伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冷たい雨の降りしきる中、熱いプールダイブ 10/15土肥のLOG

 台風一過、まだ時折り強い風が吹いていました 冷たい雨が降りしきる中、ダイブマスターコースのプールダイブでそんな寒さを吹き飛ばスイムとスキルのトレーニングをしてきました!

1_1015toi.jpg
 400mスイム、15分間立ち泳ぎ、800mフリッパー、100mダイバー曳行とバリバリ課題をこなしてもらいました

2_1015toi.jpg
 24のデモンストレーションスキルと水中器材交換、レスキュースキルなど目一杯、プールダイブをしたので3kgくらい痩せたかもしれませんね?(笑) 寒い中、一日お疲れ様でした(^o^) 明日も頑張りましょう\(^o^)/

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 17:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

連日の記念ダイブでした(^o^) 10/12田子のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温22℃ 水温:21.2℃
透視度:8~5m 潮流:- ウネリ:中
コース:弁天島

1_101214kaikyo.jpg
 スーパー台風19号が刻一刻と近づいています 田子湾内を午前中に2ダイブしました 昨日は感じなかったのに今日の1ダイブ目の弁天島ではウネリが入ってきました

2_1012kinsuji.jpg
 昨日は見つけられなかったキンスジケボリ 深場のバニーです キレイですね~(^o^)

4_1012hitodey1.jpg 5_1012hitodey2.jpg
 ヒトデヤドリエビの学校です 児童がワラワラと群がっていました(笑)

3_1012olt.jpg 6_1012ayame.jpg
 ヤギの仲間を宿主にしていたオルトマンワラエビとアヤメケボリ

8_1012sujio.jpg 7_1012kokuchi.jpg
 旧名キンセンイシモチドット型ことスジオテンジクダイとコクチフサカサゴ

9_1012himesan.jpg 10_1012kimo.jpg
 エンタクミドリイシではヒメサンゴガニ属の一種やキモガニが見られまました フタイロサンゴハゼもいたのですがウネリがキツく撮影はできませんでした

11_1012sun.jpg
 エグジット後、移動中船から見た太陽 丸く虹に囲われています!

12_1012kinen.jpg
 続いて2ダイブ目は湾内、白崎でじっくりのんびり 昨日に続き記念ダイブを開催しました それにしてもモテ期、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!! って感じでしたね(爆)

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温22℃ 水温:22.2℃
透視度:8~5m 潮流:- ウネリ:微
コース:白崎№1

13_1012iga.jpg 17_1012beniishi.jpg
 続いては白崎1番ブイからエントリー 台風で田子に集合しているダイバーが多く、混雑しました(>_<) ファーストコンタクトは毛先がピンクバージョンのイガリウミウシが見られました

14_1012amime.jpg 16_1012mebaru.jpg
 土管付近のアミメハギとメバル

15_1012kuma.jpg 24_1012mitsuboshi.jpg
 サンゴイソギンチャクではクマノミとミツボシクロスズメダイの幼魚

18_1012benikinu1.jpg 19_1012benikinu2.jpg
 ヤギの仲間ではベニキヌヅツミがいました

20_1012aou1.jpg 21_1012aou2.jpg 小さな×3
 ちいさな×2、アオウミウシ ほじほじクンの先端で大きさを比較してみました

22_1012suke.jpg
 ウミトサカの仲間ではスケロクウミタケハゼ ガラスハゼに比べてまるっこくて可愛らしいですね

23_1012hireguro.jpg
 ラストはヒレグロコショウダイの幼魚 アジアコショウダイの幼魚はこの時期、よく見かけますがヒレグロコショウダイはかまり見かけないような気がします 連日の記念ダイブでおおいに盛り上がりました~\(^o^)/ 台風一過の海に期待しましょう!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

記念ダイブで盛り上がりました~ 10/11田子のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:22.4℃
透視度:8~5m 潮流:- ウネリ:微
コース:白崎№1

1_101114kaikyo.jpg
 スーパー台風19号が接近する最中、穏やかな田子湾内でのんびり2ダイブしました 田子は昨日の雲見のウネリがウソのように穏やかでした

2_1011kinen1.jpg 3_1011kinen2.jpg
 1ダイブ目で500本の記念ダイブ! 気の置けない楽しいダイビング仲間との記念ダイブって最高ですね! おめでとうございます!!

4_1011iga1.jpg 7_1011shirohana.jpg
 さてさて、海の方はというと… まずはウミウシ2種 イガグリウミウシとシロハナガサウミウシ

5_1011mebaru1.jpg 6_1011mebaru2.jpg
 メバルの正面顔です(^o^)

8_101114kitamakura.jpg 9_101114ohaguro.jpg
 フグの仲間、キタマクラとオハグロベラ♀です

10_101114sora.jpg 16_1011mitsubishi.jpg
 スズメダイの仲間、ソラスズメダイとミツボシクロスズメダイ どちらもキュートです!

12_1011isobana.jpg
 アミメヤギの仲間で見られたイソバナカクレエビ 前は大きい個体がいたんだけどなぁ~

11_1011isokasa.jpg 13_1011hoshino.jpg 14_1011hoshikinu.jpg
 眼がキラキラしているイソカサゴとホシノハゼ、貝がピカピカに光っているホシキヌタ タカラガイの仲間です

15_1011ichimonji.jpg
 イチモンジハゼがウミトサカの仲間にちょこんと付いていました カワイイ~~(^o^)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:22.2℃
透視度:8~5m 潮流:- ウネリ:微
コース:弁天島

17_1011benikinu.jpg 18_1011bwnikinu2.jpg
 先週日曜日は台風のウネリの影響で潜れなかった弁天島を潜りました ウネリは全くなく快適でした まずはアカヤギの一種を宿主にしていたベニキヌヅツミ

19_1011hitode.jpg
 オオアカヒトデではヒトデヤドリエビがワラワラ見られました 通称、バルタン星人です(笑)

20_1011ayame.jpg 21_1011traf.jpg
 バニー2連発 アヤメケボリとトラフケボリです

22_1011iga2.jpg 25_1011hosoten.jpg
 イガの先端が丸くてピンク色のイガグリウミウシ 雲見ではあまり見かけないバリエーションです そしてキバナトサカを宿主にしているホソテンロクケボリ

24_1011himesan.jpg 26_1011kimo.jpg
 浅場のエンタクミドリイシではヒメサンゴガニ属の一種とキモガニが見られました 同じ宿主でフタイロサンゴハゼやクサイロモシオエビなども見られるので明日は探してみたいと思います 13日(月)は申し訳ありません… CLOSEとさせて頂きます また海が良い時にご一緒させて下さいm(_ _)m

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 18:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウネリの中でマクロ系ダイビング

フィールドインプレッション
天候:曇り時々晴れ 気温25℃ 水温:22.4℃
透視度:5~3m 潮流:- ウネリ:強
コース:牛着岩(大牛洞窟前)

1_101014kaikyo.jpg
 昨日はさほど感じなかったウネリが強烈に入ってきました スーパー台風と呼ばれるだけのことはありますね… 大牛洞窟のみマクロ系リクエストで2ダイブです このエリアはさほどウネリを感じませんでした

3_1010sakurat.jpg 2_1010koika.jpg
 マウスブリーディング中のサクラテンジクダイとコウイカの仲間

6_1010senten1.jpg 4_1010aou.jpg
 ウミウシもさすがに隠れてしまいました 普段はスルーのアオウミウシにも喰いつきました センテンイロウミウシに至っては天使に見えました(笑)

5_1010sori.jpg
 ソリキヌヅツミのペア 暗がりの多い雲見では深場のウミウサギが水深-10mそこそこで見られます

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温22℃ 水温:22.2℃
透視度:5~3m 潮流:- ウネリ:強
コース:牛着岩(大牛洞窟前~ロッカク岩)

7_1010olt.jpg 8_1010muchik.jpg
 時間の経過とともに海況が悪くなるのでサーフェスインターバルもほどほどに2ダイブ目です 抱卵中のオルトマンワラエビとムチカラマツを宿主にしているムチカラマツエビ

9_1010senten2.jpg 10_1010kiiro.jpg
 2個体目のセンテンイロウミウシをご紹介した後でこのエリアから移動 ロッカク岩に向かいました 途中で見られたのは頭を岩の亀裂に突っ込んだキイロウミウシ

11_1010kkaeru.jpg
 ど根性ガエルこと前回の台風を乗り越えたクマドリカエルアンコウ 健気に踏ん張って飛ばされないように頑張っていました

12_1010bkaeru.jpg
 ロッカク岩のベニカエルアンコウも同じ場所で見られました 台風一過、また会おうね! 頑張れよ~~ と、いうことで明日は田子湾内を潜ります 本日ご一緒みた皆様、海況不良の中おつかれさまでした これに懲りずまた雲見の海が良い時に是非ご一緒しましょう!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 16:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風一過のリサーチダイブ 10/9雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温22℃ 水温:22.3℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、強 ウネリ:微
コース:牛着岩(ブイ~小牛裏カド~ブイ)

1_100914kaikyo.jpg
 一難去ってまた一難… 台風一過と思いきや、またまたスーパー台風が接近中です しかも連休中に…(>_<) 本日はまだウネリはさほど感じませんでしたが潮はかなり早かったですね まずはブイからエントリーしました

2_1009kabuka.jpg 7_1009mokuzu.jpg
 ケブカアワツブガニでしょうか? 初めて見ました 甲羅のフォルムからオウギガニの仲間には間違いないと思います そしてモクズショイが見られました

3_1009hiro1.jpg 4_1009hiro2.jpg
 ヒロウミウシ 岩肌とアカオニナマコの背中で見られました

5_1009ise.jpg 6_1009musume.jpg
 イセエビ&ヒメセミエビのコラボとムスメウシノシタがいました

8_1009kazari.jpg 9_1009isogin.jpg
 イソギンチャクではカザリイソギンチャクエビとイソギンチャクエビが見られました

11_1009isobana.jpg
 台風一過もアカヤギの一種でたくさん見られたイソバナカクレエビ 大きい個体は見つかりませんでしたが個体数は多いです!

10_1009kob.jpg 12_1009tsubame.jpg
 コブダイ若魚のシンペイ 台風のせいでしょうか? 体中、傷だらけでした(>_<) そしてブイへ向かう途中、ツバメウオが数個体見られました 台風の影響で水路はデカい岩がゴロンゴロンしていて小牛まわりの砂地は2mくらい掘れて深くなっていました(^_^;)

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温22℃ 水温:22.4℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:微
コース:牛着岩(大牛洞窟前~ロッカク岩~ブイ)

13_1009koib.jpg 19_1009sori.jpg
 続いて2ダイブ目は大牛洞窟前からエントリー まずはコイボウミウシ 奥にも1個体、写ってますね そしてソリキヌヅツミ こちらもペアで見られました

14_1009olt1.jpg
 オルトマンワラエビ抱卵中です この時期限定なので是非ご覧ください!

15_1009olt2.jpg 16_1009olt3.jpg
 抱卵中と卵無し 比較のために両方、撮ってみました

17_1009clear1.jpg 18_1009clear2.jpg
 サイズが小さいクリアクリーナーシュリンプがいっぱい見られます オレンジ色の丸印の中にいます

20_1009kkaeru.jpg
 あの台風を耐え抜いたクマドリカエルアンコウ まさに「ど根性クマドリ」ですね! いや~、あっぱれ!!

21_1009bkaeru.jpg
 そして海冒主、まのっちから教わったベニカエルアンコウ 立派なサイズです まのっちサンキューで~す(^o^) 明日は雲見、潜ります

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 20:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

午前中にさくっと2ダイブしてきました 10/5田子のLOG

フィールドインプレッション
天候:雨 気温22℃ 水温:20.0℃
透視度:8m 潮流:- ウネリ:微
コース白崎№1

1_100514kaikyo.jpg
 いよいよ明朝には台風18号が本州に上陸、しかも予報では静岡県を直撃ということです 6~7日のダイブマスターコースは中止です そして13:00から台風避難で船揚げをするので午前中に2ダイブしました

2_1005matou.jpg 3_1005madako.jpg
 白崎の深場でセトリュウグウウミウシが見られているとのことで早速、深場へ ウネリ、流れはほとんど感じない穏やかなコンディションでした 早くも冬の使者的なマトウダイが見られました 浅場では卵を守るマダコの姿も確認できました 卵隗はタコの赤ちゃんの眼が見えますね 台風に負けずハットアウトしてもらいたいです

フィールドインプレッション
天候:雨 気温22℃ 水温:20.2℃
透視度:8m 潮流:- ウネリ:微
コース:白崎№1

4_1005iga.jpg 5_1005shirohana.jpg
 2ダイブ目も同じ場所からエントリーしてコースの方をアレンジしました まずはゲストが見つけたイガグリウミウシ 雲見では少ないイガの先がピンク色のバージョンです そして小さなシロハナガサウミウシ

6_1005aou.jpg 7_1005tenrok.jpg
 小さなアオウミウシとテンロクケボリ

8_1005hitodey.jpg
 前日の雲見でも見られたヒトデヤドリエビ 通称、バルタン星人です 秋から冬にかけて見られるお気に入りのエビです ヒトデと言えばフリソデエビ、でないかな~(^o^)

9_1005himeg.jpg 10_1005koke.jpg
 エグジット付近で見られたヒメギンポとコケギンポの仲間 無事、本日のダイビングを終えました 明日は台風18号が直撃予報です 十分、注意しましょうね

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 19:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウネリの中、地形にマクロに… 10/4雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温26℃ 水温:23.2℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:中
コース:牛着岩(ブイ~水路~-24mアーチ)

1_100414kaikyo.jpg
 今年最強クラスの台風18号が接近しています 雲見は明日から台風が通過して海況が穏やかになるまでCLOSEです

2_1004arch1.jpg 3_1004muramino.jpg
 初雲見の方もご一緒にまずは地形ダイブをご案内しました H型のアーチとゲストが撮影したムラサキミノウミウシ カイウミヒドラ以外でも見られるんですね

4_1004hitodey.jpg 5_1004hitodey2.jpg
 オオアカヒトデをチェックするとヒトデヤドリエビが見られました バルタン星人にそっくりですね(^o^) ウネリが強く狭い洞窟はNGでした(>_<)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温26℃ 水温:23.4℃
透視度:10m 潮流:中 ウネリ:中
コース:牛着岩(ロッカク岩)

6_1004kaeru.jpg 7_1004ikaeru1.jpg
 2ダイブ目は小牛まわりでマクロ系生物を中心にご紹介しました まずはカエルアンコウとイロカエルアンコウ その他、ハナタツやカイカムリも見られました

8_1004muchik.jpg 12_1004glass.jpg
 ムチカラマツを宿主にしたムチカラマツエビとガラスハゼ

10_1004matsu.jpg
 亀裂にはマツカサウオの幼魚が見られます

11_1004minok.jpg
 ミノカサゴの幼魚も見られました 昔懐かしいケサランパサランみたいですね

13_1004bkaeru.jpg
 オレンジ色のキレイなベニカエルアンコウ

9_1004tenrok.jpg 14_1004himeiso.jpg
 ウミトサカの仲間を宿主にしているテンロクケボリとサンゴイソギンチャクで見られたヒメイソギンチャクエビ ミツボシクロスズメダイの幼魚も一緒でした

16_1004tsubame.jpg
 湾内ブイのまわりにツバメウオの群れが登場 安全停止中に楽しい撮影タイムになりました(^o^)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温26℃ 水温:23.4℃
透視度:10m 潮流:中 ウネリ:中
コース:牛着岩(小牛裏~小牛まわり~ブイ)

17_1004kinen1.jpg 18_1004kinem2.jpg 19_1004kinen3.jpg
 ラスト3ダイブ目は今回ご一緒したゲストの中になんと400本、200本の記念ダイブの方がいらっしゃいました ロッカク岩の砂地でお祝いをしました

24_1004koke.jpg 20_1004hotate.jpg
 コケギンポの仲間とホタテウミヘビのノブオ この後、スネークSHOWを楽しんで頂きました(笑)

21_1004fujinami.jpg
 一昨日、見つけたフジナミウミウシ この台風は凌げないんだろうな…(>_<)

22_1004ikaeru2.jpg 23_1004tatsu.jpg
 イロカエルアンコウの幼魚とハナタツ

25_1004kkaeru.jpg 26_1004isokon.jpg
 人気のクマドリカエルアンコウとでっかいイソコンペイトウガニ 台風のウネリがかなり強くなりましたがなんとかCLOSE前に色々な生物をご紹介することができました

27_1004all.jpg
 夜は記念ダイブのお祝いで盛り上がりました スタートが速かったので21:00にはお開きになりました 健康的ですね~(^o^) 400本&200本ダイブ、おめでとうございます~~!!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 20:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月無制限ダイブでがっつり4ダイブ 10/3雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温29℃ 水温:23.2℃
透視度:20m 潮流:- ウネリ:微
コース:牛着岩(ロッカク岩)

1_100314kaikyo.jpg
 台風18号が静かに確実に近づいてきています 陸上から見る分にはまだ影響はでていないように見えます お天気にも恵まれました

2_1003isokon.jpg 3_1003namakom.jpg
 ウミウシライダーのリクエストで大牛カドからエントリー ファーストコンタクトはイソコンペイトウガニとナマコマルガザミ

5_1003tatsu1.jpg 4_1003furieri.jpg
 ハナタツとフリエリイボウミウシです

6_1003ikaeru1.jpg 7_1003kkaeru.jpg
 ロッカク岩のちびっこイロカエルアンコウと大牛のクマドリカエルアンコウ

8_1003fujinami.jpg
 昨日ご一緒したゲストが見つけたフジナミウミウシ キレイなウミウシです

9_1003umiushi.jpg
 そしてリクエストのウミウシライダー 台風が来るので今日が千秋楽かな…(>_<)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温29℃ 水温:23.2℃
透視度:20m 潮流:- ウネリ:弱
コース:牛着岩(ロッカク岩)

11_1003hotate.jpg
 続いては砂地でホタテウミヘビのノブオのパフォーマンスを披露しました

12_1003hotate2.jpg
 さらに芸に磨きをかけました

13_1003hotate3.jpg
 お腹いっぱいになって元の巣穴に帰りました いつでも見れれますので是非リクエストお待ちしています(^o^) 2ダイブ目辺りから台風のウネリがだいぶ入ってきました…(>_<)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温29℃ 水温:23.4℃
透視度:15m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:弱
コース:牛着岩(島前~水路~H型のアーチ~ブイ)

14_1003arch.jpg 15_1003arch2.jpg
 3ダイブ目は地形ダイビングにご案内しました

16_1003kue.jpg 17_1003ruri.jpg
 クランクでは大きなクエ そしてルリハタが見られました

18_1003sakishima.jpg 10_1003nishiki.jpg
 水路で見られたサキシマミノウミウシとニシキウミウシです 無制限ダイブならいろんなスタイルのダイビングを楽しめますね

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温29℃ 水温:23.6℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:中
コース:牛着岩(小牛裏カド~小牛まわり~ブイ)

19_1003tatsu2.jpg 20_1003kaeru.jpg
 ラスト4ダイブ目はウネリが強くなってきたので洞窟を避け小牛まわりでマクロ系の生物をご紹介 ハナタツとカエルアンコウです

21_1003kaikam.jpg 22_1003ikaeru2.jpg
 ジュズエダカリナを背負ったカイカムリとイロカエルアンコウの幼魚

23_1003matsu.jpg
 亀裂のマツカサウオの幼魚です 毎年、この時期になると見られるようになります

24_1003isokasa.jpg 25_1003hiro.jpg
 同じく亀裂で見られたイソカサゴとヒロウミウシです

26_1003bkaeru.jpg
 お気に入りのオレンジ色のベニカエルアンコウ かくれんぼが上手いので探すのがちょっとタイヘン…

28_1003akahoshi.jpg
 抱卵中のアカホシカクレエビです

27_1003suzume.jpg 29_1003aori.jpg
 潮がかかってウネリも強くなりました 潮がかかった分、スズメダイなど中層の魚の活性が上がりました ブイ下では恒例のアオリイカの群れが見られました いよいよウネリが強くなってきたので雲見は明日まででしょうか? 台風一過の雲見に期待しましょう!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マクロ系リクエストでがっつり60分×3本勝負 10/2雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温23℃ 水温:22.6℃
透視度:20m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:微
コース:牛着岩(大牛裏)

1_100214kaikyo.jpg
 台風18号が静かに近づいていますがまさに嵐の前の静けさ お天気、海況に恵まれました

2_1002isokon.jpg
 まずは大牛カドからエントリー いつものイソコンペイトウガニをご紹介しました

3_1002kkaeru1.jpg
 人気のクマドリカエルアンコウ だいたい同じエリアで見られています

5_1002namakom.jpg 7_1002tatsu1.jpg
 トラフナマコを宿主にしていたナマコマルガザミとハナタツ

6_1002umiushi.jpg
 今日もいましたウミウシライダー! このコラボ、堪りません…\(^o^)/

8_1002kope.jpg 9_1002kokpe.jpg
 グビジンイソギンチャクにいたコぺポーダ 通称うさぴょんです

10_1002ikaeru1.jpg
 今、雲見で見られる中で一番小さなイロカエルアンコウ

11_1002tatsu2.jpg 12_1002tatsu3.jpg
 ハナタツが今日もいっぱい見らえました(^o^)

13_1002fujinami.jpg 14_1002fujinami2.jpg
 ご一緒したゲストが見つけてくれたフジナミウミウシ いや~、ホントきれいで可愛いですね(#^.^#) 模様が分かりやすいように背中からも撮ってみました

15_1002bkaeru1.jpg
 立派なサイズのベニカエルアンコウがいました 今、雲見ではカエルアンコウの仲間もたくさん見られますよ 大牛の裏のほぼ一ヶ所で60分が経ってしまいました(笑)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温23℃ 水温:22.6℃
透視度:15m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:微
コース:牛着岩(ロッカク岩~大牛裏~たて穴根頭)

16_1002furieri.jpg 17_1002nishiki.jpg
 続いて2ダイブ目は1ダイブ目と同じポイントからエントリー 再び同じ生物を撮影した後、大牛洞窟方面へ フリエリイボウミウシとニシキウミウシ

18_1002kiiro.jpg 19_1002komi.jpg
 キイロウミウシは頭を岩の窪みにつっ込んでいました そして極小コミドリリュウグウウミウシ

21_1002tora.jpg
 こちらはトラウツボ

22_1002kingyo.jpg
 根頭で安全停止中にキンギョハナダイを撮影いました 潮色がよく素晴らしいコンディションでした こんなにいい状態なのに台風… がっかりですねよ(>_<)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温23℃ 水温:22.8℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:微
コース:牛着岩(小牛裏~小牛まわり~ブイ)

23_1002kaeru.jpg
 ラスト3ダイブ目はマクロ系の生物で盛り上がっている小牛周辺を潜りました 小牛洞窟付近でハナタツをご案内した後、カエルアンコウをご紹介しました

20_1002kaikam.jpg 24_1002kaikam1.jpg 25_1002kaikam2.jpg
 カイカムリの仲間も見られました カイメンを被ってとってもユニークなルックスですね

26_1002muchik.jpg 33_1002glass.jpg
 ムチカラマツを宿主にしているムチカラマツエビとガラスハゼ ガラスハゼのペアは折り重なっていました

27_1002ikaeru2.jpg
 小牛のイロカエルアンコウ こいつもちびっ子で可愛らしいです

28_1002sero.jpg 29_1002tenrok.jpg
 ウミトサカの仲間ではセロガタケボリとテンロクケボリが見られました

30_1002matsu.jpg
 亀裂のマツカサウオの幼魚 亀裂の縁にいるのでストロボがケラレずに撮れますよ(^o^)

31_1002hiro.jpg 32_1002hiro2.jpg
 ヒロウミウシがベタベタ付いていました

34_1002kawa.jpg 36_1002tenrok.jpg
 カワハギとテンロクケボリ

35_1002bkaeru2.jpg
 オレンジ色のキレイなベニカエルアンコウ かくれんぼの名人(名魚?)です

37_1002isobana.jpg 38_1002akahoshi.jpg
 ラストはイソバナカクレエビとアカホシカクレエビ どちらも抱卵中です 被写体が多いのでとても時間が足りません…(^_^;) あっという間の60分でした 土曜日まで雲見OPENです

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 19:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。