伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マクロ・リクエストでがっつり60分×3本勝負 8/15雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温30℃ 水温:21.0℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛裏カド~小牛~ブイ)

1_081514kaikyo.jpg
 お盆休みの雲見です ビーチはパラソルの花で満開 海況はバッチリです!

2_0815anemone.jpg 3_0815akahoshi.jpg
 エントリーしてすぐ、サンゴイソギンチャクにいた小さなクマノミ よ~く見ると口に寄生虫が!! こーゆーの萌えますね~(笑) そして抱卵中のアカホシカクレエビ

6_0815kaeru1.jpg 7_0815kaeru2.jpg
 なんとTHEカエルアンコウが2個体 白い方は先だって見つけた個体 オレンジはNEWフェイスです\(^o^)/

9_0815kaikam1.jpg 10_0815iboiso.jpg
 ジュズエダカリナの帽子を被ったカイカムリと恐竜のトリケラトプスみたいなイボイソバナガニ


 体表がフジツボに覆われて認識しづらいのですが おそらくイッカクガニかと ダイバーを威嚇している様子がブレイクダンスを踊っているみたいで面白いです

12_0815bkaeru.jpg 8_0815sastuma.jpg
 いつものちっこいベニカエルアンコウはかくれんぼ上手 いかつい顔したサツマカサゴがいました

13_0815hinako.jpg 11_0815benikinu1.jpg 14_0815hosoten.jpg
 外套膜が美しいヒナコダマウサギとベニキヌヅツミ、そしてホソテンロクケボリのバニー三種盛り あまり泳がずじっくりフォトダイブしました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温30℃ 水温:21.4℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(ロッカク岩~大牛洞窟)

15_0815isokon.jpg 16_0815tatsu.jpg
 でっかいイソコンペイトウガニをご紹介 ロッカク岩のキレイなハナタツも定位置でした

17_0815benikinu2.jpg 18_0815sero.jpg
 ベニキヌヅツミとセロガタケボリ セロ=弦楽器のチェロの意です

21_0815koib.jpg 22_0815kiiroib.jpg
 キイロイボウミウシとコイボウミウシ コイボウミウシはエビの幼生とコラボしています!

23_0815nishiki1.jpg 24_0815nishiki2.jpg
 ニシキウミウシの幼体がいっぱいいました~

25_0815fujiiro.jpg 26_0815mkocho.jpg
 水中ではこの色彩が目立ちますね~ フジイロウミウシとムラサキウミコチョウ

27_0815hibusa.jpg 28_0815muno_sp.jpg
 ミノウミウシの仲間も見られました ヒブサミノウミウシとミノウミウシ亜目の仲間

31_0815murakumo.jpg 29_0815unknown.jpg
 カラマツの仲間を宿主にしてるムラクモキヌヅツミ そしてワタトリカイメンで見られるゴマ粒より小さなミツバチみたいな生物

32_0815setoiro.jpg 30_0815iga.jpg
 大好きなセトイロウミウシとこのエリアでは良く見かけるイガグリウミウシ じっくりウミウシ・フォトダイブを楽しみました(^o^)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温30℃ 水温:20.0℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛裏カド~水路~ブイ)

33_0815kaeru.jpg
 ラスト3ダイブ目は1ダイブ目で見逃した方もいる白いTHEカエルアンコウからスタート するとオレンジ&白が接近して2ショット写真が撮れました

35_0815akahata.jpg 34_0815hosoten2.jpg
 アカハタの口にクモガニの仲間がしがみついています 放した瞬間、パクリと食べられそうです キバナトサカを宿主にしているホソテンロクケボリです


 アカハタVSクモガニの仲間 最後まで見られなかったので事の顛末は不明です… クモガニの運命やいかに!?

36_0815sori.jpg 37_0815sori.jpg
 小牛洞窟前のソリキヌヅツミ

38_0815otome.jpg 39_0815aou.jpg 40_0815senten.jpg
 クレバスでウミウシダイブ オトメウミウシ、アオウミウシ、センテンイロウミウシ

41_0815miyako.jpg 42_0815sagamiiro.jpg
 昨日見つけた小さな×2、ミヤコウミウシとサガミイロウミウシがいました マクロ系フォトダイブをがっつり60分×3本、満喫しました~\(^o^)/

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マクロ&フローダイビングを満喫! 8/14雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温30℃ 水温:19.6℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:微
コース:牛着岩(小牛前)

1_081414kaikyo.jpg
 7月にフローダイビングのご予約を頂いたゲストが直前に都合がつかずフローダイビングをご一緒できませんでした でも、どーしても諦めがつかずに今回、再度ご予約を頂き本日に至りました そしてマクロ系フォトダイブのリクエストの二本立てです

2_0814tsubame1.jpg 3_0814tsubame2.jpg
 朝一番のサプライズっ! なんとツバメウオの群れです テンション、上がりました~\(^o^)/


 思わずムービーを回してしまいました 癒されますね~~

4_0814bkaeru.jpg
 ここ最近のお気に入り、オレンジ色のちびっこベニケロ

5_0814tobi.jpg 10_0814kaikam.jpg
 砂地でトビエイをGET! 遊泳シーンをじっくり動画で撮影 岩肌ではジュズエダカリナというカイメンを背負ったカニ、カイカムリがいました


 ちびっこトビエイがダイバーの目の前を泳ぎ去りました

7_0814ibara1.jpg 8_0814ibara2.jpg
 英名リトルクリスマスツリー、イバラカンザシです

6_0814hosoten.jpg 9_0814ishi.jpg
 キバナトサカを宿主にしたホソテンロクケボリ そして安全停止中は夏のアイドル、イシダイの幼魚とニジギンポのコラボ

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温30℃ 水温:19.8℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:微
コース:牛着岩(-24mアーチ~水路~ブイ)

11_0814kingyo.jpg 12_0814matsuba.jpg
 根頭ではキンギョハナダイの乱舞 そして人気者のマツバギンポ タカ&トシのトシに似ています(笑)

13_0814arch.jpg 16_0814arch.jpg
 たて穴下と三角穴下の光景 幻想的です 洞窟ダイビング、最高!

14_0814hosoten.jpg 15_0814usuiro.jpg
 洞窟を出てブイに向かう途中、ホソテンロクケボリとウスイロウミウシをご紹介 地形&魚影&マクロを楽しみました~

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温30℃ 水温:19.6℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:微
コース:牛着岩(三角穴洞窟)

18_0814fluo1.jpg 19_0814fluo2.jpg
 そしてラスト3ダイブめはフローダイビングを楽しみました 通常では見られない世界に感動しましたね~

20_0814fluo3.jpg 21_0814fluo4.jpg
 雲見なら洞窟で実施しますので昼間のダイビングでフローダイビングが楽しめます 是非、リクエストお待ちしています(^o^)


 フローダイビングの動画です 洞窟ダイビングができる雲見なら昼間のダイビングでフローダイビングが楽しめます

22_0814sarasa.jpg 23_0814miyako.jpg
 一方、マクロ派の方は三角穴洞窟の入口付近でウミウシダイブ 当店のウミウシSPコースを受講して以来、ウミウシ眼が開眼しましたね サラサウミウシとミヤコウミウシの幼体です

24_0814ao_sp.jpg
 久し振りのアオウミウシ属の一種5 フローダイビングをしていたボクは残念ながら見ていません(涙)

25_0814iga.jpg 26_0814caramel.jpg
 イガグリウミウシと小さなキャラメルウミウシ キャラメルウミウシはとってもカワイイですね(#^.^#)

27_0814sun.jpg
 洞窟から出てブイ下で安全停止 水面を見上げると太陽光がとってもキレイでした~\(^o^)/

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビングログ | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コンディション、良くなりました! 8/13雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:曇り→晴れ 気温29℃ 水温:22.2℃
透視度:12m 潮流:- ウネリ:-
コース:赤井浜~オオ根

1_081314kaikyo.jpg 1a_0813all.jpeg
 穏やかな海が帰ってきました~ 本日ご一緒したお二人とも静岡県人なんですが伊豆で潜るのは初めてとのこと しかもお一人は6年前にCカードを取得して以来、ブランク 初めてのファンダイブです(^_^;)

2_0813boshu.jpg 3_0813kyusen.jpg 4_0813tobinume.jpg
 フロートを設置して赤井浜の浅瀬からエントリー 体験ダイビングと同じ感じでスタートしました 砂地ではボウシュウボラやキュウセン、トビヌメリなどが見られました その他、先だって放流したマダイの稚魚やマアジ、アカカマスの群れがキレイでした

5_0813guitar1.jpg 6_0813guitar.jpg
 今回の狙いはもちろん、ギターシャークことサカタザメ 見事、4個体GETしました~ いや~、明るくて温かくて気持ちよく潜れましたね~\(^o^)/

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温29℃ 水温:19.4℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:-
コース:牛着岩(ブイ~水路~H型のアーチ~三角穴~ブイ)

7_0813diver.jpg
 6年振りのリフレッシュダイブを終え、すっかりリラックスできましたね(^o^) 2ダイブ目は洞窟ダイビングをご案内 楽しみですね~~!

8_0813ishi.jpg 9_0813kagokaki.jpg
 潜降ロープに付いているイシダイの幼魚とカゴカキダイの群れ

10_0813arch.jpg 11_0813kingyo.jpg
 H型のアーチとたて穴根頭のキンギョハナダイ トビエイや大きなマダイも見られ大コーフン!!

12_0813matsuba.jpg 13_0813isokasa.jpg
 タカ&トシのトシ似のマツバギンポ イバラカンザシのふんわりしたところに顔を埋めていたイソカサゴ

14_0813sazae1.jpg 15_0813sazae2.jpg
 でっかいサザエがいました 大きさを比較するために顔の横でパチリ

16_0813arch2.jpg 17_0813arch3.jpg
 三角穴下の洞窟です 幻想的な光景ですね~

18_0813diver2.jpg
 潜る前は超キンチョーしていましたが最後はリラックスしてスーパーエンジョイしましたね(^o^) またご一緒できるのを楽しみにしていま~す\(^o^)/


 本日のダイビングの模様をショートムービーにまとめてみました 是非、ご覧ください(^o^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 17:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風一過、2014年お盆休みスタート! 8/12雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温29℃ 水温:18.8℃
透視度:6m 潮流:ウラ潮、弱 ウネリ:弱
コース:牛着岩(ブイまわり)

1_081214kaikyo.jpg 081214all.jpg
 台風一過、雲見は8/5以来のOPENになりました お盆休みがスタート 元気いっぱいの皆様とご一緒させて頂きました(^o^)

3_0812hosoten.jpg 4_0812sero.jpg
 久し振りのダイビング、初ファンダイビングの方もいらっしゃったので1ダイブ目はスキルチェックで湾内のブイまわりを潜りました ウミウサギの仲間をご紹介 ホソテンロクケボリとセロガタケボリです

2_0812kuma.jpg 5_0812kobu.jpg
 ブイ下のクマノミとちょっぴり警戒心が強くてまだ心を許してくれないコブダイ(中)←名前募集中です(笑) 1本潜ってだいぶ肩が温まりましたね\(^o^)/

フィールドインプレッション
天候:曇り→雨 気温29℃ 水温:19.8℃
透視度:6m 潮流:ウラ潮、弱 ウネリ:弱
コース:牛着岩(ブイ~H型のアーチ~島裏)

6_0812all1.jpg 7_0812all2.jpg
 2ダイブ目は湾内ブイからエントリーして島裏へ せっかくなので記念撮影をしました 皆さん、いい笑顔ですね!

8_0812ishi.jpg
 夏の風物詩、イシダイの子供 ブイ下で見られます 大人は警戒心が強いのですが子供のうちは好奇心が強くてダイバーに絡んでくれますよ(^o^)

9_0812arch1.jpg 10_0812arch2.jpg
 H型のアーチをご案内しました 潮色は悪かったですが、幻想的な光景を楽しめました\(^o^)/

11_0812madai.jpg
 島裏ではイサキがごちゃり群れていました そして大きなマダイも登場 5kg以上、ありそうですね!

フィールドインプレッション
天候:曇り時々雨 気温29℃ 水温:21.6℃
透視度:6m 潮流:ウラ潮、弱 ウネリ:弱
コース:牛着岩(ロッカク岩~-16mアーチ~湾内)

13_0812hotate.jpg
 お昼休みを挟んでオプション3ダイブ目はホタテウミヘビのノブオの餌付けパフォーマンスを披露しました その後、皆さんにホタテウミヘビの餌付け体験を楽しんで頂きました

14_0812kaikam.jpg 12_0812egg.jpg
 ロッカク岩のカイカムリとウミウシの卵隗です カイカムリは相変わらず可愛いですね~ ジュズエダカリナの帽子を被っていました(正確には背負っている、そうです)

15_0812tatsu1.jpg 16_0812tatsu2.jpg
 ロッカク岩のハナタツ キレイな色彩&臨月な育メンです 台風一過で水温が低め、透明度も悪かったですが皆さん、海の中を目一杯、楽しんでいました~ どうもありがとうございました 弓ヶ浜の花火大会も楽しんで下さいね~~


 この日のダイビングぼ模様をダイジェストでムービーにまとめてみました(^o^)

17_0812kim.jpg
 当店と今日ご一緒したCB大チーム推奨?の工業用ティッシュ、キムワイプ Oリングのお手入れに絶大な効果を発揮します もしかしてまだキッチンタオルで代用している方なんかいませんよね…今どき(笑)


 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アカテガニの産卵を見に行きました(^o^)

2_0811akate2 1_0811akate1
 スーパームーンの今宵、ウチの双子の娘が通う仁科保育園の催しでアカテガニの産卵観賞がありました 初めて見ましたが感動しました 台風11号のヨタが残り波打ち際は結構、タイヘンでしたが次の世代に生命のバトンを渡すために小さなカラダで一所懸命に生きるアカテガニの姿に園児、保護者、先生方も大きな声を張り上げ感動を露わにしていました


 当然、ムービーで撮影しました 園児たちの声が元気いっぱいです!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| 田舎暮らし | 20:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

潮色UP! THEカエルアンコウ登場(^o^) 8/4雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:曇り→晴れ 気温28℃ 水温:21.2℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:弱
コース:牛着岩(ブイ~大牛前~ブイ)

1_080414kaikyo.jpg
 台風12号のウネリはおさまってきました しかも潮色がぐんと良くなりました(^o^) でも、台風11号が本州に接近してるんですよね…(>_<)

2_0804sennari1.jpg 3_0804sennari2.jpg 4_0804sennari4.jpg
 昨日は海況不良でガイドコースが限定されていた為、普段はめったに通らないラインを通りました するとなんとセンナリヅタの群生をいくつか発見 そうです、ここに付くゴクラクミドリガイの仲間チェックしに来ました ウミウシの仲間の卵隗がありボルテージが一気に上がりましたが結局、見つけられず(>_<) 宿題として次回に持ち越しです それにしても雲見にはないと思ってたセンナリヅタ 今後の楽しみが増えましたね~(^o^)

5_0804akeus1.jpg 10_0804akeus2.jpg
 アケウスはあちこちで見られました

6_0804tenrok1.jpg 9_0804aou1.jpg
 テンロクケボリとアオウミウシです

7_0804usuiro1.jpg 8_0804usuiro2.jpg
 ウスイロウミウシは個体数が多いですね

11_0804hosoten1.jpg 12_0804hosoten2.jpg 13_0804hosoten3.jpg
 ホソテンロクケボリも雑魚キャラですね でも外套膜の模様のバリエーションが豊富なのでついついチェックしちゃいます

14_0804ishi.jpg
 夏限定のお楽しみ ブイ下のイシダイの幼魚 人懐っこくてカワイイですね(#^.^#)

フィールドインプレッション
天候:曇り→晴れ 気温28℃ 水温:20.2℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:弱
コース:牛着岩(小牛裏カド~小牛まわり~ブイ)

15_0804akahsohi.jpg
 続いては小牛裏カドからエントリー シマキッカイソギンチャクを宿主にしているアカホシカクレエビ


 抱卵中です ムービーで撮影してみました(^o^)

16_0804kaeru.jpg
 おぉ~、雲見では割と少ない本種のカエルアンコウがいました 口元から伸びるでっかいエスカはまさにTHEカエルアンコウの証ですね


 こちらもムービー撮影してみました エスカの動きが面白いですね

17_0804tentou.jpg 26_0804tsuno.jpg
 ここ最近、定着しているテントウウミウシとヤギの仲間にしがみついていたツノガニ

19_0804kaikam.jpg 21_0804iboiso.jpg
 ジュズエダカリナの帽子を被ったカイカムリとムチカラマツを宿主にしているイボイソバナガニのメス

18_0804kobu.jpg
 台風12号のウネリが入っていた昨日は姿を見せなかったコブダイ若魚のシンペイ よっぽどお腹が減っていたのか今日はがつがつ餌をねだってきました


 と、ゆーことで性懲りもなくムービー撮影 そろそろ芸を仕込まないといけませんね(笑)

22_0804bkaeru.jpg
 ウネリに耐えてくれた小さなベニカエルアンコウ それにしてもいっつも撮りづらいイヤ~な場所にいるんですよね…(>_<)

23_0804tenrok2.jpg 24_0804tenrok3.jpg
 ウミトサカの仲間を宿主にしているテンロクケボリ

20_0804sero.jpg 25_0804hinakoda.jpg
 こちらも近似種のセロガタケボリと外套膜が美しいちょっぴりマイブームなヒナコダマウサギ 海況が良くなってきたんですが次の台風(11号)が本州に接近していますね…(>_<) せっかくだからいい潮を運んできて欲しいですね

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 16:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウネリの中でも楽しいファン&体験ダイブ 8/3雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:曇り時々晴れ 気温28℃ 水温:21.8℃
透視度:6m 潮流:ウラ潮、中 ウネリ:強
コース:牛着岩(ブイ~小牛前~ブイ)

0_0803rainbow.jpg 1_080314kaikyo.jpg
 朝、ショップから外を見るとキレイな虹が出ていました(^o^) 海の方はというと…台風12号のウネリがまだキツかったです 狭い水路や浅場の洞窟は避け、ウネリの陰や広いエリアを潜りました

2_0803koke.jpg 3_0803ayame.jpg
 まずは小牛前のギンポ岩でコケギンポの仲間 ここのアカヤギの一種では産卵中のアヤメケボリが見られました

4_0803bkaeru1.jpg
 ウネリに耐え、岩の窪みに隠れていたベニカエルアンコウ 小さくてお肌もキレイ(^o^)

6_0803hinakoda.jpg 7_0803akahoshi.jpg
 外套膜が美しいヒナコダマウサギと抱卵中のアカホシカクレエビ

20140804002.jpg
 とても小さなバニー 外套膜が剥けると真っ白な美しい貝が露わになります

5_0803isokasa.jpg
 イソカサゴの正面顔 普通種でどこにでもいますが、なかなか愛嬌のある顔をしていますね(^o^)

フィールドインプレッション
天候:曇り時々晴れ 気温28℃ 水温:20.8℃
透視度:6m 潮流:ウラ潮、中 ウネリ:強
コース:牛着岩(ロッカク岩~大牛ショートカット~ブイ)

20140804005.jpg 20140804006.jpg
 ソメンヤドカリっぽい顔をしていますが、何ヤドカリでしょう? キタマクラの正面顔 かわいいっす(#^.^#)

8_0803tatsu1.jpg 9_0803tatsu2.jpg
 まずは砂地でホタテウミヘビのノブオの餌付けパフォーマンスを披露しました 今日もノブオはいい仕事をしてくれました(^o^) あ、パフォーマンス中のホタテウミヘビには手を出さないようにお願いしますねm(_ _)m その後、周囲のいるホタテウミヘビに各々、餌付けをして頂きました ここでふれあいタッチTIMEを設けています その後、ダイバーの行列ができているロッカク岩でハナタツをウォッチしました その他、ウスイロウミウシイサキなどが見られました

20140804003.jpg
 白っぽい色彩の個体 このコがイチ押しでしょうか?

フィールドインプレッション
天候:曇り時々晴れ 気温28℃ 水温:21.0℃
透視度:6m 潮流:- ウネリ:強
コース:牛着岩(大牛洞窟前)

10_0803murakumo.jpg 11_0803bkaeru2.jpg
 サクラテンジクダイの口内保育シーンを狙って大牛洞窟へ ところがここもダイバーで大混雑 順番待ちしている間にムラクモキヌヅツミとベニカエルアンコウをご紹介しました

12_0803sakurat.jpg
 洞窟内がようやく空いたので早速、中へ いました、いましたサクラテンジクダイ(^o^) 卵で顔がパンパンです その他、オトヒメエビカサゴが見られました

20140804004.jpg
 こちらも口内保育中のオス 口内保育を始めて少し時間が経っているのか卵の色が変化しています

13_0803kaname.jpg 14_0803nishiki.jpg
 洞窟を出て右サイドは結構、ウネリがはいっていました ここではカナメイロウミウシとニシキウミウシの幼体が見られました

20140804007.jpg
 カナメイロウミウシの二次鰓 なんともアーティスティックな…(^o^)

フィールドインプレッション
天候:曇り時々晴れ 気温28℃ 水温:22.2℃
透視度:6m 潮流:- ウネリ:強
コース:オオ根(根のブイ~砂地のブイ)

23_0803dsd3.jpg 15_0803dsd1.jpg
 ラスト4ダイブ目はオオ根で体験ダイビング&ファンダイブをしました ファンダイブチームにはベテランダイブマスターがいらっしゃったのでバディ潜水(セルフダイビング)をして頂きました 今回の体験ダイビングは良くお似合いの素敵なカップルです


 カレの方は初めての体験ダイビングとのことでしたが水慣れしていてとっても余裕がありましたよ カノジョの方は以前、キレイな和歌山の海で体験ダイビングをされたとのこと あいにくの海況でしたがこれに懲りずまた穏やかな海の時に是非いらして下さいね(^o^)

16_0803kurohoshi.jpg 17_0803hanaana.jpg
 ウネリの影響で厳しい海況でしたが口内保育中のクロホシイシモチのペアやハナアナゴが見られましたね その他、砂地ではハナハゼダテハゼなど砂地の共生ハゼが見られました

18_0803aori1.jpg
 なんと藻場でアオリイカの交接&産卵シーンに遭遇しました 体験ダイビングで見られるなんてラッキーですね! 幻想的なシーンにファンダイブチームも一同、しばし見とれてしまいました


 控えめなアプローチでかなり接近することができました 西伊豆ではアオリイカの産卵シーンはこれからが最盛期です

20140804008.jpg
 マクロ装備で顔にガブリ寄り(笑) ここまで来るとアオリイカも夢中になっているので逃げません

19_0803haokoze.jpg 20_0803hoshino.jpg 21_0803kutsuwa.jpg
 エグジット前の砂地ではハオコゼ、ホシノハゼ、クツワハゼなどが見られました

22_0803dsd2.jpg
 体験ダイビングはいかがでしたか? 次回は是非、ライセンスコースでご一緒しましょう! ファンダイブの皆さん、あいにくの海況の中、雲見無制限ダイブにご参加下さいましてありがとうございました!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 20:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風のウネリ強し 悪条件の中での雑誌の取材 8/1雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温31℃ 水温:20.6℃
透視度:8m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:強
コース:牛着岩(ブイ~小牛まわり~ブイ)

1_080114kaikyo.jpg
 台風のウネリが本格的に入ってきましたね…(>_<) 昨日、今日の2日間で月刊ダイバーが雲見特集の取材にやってきました 昨日は田子沖のホース潜水でサザエ採りをしていたので今日一日だけ参加しました 昨日まで弱かったウネリが強烈になりこんな日に取材というのもツイてないですね(^_^;)

2_0801all.jpg
 9/10売りの月刊ダイバー10月号の雲見特集です 是非、書店で購入して下さいね!こんな感じの集合写真も掲載されるみたいです 今回のカメラマンは杉森カメラマン 1ダイブ目は大牛洞窟~ロッカク岩を取材で潜りました 本当はボクも持ちネタ豊富なここをやりたかったんですが、ま、ま遠慮して2ダイブ目の取材に備えて小牛まわりをリサーチしました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温31℃ 水温:20.6℃
透視度:8m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:強
コース:牛着岩(小牛裏カド~小牛まわり~ブイ)

3_0801isobana.jpg 4_0801akahoshi1.jpg
 ファーストコンタクトはイソバナカクレエビと抱卵中のアカホシカクレエビ ウネリが強かったのでイソギンチャクなど触手のある宿主やウネリで揺れてしまうヤギ類は取材には向いていないのかもしれませんができる限り撮影のサポートをしました

5_0801koke1.jpg 6_0801koke2.jpg
 ギンポ岩のコケギンポの仲間 実際の取材ではここは後回しにしたのでカメラマンがDECOを出してしまい、案内できませんでした(>_<) 海況もさることながら海況以外のモロモロでも結構、厳しかったなぁ…

7_0801ayame.jpg 9_0801akeus.jpg
 この辺のネタもDECO出しで紹介できませんでしたがボクは1ダイブ目でチェックしたので載せておきますね

8_0801bkaeru.jpg
 1ダイブ目で撮影したキレイなオレンジ色のベニケロ 取材で入った2ダイブ目はもっといい向きになっていたので期待できます(^o^)

10_0801satsuma.jpg 18_0801madaeafu.jpg 11_0801sori.jpg
 サツマカサゴの白化個体とマダラフサカサゴ、小牛洞窟前のソリキヌヅツミ この3点も取材では紹介しませんでした

12_0801akahsohi2.jpg 14_0801kaikam.jpg
 小牛裏カドのアカホシカクレエビ コチラも抱卵中です そしてジュズエダカリナの帽子を被ったカイカムリの仲間

13_0801tentou.jpg 16_0801iboiso.jpg
 タマミルを宿主にしているテントウウミウシ そしてイボイソバナガニはムチカラマツがウネリで揺れまくっていたので頑張ってサポートしました

15_0801sero1.jpg 19_0801tenrok.jpg
 ソフトコーラルが多い雲見ではいっぱい見られるウミウサギの仲間 セロガタケボリとテンロクケボリです 普通種ですがとてもキレイですね

17_0801hinakoda.jpg
 外套膜の模様が美しいお気に入りのヒナコダマウサギをご紹介しました 探すときに外套膜が剥けてしまったのでしばらく待ってから撮影してもらいました ネタ的にNDL的にもちょっと厳しかったですがなんとか無事に取材を終えました

o2_sarvice.jpg
 ボクは1ダイブ目から酸素瓶で呼吸して減圧したので全然、問題なかったのですが2ダイブ目の最後は安全のためにカメラマンにも酸素瓶を吸って減圧してからエグジットしてもらいました ご一緒するゲストでご希望の方はボクにお尋ね下さい MIX1(21%空気)→MIX2(99%酸素)にチェンジできるダイブコンピューターもご用意しています

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 17:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。