伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

2013年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ウミウシ&サビハゼの産卵の季節です 1/26菖蒲沢のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温9℃ 水温:14.1℃
透視度:12m 潮流:- ウネリ:弱
コース:ビーチ(漁礁ブイ~水路へ)

1_012614kaikyo.jpg
 冬型の気圧配置が強まり雲見は西風CLOSE… こんな日は海況が穏やかでサンデッキが暖かな菖蒲沢がオススメです 河津川沿いの桜並木の蕾もふくらみ、いよいよ来月から全国的にも有名なイベントの桜祭りが始まります 毎日、寒い日が続きますが春は確実にやってきているんですね

2_0126aoboshi.jpg 5_0126hiramil.jpg
 さて海の方はといいますとこの時期よく見られる藻にアオボシミドリガイがいました ハイミルには擬態の名手、ヒラミルミドリガイがいました

3_0126midori1.jpg 4_0126midori2.jpg 6_0126midori3.jpg
 タマミルの上にいたミドリアマモウミウシ 極小サイズです どれくらい小さいかを表現するため「ほじほじクン」と比較してみました ハイミルの上にいた個体は標準サイズでした(っていっても小さいんですけどね…)
 
7_0126koib1.jpg 11_0126koib2.jpg
 コイボウミウシです

8_0126kushi.jpg 10_0126zara.jpg
 ザラカイメンの中にいたクシノハカクレエビとザラカイメンカクレエビ ザラカイメンの少ない雲見ではまだ見たことがありませんがここの来ると必ず見られます 見分け方はクシノハカクレエビはハサミの大きさが極端に違いハサミの可動部分の付け根がやや赤っぽい ザラカイメンカクレエビはハサミの大きさが左右ほぼ同じで毛が生えている、といったところでしょうか どちらかとゆーとザラカイメンカクレエビ派です(笑)

9_0126shiro.jpg 16_0126sagamiiro.jpg
 シロウミウシとサガミイロウミウシ

12_0126tsuguchi.jpg 13_0126chijiwa.jpg
 イソバナの仲間にバニーもいました ツグチガイとチヂワケボリです ツグチガイが外套膜がむけちゃいました…(^_^;)

14_0126koganem.jpg
 久し振りのコガネミノウミウシ 雲見でも大牛洞窟周辺で時々、見られます

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温9℃ 水温:14.1℃
透視度:12m 潮流:- ウネリ:弱
コース:ビーチ(トーフ岩からEN/EXエリアへ)

17_0126namakom.jpg
 まずは砂地でトラフナマコを宿主にしているナマコマルガザミ

18_0126koke2.jpg 15_0126koke1.jpg
 コケギンポの仲間はバリエーションに富んでいます

19_0126egg.jpg 20_0126sabi.jpg
 冬の風物詩でしょうか サビハゼが卵を守っていました 産卵から10日くらいでハッチアウトするらしいのですが何日目なんでしょうかね もう眼が出来上がっていてコチラを見ているようですね ちなみに卵を守っているのはオスです

21_0126aopanda.jpg 30_0126hiram.jpg
 ツツボヤの一種、通称アオパンダです 触角っぽいのが見えるヒラムシの仲間がいました

22_0126chigo.jpg
 美しいチゴミドリガイ 菖蒲沢では潜るたびに見ているような気がします 個体数が多いんですかね? 雲見ではまだ数回しか見たことがありません

23_0126miyako.jpg 27_0126kiiro.jpg
 ミヤコウミウシの幼体とキイロウミウシです ミヤコウミウシは青い斑紋がキレイでした

24_0126aou.jpg 28_0126shirayuki.jpg
 伊豆のウミウシの定番、アオウミウシ そしてシラユキウミウシもいました

25_0126mukade1.jpg 26_0126mukade2.jpg

29_0126ise.jpg
 ガイドロープのスタート地点の脇に水面から出ている大きな岩があるのですが、亀裂が多くてイセエビがいっぱいいました ウミウシが付きそうな雰囲気だったんですが今回は見つけられませんでした 水深が浅めなのでウェイトを多めにしてインナーをがっちり着込んでじっくり冬の海を楽しみましょう!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 20:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

午前中のみエリア限定のOPENでしたが20種類以上のウミウシGET 1/25雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温15℃ 水温:13.7℃
透視度:12m 潮流:- ウネリ:弱
コース:牛着岩(ブイ~水路前)

1_012514kaikyo.jpg
 昨晩から西よりの風が強くなり、てっきりCLOSEかと思い朝から東伊豆に移動する準備をしていると雲見のダイビングサービスからケータイに電話がかかってきました 来るならOPENするとのこと アニメ「ポケットモンスター」の主人公、サトシの常套句で「売られたバトルは買うのが礼儀」ってゆーのがありますがそーきたら行かない理由はありませんっ! 荒れ模様の雲見でウミウシダイブを敢行しました 潜水エリア限定、午前中のみのOPENという厳しいコンディションの中、一体どれくらいのウミウシをGETできるかまさにチャレンジです

2_0125mgokaku.jpg 4_0125yadokari.jpg
 湾内エントリー/湾内エグジットの限定条件だったのでまずはブイからエントリー ブイ下で見つけたアカウニを宿主にしていたムラサキゴカクガニとなぜか貝を背負っていない丸腰のヤドカリの仲間 ベラの仲間にあっという間に食べられちゃいそうですね…(>_<)

3_0125hiro.jpg 10_0125kinuhada.jpg
 今日もいっぱい見られたヒロウミウシと小さなキヌハダウミウシ キヌハダウミウシはウミウシ食のウミウシです

5_0125ninjin1.jpg 6_0125ninjin2.jpg 7_0125ninjin3.jpg
 すでに雑魚キャラと化したニンジンヒカリウミウシ 本日も二桁は見られましたかね…(^_^;)

8_0125biwa1.jpg 9_0125biwa2.jpg
 ニンジンヒカリウミウシと同様に雑魚キャラのビワガタナメクジ ど~しても愛せないルックスです(>_<)

11_0125kkocho.jpg 12_0125arimo.jpg
 雲見では割と珍しいキイロウミコチョウとアリモウミウシ 小さいですがとってもキレイ(*^_^*)

13_0125kamenoko1.jpg 14_0125kamenoko2.jpg
 カメノコフシエラガイの幼体が見られました 幼体の頃はとってもカワイイですね!

15_0125fusen1.jpg 16_0125fusen2.jpg
 フウセンウミウシも増えてきました そろそろメリベも登場の予感ですね~(^ム^)

17_0125hiram.jpg 18_0125umifukuro.jpg
 大きなヒラムシの仲間と見た目が怖いウミフクロウ ナイトで見かけることが多いウミウシですがコツをつかめば昼間でも見られます 本日、午前中限定の2ダイブだったので1本1本を大切に70分のロングダイブでした~\(^o^)/

フィールドインプレッション
天候:晴れ→曇り 気温10℃ 水温:14.0℃
透視度:12m 潮流:- ウネリ:弱
コース:牛着岩(クレバス~水路~ブイ)

19_0125doto.jpg
 2ダイブ目はクレバススタートで狙い通りマツカサウミウシ属の一種3からスタート ウミウシ好きには堪らない逸品ですね(^o^)

20_0125sagaryu1.jpg 21_0125sagaryu2.jpg
 サガミリュウグウウミウシの大小GET やっぱり小さい方がカワイイなぁ~

22_0125hanayaka.jpg 23_0125tsuma.jpg
 ウミウサギの仲間もはさみこみました ご一緒した方が見つけてくれたハナヤカケボリといつものツマニケボリ

24_0125mireniam.jpg 25a_0125sweet.jpg
 正直、あんまり好きじゃないんですけどついつい目に留まってしまうミレニアムマツカサウミウシ そして季節柄かよく見かけるようになったスイートジェリーミドリガイ

25_0125tamagawa.jpg
 そして本日のその時です じゃじゃじゃ~ん♪ 出ました、タマガワミノウミウシ 実は本日、ご一緒した方々が行きの伊豆急の中で見たいウミウシとして会話に出ていたそうです まさに言霊でしょうか… 過去にも見たいと言っていたウミウシが見られたことが何回かあるので言霊ってあるかもしれません ダメ元で是非、声にしてリクエストして下さいね(見られなかった時はホント、すみません…)

26_0125sumizome1.jpg 27_0125sumizome2.jpg
 カヤ類とヒドロ虫に付いていたスミゾメミノウミウシです

28_0125komi.jpg 32_0125midori.jpg 33_0125aou.jpg
 いっぱいいるシリーズです まずはコミドリリュウグウウミウシ 小さい個体が多いので撮影はタイヘンですがいっぱいいます ミドリアマモウミウシ ハイミルをチェックすれば高確率で見られます アオウミウシ 言わずもがな…ですね

29_0125oshoro1.jpg 30_0125oshoro2.jpg
 まだ和名のないオショロミノ系も見られました~

34_0125koneko1.jpg 35_0125koneko2.jpg
 ラストは超カワイイ、コネコウミウシ まさに仔猫ちゃんといったルックスですね(*^_^*) タマガワミノウミウシが見られなかったら本日のイチ押しだったんですが、タマガワミノウミウシのインパクトが強すぎて2番手になってしまいました…
 明日は大西予報です 海況が良ければ菖蒲沢でウミウシをがっつりエグってきまーす\(^o^)/

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 00:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダンゴウオに逢いに東伊豆へ出張 1/19菖蒲沢のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温9℃ 水温:14.6℃
透視度:15m 潮流:- ウネリ:-
コース:沈船

1_011914kaikyo.jpg
 やや西よりの風でしたが雲見はOPENでした 本日は昨年末に菖蒲沢に登場したダンゴウオに逢いたいとのリクエストで出張?してきました(^o^)

2_0119dango.jpg
 そしてファーストコンタクトはダンゴウオ 立派な親ダンゴです 抱卵中でお腹がパンパンです 元気なちびっこを産んでね~

3_0119bkaeru1.jpg 4_0119bkaeru2.jpg
 沈船まわりでベニカエルアンコウをGET カイメンが多く雰囲気ありますね ただ水深が深いので早々に浅場へ移動しました

5_0119kushinoha1.jpg 6_0119kushinoha2.jpg
 ザラカイメンの中にはクシノハカクレエビがいました ほじほじ棒が大活躍 どちらかというとザラカイメンカクレエビの方が見たかったんですけどね… いや~、それにしてもダンゴちゃん可愛かったぁ~(^○^)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温9℃ 水温:14.6℃
透視度:15m 潮流:- ウネリ:-
コース:ビーチ

7_0119hiram1.jpg 9_0119hiram2.jpg
 続いてはビーチでじっくりウミウシダイブ まずはヒラムシの仲間が見られました

8_0119mukademi.jpg 10_0119shirou.jpg
 今が旬のムカデミノウミウシと伊豆の定番ウミウシ、シロウミウシです

11_0119gomaf.jpg
 ご一緒した方が見つけたゴマフビロードウミウシ いや~、久し振りにみました ファインプレーですね!

11_0119kotohime.jpg 15_0119aou.jpg
 コトヒメウミウシとアオウミウシです この辺りも伊豆の定番でしょう

16_0119midori.jpg 19_0119sweet.jpg
 ハイミルにいたミドリアマモウミウシと浅場で見られるスイートジェリーミドリガイ

12_0119hiram3.jpg 13_0119hiram4.jpg 21_0119hiram5.jpg
 ヒラムシの仲間が多かったですね~ バリエーションもさまざまでした

17_0119koshi.jpg
 カジメの茎にはコシマガリモエビがいました 西伊豆ではモクの仲間に付いていることが多いのでちょっと新鮮でした

14_0119koke.jpg 18_0119ami.jpg
 コケギンポの仲間とアミの仲間

20_0119mukademe.jpg
 ラストは石裏にいたムカデメリベ ヒメメリベでしょうか? 1ダイブ目と2ダイブ目の間の休憩時間中に図鑑を見ながら話題になっていたのでタイムリーでした~ これからダンゴウオがますます見られるようになりますね 西風が吹いて雲見がCLOSEしたらコッチ方面に移動でしょうか? 今日も楽しいダイビングでした~(^o^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 19:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウミウシ47種類GET! ウミウシシーズン真っ盛り 1/18雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温10℃ 水温:14.3℃
透視度:15m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:微
コース:牛着岩(たて穴根頭)

1_011814kaikyo.jpg
 前日のヨタがおさまり絶好のダイビング日和、ウミウシ日和です 本日、がっつり60分×3本勝負です\(^o^)/

2_0118miamira.jpg 3_0118kika.jpg
 ファーストコンタクトはここ数日、見られているミアミラウミウシとキカモヨウウミウシです

4_0118mis1.jpg 5_0118mis2.jpg
 貝持ち系もいました ミスガイはちっこい方がカワイイですね~

6_0118nisehaku1.jpg 7_0118nisehaku2.jpg
 ニセハクセンミノウミウシがあちらこちらで見られます

8_0118yubiwa.jpg 9_0118akaboshi.jpg
 キレイなユビワミノウミウシとウミウシを食べるアカボシウミウシ ミノウミウシも食べちゃいます

10_0118inaba1.jpg 11_0118inaba2.jpg
 ミノがバルーンもたいなイナバミノウミウシ 3個体いました~

12_0118ninjin1.jpg 65_0118ninjin4.jpg
 ニンジンヒカリウミウシがいました 発光するウミウシです まだ光っているところを見たことがありませんが…

13_0118ibara_sp.jpg 14_0118shiroiba.jpg
 イバラウミウシの仲間とシロイバラウミウシです 触覚の付け根に色が入っているのが違いでしょうか

15_0118setomi.jpg 16_0118sweet.jpg 17_0118gokuraku.jpg
 ゴクラクミドリガイの仲間も見られました セトミドリガイとスイートジェリーミドリガイ、和名の無いゴクラクミドリガイの仲間です その他、画像はありませんがヨゾラミドリガイもいました 1ダイブですごいいっぱいウミウシが見られましたよ~\(^o^)/

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温10℃ 水温:14.2℃
透視度:15m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛洞窟前)

18_0118houbou.jpg 19_0118bkaeru.jpg
 ダイビングサービスはまゆの店長が釣ったホウボウ 疑似餌で釣れるそうです 水から上げるとグーグー鳴きます そして2ダイブ目も引き続きウミウシダイブです まずは先日、見つけた白くてちっちゃいベニカエルアンコウ 同じハネハリカイメンに付いていました

20_0118madara.jpg 21_0118senten.jpg
 マダライロウミウシと隣にはセンテンイロウミウシ カイメンを摂食中です

22_0118sarasa1.jpg 23_0118sarasa2.jpg
 レギュラーメンバーのサラサウミウシ

25_0118komon2.jpg 26_0118komon1.jpg
 こちらも最近、多く見かけられるコモンウミウシ

27_0118shirou.jpg 28_0118osero.jpg
 シロウミウシとオセロウミウシ オセロウミウシは大小、さまざまな個体がいました

29_0118iga.jpg 38_0118mitsui.jpg
 黄色いカイメンをチェックするとイガグリウミウシがいました ミツイラメリウミウシも多いですね

30_0118hiro.jpg 31_0118hiro0.jpg
 亀裂、岩肌、石裏とさまざまな場所で見かけるヒロウミウシ コケムシ食です

32_0118kotohime1.jpg 33_0118kotohime2.jpg
 黄色いカイメンにめり込んでいることが多いコトヒメウミウシ バリエーションが結構あります

34_0118komi1.jpg 36_0118doto_sp.jpg
 ホソフサコケムシを摂食中のコミドリリュウグウウミウシとスダレカヤにいたミレニアムマツカサウミウシ

35_0118kiiro.jpg 24_0118shirotae.jpg
 フリフリがオシャレなキイロウミウシとシロタエイロウミウシ シロタエイロウミウシはもう少し大きくならないと背中のハートマークが良く見えませんね

40_0118shirayuki1.jpg 41_0118usuiro1.jpg
 こちらも良く見かけるシラユキウミウシとウスイロウミウシ ウスイロウミウシは例年より個体数が少ない気がしますが… 画像はありませんがシラユキウミウシに似たミナミシラヒメウミウシもいました

37_0118fujimusume.jpg
 おぉ~、フジムスメウミウシです キレイですね~~(^○^)

39_0118noto.jpg 46_0118neaka.jpg
 ノトアリモウミウシが登場 そろそろチャシオグサもチェックした方が良さそうですね アリモ系が続々と登場してきますね ネアカミノウミウシも見られました

42_0118sori2.jpg 43_0118sori1.jpg
 深場のバニー、ソリキヌヅツミも暗がりが多い雲見では浅場でフツーに見られます

44_0118hibusa1.jpg 45_0118hibusa2.jpg
 ヒブサミノウミウシも2個体、目撃しました

47_0118hakuten.jpg
 久し振りのハクテンミノウミウシ 雲見のハクテンミノウミウシは美人さんです ホント、キレイな個体でした~~

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温10℃ 水温:14.3℃
透視度:15m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(水路~水路前)

48_0118sumizome2.jpg 55_0118sakishima.jpg
 ラスト3ダイブ目は水路と水路前のみ まずは水路で見られるスミゾメミノウミウシとサキシマミノウミウシ

49_0118tsumani.jpg 50_0118hosoten.jpg
 キバナトサカにはツマニケボリとホソテンロクケボリがいます どちらもかわいいバニーですね

51_0118hiro1.jpg 52_0118midori.jpg
 ヒロウミウシとミドリアマモウミウシ ミドリアマモウミウシはハイミルの上にベタベタっと付いていました

54_0118sagaryu.jpg
 先日、見つけたサガミリュウグウウミウシのちびっこ サガミリュウグウウミウシもちびっこはカワイイですね~

56_0118shirayuki2.jpg 70_0118hiram.jpg
 またまた見られたシラユキウミウシと触角っぽいのがありますがヒラムシの仲間 キレイな模様でした

57_0118chigomino.jpg 58_0118ibara_sp2.jpg
 エッグイーターのチゴミノウミウシ 白バージョンとピンクバージョンの2個体が一緒にいました 食べ物によって色が全然、違いますね そしてまた見られたのは触覚の付け根に色が入っているイバラウミウシの仲間

59_0118ibara1.jpg 60_0118ibara2.jpg 62_0118ibara3.jpg
 THEイバラウミウシはウジャウジャ見られました ちなみにTHE ALFEEとおんなじで「ジ・イバラ」です(笑)

63_0118ninjin2.jpg 64_0118ninjin3.jpg
 ジ・イバラとおんなじくらい見られたのがニンジンヒカリウミウシ コイツもウジャウジャでしたね

53_0118himesan.jpg 66_0118tsuyu.jpg
 エンタクミドリイシの中にはヒメサンゴガニ属の一種とキモガニがいました そしてこの低水温の中、頑張っていたツユベラ

67_0118biwa.jpg 68_0118kamenoko.jpg 69_0118umifuku.jpg
 ちょいキモカワ系のウミウシ3連発 ビワガタナメクジ、カメノコフシエラガイ、ウミフクロウです

71_0118akaboshitsu.jpg
 そして本日の大ヒットはコイツでしょう!アカボシツバメガイ いや~、ピンドットがとってもお洒落なツバメガイの仲間ですね 初めて見ましたよ~(^o^)

72_0118niji.jpg
 ラストは安全停止バーにつかまってニジギンポとにらめっこ 本日なんと47種類のウミウシが見られました これって自己記録更新ですね~ 夏場あれだけウミウシ氷河期だったのにここに来て大爆発の予感…(^ム^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウネリを避けて湾内エリアでじっくりのんびり 1/17雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温10℃ 水温:14.1℃
透視度:15m 潮流:- ウネリ:中
コース:牛着岩(クレバス~たて穴根頭)

1_011714kaikyo.jpg
 本日もウミウシ・リクエストです ただウネリが入っていたため潜るポイントがやや限定されてしまいました 1ダイブ目は島裏からエントリーしてクレバスの壁を中心にウミウシダイブです

2_0117komi1.jpg 3_0117mitsui.jpg
 まずはコミドリリュウグウウミウシから ゴマ粒サイズが多い中、大きめサイズの個体もちらほら見られました そして黄色いミツイラメリウミウシ

4_0117shiro.jpg 6_0117aou1.jpg 8_0117sarasa1.jpg
 レギュラーメンバーがお出迎えしてくれました シロウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシです

5_0117doto_sp.jpg 7_0117otome.jpg 9_0117nisehaku1.jpg
 昨日、見つけたマツカサウミウシ属の一種はお出かけ中で今日、見られたのは極小サイズでした オトメウミウシとニセハクセンミノウミウシも見られました

10_0117kika.jpg 11_0117miamira.jpg
 たて穴の根頭付近ではキカモヨウウミウシとミアミラウミウシ ただウネリが強烈でウミウシ探しどころではありませんっでした(>_<) -24mアーチブイに移動してエグジットしました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温10℃ 水温:14.2℃
透視度:15m 潮流:- ウネリ:微
コース:牛着岩(水路~水路前)

12_0117sumizome.jpg 14_0117nisehaku2.jpg
 2ダイブ目は水路前からエントリーして水路へ ヒドロ虫にはスミゾメミノウミウシ 岩肌ではニセハクセンミノウミウシが見られました

13_0117tsumani.jpg 18_0117hosoten.jpg
 キバナトサカを宿主にしているツマニケボリにとホソテンロクケボリ よく似ていますが別種のバニーです

15_0117sagaryu1.jpg
 コケムシを摂食中のサガミリュウグウウミウシ 20mmくらいのお手頃サイズでした このくらいの小さい個体がカワイイですよね~

16_0117hiro.jpg 17_0117midori.jpg
 同じ岩肌でヒロウミウシとミドリアマモウミウシが見られました

19_0117biwa.jpg 22_0117biwa2.jpg
 水路前ではウミウシ神経衰弱 まずは雑魚キャラのビワガタナメクジ とにかくいっぱい見られます

20_0117ibara1.jpg 25_0117ibara2.jpg
 そして大発見だったのはイバラウミウシの多いこと、多いこと こーゆーロケーションを好むウミウシだったんですね

21_0117kamenoko1.jpg 23_0117kamenoko2.jpg 24_0117kamenoko3.jpg
 カメノコフシエラガイも幼体のうちはとってもカワイイですね~ いっぱいいました~(^o^)

26_0117sero1.jpg 27_0117tenrok.jpg
 ウミトサカの仲間ではセロガタケボリとテンロクケボリ 雲見ではフツーに見かけるバニーです

28_0117hiram1.jpg 29_0117satsuma.jpg
 大きなヒラムシの仲間のサツマカサゴの白化個体 マクロ系がとっても充実していました~

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温10℃ 水温:14.3℃
透視度:15m 潮流:- ウネリ:微
コース:牛着岩(-16mアーチ前~大牛カド~水路前~ブイ)

30_0117namakom.jpg 31_0117kaikam.jpg
 ホタテウミヘビのノブオの餌付けからスタートしました 一昨日、満腹にしたせいか食いつきは今ひとつでした(~_~;) トラフナマコを宿主にしたナマコマルガザミとジュズエダカリナの帽子を被ったカイカムリが見られました

32_0117isokon.jpg
 背中にフジツボが付いているイソコンペイトウガニ やや小さめの個体もいました オールシーズンイソコンが見られるこのエリアはイソコンにとって住みやすい環境なんでしょうね

33_0117koke.jpg 34_0117ikaeru.jpg
 屏風岩のコケギンポの仲間とイロカエルアンコウ イロカエルアンコウはすっかりロングセラーになりましたね~ 海況が悪いながらも今日もたくさんのウミウシが見られました 明日もウミウシ・リクエストです 気合入れてがっつりエグりますよ~~\(^o^)/

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 17:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウミウシ・リクエストで60分×2本勝負! 1/16雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温10℃ 水温:14.2℃
透視度:15m 潮流:- ウネリ:微
コース:牛着岩(クレバス~たて穴根頭)

1_011614kaikyo.jpg
 年が明けてから最高のコンディションだったのはないでしょうか? 潮色抜群、お天気最高、流れもありませんでした 本日、ウミウシ・リクエストでがっつり60分×2本勝負です

2_0116doto.jpg
 リクエストをして頂いたマツカサウミウシ属の一種 ファーストコンタクトでご紹介しました 以前はたくさん見られたのですがここのところあまり見かけなくなりました…(>_<)

3_0116miamira.jpg 10_0116kika.jpg
 たて穴根頭付近に移動して昨日、見つけたミアミラウミウシとキカモヨウウミウシをご紹介しました

4_0116kon1.jpg 15_0116kon2.jpg
 コンシボリガイは依然、絶好調です 貝持ち系が多いのもこのエリアの特徴です

5_0116inaba.jpg
 かわいらしいイナバミノウミウシ ミノがバルーンのようです

6_0116mis.jpg
 ミスガイのちびっこがいました 小さい方がカワイイですね

7_0116sarasa.jpg 12_0116sarasa2.jpg
 サラサウミウシもよく目に付きます 小さめの個体を選んで撮影しました

8_0116hiro1.jpg 14_0116mitsui1.jpg 9_0116hiram1.jpg
 ヒロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、そしてこちらはウミウシではなくヒラムシの仲間ですね

11_0116nisehaku.jpg 13_0116sweet.jpg
 ミノ系は圧倒的にニセハクセンミノウミウシが多いです スイートジェリーミドリガイも見られましたよ~(^o^)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温10℃ 水温:14.2℃
透視度:15m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(水路前)

16_0116bkaeru.jpg
 2ダイブ目は雲見のウミウシの鉄板ポイント、大牛洞窟前です まず目に付いたのは白い小さなベニカエルアンコウ ハネハリカイメンに付いていました カワイイですね(^○^)

17_0116madara.jpg 18_0116osero.jpg
 マダライロウミウシとセンテンイロウミウシのコラボです オセロウミウシは相変わらず多いですね~

19_0116iga1.jpg 23_0116iga2.jpg
 イガグリウミウシもフツーに見られます どっちが頭かわかりづらいですよね…(^_^;)

20_0116shirotae.jpg
 シロタエイロウミウシの小さな個体がいました 背中のハートマークが出るにはもうちょっと大きくならないとでしょうか…

21_0116mitsui2.jpg 28_0116kotohime.jpg
 レギュラーメンバーのミツイラメリウミウシとコトヒメウミウシ

22_0116sarasa3.jpg 24_0116shiro1.jpg 26_0116komon.jpg
 サラサウミウシ、シロウミウシ、コモンウミウシなどの普通種もわんさか

25_0116komi.jpg 32_0116sagaryu.jpg
 今シーズンはホソフサコケムシの生育がいいのでリュウグウ系のウミウシが期待できます コミドリリュウグウウミウシとサガミリュウグウウミウシをGET セトリュウグウウミウシやトサカリュウグウウミウシ、クロスジリュウグウウミウシなんかが見つかるとさらに盛り上がりますね~

27_0116shirayuki.jpg 30_0116hiram2.jpg
 シラユキウミウシとヒラムシの仲間です

29_0116sori1.jpg 31_0116sori2.jpg
 深場のバニー、ソリキヌヅツミも薄暗いロケーションのこのエリアなら水深-10mそこそこで見られますよ 明日もウミウシ・リクエストです 何が見られるか楽しみですね~\(^o^)/

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 16:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

澄みきった冬の海でじっくりマクロ系ダイブ 1/15雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温6℃ 水温:14.2℃
透視度:15~12m 潮流:ウラ潮、弱 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛裏カド~小牛前)

1_011514kaikyo.jpg
 今日も寒い一日でしたね~(>_<) 海の方はここ最近で一番、穏やかでした 実は昨年末から体調不良でして… ようやく復活の兆しです マクロ系を中心にがっつり3ダイブしてきました~(^o^)

2_0115aou1.jpg 4_0115clear.jpg
 ファーストコンタクトはアオウミウシと岩の窪みにいるクリアクリーナーシュリンプ」

3_0115mastu.jpg 5_0115kirin.jpg
 マツカサウオとキリンミノの幼魚です キリンミノはこの低水温の中、頑張ってました

6_0115moebi1.jpg 7_0115namakom.jpg
 セクシーシュリンプことイソギンチャクモエビとトラフナマコを宿主にしていたナマコマルガザミ

8_0115kobu.jpg
 コブダイも腹ペコだったようで早速、エサをおねだりされました(笑)

9_0115shiroobi.jpg 10_0115ayame.jpg 12_0115traf.jpg
 バニー系も充実してますね~ まずはオススメのシロオビコダマウサギ そしてアヤメケボリとトラフケボリです

11_0115kaikam1.jpg 13_0115akahoshi1.jpg
 いつものカイカムリと小牛前のシマキッカイソギンチャクを宿主にしているアカホシカクレエビ

15_0115tenrok.jpg 16_0115sero.jpg
 ウミトサカの仲間にはテンロクケボリとセロガタケボリがいました

14_0115ikaeru.jpg
 ラストは屏風岩のイロカエルアンコウ この個体はロングセラーになってますね~(^o^)

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温6℃ 水温:14.3℃
透視度:15~12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(たて穴根頭~水路~ブイ)

17_0115nesehaku.jpg 20_0115hiro.jpg 27_0115sagiri.jpg
 2ダイブ目はウミウシ・メインです 早速、見られたのがニセハクセンミノウミウシ、ヒロウミウシ、サギリオトメウミウシです

18_0115sarasa1.jpg 25_0115sarasa2.jpg
 サラサウミウシもいっぱいいますね~

19_0115kika.jpg
 このエリアはキカモヨウウミウシがなぜがよく見かけます

21_0115sweet1.jpg 22_0115sweet2.jpg
 スイートジェリーミドリガイもこのエリアがお気に入りのようで頻繁に見かけます

23_0115komon1.jpg 26_0115komon2.jpg
 お気に入りのコモンウミウシ 普通種ですが見つけると萌えます(爆)

24_0115kon.jpg
 お目当てのコンシボリガイ、今回も見られました~ 割と大きめなサイズでした 明日も見られるといいなぁ~

28_0115moebi2.jpg
 ばっちりレイバックイナバウアーを決めたイソギンチャクモエビです 腰を反りきった瞬間がシャッターチャンスですね

29_0115komi.jpg 32_0115sakishima.jpg 35_0115sumizome.jpg
 ピントが合っていませんが…(^_^;) コミドリリュウグウウミウシです そしてミノウミウシ2連発 サキシマミノウミウシとスミゾメミノウミウシ

30_0115shirohana.jpg 34_0115tsumani.jpg
 湾内ブイに戻る途中の水路で見つけたシロハナガサウミウシとツマニケボリに

33_0115miamira.jpg
 最後は小さなミアミラウミウシが見られました なんか久し振りに見た気がします!

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温6℃ 水温:14.2℃
透視度:15~12m 潮流:ウラ潮、微 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛前)

36_0115hotate.jpg
 ラスト3ダイブ目はホタテウミヘビのノブオの餌付けからスタート ボクの姿を見るや否やエサを出す前から全身出てきてボクにまとわりついてきました いや~、カワイイですね~(^o^)

37_0115kaikam2.jpg 39_0115namakom2.jpg
 またまたカイカムリとナマコマルガザミがいました

41_0115isokon.jpg
 甲羅をすっかりフジツボに占拠されたイソコンペイトウガニ もう脱皮するしかフジツボから逃れようがないですね…(>_<)

38_0115moebi3.jpg 42_0115akahoshi2.jpg
 またまたイソギンチャクモエビとアカホシカクレエビがいました

40_0115aou2.jpg 44_0115sarasa3.jpg
 大牛洞窟前でウミウシ探し レギュラーメンバーのアオウミウシとサラサウミウシです

43_0115fushiudesango.jpg
 雲見では珍しい?サンゴモエビの仲間です フシウデサンゴモエビでしょうか とってもキレイでした(^o^)

45_0115sori.jpg
 深場のバニー、ソリキヌヅツミ 洞窟など薄暗いエリアが多い雲見なら水深-10mそこそこで見られます

46_0115hiram.jpg 47_0115iga.jpg
 キレイなヒラムシの仲間と毛先がほんのりピンクがかったイガグリウミウシ

48_0115shiro.jpg 49_0115komon3.jpg
 レギュラーメンバーのシロウミウシをGETして伊豆のウミウシ、グランドスラム?達成! 今シーズンは特にコモンウミウシをよく見かけますね 明日はウミウシ・ダイブのリクエストです 気合入れて楽しんじゃいま~す\(^o^)/

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014年潜り初め あけましておめでとうございます☀ 1/4雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温12℃ 水温:14.8℃
透視度:12m 潮流:ウラ潮、弱 ウネリ:弱
コース:牛着岩(小牛前)

1_010414kaikyo.jpg
 年末年始は冬型の気圧配置で西風びゅーびゅーでしたが昨日から風がおさまり雲見OPEN ウチ的には初潜りが3年振りに雲見になりました~\(^o^)/ ちょっとザワついていましたが潮色は思ったより良かったです(^o^) フォトダイブのリクエストで1ダイブ目はじっくり小牛前を50分潜りました

3_0104koke1.jpg 4_0104koke2.jpg
 まずはギンポ岩のアライソコケギンポ ふた手にわかれて撮影しました 愛嬌ありますよね~

2_0104traf.jpg 9_0104hanayaka.jpg
 ウミウサギの仲間をご紹介 トラフケボリと擬態の名手、ハナヤカケボリです

5_0104ayame1.jpg 6_0104ayame2.jpg
 アヤメケボリもいっぱい 産卵中の個体もいました

7_0104clear.jpg
 岩の窪みにはクリアクリーナーシュリンプ 魚のエスティシャンです

8_0104shiroobi.jpg 10_0104sero.jpg
 外套膜がキレイなバニーがいました シロオビコダマウサギガイとセロガタケボリです

11_0104ikaeru.jpg
 ラストは屏風岩のイロカエルアンコウ ブイに戻ってエグジットしました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温12℃ 水温:14.7℃
透視度:12m 潮流:ウラ潮、弱 ウネリ:弱
コース:牛着岩(-24mアーチブイ~たて穴根頭)

12_0104kamisori.jpg
 昨日、-24mアーチ付近で赤いカミソリウオも目撃情報があり早速、チェックしました 情報通りケルンが積んでありそのすぐそばにいました お正月っぽいカラーバリエーションの個体ですね

13_0104sarasa1.jpg 16_0104nisehaku.jpg
 コンシボリガイ探しをしました まずはサラサウミウシといっぱいいたニセハクセンミノウミウシ

14_0104kon1.jpg 15_0104kon2.jpg 1221yubi.jpg
 いました、いました~ コンシボリガイ 極小個体でした ホジホジくんの先端と比べてみるとその小ささが分かるかと…(^_^;)

17_0104koke3.jpg 18_0104koke4.jpg
 コケギンポの仲間のあくびシーン2連発!!

19_0104milk.jpg
 ミルクオトメウミウシがいました もしかしたら初めて見たかもしれません…

20_0104mis1.jpg 21_0104mis2.jpg
 岩の窪みにはミスガイがいました ウネリが入っていたので集中して探せませんでしたが、じっくり探せられれば結構、見つかりそうですね 中層移動で-24mアーチブイに戻ってエグジットしました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温12℃ 水温:14.6℃
透視度:12m 潮流:ウラ潮、なし ウネリ:弱
コース:牛着岩(-16mアーチ~大牛洞窟前)

23_0104hotate.jpg
 お昼休みをはさんでラスト3ダイブ目は-16mアーチから大牛洞窟前へ まずはホタテウミヘビのノブオの2014年初餌付け よっぽどお腹が空いていたのでしょうね ボクが近づいただけで砂から出てきました ちなみにコイツはノブオではなくマスオです(笑)

22_0104isokon.jpg 24_0104kaikam2.jpg
 新顔のイソコンペイトウガニとカイカムリは本日3個体見られました

25_0104kob.jpg
 大牛洞窟前に向かう途中、先だっても目撃したコブダイの成魚に遭遇 しばらくボク等のまわりを泳いでいたのでなんと餌付けをしようと試みましたが今回は成功しませんでした 今年はこのでっかいコブダイを餌付けして手なずけたいまいものです

26_0104akahoshi.jpg 27_0104madarairo.jpg
 シマキッカイソギンチャクを宿主にしていたアカホシカクレエビ コイツも魚のエスティシャンです そして大牛洞窟前のマダライロウミウシ なんかちょっとボロボロになっていました…(>_<)

28_0104diver.jpg
 初潜りおめでとうございます!本年もよろしくお願いしますm(__)m

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 20:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |