伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

春の嵐の中のダイブでした(^_^;) 3/30雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:雨 気温18℃ 水温:13.9℃
透視度:5m 潮流:ウラ潮、微 ウネリ:中
コース:牛着岩(小牛裏カド~湾内ブイ)

1_033014kaikyo.jpg
 前線の通過に伴い強い風雨に見舞われました 午前中のみ湾内エントリー/エグジットの制限付きのオープンでした サクサクっと午前中に2ダイブしてきました

2_0330komon.jpg 7_0330aou1.jpg
 小牛の裏カドからエントリー 定番のコモンウミウシとアオウミウシ

3_0330hiramil.jpg 6_0330akaboshi.jpg 9_0330akaera1.jpg
 いっぱいいるヒラミルミドリガイとアカエラミノウミウシ

4_0330mis.jpg
 今日も貝持ち系のミスガイが見られました

5_0330amakusa.jpg 8_0330kuroheri.jpg
 アマクサアメフラシとクロヘリアメフラシです

11_0330miyako.jpg 10_0330manryo.jpg
 青い斑紋が美しいミヤコウミウシとこの時期、旬の大きなマンリョウウミウシ

12_0330shiroobi.jpg 13_0330tenrok.jpg
 ここからはバニーをご紹介しました 外套膜が美しいシロオビコダマウサギとテンロクケボリ

14_0330sero.jpg 16_0330traf.jpg
 擬態の名手、ハナヤカケボリと黄色と黒の縞々模様のトラフケボリがいました 60分たっぷり潜りました

15_0330hanayaka.jpg

フィールドインプレッション
天候:雨 気温18℃ 水温:13.9℃
透視度:5~3m 潮流:ウラ潮、弱 ウネリ:中
コース:牛着岩(-16mアーチ~湾内ブイ)

17_0330sakurami.jpg 18_0330akaera2.jpg
 1ダイブ目は60分潜ったもののMAX.10m程度の浅いダイビングだったので2ダイブ目のノンストップ・タイムにはかなり余裕がありました トイレを済ませて続けて2ダイブ目に行きました サクラミノウミウシと近似種のアカエラミノウミウシ この二者間でハイブリッドが産まれることもあるそうです

19_0330akaera3.jpg 21_0330akaera4.jpg
 アカエラミノウミウシはいっぱいいましたね~(^_^;)

20_0330mitsui.jpg 23_0330manryo2.jpg
 こちらもたくさん見られたミツイラメリウミウシとマンリョウウミウシ

22_0330hosoten.jpg 24_0330sero2.jpg
 ラストはバニーをご紹介しました キバナトサカを宿主にしているホソテンロクケボリと楽器のチェロがその名の由来、セロガタケボリです 外は荒れていましたが海の中は案外、静かでした 午前中に60分がっつり2ダイブしてきました~\(^o^)/

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

視界不良でしたが気持ちよく泳ぎました(^o^) 3/29雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温22℃ 水温:13.8℃
透視度:5~3m 潮流:ウラ潮、弱 ウネリ:弱
コース:牛着岩(-24mアーチ~クレバス~湾内ブイ)

1_032914kaikyo.jpg
 予報通り前日より穏やかな海況になりました 今日はマクロ&ちょっぴりワイドです と、いっても潮色が悪いのでワイドはキビシーですね…(>_<)

3_0329matsu.jpg 2_0329hirame.jpg
 -24mアーチブイからエントリー 久し振りに?-24mアーチをくぐりました アーチ内のマツカサウオと水底にいたヒラメ

4_0329gomaf.jpg
 昨日に続き今日も見られました、ゴマフビロードウミウシ いや~可愛いですね(*^_^*)

5_0329sarasa1.jpg 7_0329otome.jpg
 定番のサラサウミウシとオトメウミウシ

6_0329doto3.jpg
 クレバスではお気に入りのワライボヤマツカサウミウシ が見られました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温22℃ 水温:14.0℃
透視度:5~3m 潮流:ウラ潮、弱 ウネリ:弱
コース:牛着岩(-16mアーチブイ~ロッカク岩~-16mアーチブイ)

8_0329manryo.jpg 9_0329kuroheri1.jpg
 -16mアーチブイからエントリー まずは大きなマンリョウウミウシと旬のクロヘリアメフラシ

10_0329sakurami.jpg 11_0329hotate.jpg
 こちらも旬のサクラミノウミウシと砂地で見られるホタテウミヘビ ちなみにノブオではありませんがしっかり餌付けはしています

12_0329bekko.jpg
 ここ最近、ヒカリウミウシの仲間をよく見かけます こちらはベッコウヒカリウミウシ

13_0329hanayaka.jpg 14_0329kaikam.jpg
 擬態の名手、ハナヤカケボリとカイカムリの仲間 見破るとちょっぴり嬉しいですね(^o^)


 コブダイにH型のアーチ塚をしました このコはまだシャイで手からエサを食べてくれません もうチョイですね

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温22℃ 水温:13.8℃
透視度:5~3m 潮流:ウラ潮、弱 ウネリ:弱
コース:牛着岩(グンカン~-24mアーチブイ)

15_0329hiramil.jpg 16_0329hiramil2.jpg
 ラスト3ダイブ目は久し振りにchぽっと泳ぎました 潮が大牛から小牛方面にかかっていたのでグンカンからエントリーして-24mアーチブイでエグジットしました イズヒメエイやヒラメが見られたのですが潮色があまりにも悪かったので写真はボツです(>_<) 最後の-24mアーチ根頭でウミウシ探しをしました ハイミルではヒラミルミドリガイがたくさん、見つかりますよ

17_0329hiramushi.jpg 18_0329komon.jpg
 ヒラムシの仲間、コモンウミウシがいました 潮色が良くなってくれればワイドも盛り上がってくると思います マクロ系は大いに盛り上がっているのでコンディションが良くなるのを期待しましょう!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 20:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春の陽気の中、じっくりウミウシダイブ 3/28雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温22℃ 水温:13.7℃
透視度:5~3m 潮流:ウラ潮、弱 ウネリ:中
コース:牛着岩(-24mアーチブイ~クレバス~湾内ブイ)

1_032814kaikyo.jpg
 ここに来て春本番になりました ソメイヨシノも見頃を迎えました 少しヨタが入っているものの全エリア、オープンでした

2_0328hiramil.jpg 4_0328kuroheri.jpg
 ファーストコンタクトは-24mアーチの根頭で見たヒラミルミドリガイとクロヘリアメフラシ

3_0328mitsui.jpg 6_0328shiroi.jpg
 ミツイラメリウミウシの黄色バージョンとシロイバラウミウシです

5_0328kon.jpg 9_0328mis.jpg
 貝持ち系も登場しました コンシボリガイとミスガイ

7_0328akaboshi1.jpg 8_0328setomi.jpg
 ウミウシを食べてしまう悪食のアカボシウミウシ 今シーズンは多いですね

10_0328koke.jpg
 H型のアーチの上にいるちょっと大きなコケギンポの仲間


 ガンガン口を開けて大サービスしてくれます

11_0328komon.jpg 14_0328aou1.jpg
 定番のコモンウミウシ&アオウミウシ

12_0328doto.jpg
 クレバスではワライボヤマツカサウミウシ が見られます

15_0328miyako.jpg 13_0328hiram.jpg
 小牛前では大きなミヤコウミウシとヒラムシの仲間がいました

16_0328tora.jpg 17_0328kisei.jpg
 小牛前に居着いているトラウツボ でも注目してもらいたいのは横顔に付いた寄生虫


 怪しげにうごめいています(笑) 寄生虫好きのマニアの方、リクエストをお待ちしています(^o^)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温22℃ 水温:13.7℃
透視度:5~3m 潮流:ウラ潮、弱 ウネリ:中
コース:牛着岩(ロッカク岩~大牛洞窟前)

18_0328bkaeru.jpg
 何気なく岩肌を見てウミウシを探していたらベニカエルアンコウがいました

19_0328kaikam.jpg 21_0328akahoshi.jpg
 ジュズエダカリナの帽子を被ったカイカムリの仲間とシマキッカイソギンチャクを宿主にした魚のエスティシャン、アカホシカクレエビ


 いらっしゃいませ~とでも言いたげなダンスです

20_0328sweet1.jpg 22_0328sagamiko.jpg
 大牛洞窟方面へ向かう途中で見られたスイートジェリーミドリガイとサガミコネコウミウシ

23_0328sarasa.jpg 28_0328shiro.jpg
 定番のサラサウミウシとシロウミウシ

24_0328hiro.jpg 25_0328iga.jpg
 ヒロウミウシとイガグリウミウシはここでは雑魚キャラですね(^_^;)

26_0328fuchi.jpg 27_0328sori.jpg
 久し振りに見ました フチベニイロウミウシ そしていつものソリキヌヅツミ バニーの仲間です

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温22℃ 水温:13.7℃
透視度:5~3m 潮流:ウラ潮、微 ウネリ:中
コース:牛着岩(小牛前)

29_0328shiroobi.jpg 31_0328tenrok.jpg
 お昼休憩の後、3ダイブ目は小牛前でバニー探し 外套膜が美しいシロオビコダマウサギとテンロクケボリ

30_0328gomaf.jpg
 白バージョンのゴマフビロードウミウシがいました


 ゴマちゃんの愛称で呼ばれています とってもカワいいウミウシですね!

32_0328ayame.jpg 33_0328hanayaka.jpg 34_0328traf.jpg
 ラストはバニー三連チャン アヤメケボリとハナヤカケボリ、そしてトラフケボリです 明日は今日より凪ぐ予報です リクエストで久し振りにちょっぴり泳ぐダイビングもしてきます(^o^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春濁りもなんのその 楽しい海が待っています! 3/27雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温20℃ 水温:14.0℃
透視度:5~3m 潮流:ウラ潮、微 ウネリ:中
コース:牛着岩(-24mアーチブイ~クレバス~小牛洞窟~-24mアーチブイ)

1_032714kaikyo.jpg
 風波が吹き荒れ模様でした 浅場でウミウシ探しをする予定でしたが、海況不良により断念…

2_0327hiramil1.jpg 4_0327mitsui.jpg
 それでもウミウシダイブです(笑) まずはハイミルにいたヒラミルミドリガイ そしてミツイラメリウミウシ

3_0327komon1.jpg 5_0327aou1.jpg 6_0327sarasa1.jpg
 定番ウミウシはザクザク見られます コモンウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシ

7_0327doto3.jpg
 大きなワライボヤマツカサウミウシ がいました!

8_0327sakurami.jpg 9_0327kogane.jpg
 小牛洞窟前ではサクラミノウミウシとコガネミノウミウシがいました

10_0327sori.jpg 12_0327tenrok1.jpg 16_0327hosoten.jpg
 バニーも続々、登場 ソリキヌヅツミ、テンロクケボリ、ホソテンロクケボリです

11_0327sarasa2.jpg 14_0327komon2.jpg
 いっぱいいました、サラサウミウシとコモンウミウシ!

13_0327otome.jpg 15_0327hiro.jpg
 1ダイブ目のラストはオトメベラとヒロウミウシです ニゴニゴ、ウネウネで結構、苦戦しました(^_^;)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温20℃ 水温:13.8℃
透視度:5~3m 潮流:ウラ潮、微 ウネリ:中
コース:牛着岩(小牛前)

17_0327traf.jpg 18_0327sero1.jpg
 2ダイブ目はウネリを避けて小牛までじっくりバニー・チェック トラフケボリとセロガタケボリです

19_0327koke1.jpg 20_0327koke2.jpg
 ギンポ岩のコケギンポの仲間です

21_0327ayame1.jpg 22_0327ayame2.jpg
 アカヤギの一種では剛力ことアヤメケボリが見られます

23_0327kuroheri.jpg 24_0327marutama.jpg
 この時期、旬のクロヘリアメフラシとビロードトゲトサカにいたマルタマオウギガニ

25_0327shiroobi.jpg 27_0327sero2.jpg
 シロオビコダマウサギとセロガタケボリ このエリアでは結構、見られます

26_0327miyako.jpg 28_0327biwa.jpg
 キレイなミヤコウミウシの幼体と石裏のキモカワ系、ビワガタナメクジ このエリアもじっくり時間をかければそーとーウミウシが見つかりそうですね

29_0327koke3.jpg
 ラストはコケギンポの仲間をウォッチしました


 あくびシーンの撮影方法の参考にして下さい 簡単でしょ(^ム^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あいにくの雨降りでしたが穏やかな海況でした 3/26雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温18℃ 水温:14.6℃
透視度:5~3m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:弱
コース:牛着岩(島裏~小牛洞窟~小牛裏カド)

1_032614kaikyo.jpg
 あいにくの雨降りでしたが昨日の風がおさまり穏やかな海況になりました(^o^) 本日もウミウシ・リクエストで60分×2本じっくり潜ってきました~

2_0326setomi.jpg 9_0326sweet1.jpg
 ファーストコンタクトはこの時期、多く見られるゴクラクミドリガイの仲間、セトミドリガイとスイートジェリーミドリガイです

3_0326kon.jpg
 今日もいました~ コンシボリガイ 大好物です(^o^)

4_0326sarasa.jpg 6_0326komon1.jpg
 伊豆の定番、サラサウミウシとコモンウミウシです

5_0326hiro.jpg 10_0326shirayuki.jpg
 ちょっと大きなヒロウミウシとシラユキウミウシがいました

7_0326aou1.jpg 13_0326aou2.jpg
 アオウミウシがいっぱいいますね~ 

8_0326bob.jpg
 ボブサンウミウシが今日も見られました でも最初に見た場所からだいぶ動いていました 今日が千秋楽でしょうか…

11_0326sakurami.jpg 12_0326kogane.jpg
 小牛洞窟前の壁ではサクラミノウミウシとコガネミノウミウシが見られました

14_0326yokoebi.jpg
 カラーバリエーションが豊富なヨコエビの仲間 シックな黒バージョンです


 動画でも撮ってみました(^o^)

15_0326hanasho.jpg 16_0326hiram.jpg
 スタジオジブリのもののけ姫に出てきた祟り神チックなウミウシ、ハナショウジョウウミウシ 「おっことぬし様、祟り神なんかにならないで!」と、ゆーサンの台詞を思い出してしまいます 近くにヒラムシの仲間もいました

17_0326komon2.jpg 18_0326sweet.jpg
 小牛の裏カドではコモンウミウシとスイートジェリーミドリガイが見られました 本当は湾内でエグジットしたかったんですが途中で時間の60分になってしまったのでここでフロート上げてエグジットしました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温18℃ 水温:14.6℃
透視度:5~3m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:弱
コース:牛着岩(ロッカク岩~大牛カド~湾内)

19_0326isokon.jpg 23_0326kaikam.jpg
 ロッカク岩からエントリー ファーストコンタクトはイソコンペイトウガニとカイカムリです どちらもカワイイですね~

20_0326kotohime1.jpg 24_0326kotohime2.jpg
 ギザギザタイプのコトヒメウミウシが見られました

21_0326hanayaka.jpg 22_0326benikinu.jpg
 擬態の名手、ハナヤカケボリがペアで見らえました 擬態系を見破るのが結構、気持ちいいんですよ~(^o^) アカヤギの一種ではベニキヌヅツミが見られました

25_0326kuroheri.jpg 28_0326hiram.jpg
 旬のクロヘリアメフラシとバリエーションが豊富なヒラムシの仲間

26_0326mitsui.jpg 29_0326shirou.jpg
 黄色バージョンのミツイラメリウミウシと定番のシロウミウシ

27_0326hibusa.jpg 30_0326iga.jpg
 やや大きなヒブサミノウミウシとほんのりピンクがかったイガグリウミウシがいました

31_0326hiramil.jpg 32_0326otome.jpg
 水深を上げてエグジットに備えているとヒラミルミドリガイとオトメウミウシが見られました どちらも雲見ではフツーに見られるウミウシです

33_0326tsutsu.jpg
 ツツボヤの一種です アオパンダボヤ同様、愛嬌があってなんか可愛らしいですね 明日はやや波が高くなりそうですが雲見予定です

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 20:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春爛漫!ウミウシ・リクエストでじっくり3ダイブ 3/25雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温18℃ 水温:14.6℃
透視度:5~3m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:弱
コース:牛着岩(-24mアーチ~水路~湾内)

1_032514kaikyo.jpg
 春爛漫の暖かな一日でした 風波、ウネリがあり春濁りで視界不良でしたがウミウシ・リクエストでしたのでコンディションに関係なく60分×3ダイブ、満喫してきました~♪

2_0325akaboshi.jpg 3_0325komon1.jpg
 -24mアーチブイからエントリー 根頭で早速、ウミウシ探しをしました まずはアカボシウミウシとコモンウミウシ

4_0325hiramil.jpg 5_0325setomi.jpg
 ハイミルにはヒラミルミドリガイがいました 春ですね~ フクロノリが増えました そこにいたのがセトミドリガイ

6_0325sagiri.jpg 26_0325otome.jpg
 サギリオトメウミウシとTHEオトメウミウシ

7_0325bob.jpg
 リクエストのボブサンウミウシ ついこの間までカイメンを摂食中でしたが今日は動いていました もうすぐいなくなりそうな予感…(>_<)

8_0325mokuzu.jpg 10_0325kaimeng.jpg
 擬態の巧いカニがいました モクズショイとカイメンガニです


 カイメンガニのスーパー擬態を動画でどうぞ コワタクズガニと同じくらい見分けがつきません

11_0325midoria.jpg 12_0325kuroheri.jpg
 ハイミルにいたミドリアマモウミウシとこの時期、旬のクロヘリアメフラシです

13_0325kisei.jpg
 何気なくトラウツボを見ていたら横顔でなにやら動く物体が… どうやら寄生虫のようです


 素早く動くヤツはカメラで捉えられなかったのでじっとしていたヤツを撮影しました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温18℃ 水温:14.7℃
透視度:5~3m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:弱
コース:牛着岩(-16mアーチ付近~ロッカク岩~湾内)

14_0325isokon.jpg 18_0325tkoke.jpg
 2ダイブ目もウミウシの仲間を中心にマクロ系のフォトダイブです ファーストコンタクトはイソコンペイトウガニ そしてトウシマコケギンポです

15_0325bekko1.jpg 21_0325hiro.jpg
 砂地でホタテウミヘビのノブオの餌付けパフォーマンスをした後、ふと砂地を見るとベッコウヒカリウミウシが這っていました 岩場では大きなヒロウミウシも見られました

16_0325hirame.jpg 17_0325hirame2.jpg
 砂溜まりでは大きなヒラメと中くらいのヒラメがいました ペアなんでしょうか 漢字の「人」型になっていました(笑)


 面白かったので動画で撮ってみました(^o^)

19_0325shirohana.jpg 20_0325doto.jpg
 シロハナガサウミウシとマツカサウミウシが見られました

23_0325hanayaka.jpg 24_0325benikinu.jpg
 バニーもチェックしました ハナヤカケボリのペアとベニキヌヅツミです

22_0325kon.jpg 25_0325mis1.jpg
 貝持ち系(もうウミウシではないらしいですが)のウミウシを2種 コンシボリガイとミスガイです あっという間の60分でした

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温18℃ 水温:14.8℃
透視度:5~3m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:弱
コース:牛着岩(小牛前)

27_0325koke1.jpg 28_0325koke2.jpg
 ラストは湾内(小牛前)のみじっくりマクロ系フォトダイブ ギンポ岩のコケギンポの仲間です

9_0325aou1.jpg 28_0325sarasa.jpg
 伊豆の定番、アオウミウシとサラサウミウシ

29_0325ayame.jpg 30_0325shiroobi.jpg
 バニーもたくさん見られました 剛力ことアヤメケボリと外套膜が美しいシロオビコダマウサギ

31_0325hiram1.jpg 32_0325kuroheri2.jpg
 ヒラムシの仲間とクロヘリアメフラシがいました コブダイもいつものようにやってきて餌付けをしました(笑)

33_0325akaera.jpg
 この時期、旬のアカエラミノウミウシカヤ類上で見ることが多いです

34_0325hosoten.jpg 35_0325shiroobi2.jpg
 テンロクケボリとシロオビコダマウサギ どちらも美しいバニーちゃん(ウミウサギ)ですね(*^_^*)

36_0325noumea.jpg 39_0325bekko.jpg
 キレイなノウメア・ワリアンスと本日、2個体目のベッコウヒカリウミウシ

37_0325yokojima.jpg
 久し振りのヨコジマキセワタです キセワタの仲間の中で特に好きな種です 今日はコイツが見られるなんてラッキーでした~\(^o^)/ 明日は雨予報ですが海は穏やかそうです

40_0325hama.jpg
 浜囲い(冬場は西風で砂が道路にとばされないように囲っています)が撤去されました コイツがなくなるといよいよ春本番ですね~

 オマケの動画です ダイバーのグローブから気泡と一緒に個人情報が漏れる様子をご覧ください(笑)


 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大西で東伊豆に移動 ダンゴウオ祭りでした 3/21菖蒲沢のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温15℃ 水温:13.3℃
透視度:7~5m 潮流:なし ウネリ:弱
コース:ビーチ

1_032114kaikyo.jpg
大西で西伊豆は海がクシャクシャです(>_<) と、ゆーことで穏やかな海況の東伊豆、菖蒲沢にお邪魔しました 波とウネリが軽く入っていましたがまずまずのコンディションでした

2_0321dango1.jpg
 ファーストコンタクトはコイツ、ダンゴウオです 先週、見つけた個体ですが同じ場所で見られました(^o^)

3_0321midoria1.jpg 4_0321midoria2.jpg
 トウフ岩でウミウシ探し ミドリアマモウミウシはハイミルでいっぱい見られます

4_0321aopanda.jpg
 お気に入りのツツボヤの一種、通称アオパンダ

5_0321aou.jpg 7_0321shirou1.jpg
 定番ウミウシのアオウミウシとシロウミウシ

6_0321hiramil1.jpg 11_0321hiramil2.jpg
 同じくハイミルにいたヒラミルミドリガイ

8_0321koke1.jpg 9_0321koke2.gif
 コケギンポの仲間のいっぱいいますね 何コケギンポなんでしょう!? ボーダー柄がオシャレでした あくびシーンも見られて良かった×2(^o^)

10_0321sweet.jpg 12_0321otome.jpg
 スイートジェリーミドリガイとオトメウミウシもいました

13_0321dango2.jpg 14_0321dango3.jpg
 その後、ダンゴウオが次々と見つかりました 他店情報も合わせると10個体以上は見られそうですね~\(^o^)/


 ムービーで撮ってみました ピントが甘くてスミマセン…m(__)m

15_0321bikunin.jpg
 エグジット間際、浅場でスナビクニン探し いや~、いっぱいいますよ~ ただウネリが強くて思うように撮影できずに残念でした(ToT)/~~~ 来週は穏やかなお天気になりそうです このまま春になって雲見を潜りたいですね~~

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

透視度12m、水温15℃! 春濁りはどこえやら(^o^) 3/17雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温15℃ 水温:14.9℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:弱
コース:牛着岩(-16mアーチ付近~湾内)

1_031714kaikyo.jpg
 前日の西風がおさまりました 軽くウネリが残っていましたが、潮色抜群で水温も2℃くらいUPしました~\(^o^)/


 イソコンペイトウガニの動画を撮りに1ダイブ費やしました 写真やムービーの撮影ってなかなか難しいもんですね スキルはもちろんですがセンスが大事ですね…(^_^;)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温13℃ 水温:14.9℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:弱
コース:牛着岩(裏~水路~ブイ)

3_0317bob.jpg
 続いてはリサーチでボブサンウミウシをチェック

2_0317shiro.jpg 5_0317otome.jpg 6_0317sarasa.jpg
 シロウミウシ、オトメウミウシ、サラサウミウシなどレギュラーメンバーが見られました もちろんアオウミウシもいました ウネリが残っていたので浅場はウミウシが出ていませんでしたね(>_<)

4_0317kon.jpg
 それでもなんとかコンシボリガイをGET! 大きくてとってもキレイでした

7_0317doto.jpg
 通称ワライボヤマツカサウミウシ  お気に入りの一品です 30分という短い潜水時間だったのでボクの腕ではとても目ぼしい生物は見つけられませんでした…(涙)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温15℃ 水温:14.6℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:弱
コース:牛着岩(-16mアーチ~湾内)

8_0317hotate.jpg 9_0317sero.jpg
 ホタテウミヘビのノブオにエサやりをしました その後、イソコンペイトウガニの動画撮影を再開 移動中に見られたセロガタケボリ

10_0317hanayaka1.jpg 11_0317hanayaka2.jpg
 ハナヤカケボリは2個体見られました イソコンペイトウガニ同様、擬態の名手です(貝なので手はないけど…)

12_0317kaikam.jpg
 ジュズエダカリナというカイメンの帽子を被ったカイカムリ かわいらしいですね(*^_^*)

8_0311isokon.jpg
 イソコンペイトウガニの動画をしつこく撮ってましたがウネリがあってなかなかウマくいきませんでした(>_<) 本日、30分×3ダイブでしたがマクロ派やフォト派の方とご一緒すると1ダイブ60分くらい潜るのでなんかペースがつかめませんでした 料理に例えると煮込み料理が得意なのになぜかしゃぶしゃぶやっちゃった、みたいな(笑)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 20:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西風を避けて穏やかな東伊豆に移動 3/16菖蒲沢のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温15℃ 水温:13.2℃
透視度:5~3m 潮流:なし ウネリ:微
コース:ビーチ

1_031614kaikyo.jpg
 朝から西よりの風が強く吹き、海がバシャバシャしていました 雲見は午前中、OPENとのことでしたがここは無理せず東伊豆に移動してのんびりウミウシダイブをしました 菖蒲沢のビーチはとても穏やかで潮が下げると水面に顔を出した岩肌にはヒジキやフノリが生い茂り春の訪れを感じました

2_0316kuromo1.jpg 3_0316kuromo2.jpg
 ファーストコンタクトはクロモウミウシ この時期、旬のウミウシですね ちょっとしたコツで簡単に見つかりますよ

4_0316sweet1.jpg
 スイートジェリーミドリガイもたくさん見られました 一昨日はホワイトデーでしたがホワイトデーにぴったりなネーミングですね

5_0316sarasa2.jpg 6_0316shirayuki1.jpg
 サラサウミウシとシラユキウミウシ レギュラーメンバーですね

7_0316midoria.jpg 8_0316midoria1.jpg
 ハイミルをチェックするとあちらこちらでミドリアマモウミウシが見られます 

9_0316hiram.jpg 10_0316hiram2.jpg
 ヒラムシの仲間は雲見ではあまり見かけないタイプですね

11_0316sagamiko.jpg 12_0316yubi1.jpg
 サガミコネコウミウシとユビウミウシ 独特なフォルムで個人的な意見ですが見つかると嬉しいシリーズです

13_0316manryo.jpg 14_0316kuromo3.jpg
 この時期、旬のマンリョウウミウシと再びクロモウミウシ

15_15_0316setomi1.jpg 16_0316hiramil.jpg
 ゴクラクミドリガイの仲間はセトミドリガイとヒラミルミドリガイが見られました

17_0316mukade.jpg 18_0316kkocho.jpg
 こちらも旬のムカデミノウミウシ 幼体はかわいいんですけどね(^_^;) 雲見ではあまり見られないキイロウミコチョウがここでは普通に見られます エツキイワノカワに小さなダンゴウオがいたのですが近づいたらシュッと逃げられてしまい撮影はできませんでした(>_<)

19_0316bikunin1.jpg
 ガイドロープ沿いにエグジットエリアに向かう途中、いっぱい見られたスナビクニン まずはストライプ

20_0316bikunin2.jpg 21_0316bikunin3.jpg
 こっちもストライプですね そして水玉バージョンもいました いや~、カワイイですね(^o^) 80分じっくり潜りましたよ~\(^o^)/

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温15℃ 水温:13.1℃
透視度:5~3m 潮流:なし ウネリ:微
コース:ポイントM

22_0316aopan.jpg
 続いてはボートダイビングをしました 菖蒲沢のボートポイントは平均水深が深いのですがポイントMは水深が浅いのでじっくり潜りたいマクロ派にはオススメです ファーストコンタクトはツツボヤの仲間、通称アオパンダボヤ

23_0316komon1.jpg 24_0316komon2.jpg
 コモンウミウシがいました 1ダイブ目でアオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシを見ているのでプチ・グランドスラムですね(笑)

25_0316inaba.jpg
 いや~、カワイイですね!!イナバミノウミウシです 背中のラインやミノのカタチ、そしてミノの透けすけ感が個人的にツボなウミウシです

26_0316hiro1.jpg27_0316hiro2.jpg
 ヒロウミウシも団地状態でかたまっている亀裂がありました

28_0316aou1.jpg 29_0316shiro1.jpg
 レギュラーメンバーのアオウミウシとシロウミウシ

30_0316sarasa1.jpg 31_0316shirayuki2.jpg
 こちらもレギュラーメンバーのサラサウミウシとシラユキウミウシ

32_0316sakurami.jpg 34_0316setomi2.jpg
 この時期、旬のサクラミノウミウシ 桜の時期に多く見られます 頭の白い斑紋がトレードマークのセトミドリガイです

33_0316yubi2.jpg
 ここにもいました、ユビウミウシ 奇跡の一枚的にかわいく撮れましたね~(*^_^*)

35_0316mongara.jpg 36_0316otome.jpg
 小さなモンガラキセワタとオトメウミウシです

35_0316jiboga.jpg
 雲見ではほとんど見られないのですがここでは雑魚キャラなジボガウミウシ白地に黒い触角と二次鰓がとってもお洒落な感じです でも名前のジボガって何ですかね? 北斗の拳で秘孔を突かれた時の断末魔みたいな名前ですね 「あべし、ひでぶ、じぼが」みたいな(^ム^)

37_0316bkaeru.jpg
 地味だけと立派な体躯のベニカエルアンコウがいました カエルアンコウの仲間といえば伊豆ダイバーの人気者なんですが、本日ご一緒いた方々は完全100%純ウミウシダイバーだったので残念ながらスルー(笑)

38_0316koika.gif 39_0316ise.jpg
 コウイカの仲間がいました 一瞬で体色を変化させます まるでカメレオンのようですね そして亀裂をのぞくといっぱい見られた大きなイセエビ

40_0316kuroheri.jpg 41_0316sesuji.jpg
 藻場ではクロヘリアメフラシがいました そして美しいセスジミノウミウシ いや~、菖蒲沢は相変わらずウミウシやマクロ系の生物が多いですね この時期はダンゴウオ、スナビクニン、ウミウシザクザク そしてカエルアンコウの仲間なんかもいて大満足でした 施設もキレイで暖かくて使い勝手もバッチリですね あとは器材がお湯で洗えれば言うことないんですが(ぜいたく?)

42_031514.jpg
 オマケ! 写真は前の晩、ご一緒したダイバーと呑みながら撮ったものです もう都合の悪いことは全く聞こえません(爆)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春はもうすぐそこ! 海越しの富士山がキレイでした(^o^) 3/11雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温10℃ 水温:13.3℃
透視度:8m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:弱
コース:牛着岩(-24mアーチブイ~クレバス~水路~小牛前~湾内ブイ)

1_031114kaikyo.jpg
 前日の大西がおさまりましたがウネリが残っていました 潮色は下がり水温は13℃前後と前年同日と比べると2~3℃低いようです(>_<) ただ空気は澄みきっていて牛着岩の背後には海越しの富士山がとてもキレイでした!

2_0311doto.jpg 3_0311shiroobi.jpg
 -24mアーチブイからエントリーしました ところがやっちゃました… カメラのバッテリーを充電していなかったようでまさかのバッテリーアウト と、ゆーことで写真はクレバスのワライボヤマツカサウミウシと小牛のシロオビコダマウサギの2枚のみです 小牛の前カドでコブダイのシンペイにず~っと餌付けをしていました(苦笑)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温10℃ 水温:12.9℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:弱
コース:牛着岩(-16mアーチ付近~大牛カド~湾内)


 -16mアーチ前からエントリーしました 砂地のホタテウミヘビ4個体、全員にご馳走しました ノブオには全身出る前にエサを捕られてしまい全身をだすことができませんでした 撮りながらの餌付けはちょっと無理がありますね…(>_<)

4_0311kaikam1.jpg 5_0311kaikam2.jpg
 お気に入りのカイカムリ、2個体 ジュズエダカリナの帽子がお似合いです

6_0311chidiwa.jpg 7_0311hanayaka.jpg
 こんなところにチヂワケボリが(;O;) 宿主はイソバナのイメージがあったのでちょっとビックリ 続いてはハナヤカケボリ 擬態が上手くて見つけづらいですが個体数は割と多いですね 1ダイブ目で2個体 そしてコイツと本日3個体目です

8_0311isokon.jpg
 擬態の名手と言えばイソコンペイトウガニも負けてはいません カラダにウミトサカのポリプを身にまとって完全にカモフラージュ 写真は分かりやすいように演出して撮影しています

9_0311namakom.jpg 12_0311yakushima.jpg
 トラフナマコを宿主にしていたナマコマルガザミ そしておそらく初めて見たヤクシマダカラ 貝の模様がとてもゲージュツ的ですね

10_0311isoumi.jpg
 かわいらしいイソウミウシの仲間がいました コレ系のウミウシも実は結構、ツボです

11_0311ibara.jpg 13_0311otome.jpg
 イバラウミウシとオトメウミウシ イバラウミウシはこの種にしては大きくてちょっとビックリ(@_@;) 45分×2本、潜りました

14_0311fuji.jpg
 あんまりにも海越しの富士山がキレイだったので帰り道に車を停めて撮影しちゃいました 予報では明日から春の陽気になるそうです 楽しみですね~ 週末はウミウシ・リクエストで雲見を予定しています ボブサンウミウシの情報もGETしましたので週末、是非チェックしたいと思います(^v^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 20:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |