伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

汗ばむような陽気の中、ネタ探しをしました 10/30雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温22℃ 水温:20.4℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(-24mアーチブイ~グンカン)

1_103014kaikyo.jpg
 汗ばむような陽気になりました 潮は相変わらず速いですが、イサキやメジナ、スズメダイなどの群れがスゴイです ちょっと珍しいネタを探しにリサーチダイブです

3_1030glass.jpg
 最近、見つけた(ご一緒したゲストが…)ガラスハゼwithメダマイカリムシ お気に入りの一品です(^o^)

2_1030nishiki1.jpg 6_1030nishiki2.jpg
 ニシキウミウシの幼体とほぼ成体

4_1030tastu.jpg 5_1030kaikam1.jpg
 ハナタツとカイカムリです

7_1030hitode.jpg 8_1030yadori.jpg
 グンカン根頭ではアカヒトデにヒトデヤドリエビとアカヒトデヤドリニナが見られました

9_1030isogin1.jpg 10_1030isogin2.jpg
 イソギンチャクエビも個体数が増えましたね~

11_1030namakom.jpg 12_1030aou.jpg
 ナマコマルガザミと小さなアオウミウシです ん~~、肝心のお目当てのコが見つかりませんでした…(>_<)

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温22℃ 水温:21.0℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、強 ウネリ:-
コース:牛着岩(湾内ブイ~小牛まわり~湾内ブイ)

13_1030umiusa.jpg 14_1030hosoten.jpg
 2ダイブ目はさらに潮が速くなりました(^_^;) ブイ付近のTHEウミウサギガイとその仲間のホソテンロクケボリ

15_1030namakom2.jpg 19_1030kaikam2.jpg
 またまたナマコマルガザミとカイカムリが見られました

16_1030glass2.jpg
 ムチカラマツではなくヤギを宿主にしているガラスハゼ この組み合わせGOODですね(^o^)

17_1030niji1.jpg 18_1030musume.jpg
 愛嬌のある顔をしたニジギンポとシタビラメの仲間、ムスメウシノシタ

20_1030kaeru.jpg 21_1030okaeru.jpg
 定番になったTHEカエルアンコウとオオモンカエルアンコウの幼魚

22_1030sori.jpg
 小牛の洞窟ではお約束のソリキヌヅツミがいました

23_1030bkaeru1.jpg 24_1023bkaeru2.jpg
 ベニカエルアンコウが本日も2個体 昨日はすぐに見つかったイロカエルアンコウの幼魚は今日は見つけられませんでした…


 激しくエスカを振っています ボクのこと、誘っているのでしょうか?(笑)

25_1030isobana.jpg
 イソバナカクレエビです 台風明け、大きな個体が見つけられていませんが数は多いです ん~、ウミウシライダーが今日は見つかりませんでした 根気よく探しま~す

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 16:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダイブマスターコース修了、おめでとうございます! 10/29雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温20℃ 水温:20.6℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(湾内ブイ~-24mアーチ~湾内ブイ)

1_102914kaikyo.jpg
 朝一番は張石ビーチでスキンダイバーコースのワークショップ ブリーフィングとスキルのデモンストレーションを実施しました 張石ビーチは入り江になっているので流れはありませんでしたが牛着岩は今日も潮がかかっていました

2_1029nishiki.jpg 3_1029mukade.jpg
 ディスカバーローカルダイビングのワークショップを実施しました まずは-24mアーチ往復のコースです ブイ下ではニシキウミウシとムカデミノウミウシの幼体がいました

4_1029sakishima.jpg 5_1029finger.jpg
 サキシマミノウミウシの幼体です いや~、小さいですね  ほじほじ君と先端と比較してもこの大きさです
 ちなみにこちらがほじほじ君です(^_^;)

8_1029glass.jpg 9_1029medama.jpg
 昨日、ゲストが見つけたガラスハゼwithメダマイカリムシ メダマイカリムシが付いていることでチョー嬉しい一品になります(^o^)

6_1029teng.jpg 7_1029nishiki2.jpg
 -24mアーチではテングダイのペアとニシキウミウシの幼体

10_1029tatsu.jpg 11_1029kaikam.jpg
 ハナタツとジュズエダカリナの帽子を被ったカイカムリ

12_1029tsubame.jpg
 潮が速いのでツバメウオは水路に集まっていました

13_1029hiro.jpg 14_1029hosoten.jpg
 エグジット前に見られたヒロウミウシとキバナトサカを宿主にしたウミウサギの仲間、ホソテンロクケボリ ばっちりガイドしてもらいました!


 このダイビングの模様を動画でまとめました お時間のる方はご覧ください 雲見のダイビングのコース取りの参考になるかと思います ウチ的にはこんなに泳ぐコース取りは絶対にしませんが…(^_^;) ウチ以外ではスタンダードって呼ぶコースらしいです(^_^;)

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温21℃ 水温:21.0℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、強 ウネリ:-
コース:牛着岩(湾内ブイ~小牛まわり~湾内ブイ)

15_1029dm.jpg
 引率役を交代していよいよダイブマスターコースのラストダイブです 水路から小牛まわりで湾内ブイまで案内してもらいました

16_1029umiusa.jpg
 水路前のウミウサギガイ サイズが小さいので可愛らしいです

17_1029ikaeru.jpg 20_1029bkaeru1.jpg 21_1029bkaeru2.jpg
 小牛洞窟のカエル3点セット イロカエルアンコウの幼魚とベニカエルアンコウ×2です

18_1029sori1.jpg 19_1029sori2.jpg
 小牛洞窟前で見られるソリキヌヅツミのペア

22_1029komi.jpg 23_1029isobana.jpg
 ホソフサコケムシを摂食中のコミドリリュウグウウミウシとアカヤギの一種を宿主にしているイソバナカクレエビ

24_1029okaeru.jpg 25_1029kaeru.jpg
 そしてワタトリカイメンに見事に擬態しているオオモンカエルアンコウの幼魚と大きなTHEカエルアンコウ

26_1029aosa.jpg
 小牛裏カドではアオサハギの幼魚が見られました

27_1029kaikam2.jpg 28_1029madako.jpg
 ラストはいつものカイカムリと巣穴に隠れていたマダコです 潮が1ダイブ目より速くなり、小牛前カドからブイまでは潮に乗ってプチ・ドリフト気分を楽しめました ダイブマスターコース修了、おめでとうございます! 再来月はいよいよIDC/IEですね どんなIDCネームが付けられたか逐一、ご報告下さいね ボク的にはビッグGとスニーチをオススメします(爆)

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温21℃ 水温:19.0℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、強 ウネリ:-
コース:牛着岩(ロッカク岩~グンカン)

29_1029kkaeru.jpg
 時間がまだ早かったので、午後から1本リサーチで潜ってきました お目当てはウミウシカクレエビとミヤケテグリです まずはロングセラーになっている2つの台風を乗り越えたど根性ガエルことクマドリカエルアンコウ

30_1029sarasa.jpg 31_1029ohme.jpg
 カメラをゲストからお借りしたので色々、撮ってみたくなり亀裂のサラサエビやオオメアミまで撮っちゃいました(笑) オオメアミ、ちっちゃいんですが結構、撮れててビックリしました

32_1029tokara.jpg
 最近、見つけたトカラベラの幼魚は定位置で見られました

33_1029sero.jpg 34_1029isokon.jpg
 トゲトサカをチェックするとセロガタケボリといつものでっかいイソコンペイトウガニがいました

35_1029kope.jpg 37_1029isogin.jpg
 通称、うさぴょんことコぺポーダとイソギンチャクエビです どちらイソギンチャク上で見られました

36_1029uma.jpg
 そしてロッカク岩付近で見られたUMA? 全長5m以上ありカラダをローリングさせながら龍のように泳いでいます


 こちらがムービーです ナガホイカリボヤか何かでしょうか? どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらご教授願います

38_1029umiushi.jpg
 そしてエグジット間際にようやく見つかったウミウシカクレエビっ! でっかい個体でした いや~、先ほどの謎の生物とウミウシカクレエビとの出会いは嬉しかったですね~\(^o^)/ 明日はNOゲストなんですが、お天気も良さそうだしウミウシカクレエビをチェックしにリサーチダイブをしたいと思います(^o^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


≫ Read More

| ダイビングログ | 20:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダイブマスターコース、最終章 9/28雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温21℃ 水温:20.6℃
透視度:12m 潮流:- ウネリ:-
コース:オオ根

1_102814kaikyo.jpg
 今月からスタートしたダイブマスターコースも佳境に入りました 残すは今日と明日のみです 秋特有の速い潮がかかっていますがお天気、海況とも恵まれました

2_1028hosoten.jpg 3_1028hosoten2.jpg
 1ダイブ目はDSDの2回目以降のダイブの引率をオオ根で実施しました コントロールもばっちりでしたね 紹介してもらったホソテンロクケボリ 大小、さまざまでしたね

4_1028sero.jpg
 ウミトサカの仲間を宿主にしているセロガタケボリが見られました(^o^)

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温21℃ 水温:20.2℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(湾内ブイ~-24mアーチ~湾内ブイ)

5_1028tsubame.jpg 6_1028arch.jpg
 2ダイブ目はDSDのコースの下見で潜りました 潮が速かったのでツバメウオはカレントを避け、水路の中に逃げていました -24mアーチの水中景観です

7_1028teng.jpg
 -24mアーチの主、テングダイ ペアで見られました

9_1028glass.jpg 10_1028medama.jpg
 ゲストが見つけてくれた7ガラスハゼ なんとメダマイカリムシのオプションが付いていました メダマイカリムシが付いているとボク的には価値が3倍に上がります(笑)

11_1028tatsu2.jpg 12_1028tatsu3.jpg
 ハナタツも登場 ここだけで3個体、見られました

13_1028tatsu.jpg
 特に白い子がちっこくて可愛かったです!

8_1028kaikam.jpg 14_1028nishiki.jpg 15_1028aosa.jpg
 カイカムリの仲間、ニシキウミウシの幼体、アオサハギの幼魚などここだけでも楽しめますね~(^o^)

16_1028tsubame2.jpg
 帰りの水路で再びツバメウオと戯れました~

17_1028kimo.jpg 18_1028hosoten3.jpg
 ラストはエンタクミドリイシを宿主にしているキモガニとキバナトサカを宿主にしているホソテンロクケボリ 普通種ですがお気に入りでついついゲストに紹介してしまいます(^_^;)

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温21℃ 水温:19.0℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、強 ウネリ:-
コース:牛着岩(湾内ブイ~小牛まわり~湾内ブイ)

19_1028umiusa.jpg
 ラスト3ダイブ目はDSDのコースの下見で小牛まわりです まずはブイ下のウミウサギの幼体 ユビノウトサカを摂食中でした

20_1028hebig.jpg 21_1028komi.jpg
 水路で見られたヘビギンポ♂とコミドリリュウグウウミウシ 極小です(^_^;)

22_1028sori.jpg 23_1028olt.jpg
 ヤギの一種を宿主にしているソリキヌヅツミとサビカラマツなどを宿主にしているオルトマンワラエビ

24_1028okaeru.jpg 26_1028kaeru.jpg
 小牛洞窟を過ぎたトコにいたオオモンカエルアンコウとすぐそばにいたTHEカエルアンコウ

25_1028isobana.jpg 27_1028kaikam2.jpg
 擬態の名手、イソバナカクレエビとジュズエダカリナの帽子を被ったカイカムリです

28_1028mokuzu.jpg 29_1028tsuno.jpg
 こちらも擬態系のカニ、モクズショイとツノガニです どちらもカイメンを身にまとっています(笑)

30_1028shirohana.jpg 31_1028sweet.jpg 32_1028sakishima.jpg
 ラストはウミウシ3種盛り シロハナガサウミウシ、極小スイートジェリーミドリガイ、サキシマミノウミウシです 明日はいよいよDMコース、最終日 気合入れて頑張ります(笑)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 20:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

透視度20mの中、久し振りのフローダイビング! 10/25雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温22℃ 水温:21.7℃
透視度:15m 潮流:ニヤ潮、強 ウネリ:-
コース:牛着岩(湾内ブイ~小牛まわり~湾内ブイ)

1_102514kaikyo.jpg
 昨日に続き、暖かな陽気に恵まれました 凪になりましたが秋特有の速い潮がかかっていました

2_1025hanafue.jpg 8_1025kob.jpg 16_1025tsubame.jpg
 ブイからエントリーして小牛まわりで小牛洞窟でUターンして湾内ブイまで戻って来るコース取り まずは中層系 エステ中のハマフエフキ 気持ち良いんでしょうね 体色がいつもと違います コブダイのシンペイ登場 今日もコブダイファミリーがボクの後をずっと付いてきました そしてブイ下のレギュラーメンバー? ツバメウオです

3_1025togari.jpg 7_1025hina.jpg
 バニー2連発 トガリアヤメケボリと可愛いヒナコダマウサギ

5_1025isobana.jpg 12_1025isobana2.jpg
 イソバナカクレエビは個体数が多いです 大きいのが見たいなぁ~(^o^)

6_1025nijig.jpg 9_1026musume.jpg
 アカヤギの一種にちょこんと乗っていたニジギンポとシタビラメの仲間のムスメウシノシタ

10_1025kaikam.jpg 13_1025doto.jpg
 ジュズエダカリナの帽子を被ったカイカムリとカヤ類を宿主にしているミレニアムマツカサウミウシ

11_1025okaeru.jpg 15_1025kaeru.jpg
 小牛裏のオオモンカエルアンコウの幼魚と大きなカエルアンコウ本種です 本種カエルアンコウは立派な体躯ですね~

14_1025sori.jpg
 小牛洞窟のソリキヌヅツミのペア カエルアンコウの仲間もいるようですが、探している品物が違うのでサクッとUターンしました 潮色サイコ~ですね~\(^o^)/

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温22℃ 水温:21.7℃
透視度:20m 潮流:ニヤ潮、強 ウネリ:-
コース:牛着岩(三角穴下洞窟)

f-1.jpg
 続いてはフローダイビングのリクエストで三角穴下の洞窟へ 台風一過で転石がクシャクシャ お目当てのソメンヤドカリは見つかりませんでしたがそれでもとても幻想的な世界を満喫できました

f-5.jpg f-2.jpg
 トコブシはご一緒したゲストが見つけて下さいました Good job!!!!!

f-3.jpg
 洞窟フローダイビングの場合、何が発光して何が発光しないのかを事前に知らないとちょっと難しいかもしれません

f-4.jpg f-6.jpg
 その点、当店では雲見で唯一、フローダイビングを開催している実績がありますのでご安心ください 今まで経験したことのない魅惑のダイブへとご案内致します


 お時間がありましたら是非、ご覧下さいませm(_ _)m


フィールドインプレッション

天候:曇り 気温22℃ 水温:21.8℃
透視度:15m 潮流:ニヤ潮、強 ウネリ:-
コース:牛着岩(グンカン~大牛カド~湾内ブイ)

17_1025namakom1.jpg 23_1025namakom2.jpg
 午後はグンカンからエントリーして大牛カド経由で湾内ブイへ 狙いは○○○・・・です(笑) まずはナマコマルガザミ アカオニナマコを宿主にしている個体とトラフナマコを宿主にしている個体では明らかにバリエーションが違いますね

18_1025hitode.jpg 19_1025h1tode2.jpg
 続いてはアカヒトデを宿主にしていたヒトデヤドリエビ コチラは同じ宿主なのに違うバリエーションでした 海の生き物って複雑ですね…(^_^;)

20_1025amakusa.jpg 21_1025isogin.jpg 22_1025kope.jpg
 アマクサヨウジの木目調とイソギンチャクエビのペア そしてうさぴょんことコぺポーダがいました(^o^)

24_1025kkaeru.jpg
 いつものクマドリカエルアンコウです ロングセラーになりましたね このコを目当てに一体、どれくらいのダイバーが雲見を潜ったのでしょう? 間違いなく今月の指名№1です(笑)

25_1025tokara.jpg 26_1025isokon.jpg
 つい最近、南の海からやってきたトカラベラの幼魚 いつものでっかいイソコンペイトウガニは違うトゲトサカに移動していました ミヤケテグリの幼魚は今日も見つからず…(>_<) でもいい時期になりました 新たな出会いがありそうな予感がびんびんです\(^o^)/

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 19:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨の中のトレーニングダイブ 10/21浮島のLOG

フィールドインプレッション

天候:雨 気温23℃ 水温:21.9℃
透視度:10m 潮流:- ウネリ:-
コース:ビーチ

1_102114kaikyo.jpg

 冷たい雨が降っていましたが海はとても穏やかでした 本日は引き続きダイブマスターコースを実施しました

フィールドインプレッション

天候:雨→晴れ 気温23℃ 水温:21.8℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:ビーチ

2_1021miamira.jpg
 課題を終了し、余ったエアーで少し遊びました まずはゴロタでキレイなミアミラウミウシを発見! ウミウシライダーはいませんでした(^_^;)

3_1021himeiso.jpg 4_1020mahata.jpg
 台風を乗り越えたヒメイソギンチャクエビ 漁礁ではマハタの幼魚がいました

5_1020miyako.jpg 6_1020bai.jpg
 ミヤコウミウシの幼体と砂地にいたバイ(バイ貝) 「バイ」でネットで検索するとヤバイのが出てきます(笑)

7_1020hata.jpg
 可愛らしいハタタテダイの幼魚 ダイブマスターコースもいよいよ佳境に入りました 来週、いよいよファイナルですね!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アドバンス講習&フォトダイブ 10/20雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:曇り 気温22℃ 水温:21.8℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(ブイ~小牛まわり~小牛裏)

1_102014kaikyo.jpg
 週明けの穏やかな海でした アドバンス&ダイブマスターコース そしてフォトダイブの3本立てでした まずはアドベンチャーダイブのボートダイブを実施

2_1020ayame.jpg 4_1020koke.jpg
 湾内ブイからエントリー まずは小牛前でアヤメケボリとアライソコケギンポをご紹介しました

3_1020kobu.jpg
 コブダイが3個体登場 ちょっと大きめのコブダイもだいぶ慣れてきました もうちょっとでシンペイみたいに手からエサを食べてくれそうです(^o^)

5_1020isobana2.jpg 6_1020isobana.jpg
 アカヤギの一種を宿主にしたイソバナカクレエビ バリエーション豊富です

7_1020okaeru.jpg 8_1020okaeru2.jpg
 いつものオオモンカエルアンコウと小牛洞窟内にいたオオモンカエルアンコウ(多分…) もし違ったらどなたかご指摘ください

9_1020musume.jpg 10_1020sori.jpg
 シタビラメの仲間、ムスメウシノシタとソリキヌヅツミ アドバンスの方には初ボートダイブで色々な生物を見て頂きました

フィールドインプレッション

天候:曇り 気温22℃ 水温:21.7℃
透視度:15~12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:オオ根

 U/Wナビゲーションのトレーニングのため画像はありませんが、見事なナビゲーション・テクニックを披露して下さいましたね(^o^)

フィールドインプレッション

天候:曇り 気温22℃ 水温:21.7℃
透視度:15~12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(グンカン~大牛裏~グンカン)

11_1020isogin.jpg 12_1020isogin2.jpg
 ラストはアドベンチャーダイブのディープダイブを実施しました グンカンのボトム、-22mで計算問題や色彩の変化、水深計の比較をしました その後、フィッシュウォッチング まずはイソギンチャクエビのペアです

13_1020akahoshi.jpg 14_1020kazari.jpg
 サンゴイソギンチャクやオオサンゴイソギンチャクを宿主にしていたアカホシカクレエビとカザリイソギンチャクエビ

16_1020hitode.jpg
 昨日、見つけたヒトデヤドリエビ 通称、バルタン星人

15_1020kuma.jpg 17_1020tatsu.jpg
 可愛いクマノミとロッカク岩のハナタツです

18_1020kkaeru.jpg 19_1020isokon.jpg
 人気モノのクマドリカエルアンコウと大きなイソコンペイトウガニは今日も定位置で見られました

20_1020aori.jpg
 安全停止中、グンカン根頭の潜降/浮上用ロープで見られたアオリイカの子供 スケルトンでキレイでした アドバンスは分割でも実施できます 次回の11/7が楽しみですね

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 18:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

週末、マクロ系ダイブPart2 10/19雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温23℃ 水温:21.7℃
透視度:15~12m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛洞窟前~大牛カド)

1_1019kaikyo.jpg
 昨日は流れていた潮がタルみ、穏やかな海況です 引き続きマクロ系リクエストで60分×3本勝負です(^o^)

3_1019eal.jpg 4_1019clear.jpg
 まずは大牛洞窟前からエントリー 釣り糸が引っかかったウツボがいました よく見てみるとクリアクリーナーシュリンプのエステ中でした

5_1019bkaeru1.jpg
海冒主まのっちが教えてくれたベニカエルアンコウ サンキューです!

8_1019muchik.jpg 14_1019beniishi.jpg
 ゲストが見つけてくれたムチカラマツエビ 岩の隙間にはベニイシガニがいました

6_1019sori.jpg 11_1019mitsui.jpg
 ソリキヌヅツミとミツイラメリウミウシです

7_1019tenjiku.jpg
 クロホシイシモチでしょうか? それともネンブツダイでしょうか? 今夏、ハッチアウトしたテンジクダイの仲間の幼魚が群れています

10_1019nishiki.jpg 12_1019kiiro.jpg
 ニシキウミウシの幼体とキイロウミウシです

15_1019kkaeru.jpg 16_1019kkaeru.gif
 人気者のクマドリカエルアンコウのあくびシーンです アニメーションにしてみました(^o^)

17_1019hyomon.jpg 18_1014tora.jpg
 猛毒を持つヒョウモンダコが今日も見られました カッコいいトラウツボは岩穴から顔を出していました

19_1019isokon.jpg
 フジツボが付着したいつものでっかいイソコンペイトウガニ

20_1019sweet.jpg 21_1019shirohana.jpg
 ミヤケテグリの幼魚を捜索中に見られたスイートジェリーミドリガイとシロハナガサウミウシ ちなみに今日もミヤケテグリは見つかりませんでした…(^_^;)

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温23℃ 水温:21.8℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛裏~小牛まわり~ブイ)

23_1019akasuji.jpg 24_1019ayame.jpg
 2ダイブ目は小牛裏からエントリー アカヤギの一種で見られたアカスジカクレエビとイソバナカクレエビ

25_1019kaeru.jpg 26_1019okaeru.jpg
 大きなカエルアンコウとオオモンカエルアンコウの幼魚です

27_1019hosoten.jpg 29_1019ohme.jpg
 キバナトサカを宿主にしているホソテンロクケボリと岩の隙間で見られた不思議生物のオオメアミ

28_1019isokasa.jpg 33_1019tkoke.jpg
 イソカサゴとモヒカンヘアーなトウシマコケギンポ

32_1019kaikam.jpg
 カイカムリがいいカンジで撮れましたね(笑)

34_1014tsubame.jpg
 ブイ下では今日もツバメウオが優雅に泳いでいました 癒されますね~

35_1019bonten1.jpg 36_1019bonten.jpg
 安全停止中に撮影した水中ブイ スマホに保存してタップするとなぜが海冒主まのっちが 思わずタグ付けしちゃいました(爆)

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温23℃ 水温:21.8℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(グンカン)

37_1019isogin.jpg 38_1019isogin2.jpg
 ラスト3ダイブ目は久し振りにグンカンを潜りました ウミウシカクレエビ狙いです イソギンチャク畑ではイソギンチャクエビが見られました

39_1019kazari.jpg 40_1019kuma.jpg
 カザリイソギンチャクエビやクマノミもいっぱいいました(^o^)

41_1019hitode.jpg 42_1019namakom2.jpg
 ゲストが見つけてくれたヒトデヤドリエビ 毎年、このエリアでアカヒトデを宿主に登場します トラフナマコには小さなナマコマルガザミがいました

43_1019sakishima.jpg 44_1019shirotae.jpg
 カヤ類で見られたサキシマミノウミウシとめり込んでカイメンを摂食中のシロタエイロウミウシ

45_1019himeg.jpg 46_1019madako.jpg
 ラストはヒメギンポと大きなマダコです リトルマーメイドに登場するアースラですね(笑) じっくりマクロ系ダイブでお腹いっぱいです!

47_1019kinen.jpg
 ショップに戻ってケーキで記念ダイブのお祝いをしました おめでとうございます! これからも素敵なLOGを積み重ねて下さいね~\(^o^)/

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 20:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

週末、マクロ系ダイブPart1&記念ダイブ 10/18雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温20℃ 水温:21.7℃
透視度:15~12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛裏~小牛まわり~ブイ)

1_101814kaikyo.jpg
 週末も穏やかな海況に恵まれました 秋特有の速い潮がかかっていました 本日、マクロ派が集結 お誕生日と150本の記念ダイブもありました~(^o^)

2_1018okaeru.jpg 3_1018kaeru.jpg
 小牛裏からエントリーしてファーストコンタクトはオオモンカエルアンコウと大きなTHEカエルアンコウ
 

4_1018isobana.jpg 5_1018benikinu.jpg
 アカヤギの一種ではイソバナカクレエビとベニキヌヅツミ

6_1018aosa.jpg
 アオサハギ、カワイイですよね~(^o^)

7_1018kaikam.jpg 8_1018marutama.jpg
 ジュズエダカリナの帽子を被ったカイカムリとマルタマオウギガニ

9_1018hyomon.jpg 10_1018kazari.jpg
 猛毒を持ったヒョウモンダコがいました サンゴイソギンチャクの中にはカザリイソギンチャクエビがいました

11_1018kobu.jpg
 小牛前カドではコブダイが3個体、登場 よく懐いています

12_1018isobana.jpg 13_1018ayame.jpg
 小牛前では再び、イソバナカクレエビとウミウサギの仲間、アヤメケボリ

14_1018ishi.jpg
 エグジット前のブイ下ではイシヨウジが見られました

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温20℃ 水温:21.9℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛カド~大牛まわり~ブイ)

15_1018kinen1.jpg
 2ダイブ目ロッカク岩周辺の砂地で記念ダイブをしました ゆっき~、150本&お誕生日おめでとうございます!

16_1018koro.jpg
 コロダイにガブリ寄りしましたね!

17_1018tatsu1.jpg 18_1018kope.jpg
 ロッカク岩で見られたハナタツとコぺポーダ

19_1018kkaeru.jpg 20_1018kkaeru2.jpg
 日本列島を直撃した2つの台風を乗り越えたクマドリカエルアンコウ 尻尾には「父」の文字が…(笑)

21_1018nishiki.jpg 22_1018kiiro.jpg
 岩肌では大きなニシキウミウシと白いのになぜかキイロウミウシが見られました

23_1018tokara.jpg
 トカラベラの幼魚です 南の海からのお客さんです

24_1018isokon.jpg
 いつもの大きなイソコンペイトウガニ コイツも台風を乗り越えましたね~

25_1018sakishima2.jpg 26_24_1018sakishima.jpg
 秋のイメージが強いサキシマミノウミウシ

27_1018miyake.jpg
 ミヤケテグリの幼魚です! あ~、ボクは見てないんです(>_<) 今シーズンまだ見ていないので是非、見たいですね~

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温20℃ 水温:21.7℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛裏~大牛カド)

28_1018tkoke.jpg 31_1018furieri.jpg
 と、いうことでミヤケテグリ探しで大牛裏からエントリー まずはトウシマコケギンポとフリエリイボウミウシ

29_1018ao.jpg 30_1018aou.jpg
 小さめのアオウミウシがあちこちで見られました

32_1018hebig.jpg 33_1018himeg.jpg
 ヘビギンポのチビッコとヒメギンポ

34_1018moebi.jpg 35_1018kimo.jpg
 グビジンイソギンチャクを宿主にした小さな×2、イソギンチャクモエビ エンタクミドリイシの中には青い眼のキモガニがいました

36_1018ohme.jpg
 ラストは岩の亀裂で見られたオオメアミ 不思議な生き物ですね~ 結局、ミヤケテグリは見つかりませんでしたが色々な生物が見られました 明日もマクロ・リクエストでがっつり60分×3本勝負です\(^o^)/

38_1019kinen.jpg 37_1019kinen.jpg
 150本&お誕生日おめでとうございます! フラッグはお祝いコメントが公開できない為、ベースの状態で掲載します(爆)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 19:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いい海、続いています! 10/17雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温21℃ 水温:22.2℃
透視度:15~12m 潮流:- ウネリ:-
コース:オオ根

1_101714kaikyo.jpg
 前日より海況が良くなりました(^o^) 1ダイブ目は砂地でトレーニングダイブに集中していましたので画像がありません 白い砂地に太陽光が差し込み、とってもキレイでした~(^o^)

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温21℃ 水温:21.6℃
透視度:15~12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(島裏~小牛まわり~ブイ)

2_1017tsubame.jpg 3_1017suzume.jpg
 表層にいたツバメウオ 太陽光をバックに実に優雅に泳いでいました スズメダイの群れは潮がややかかっていたので活性がグンと上がっていました

4_1017isobana.jpg 6_1017ao1.jpg
 アカヤギの一種を宿主にしていたイソバナカクレエビと極小アオウミウシ

5_1017kob.jpg 9_1017madai.jpg
 コブダイの若魚、シンペイです 潮がかかっていたので小牛横では良型なマダイがいっぱい見られました

7_1017okaeru.jpg
 多分、以前からいたオオモンカエルアンコウの幼魚 以前の体色はオレンジ色でしたが白に変わって帰って来たと思われます

8_1017kaeru.jpg
 すぐ隣りには大きな本種のTHEカエルアンコウ 立派な体躯です いや~、いい海が続いていますね 南方系の魚がぐっと目立つようになりました(^o^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 15:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風一過の海を満喫しました 10/16雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温20℃ 水温:21.8℃
透視度:15~12m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛前)

1_101614kaikyo.jpg
 前日は冷たい雨風の中のプールトレーニングでしたが一転、素晴らしいお天気&海況に恵まれました 台風一過の雲見を潜ってきました

2_1016tsubame.jpg 3_1016suzume.jpg
 ブイ下ではツバメウオの群れ 小牛前ではスズメダイの群れ ツバメとスズメです(笑)

5_1016kobu.jpg 4_1016ayame.jpg
 台風明けも再会できました コブダイ若魚のシンペイ アカヤギの一種にはアヤメケボリがいました

17_1016tsubame2.jpg 6_1016diver.jpg
 安全停止中もツバメウオが目の前を泳いでいました 結構、水底の岩が転がされ砂地の水深が深くなりましたが思ったより被害はありませんでした

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温20℃ 水温:21.9℃
透視度:12m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(-24mアーチ~クレバス~ブイ)

7_1016kue.jpg
 続いては-24mアーチブイからエントリー ネンブツダイの群れの中に大きなクエがいました

9_1016nishiki1.jpg 10_1016nishiki2.jpg
 ニシキウミウシの幼体はあちこちで見られました

8_1016benisan.jpg 11_1016kikam.jpg
 ナンヨウイボヤギの中にいたのはベニサンゴガニ ジュズエダカリナの帽子を被っているのはカイカムリです

12_1016tkoke.jpg
 モヒカンのようなヘアースタイルのトウシマコケギンポ 口を開けて威嚇してきます

13_1016kiiro.jpg 14_1016senten.jpg
 浅場でご一緒したゲストがキイロウミウシとセンテンイロウミウシを見つけてくれました

15_1016arch1.jpg 16_1016arch2.jpg
 三角穴下の洞窟の水中景観です 台風19号で三角穴の上に大きな岩が覆いかぶさり通行しづらくなりました(>_<) とても大きな岩が転がって来るなんて台風のパワーってすさまじいですね…(>_<)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT