田子でもたくさん見られるアヤメケボリ

21_1229hirame.jpg
 ご一緒したゲストが見つけてくれたでっかいヒラメ この後、それぞれヒラメと2ショット写真を撮りました

22_1229kimo.jpg 20_1219kope.jpg
 エンタクミドリイシにいるキモガニとマナマコにいた通称うさぴょんことコペポーダ

23_1229kani1.jpg 24_1229kani2.jpg
 休憩時間中にタカアシガニ漁から船が帰ってきました 大漁のようです 活きのいいタカアシガニです 食べるのが楽しみですね(^O^)

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温13℃ 水温:15.0℃
透視度:12~10m 潮流:- ウネリ:-
コース:白崎(1番ブイ)

25_1229hosoumi.jpg 26_1229kutsuwa.jpg
 2ダイブ目は白崎でじっくりマクロ系フォトダイブ

27_1229kuma.jpg 28_1229mitsu.jpg
 クマノミの幼魚とミツボシクロスズメダイの幼魚

29_1229aosa.jpg 30_1229aosa2.jpg
 ソフトコーラルをバックにアオサハギ

31_1229aou2.jpg 32_1229sarasa.jpg
 定番ウミウシのアオウミウシとサラサウミウシ

33_1229mebaru.jpg 34_1229isokasa.jpg
 メバルとソフトコーラルに付いていたイソカサゴ

35_1229shirohana.jpg 36_1229kazari.jpg
 キレイなシロハナガサウミウシとサンゴイソギンチャクを宿主にしていたカザリイソギンチャクエビ

37_1229olt1.jpg 38_1229olt2.jpg
 オルトマンワラエビ 極小サイズが見つかりました(^O^)

39_1229isobana.jpg
 お気に入りのイソバナカクレエビ 田子でも見られます

40_1229sora.jpg 41_1229koro.jpg
 ミドリイシの仲間で見られたソラスズメダイとコロダイの幼魚


 水温が低いからなのでしょうか? 夏に比べて動きが緩慢ですね

42_1229ibara.jpg
 安全停止中に指で突いて遊んだイバラカンザシ 英名リトルクリスマスツリー 可愛らしい名前に反してゴカイ(ワーム系)の仲間です

44_1229kani4.jpg 43_1229kani3.jpg
 アフターダイブは焼きガニをたらふく食べました(^O^) 大満足です

45_1224kani5.jpg
 ショップに戻ってからは茹でガニとカニの炊き込み御飯で乾杯しました 2014年もいよいよ終わりますね みなさんよいお年を! そして来年もよろしくお願いしますm(_ _)m

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 17:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014年最後の日曜日はべた凪! 12/28雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温10℃ 水温:15.6℃
透視度:15m 潮流:ニヤ潮、強 ウネリ:-
コース:牛着岩(-24mアーチ)

1_122814kaikyo.jpg
 今年もあと僅かですね 12月最終週、今年最後の日曜日はお天気&海況に恵まれました 3ダイブじっくりマクロ系を中止音に満喫しました(^O^)

2_1228minou.jpg 前日とは打って変わってかなり潮がかかっていました(>_<) 潜降中ロープに何やらミノウミウシの仲間が! 初めて見たウミウシなのですがわかる方いらっしゃいましたらどなたかご教授願いますm(__)m

3_1228iboiso.jpg 4_1228glass.jpg
 -24mアーチに面した壁のムチカラマツをチェックすると小さなイボイソバナガニとお気に入りのガラスハゼwithメダマイカリムシ

5_1228bisha.jpg 6_1228muchik.jpg
 小さなビシャモンエビとムチカラマツエビも見られました

7_1228tatsu.jpg 9_1228tenrok.jpg
 近傍はお出かけ中だったハナタツが今日は定位置のジュズエダカリナに戻っていました そして根頭のトゲトサカにはテンロクケボリ

10_1228ana.jpg 11_1228obiana.jpg
 カジカの仲間、アナハゼとオビアナハゼ

13_1228yama1.jpg 14_1228yama.jpg
 小さなヤマドリが2個体、見られました(^O^) それにしても潮がキツく-24mアーチの根から移動できませんでした・・・(>_<)

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温10℃ 水温:15.6℃
透視度:15m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛裏カド)

16_1228ayame1.jpg 17_1228benikinu.jpg
 2ダイブ目はだいぶ潮がタルみ小牛の裏カドを潜りました アカヤギの一種ではアヤメケボリとベニキヌヅツミが見られます

18_1228isobana.jpg 19_1228moebi2.jpg
 イソバナカクレエビとイソギンチャクモエビ 英名セクシーシュリンプです

20_1228hosoten1.jpg 21_1228hosoten2.jpg
 キバナトサカではホソテンロクケボリがわらわらと付いていました

22_1228himeg.jpg 15_1228utsubo.jpg
 そろそろ恋の季節を迎えるヒメギンポとよく見ると愛嬌のある顔をしたウツボ

23_1228mgokaku.jpg
 アカウニにはムラサキゴカクガニがいました その他、ヨコシマエビがいたのですが撮影できませんでした…(>_<)

24_1228sakishima.jpg 25_1228kika.jpg
 ちょいちょい見かけるようになったニセハクセンミノウミウシと先週末に続いて見られたキカモヨウウミウシ キカモヨウウミウシは動きに特徴があります

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温10℃ 水温:15.6℃
透視度:15m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛前)

26_1228glass2.jpg 27_1228isobana2.jpg
 昼食後に3ダイブ目を潜りました リクエストはなんと「潜降ロープがあるところ」 初めてのリクエスト内容でした(笑) と、いうことで小牛前をじっくりのんびり まずはガラスハゼとイソバナカクレエビ

28_1228ayame2.jpg 29_1228benikinu2.jpg 30_1229ayame3.jpg
 アカヤギの一種が多いこのエリアではアヤメケボリとベニキヌヅツミがいっぱい見られます

31_1228shirohana.jpg 32_1228aou.jpg
 小さなシロハナガサウミウシとアオウミウシ

33_1228aosa.jpg 34_1224yosogi.jpg
 カワハギの仲間でアオサハギとヨソギ

35_1228sakishima1.jpg 36_1228sakishima2.jpg
 サキシマミノウミウシは相変わらずたくさん見られました

37_1228akahata.jpg 38_1228hourai.jpg
 アカハタとホウライヒメジ

39_1228kita.jpg 40_1228kiutama.jpg
 伊豆で一番見られるフグの仲間ではないでしょうか? キタマクラです

41_1228muchik2.jpg 42_1228kazari.jpg
 ここでもムチカラマツで見られたムチカラマツエビ サンゴイソギンチャクではクマノミとカザリイソギンチャクエビがいました

43_1228tsubame.jpg
 そして今日もツバメウオの群れが見られました お盆から暮れまでいくつもの台風や爆弾低気圧、大西を乗り越えています 水温がだいぶ下がったけど頑張れ~~~♪

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 17:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

でっかいネコザメが登場! 12/27雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温9℃ 水温:15.6℃
透視度:15m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:微
コース:牛着岩(ブイ~小牛前~ブイ)

1_122714kaikyo.jpg
 北寄りの風が少し吹いていて水面がザワついていましたが、全面OPENでした

3_1227glass.jpg 4_1227kutsuwa.jpg
 ご一緒したゲストが久し振りのドライスーツということもありブイからエントリーして小牛前のみのんびりリフレッシュしました

5_1227koke.jpg 6_1227koke2.jpg
 ギンポ岩のコケギンポの仲間です あくびシーンもバッチリ!

7_1227ayame1.jpg 8_1227ayame2.jpg 9_1227ayame3.jpg
 アカヤギの一種ではアヤメケボリrが見られました 外套膜が白地にドットのウミウサギもアヤメケボリなんでしょうかね?

10_1227benikinu.jpg 24_1227sero.jpg
 こちらもウミウサギの仲間、ベニキヌヅツミとセロガタケボリです

12_1227kob.jpg 13_1227aori.jpg
 コブダイにガブリ寄りしましたね~ そしてアオリイカの捕食シーン 自分のカラダの2/3はあろうかというスズメダイを捕らえていました


 ムービーで撮影しました 是非、ご覧下さい

11_1227namakom.jpg 14_1227umiusa.jpg
 トラフナマコを宿主にしているナマコマルガザミとユビノウトサカを摂食中のウミウサギ 初めに見つけた時よりだいぶ大きくなった気がします

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温9℃ 水温:15.6℃
透視度:15m 潮流:裏潮、微 ウネリ:微
コース:牛着岩(グンカン~-24mアーチ)

15_1227sakishima.jpg 16_1227isogin.jpg
 -26mアーチ付近のネコ穴にでっかいネコザメがいたとの情報で早速、行ってみました グンカンからエントリーしてまずはサキシマミノウミウシとイソギンチャクエビ

22_1227kimi.jpg
 おぉ~、久し振りにキミシグレカクレエビっ! 雲見ではムチカラマツエビやビシャモンエビに比べて圧倒的に個体数が少なく雲見で見るのはこれで4個体目 案外レアモノかと思います

17_1227nishiki.jpg 18_1227shimaumi.jpg
 大きなニシキウミウシとシマウミスズメの正面顔 英名、ロングホーンカウフィッシュです

20_1227neko.jpg
 そして情報通りいました、でっかいネコザメ 久し振りの登場です 全長は1.3mくらいあるでしょうか!

21_1227teng1.jpg 26_1227teng.jpg
 -26mアーチのテングダイと-24mアーチのテングダイのペア


 貫禄十分ですね 控えめにアプローチすればかなtり近づけます

23_1227kaikam.jpg19_1227namakom2.jpg
 カイカムリとナマコマルガザミ どちらもかくれんぼが得意です

25_1227glass2.jpg
 お気に入りのガラスハゼwithメダマイカリムシ(^O^) ハナタツはちょっとお出かけ中のようでした

27_1227bui.jpg
 -24mアーチブイには何やら髪の毛のような海藻でしょうか? ちょっと怖い感じにうなっています…(笑) 植毛したみたいです

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 11:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

港でタカアシガニパーティ 12/21田子のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温13℃ 水温:18.8℃
透視度:15~12m 潮流:- ウネリ:微
コース:弁天島

1_1221kaikyo.jpg
 お天気恵まれましたが冬型の気圧配置で西風強風 でも今日はタカアシガニパーティを予定していたので田子にお邪魔してましたのでNO問題でした(^O^)

2_1221akasuji.jpg
 まずは弁天島へ ファーストコンタクトはニクイロクダヤギにいっぱい付いているアカスジカクレエビです

3_1221pika1.jpg 4_1221pika2.jpg
 そして久し振りにピカチュウのペアが見られました

6_1221hitodey1.jpg 8_1221hosoumi.jpg
 オオアカヒトデには小さなヒトデヤドリエビ そのすぐそばにはヨウジウオの仲間、ホソウミヤッコがいました

9_1221morbi.jpg
 黄色いスナイソギンチャクを背景にしたイソギンチャクモエビ お気に入りの一品です

10_1221shirohana1.jpg 11_1221ayame.jpg
 小さなシロハナガサウミウシとアカヤギの一種にいっぱい付いていたアヤメケボリ

7_1221namakom1.jpg 12_1221kimo.jpg
 砂地に無数にいるトラフナマコをチェックするとナマコマルガザミが見つかりました そしてラストは安全停止中にエンタクミドリイシで見られたキモガニです カラダは地味ですが眼はほんのり薄青色できれいですよ

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温13℃ 水温:18.8℃
透視度:12m 潮流:- ウネリ:-
コース:白崎(1番ブイ)

13_1221kawa.jpg 17_1221koke.jpg
 2ダイブ目は白崎をご案内しました カワハギとコケギンポの仲間の顔のどアップ(笑)

16_1221iga1.jpg 23_1221iga2.jpg

18_1221shirohana2.jpg 24_1221sarasa1.jpg
 弁天島でも見られたシロハナガサウミウシと小さなサラサウミウシ

19_1221sero.jpg 15_1221beni2.jpg
 ウミトサカの仲間を宿主にしているセロガタケボリとヤギの仲間にはベニキヌヅツミがいました どちらもウミウサギの仲間です

22_1221isobana.jpg 20_1221suke.jpg
 お気に入りのイソバナカクレエビと小さなスケロクウミタケハゼ

14_1221aou1.jpg 21_1221aou2.jpg
 定番のアオウミウシは個体数が多いです

25_1221hitodey2.jpg
 そしてまたまたオオアカヒトデを発見 チェックしてみると弁天島で見たのより大きなヒトデヤドリエビがいました じっくりのんびりフォトダイブを満喫しました~(^O^)

26_1221kani1.jpg 27_1221kani2.jpg
 1ダイブ目と2ダイブ目の間にタカアシガニの浜焼きパーティをしました まだ活きているフレッシュなタカアシガニを炭火で焼いて食べました とっても美味しかったですよ~ 冬の駿河湾限定の楽しみですね!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜は宴会で盛り上がりました(^O^) 12/20雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:雨 気温10℃ 水温:15.8℃
透視度:18~15m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:微
コース:牛着岩(ロッカク岩~大牛洞窟前)

1_122014kaikyo.jpg
 12月に入ってから冬型の気圧配置が強まり連日、大西CLOSE…(>_<) 今日のアフターダイブに民宿はまゆに泊まって宴会という企画 雨降りでしたが海況には恵まれました(^O^)


 まずはロッカク岩からエントリー どうやらオオモンカエルアンコウのようですね

3_1220benikinu1.jpg 4_1220hinako.jpg
 ドット柄のベニキヌヅツミと外套膜が剥けていますがおそらくヒナコダマウサギ

6_1220namakom.jpg 7_1220kuro.jpg
 トラフナマコを宿主にしていたナマコマルガザミと岩の穴にはクロアナゴ

8_1220ikaeru2.jpg 9_1220ikaeru.jpg
 すっかりロングセラーになったイロカエルアンコウとクマドリカエルアンコウ

10_1220kiiro2.jpg 11_1220kiiro1.jpg
 キレイなキイロウミウシが2個体、見られました

13_1220kotohime.jpg 5_1220shirohana.jpg
 久し振りのコトヒメウミウシ黄色バージョンと小さなシロハナガサウミウシ

12_1220nishiki.jpg 14_1220nishiki2.jpg
 ニシキウミウシも2個体、見られました

15_1220kika.jpg
 ラストはこれまた久し振りのキカモヨウウミウシ ウミウシ、増えてきましたね~(^O^) シグナルフロートをうって安全停止&浮上しました

フィールドインプレッション

天候:雨 気温10℃ 水温:16.2℃
透視度:18~15m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:弱
コース:牛着岩(-24mアーチ~たて穴根頭)

1220teng.jpg
 続いては-24mアーチブイからエントリー まずはここの住民、テングダイ

16_1220aou.jpg 17_1220tatsu.jpg
 アオウミウシとハナタツが見られました

18_1220glass.jpg 19_1220muchik.jpg
 ムチカラマツを宿主にしているガラスハゼwithメダマイカリムシ&ムチカラマツエビ

20_1220kazari1.jpg 21_1220kazari2.jpg
 サンゴイソギンチャクにはカザリイソギンチャクエビ

22_1220sarasa.jpg 25_1220tenrok.jpg
 小さなサラサウミウシの後ろ姿 トゲトサカではテンロクケボリが見られました

23_1220moebi.jpg
 極小サイズのイソギンチャクモエビはグビジンイソギンチャク

24_1220kingyo.jpg 1220diver.jpg
 たて穴の根頭で安全停止中にキンギョハナダイの乱舞 1ダイブ目より潮がかかっていたのでプチドリフト気分を味わえました(^O^)

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温10℃ 水温:15.8℃
透視度:18~15m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:中
コース:牛着岩(小牛洞窟前~小牛~ブイ)

26_1220sori.jpg 27_1220tenrok2.jpg
 お昼ご飯はわさか食堂の豪華かつ丼をいただきました 身体が温まったところで3ダイブ目です 小牛洞窟前からエントリー まずはソリキヌヅツミ トゲトサカにはテンロクケボリがいました

27_1220ayame1.jpg 32_1220hiro1.jpg
 アカヤギの一種ではアヤメケボリがあちらこちらで見られました そしてピンクの花のようなヒロウミウシ

28_1220isobana.jpg 29_1220isobana2.jpg
 イソバナカクレエビは小さい個体が多いですね

30_1220michiyo.jpg 31_1220kiiro3.jpg
 キレイなミチヨミノウミウシと1ダイブ目に続いてまたまたキイロウミウシが見られました

34_1220morbi2.jpg 33_1220otohime.jpg
 ゲストからリクエストを頂いていたセクシーシュリンプことイソギンチャクモエビと小さなオトヒメエビ

35_1220sakishima1.jpg 37_1220sarasa2.jpg 36_1220sakishima.jpg
 サキシマミノウミウシはいっぱい見られました サラサウミウシやシロウミウシアオウミウシウスイロウミウシなどのレギュラーメンバーは目白押しです

38_1220tsubame.jpg 39_1220tsubame2.jpg
 湾内ブイ下ではツバメウオの群れ 透明度がいいのできれいでした~(^O^) あっという間の3ダイブでしたね

1220hamayu1.jpg 1220hamayu2.jpg
 アフターダイブは民宿はまゆで大宴会 豪華料理に舌鼓っ! みんなで楽しい夜を過ごしました~(^^)/


 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 10:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

爆弾低気圧一過の穏やかな海でした 12/19雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温11℃ 水温:15.7℃
透視度:18~15m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:微
コース:牛着岩(-24mアーチ~小牛~ブイ)

1_121914kaikyo.jpg
 小学校、幼稚園とも休みになるくらいものすごい風が吹き荒れました 爆弾低気圧が去って穏やかな雲見になりました

2_1219teng.jpg 5_1219glass1.jpg
 -24mアーチの根頭にいたテングダイのペア そしてお気に入りのガラスハゼwithメダマイカリムシ

3_1219muchik1.jpg 4_1219tatsu.jpg
 その近くにはムチカラマツエビとハナタツ

6_1219ayame1.jpg 7_1219isobana.jpg
 アカヤギの一種を宿主にしているアヤメケボリとイソバナカクレエビ あちこちで見られます


8_1219namakom1.jpg
 トラフナマコをチェックするとナマコマルガザミがいました

9_1219hiro.jpg 10_1219moebi1.jpg
 小牛の亀裂には小さなヒロウミウシとイソギンチャクモエビ

11_1219ayame2.jpg 13_1219togari.jpg
 アヤメケボリとトガリアヤメケボリ 違う種類のヤギを宿主にしています

12_1219glass2.jpg
 大きなガラスハゼ ヤギを宿主にしています

14_1219umiusa.jpg
 ユビノウトサカを摂食中のウミウサギ まだ幼貝です 素晴らしいコンディションでした!

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温11℃ 水温:15.7℃
透視度:18~15m 潮流:ウラ潮、微 ウネリ:微
コース:牛着岩(ロッカク岩~大牛洞窟)

15_1219aou1.jpg 16_1219shirohana.jpg
 定番のアオウミウシと移動中のシロハナガサウミウシ

17_1219ikaeru.jpg 18_1219kkaeru.jpg
 数々の台風と今回の爆弾低気圧を乗り越えたイロカエルアンコウとクマドリカエルアンコウ このど根性には頭が下がりますね

19_1219kiiro.jpg
 コイツもロングセラーです キイロウミウシ

20_1219moebi2.jpg 22_1219namakom2.jpg
 小さなイソギンチャクモエビとナマコマルガザミ

21_1219hyomon.jpg 26_1219koika.jpg
 ブルーの柄が美しいヒョウモンダコ でも猛毒の持ち主なのでご注意ください 暗がりではコウイカの仲間が見られました


 ムービー撮影しました 是非ご覧ください

23_1219muchik2.jpg 27_1219muchik3.jpg
 ここでも見られたムチカラマツエビ


 今回は別々のムチカラマツで見ましたがペアで見られることもあります

24_1219sori.jpg 25_1219matsu.jpg
 ソリキヌヅツミとマツカサウオの幼魚 マツカサウオの幼魚はちょっと奥のほうにいて上手く撮影できませんでした 明日も凪予報 アフターダイブは民宿はまゆに泊まって大宴会 明後日、日曜日は田子でタカアシガニパーティでwす(^O^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビング・イベント | 17:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小春日和の穏やかな海でした 12/9雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温14℃ 水温:17.1℃
透視度:18m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(-24mアーチ~小牛~ブイ)

1_120914kaikyo.jpg
 今月に入ってから冬型の気圧配置が強まり連日の大西CLOSE…(>_<) 週末から冬型の気圧配置が緩み今日も小春日和になりました(^O^)

2_1209kiiro.jpg 3_1209nishiki1.jpg
 -24mアーチブイからエントリー キイロウミウシとニシキウミウシです テングダイは穴の中から出て周りをフラフラ泳いでいました

5_1209tatsu.jpg 8_1209mitsui.jpg
 -24mアーチ付近で見られたハナタツとミツイラメリウミウシ

6_1209glass1.jpg 7_1209medama.jpg
 お気に入りのメダマイカリムシwithガラスハゼ♪

9_1209sori1.jpg 4_1209benikinu.jpg
 小牛洞窟前のソリキヌヅツミとベニキヌヅツミ

10_1209isobana.jpg 11_1209moebi.jpg
 イソバナカクレエビとイソギンチャクモエビが見られました

12_1209sakishima1.jpg 13_1209sakishima2.jpg
 旬のサキシマミノウミウシは大発生中です

15_1209kob.jpg
 コブダイもエサをねだりにやってきました ちなみにシンペーではありません

16_1209ayame1.jpg 18_1209ayame2.jpg
 アカヤギの一種をチェックするとアヤメケボリがワラワラ見られます

17_1209glass2.jpg 19_1209togari.jpg
 ヤギを宿主にしているガラスハゼとトガリアヤメケボリ

14_1209sweet.jpg 20_1209umiusa.jpg
 小さなスイートジェリーミドリガイとユビノウトサカを摂食中のウミウサギの幼貝

21_1209tsubame.jpg
 ブイ下にはツバメウオの群れがいました 潮色がいいので気持ちよく潜れました~!

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温14℃ 水温:17.1℃
透視度:18m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛洞窟~大牛裏)

22_1209kika.jpg
 2ダイブ目は大牛洞窟前からエントリー 三角岩にいたキカモヨウウミウシ

23_1209muchik1.jpg 27_1209muchik2.jpg
 ムチカラマツを宿主にするムチカラマツエビ


 擬態の名手、ムチカラマツエビ このエリアでは高確率で見つかります 太っている個体がかわいいですね(^O^)

24_1209matsu.jpg 25_1209koika.jpg
 洞窟内ではマツカサウオの幼魚やコウイカの仲間が見られました


 大牛洞窟内で見られたマツカサウオの幼魚です サイズは100円玉大 2個体、見られました

28_1209sarasa.jpg 26_1209sori2.jpg
 小さなサラサウミウシの幼体とソリキヌヅツミのペア

31_1209nishiki3.jpg 30_1209nishiki2.jpg
 ニシキウミウシ、多いですね~

33_1209ikaeru.jpg 29_1209moebi2.jpg
 イロカエルアンコウの幼魚とイソギンチャクモエビです イロカエルアンコウはだいぶ成長しましたね クマドリカエルアンコウもい近くにいるはずですがいかんせん、スベってしい見つけられませんでした(^^;)

32_1209kingyo.jpg
 とにかく潮色がいいです ついついワイドに惹かれてしまう今日の雲見でした~

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 16:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日から師走、西風予報で雲見がCLOSE 12/1川奈のLOG

フィールドインプレッション

天候:雨→ 気温21℃ 水温:19.0℃
透視度:12m 潮流:- ウネリ:微
コース:ビーチ

1_120114kaikyo.jpg
 お昼くらいから西風予報ということで残念ながら雲見がCLOSE… I.O.Pに移動するもエントリーエリアの波を見てヘタレなボクはあっさりポイントを変更 と、ゆーことで久し振りに川奈を潜ってきました 本当に誰もいなくて貸し切りでした(^^;)

2_1201akashima.jpg
 アカシマシラヒゲエビ クリーナーシュリンプです

3_1201koboreba.jpg
 久し振りにコボレバケボリを見ました(^O^)

4_1201mino1.jpg
 砂地でいっぱい見られたミノカサゴ

5_1201namakom.jpg
 トラフナマコではナマコマルガザミのペアが見られました(^O^)

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温21℃ 水温:19.2℃
透視度:12m 潮流:- ウネリ:微
コース:ビーチ

5_1201mgokaku.jpg
 ゴロタで無数に見られるムラサキウニ ひっくり返して裏をチェックすると高確率でムラサキゴカクガニが見つかります

6_1201kushi.jpg
 ザラカイメンの中にいたのはクシノハカクレエビ 残念ながらストロボがケラれてしまいました このカイメンには他にもザラカイメンカクレエビが見られたりします

7_1201yome.jpg
 砂地ではヨメゴチが見られました

8_1201diver.jpg
 設置された水中クリスマスツリーの前で記念撮影 もう今年もあと1ヶ月で終わりなんですね~ 早いなぁ~(^^;)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 20:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。