伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

冬型の気圧配置がユルんで60分×3本勝負! 11/30雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温13℃ 水温:16.7℃
透視度:8~5m 潮流:- ウネリ:中
コース:牛着岩(小牛洞窟前~小牛~ブイ)

1_113013kaikyo.jpg
 11月中旬以降、冬型の気圧配置が強まり連日の大西で雲見CLOSE… 久し振りに穏やかな海況になりました~(^O^) 本日はじっくりフォトダイブで60分×3本勝負です!

2_1130thorunna.jpg 3_1130olt.jpg
 まずは小牛洞窟内のトルンナ・プルプロペディスと小さなオルトマンワラエビ

4_1130clear.jpg 5_1130akahoshi1.jpg
 魚のエステティシャン、クリアクリーナーシュリンプとアカホシカクレエビです

6_1130hyomon.jpg 8_1130minamig.jpg
 猛毒の持ち主、ヒョウモンダコ 何度か青い斑紋をクッキリ浮かび上がらせる威嚇シーンが見られたのですがシャッターチャンスを逃しました(>_<) そしてホンソメワケベラの幼魚に擬態しているのでしょうか? ミナミギンポがいました

7_1130bisha.jpg 10_1130kaikam.jpg
 小さな×2、ビシャモンエビとここしばらく見られているカイカムリです

9_1130aou.jpg
 アオウミウシが増えましたね~ 面白いポーズだったので思わずパチリ(ゝ。∂)

11_1130sero1.jpg 12_1130tenrok.jpg 13_1130shiroobi.jpg
 ここでバニー3連発 セロガタケボリ、テンロクケボリ、そしてオススメのシロオビコダマウサギです

14_1130isobana.jpg 15_1130ikaeru.jpg
 最後はイソバナカクレエビと初登場からもうすぐ1ヶ月になるイロカエルアンコウをご紹介しました~

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温13℃ 水温:16.7℃
透視度:8~5m 潮流:- ウネリ:中
コース:牛着岩(たて穴根頭~大牛洞窟前~大牛前カド)

16_1130misu.jpg
 まずはたて穴の根頭でエントリー 小さなミスガイをGET!

17_1130kon.jpg
 いや~、ついてますね~!! 久し振りのコンシボリガイです 超カワいいっすよね~ヽ(^0^)ノ

18_1130iga.jpg 20_1130madara.jpg
 大牛洞窟前ではイガグリウミウシとコイツも初登場からもうすぐ1ヶ月になるマダライロウミウシ

19_1130sori1.jpg 21_1130sori2.jpg
 ソリキヌヅツミもいっぱいいます 深場のバニーですが暗がりが多い雲見では水深-10mそこそこで見られます

22_1130komon.jpg 23_1130sarasa.jpg
 普通種ですがここに来て大好きなイロウミウシの仲間がグッと増えてきましたね~ コモンウミウシとサラサウミウシです

24_1130kirin.jpg
 わーぉ! ちっこいキリンミノの幼魚がいました カワいい~~(*´`)

25_1130koto.jpg 27_1130furieri.jpg
 カイメンではコトヒメウミウシ そしてフリエリイボウミウシがいました

26_1130isokon.jpg
 ラストはいつものでっかいイソコンペイトウガニ あんまりにも動かないので?甲羅にフジツボが付きましたね(笑)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温13℃ 水温:16.5℃
透視度:8~5m 潮流:- ウネリ:弱
コース:牛着岩(ロッカク岩~トレジャーロック~ブイ)

28_1130namakom1.jpg 29_1130akahoshi2.jpg
 お昼休憩をはさんでラスト3ダイブ目はロッカク岩からエントリー まずはナマコマルガザミとアカホシカクレエビをご紹介しました

30_1130hotate.jpg 32_1130kob.jpg
 砂地ではホタテウミヘビに餌付けをしました コイツは一番でっかいマスオさん 3個体とも餌ですっかり手懐けました なんでマスオさんかってゆーとサザエを食べちゃうからです(爆) そして本日のサプライズ、コブダイの成魚っ! 幼魚は3個体、餌付けして手懐けましたが初登場のコイツは警戒心が強く付かず離れずの距離を保っていました でもこちらが出すシグナルに反応していましたのでそのうち手懐けてやります(笑)

31_1130hanayaka.jpg
 ここにもいましたっ、ハナヤカケボリ! 擬態の名手だけに見つけた時の喜びはひとしおです

33_1130sesuji.jpg
 キレイなミノウミウシ、セスジミノウミウシ 普通種ですがお気に入りの一品です

35_1130sero2.jpg 36_1130tenrok2.jpg
 ウミトサカの仲間をチェックすると同じ宿主でセロガタケボリとテンロクケボリが見られました

34_1130namakom2.jpg 37_1130tkoke.jpg
 ラストはナマコマルガザミとトウシマコケギンポをご紹介して湾内ブイへ 明日も雲見リクエストです サプライズよりスベらないガイドを心掛けてじっくりフォトダイブをご提供します!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 21:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ン年振りにドライスーツを新調しました(^O^) 11/24雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温16℃ 水温:17.6℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛前カド~大牛洞窟前)

1_112413kaikyo.jpg
 11月の中旬以降、冬型の気圧配置になる日が多く大西が続いています 先週、今週と週末は冬型が緩み穏やかな海況に恵まれました 今日はン年振りにドライスーツを新調し、見せびらかそうと思いましたがプチ・トラブルで画像がありませんので後日、見せびらかしたいと思います(笑)

2_1124clear1.jpg 3_1124clear2.jpg
 まずは大牛前カドからエントリー 今シーズン、至ることろで見かけるクリアクリーナーシュリンプをチェック✔

4_1124tenrok.jpg 7_1124akahoshi1.jpg
 そーこーしているうちにコブダイのシンペーが登場 食事を与えた後に見たテンロクケボリとアカホシカクレエビ

5_1124aou1.jpg 11_1124shiro.jpg
 サイズは小さいですが定番のアオウミウシとシロウミウシがいっぱい見られるようになりました ウミウシ・シーズン開幕も間近ですね!

6_1124isokon.jpg
 でっかいイソコンペイトウガニは甲羅にウミトサカのポリプをまとっていました オススメです!

8_1124sori1.jpg 9_1124sori2.jpg 10_1124sori3.jpg
 大牛洞窟前のソリキヌヅツミ、3個体 どの子もいい反りっぷりです(^O^)

12_1124madara.jpg
 11/6に見つけたマダライロウミウシ 最初に見つけた場所からだいぶ移動しましたね~

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温16℃ 水温:17.9℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛洞窟前カド~小牛~ブイ)

13_1124thorunna.jpg 16_1124kue.jpg
 2ダイブ目は小牛洞窟前からエントリー まずはトルンナ・プルプロペディスから ここでは小さなクエが見られました 洞窟を出てすぐで大きなクエに遭遇しましたがシャッターチャンスを逃してしまいました(>_<)

14_1124clear3.jpg 15_1124clear4.jpg
 クリアクリーナーシュリンプがいっぱい詰まっている窪み サイズが大きいので割と撮りやすいかと…

17_1124akahsohi2.jpg 19_1124bisha.jpg
 アカホシカクレエビも大発生中です ムチカラマツには小さな×2、ビシャモンエビ

18_1124sweet.jpg
 久し振りにスイートジェリーミドリガイをゲット ウミウシが増えてきたってことでしょうか!?

20_1124matsu.jpg
 とってもキュートなマツカサウオのちびっこです(^O^)

21_1124aou2.jpg 23_1124tatsunami.jpg
 小さなアオウミウシと対照的に大きなタツナミガイ ウミウシカクレエビがいないかと手にとったら紫色の汁を放出されてしまいまいした…(^_^;)

22_1124kaikam.jpg
 コイツもすいぶん長いこと見られていますね カイメン(ジュズエダカリナ)の帽子をかぶったカイカムリです

24_1124sero.jpg 25_1124shiroobi.jpg
 ウミトサカの仲間を宿主にしているセロガタケボリととっても美しい外套膜をまとったシロオビコダマウサギ

26_1124ayame.jpg 27_1124isobana.jpg
 アカヤギの一種ではアヤメケボリとイソバナカクレエビがいました イソバナカクレエビはクリスタルのように美しいですね~

28_1124akahoshi3.jpg 29_1124kob2.jpg
 砂地のシマキッカイソギンチャクにいるアカホシカクレエビと小牛まわりで餌付けしてすっかり懐いたコブダイ 2個体いてこっちはちょっと大きい方です 今では手からエサを食べるようになりました もっと×2、ならしてコブに触れるくらいにしたいもんです

30_1124kowan.jpg
 まだいてくれましたコウワンテグリ ここではその他、ハクセンスズメダイやセダカスズメダイの幼魚が見られました ドライスーツを新調して気分も一新しました~~ヽ(^0^)ノ

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久し振り?のホームゲレンデでまったりダイブ 11/12雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温13℃ 水温:19.9℃
透視度:10~8m 潮流:なし ウネリ:弱
コース:黒崎(先端洞窟~ドラゴンウォール)

1_111213kaikyo.jpg
 高知県安満地ツアーから帰ってきて久し振り?のホームゲレンデです 午後から西よりの風が強くなる予報だttので早め×2のダイブで50分×3本勝負です

2_1112glass.jpg 3_1112muchik.jpg
 海が荒れる前に黒崎を潜りました ここのマクロネタは鉄板ですね~ まずはガラスハゼとムチカラマツエビ

4_1112bisha1.jpg 5_1112bisha2.jpg
 続いてビシャモンエビのペアをご紹介しました

6_1112sori1.jpg 7_1112sori2.jpg
 深場のバニー、ソリキヌヅツミも2個体いましたよ~(^O^)

8_1112benikinu.jpg 9_1112kotohime.jpg
 ヤギの仲間ではベニキヌヅツミとカイメンに付いている小さなコトヒメウミウシ

11_1112tatsu2.jpg 10_1112tatsu1.jpg
 ドラゴンウォールでは今日もハナタツが2個体、見られましたヽ(^0^)ノ

12_1112akashima.jpg 13_1112moebi.jpg 14_1112kazari.jpg
 ラストはアカシマシラヒゲエビとイソギンチャクモエビ、そしてカザリイソギンチャクエビです ソメワケヤッコとオシャレカクレエビは安満地ツアーに行っている間に千秋楽を迎えてしまっていたようです…(>_<)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温13℃ 水温:19.8℃
透視度:10~8m 潮流:なし ウネリ:弱
コース:牛着岩(大牛裏カド~大牛~ブイ)

15_1112isokon.jpg 16_1112tenrok1.jpg
 続いてもマクロ系のフォトダイブです まずはウミトサカの仲間を宿主にしているイソコンペイトウガニとテンロクケボリ

17_1112dainan.jpg 19_1112hotate.jpg
 砂地ではダイナンウミヘビとホタテウミヘビのノブオが見られました ホタテウミヘビはノブオの他にも2個体、餌付けに成功しました(笑)

18_1112tensu.jpg 20_1112aou.jpg
 テンスの幼魚が砂地をフラフラ 岩肌ではアオウミウシが見られました

21_1112namakom.jpg 22_1112tenrok2.jpg
 トラフナマコを宿主にしているナマコマルガザミとまたまたいました、テンロクケボリ

23_1112ikaeru.jpg 24_1112kowan.jpg
 大牛の前ではイロカエルアンコウ 水路前ではコウワンテグリが見られました やっぱりホームゲレンデは出モノをおさえていますのでガイド的にも楽しいですね(^O^)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温13℃ 水温:20.0℃
透視度:10~8m 潮流:なし ウネリ:弱
コース:牛着岩(小牛横~ブイ)

25_1112shiten.jpg 26_1112bisha3.jpg
 午後に入ると予報通り西よりの風が強くなってきました こんな時こそストックした生物情報を頼りに丁寧にご案内します まずは南方系のシテンヤッコの幼魚 続いては小さなビシャモンエビです

27_1112umiushi.jpg 28_1112clear.jpg
 毎年、ここのエリアで登場するウミウシカクレエビ 小道具を駆使して出しました そして本日、発見のクリアクリーナーシュリンプ 窪みの奥行が浅く間口が広いので外部ストロボでもケラレずに撮影できます

29_1112kaikam.jpg
 先週、見つけたカイカムリは同じ場所で待っていてくれました~ヽ(^0^)ノ

30_1112shiroobi.jpg 34_1112hanayaka.jpg
 お気に入りのバニーをご紹介しました 外套膜が美しいシロオビコダマウサギと擬態の名手、ハナヤカケボリ ハナヤカケボリはなんとペアでした!

31_1112ayame1.jpg 32_1112ayame2.jpg
 アヤメケボリはアチコチで見られます 見つけ方のコツを覚えるとバニー系は案外、簡単に見つかるかも!?ですょ

33_1113isobana.jpg 35_1113sujitate.jpg
 イソバナカクレエビもアチコチで見られます そして本日の収穫は湾内エリアで見つけたスジタテガミカエルウオ とにかくデカかったです 安全停止中にご紹介できますょ~ これからますますマクロ系が充実してきます 冬眠しているヒマなんかありません 是非、マクロ天国の雲見をご一緒しましょ~~~(((o(*゚▽゚*)o)))

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11/8~11 高知県安満地ツアーに行ってきました Vol.2

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温25℃ 水温:23.1℃
透視度:10~8m 潮流:- ウネリ:-

1_1110hanayaka.jpg 5_1110hanamino.jpg
 安満地ツアー3日目 ダイビングは2日目です 水深-28mにいるピグミーシーホースを見に行く予定でしたが潮色が悪く離反してしまいブイ下に戻って合流 コースを変更してダイビングを続けました 安満地にもいるんですね~、ハナヤカケボリっ! 外套膜が剥けてしまったのが残念ですが擬態がウマいバニーだけに見つけるとニヤけてしまいます( ̄▽ ̄) 大きなハナミノカサゴが優雅に泳いでいました

2_1110muchik.jpg 3_1110iboyagi.jpg
 ムチカラマツエビのペアと小さなイボヤギミノウミウシ ムチカラマツエビはお腹パンパンでした

4_1110kumadori.jpg
 出ました、クマドリカエルアンコウっ! ちょっとゴツゴツが出てきた小学校高学年から中学1~2年生といった7ところでしょうか(笑) 安満地ではクマドリカエルアンコウは比較的、浅場で見られるそうです コイツがいた水深も-5~6mでした

6_1110nishikif.jpg
 沈船ポイントで紹介してもらったニシキフウライウオの幼魚 尾ビレを広げたところがとってもキレイでした

7_1110ikaeru.jpg
 黄色い小さなイロカエルアンコウ 伊豆でも登場しますがコレ系はいつどこで見ても萌えますね(*°∀°)=3

8_1110umiusa.jpg 9_1110sneil.jpg
 ユビノウトサカを摂食中のTHEウミウサギガイ 外套膜がの模様がとってもキレイですね 黒いカラを持った巻貝を紹介してもらいました これって何者なんでしょう!?

10_1110aohitode.jpg
 ここからはハウスリーフです 大好きなアオヒトデがいました このヒトデを見ると遠征に来たなぁ~と感じてしまいます

11_hekoayu.jpg 12_1110mejina.jpg
 ヘコアユの群れとメジナの子供の群れ 浅いので日差しが十分ですね

13_1110hanagonbe.jpg
 半年振りに会いに来た、お目当てのハナゴンベ 今回もペアで見られました ハナゴンベが水深-6mで見られるなんて本当にスゴいことですね~(@_@;)

14_1110kasuri1.jpg
 泥ハゼ系がいっぱい見られました その中でも代表的なカスリハゼ

15_1110kasuri2.jpg 16_1110teppo.jpg
 テッポウエビの仲間と共生しています 何テッポウエビなんでしょうかね?

17_1110kusa1.jpg 18_1110kusa2.jpg
 こちらもたくさん見られるクサハゼ ブルーのラインがとても美しい泥ハゼです なんかここの雰囲気って土肥の通り崎ビーチっぽくてまったり落ち着きますε-(´∀`*)ホッ

19_1110mino.jpg
 小さなミノカサゴがこちらを見ているようですね

20_1110odori.jpg 21_1110harisen.jpg
 イソギンチャクの仲間をチェックするとオドリカクレエビが見られます ここのエステサロンはキタマクラが常連客のようです ハリセンボンもちょいちょい見かけました

22_1110yuckey.jpg
 最後は生簀の中で遊んでいるダイバー ダメですよ、生簀の中で遊んじゃ(笑) それにしても伊豆のガイドが嫉妬するマクロ天国です 今回、安満地ツアーにご参加下さいましてどうもありがとうございました 次回は来年の6月にツアーを組みますのでまたご一緒しましょう! そして今回ご参加できなかった方々も是非、次回はご一緒しましょうね~~~ヽ(^0^)ノ

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11/8~11 高知県安満地ツアーに行ってきました Vol.1

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温25℃ 水温:23.4~22.6℃
透視度:8m 潮流:- ウネリ:-

1_1109all1.jpg
 半年振りの高知県安満地 前夜の19:30に三島駅に集合し20:00出発 翌朝9:00に到着しました 当日はお天気に恵まれ海況もバッチリ ただし濁った潮が入ってきたとのことで透視度は8mほど でもそこは伊豆ダイバー、潮色に左右されずにこの素晴らしい海を満喫しました

3_1109shiodamari.jpg 5_1109glass.jpg
 このエビはシオダマリカクレエビでしょうか? ナシジイソギンチャクにガラスハゼがいました

4_1109hadaka.jpg
 ハダカハオコゼです 安満地でも見られるんですね 伊豆でも見てみたい魚です

6_1109kirin.jpg 7_1109sujio.jpg
 伊豆では幼魚しか見られないキリンミノの成魚がゴロゴロ 雑魚キャラです そしてここで見られるキンセンイシモチもドット型でスジオテンジクダイのようです

10_1109honkuro.jpg 8_1109aou.jpg
 前回も見られたホンクロシタナシウミウシ アオウミウシも見られなんか懐かしいカンジ

9_1109kimo.jpg 11_1109tosaka.jpg
 キモガニとトサカガザミです この辺は伊豆でもお馴染みのカニですね

12_1109seboshi.jpg 13_1109akasuji.jpg
 ピグミー待ちの時に隣りのヤギで見つけたセボシウミタケハゼでしょうか? そしてこちらはアカスジカクレエビ

14_1109pigmy.jpg
 じゃじゃ~ん♪ いましたピグミーシーホース ホント、カワイイっすね~ 大好きです!

15_1109glass2.jpg 17_1109seboshi2.jpg
 ガラスハゼがいい感じに向かい合っていました ナンヨウイボヤギにいたのはセボシウミタケハゼでしょうか?

16_1109japapig.jpg 18_1109nirami.jpg
 藻類が多い岩肌で見られるジャパニーズピグミーシーホース ジブンでも見つけられるようになったかな? 今シーズン、ボクは雲見で見られなかったニラミギンポ ここでは普通種です

21_1109kinchaku.jpg 19_1109zebra.jpg
 ガラめくりをすると出てくるキンチャクガニといっぱいいるラッパウニに高確率で付いているゼブラガニ こっちは伊豆でもお馴染みですね

20_1109furisode.jpg
 フリソデエビです! いや~、このエビ大好きっ(^O^) 本当はトゲツノメエビを見たかったのですがこちらでも見れたり見られなかったりだそうです… ま、フリソデエビがフツーに見られるってだけで感動モノですよね

22_1109akasuji.jpg
 ソフトコーラルの上にちょこんといたのはアカスジウミタケハゼでしょうか? 小さいハゼがこーゆートコに乗っかってるカンジ、いいですね~

23_1109hoya.jpg
 前回、見られなかったホヤカクレエビ フォルムといい背中の模様といい素敵です! 近いうちに雲見でこのエビを見つけてやるっと誓ったのでした(笑)

24_nishiki.jpg 1109koke.jpg 1109moebi.jpg
 伊豆でもお馴染みシリーズ ちょいちょい見かけたニシキウミウシと頭のモヒカンがアクセントのコケギンポの仲間 ニチリンイソギンチャクにはセクシーシュリンプことイソギンチャクモエビがいました

25_1109furisode2.jpg 26_1109isokon.jpg
 そしてガラめくりをすると今度は小さなフリソデエビが登場 特にヒトデに付いているというわけではないんですね ウミトサカの仲間ではこちらも小さなイソコンペイトウガニ発見! 今回は大きいイソコンペイトウガニが見つかりませんでした…(^_^;)

1109sero.jpg 1109tenkuro.jpg
 安満地にもいました、セロガタケボリ イバラカンザシのお花畑の中から顔を出していたテンクロスジギンポです

1109yuckey.jpg 1109all2.jpg
 こちらでご一緒した女性ダイバーの方と記念撮影 市内からお一人で運転して来られました ボクも記念撮影してもらいました

1109yuckey2.jpg 1109yuckey1.jpg
 ゆっき~、100ダイブおめでとうございます! 素晴らしい海が出迎えてくれて遠くまで来たかいがありましたね 次の100本も楽しいLOGを積み重ねましょうね~ヽ(^0^)ノ エグジット後は早速、宴会がスタート 海もアフターダイブもスタッフの皆さまの対応が素晴らしくとても楽しい時間が過ごせました と、言っても翌朝には前夜の記憶が完全に飛んでいましたが…(>_<)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11月無制限ダイブ最終日も4ダイブ満喫! 11/7雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:雨 気温19℃ 水温:20.6℃
透視度:18~15m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛前カド~大牛洞窟前)

1_110713.jpg
 11月無制限ダイブの最終日はあいのくの雨降りでしたが海は穏やかでした 雨が上がると西よりの風が吹く予報でしたので早め早めのダイビングをしました

2_1107furai.jpg 3_1107koro.jpg 4_1107ise.jpg
 まずは南方系のチョウチョウウオ、フウライチョウチョウウオ、コロダイ、イセエビです

5_1107bkaeru.jpg 6_1107isokon.jpg
 ベニカエルアンコウと大きなイソコンペイトウガニも健在でした

7_1107akahoshi1.jpg 8_1107akahoshi2.jpg
 シマキッカイソギンチャクがいくつかあるのですが高確率でアカホシカクレエビが付いています

9_1107madara.jpg
 大牛洞窟前のマダライロウミウシ 今日はちょっとブサイク顔でした(^_^;)

10_1107sori.jpg 11_1107moebi.jpg
 反り具合のいいソリキヌヅツミと小さなセクシーシュリンプです

フィールドインプレッション
天候:雨 気温21℃ 水温:20.6℃
透視度:18~15m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛横~小牛~ブイ)

12_1107matsukasa.jpg 13_1107kaikam.jpg
 小牛の亀裂ではマツカサウオの幼魚が見られます そして最近、見つけたカイカムリ ジュズエダカリナの帽子を被っています

14_1107namakom1.jpg 15_1107namakom2.jpg
 トラフナマコを宿主にしているナマコマルガザミ コイツもいっぱい見られます

16_1107tenrok.jpg 17_1107sero.jpg 18_1107shiroobi.jpg
 お気に入りのバニー・シリーズ テンロクケボリ、セロガタケボリ、シロオビコダマウサギの3種盛りです

19_1107koke.jpg 22_1107akahoshi2.jpg
 ギンポ岩のアライソコケギンポと最近、ここのシマキッカイソギンチャクにやって来たアカホシカクレエビ

20_1107ayame1.jpg 21_1107ayame2.jpg
 アカヤギの一種ではアヤメケボリが見られます

23_1107tsuyu1.jpg 25_1107tsuyu2.jpg
 小牛前や水路前で見られるツユベラの幼魚

24_1107ikaeru.jpg 26_1107kowan.jpg
 ダイバーに人気の魚、イロカエルアンコウと水路のコウワンテグリ ここで安全停止してブイまで移動しました

フィールドインプレッション
天候:雨→曇り 気温19℃ 水温:20.7℃
透視度:18~15m 潮流:ウラ潮、中 ウネリ:-
コース:黒崎(先端洞窟~浅根アーチ)

27_1107glass.jpg 28_1107muchik.jpg
 黒崎ではマクロ三昧のダイビングを楽しみました 小さなガラスハゼとムチカラマツエビ 同じムチカラマツに同居しています

29_1107bisha1.jpg 30_1107bisha2.jpg
 ビシャモンエビのペアは今日も同じムチカラマツ上にいました

31_1107sori1.jpg 32_1107sori2.jpg
 ソリキヌヅツミもここではフツーに見られます

33_1107clear1.jpg 36_1107akashima.jpg
 どちらも魚のエステティシャン、クリアクリーナーシュリンプとアカシマシラヒゲエビ アカシマシラヒゲエビはタイミングよくウツボのエステ中でした(^O^)

34_1107tatsu1.jpg 37_1107tatsu2.jpg
 ドラゴンウォールでは本日もハナタツが2個体、見られました

35_1107benikinu.jpg 38_1107somewake.jpg
 ヤギの仲間に付いているベニキヌヅツミと今日もいました、とってもシャイなソメワケヤッコ

39_1107oshare.jpg 40_1107moebi.jpg
 オシャレカクレエビとイソギンチャクモエビです オシャレカクレエビは腕立て伏せのような独特な動きをします イソギンチャクモエビはMAX反り返った瞬間がシャッターチャンスです

41_1107kimo.jpg 42_1107himesan.jpg
 浅根の根頭ではキモガニとヒメサンゴガニ属の一種が見られます タワシウニに十分、気をつけて観察しましょう

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温19℃ 水温:20.6℃
透視度:18~15m 潮流:ウラ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(グンカン)

43_1107noko.jpg
 11月の雲見無制限ダイブのフィナーレはグンカンを潜りました 南方系ののハギの仲間、ノコギリハギも幼魚 ギンチャクグの仲間に擬態しています

44_1107traf.jpg 45_1107isobana.jpg
 トラフケボリとイソバナカクレエビのコラボレーション

46_1107akasuji.jpg 47_1107aosa.jpg
 クダヤギの仲間にはたくさんのアカスジカクレエビが付いていました そしてベニウミトサカを背景にしたアオサハギ

48_1107yami.jpg 49_1107clear2.jpg
 根頭付近ではここでもヤミテンジクダイとクリアクリーナーシュリンプが見られました 雨が上がり心配されていた風が吹かずに終日、穏やかな海況に恵まれました~!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バースデーダイブで盛り上がりました~ 11/6雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温21℃ 水温:21.0℃
透視度:20~18m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:-
コース:牛着岩(島前~小牛洞窟~たて穴根頭)

1_110613.jpg
 本日も雲見無制限ダイブでがっつり4ダイブしてきました お天気&海況に恵まれダイビング日和でした 潮色もグーンとUPしましたヽ(^0^)ノ

2_1106tsuyu1.jpg 3_1106tsumani.jpg
 まずは島前からエントリーしてツユベラの幼魚とツマニケボリにをご紹介 オビテンスモドキも見られました

4_1106aokushi.jpg
 クレバスではアオクシエラウミウシが登場 岩肌を移動中でした

5_1106aou.jpg 6_1106komi.jpg
 アオウミウシと小さな×2、コミドリリュウグウウミウシです

6_1106thorunna.jpg
 小牛洞窟内では和名のないイロウミウシの仲間、トルンナ・プルプロペディスが見られました

7_1106clear2.jpg 5_1106clear1.jpg
 クリアクリーナーシュリンプとクリアじゃないクリーナーシュリンプ(笑)

7_1106kibi.jpg 8_1106isuzumi.jpg
 中層ではキビナゴの群れやイスズミの群れが目の前を横切っていきました

9_1106matsuba.jpg
 たて穴の根頭ではマツバギンポがいました トウシマコケギンポはモグラ叩きのようにアチコチから頭を出しています スジタテガミカエルウオは今回、撮影できませんでした…(>_<)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温21℃ 水温:20.9℃
透視度:20~18m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛前カド~トレジャーロック~ブイ)

10_1106ikaeru.jpg 11_1106koro.jpg
 ダイバーに人気のイロカエルアンコウと大きなコロダイです

12_1106isobana.jpg
 イソバナカクレエビもお気に入りの一品です コブダイの餌付けで盛り上がりました~(^O^)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温21℃ 水温:21.0℃
透視度:20~18m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛洞窟~ロッカク岩)

13_1106shirou.jpg 16_1106iga.jpg
 大牛洞窟前でウミウシ探しをしました シロウミウシとイガグリウミウシです

14_1106benikinu1.jpg 15_1106sori1.jpg
 小さなベニキヌヅツミと反り具合がいいソリキヌヅツミです

17_1106madara.jpg
 本日、一番のヒットはこのマダライロウミウシでしょう! 大きくてキレイな個体を見つけちゃいましたっ!

18_1106kiiroib.jpg 21_1106sero.jpg
 大きなキイロイボウミウシとウミトサカを宿主にしているバニー、セロガタケボリです

19_1106moebi1.jpg 20_1106akahoshi1.jpg
 セクシーシュリンプことイソギンチャクモエビとエステティシャンのアカホシカクレエビ エステ中のところを撮りたいものです

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温21℃ 水温:21.0℃
透視度:20~18m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:-
コース:黒崎(先端洞窟~浅根)

22_1106glass.jpg 23_1106muchik1.jpg
 ラストは黒崎でマクロ三昧でした まずはガラスハゼとムチカラマツエビ

24_1106bisha1.jpg 25_1106bisha2.jpg
 続いてはビシャモンエビのペアです

26_1106sori1.jpg 27_1106sori2.jpg 28_1106benikinu.jpg
 バニー系も充実 ソリキヌヅツミが2個体とベニキヌヅツミはいっぱい見られます

29_1106tatsu1.jpg 30_1106tatsu2.jpg
 ドラゴンウォールのハナタツ 今日はとりあえず2個体ご紹介しました

31_1106namakom.jpg 32_1106kimo.jpg
 トラフナマコを宿主にしていたナマコマルガザミとエンタクミドリイシの中にいる青い眼のキモガニ

33_1106budai.jpg 34_1106ishidai.jpg 35_1106kawahagi.jpg
 伊豆の在来種ではブダイやイシダイ、カワハギが見られました どれも美味しそうですね(笑)

34_1106himesan.jpg
 浅根の根頭ではヒメサンゴガニ属の一種が見られます たいていキモガニとセットになっています タワシウニに気をつけて観察して下さいね 本日もたっぷり4ダイブしてお腹いっぱいでしたね~

36_1106sunset.jpg
 帰りに松崎の新港に寄り道して夕陽を見ました この時期の夕陽が年間を通じて一番キレイですね~

37_1106miki_1.jpg 38_1106miki_2.jpg 39_1106miki_3.jpg
 みきてぃ~、バースデーダイブおめでとうございます! 今度はドライスーツに挑戦してみましょーねー(^O^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 20:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

じっくりフォトダイブ・リクエストで4ダイブしてきました(^O^) 11/5雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温19℃ 水温:21.1℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(グンカン~大牛前カド)

1_110513.jpg
 平日の穏やかな雲見です お天気、海況に恵まれました~ 本日フォトダイブ・リクエストでじ~っくり4ダイブしてきましたヽ(^0^)ノ

2_1105isobana.jpg 3_1105traf.jpg
 グンカンからエントリー 先日、見つけたイソバナカクレエビとトラフケボリのコラボレーション

4_1105komachi.jpg
 ハナウミシダを宿主にしているコマチコシオリエビ 宿主と同じ体色になります

5_1105kobu.jpg
 コブダイのシンペー、登場! 今日もちゃっかりエサのおねだりをされました(笑)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温19℃ 水温:21.6℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛洞窟~たて穴根頭)

6_1105nembutsu.jpg 7_1105akahata.jpg
 小牛洞窟に向かう途中、ネンブツダイをかき分けて進むとアカハタがちょこんと鎮座していました

8_1105thorunna.jpg 9_1105clear.jpg
 小牛洞窟では和名がまだないイロウミウシの仲間、トルンナ・プルプロペディスとクリアじゃないクリアクリーナーシュリンプ(笑)

18_1105kibi.jpg 10_1105warasa.jpg
 中層をキビナゴの群れがイレギュラーな動きで泳いでいます するとイナダの群れが来襲 写真は単体ですが10個体くらいの小隊を編成していました

11_1105akahoshi1.jpg 12_1105kotohime.jpg
 今シーズンいっぱい見られているアカホシカクレエビとギザギザタイプのコトヒメウミウシ

13_1105tosaka.jpg 14_1105sedaka.jpg
 ユビノウトサカを宿主にしているトサカガザミがいました たて穴の根頭ではセダカスズメダイの幼魚が見られました

15_1105soritate.jpg
 そしてオススメのギンポ三兄弟 まずは長男のスジタテガミカエルウオ

16_1105matsuba.jpg 17_1105tkoke.jpg
 続いて次男のマツバギンポと三男のトウシマコケギンポ 亀田三兄弟みたい 11/19長兄防衛戦、楽しみですね

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温19℃ 水温:21.8℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:-
コース:黒崎(先端洞窟~ドラゴンウォール)

20_1105glass.jpg 21_1105bisha1.jpg 22_1105bisha2.jpg
 3ダイブ目は黒崎でマクロ三昧でした ムチカラマツには小さなガラスハゼとビシャモンエビのペア その他、ムチカラマツエビも見られました

23_1105olt.jpg 19_1105ise.jpg
 オルトマンワラエビやイセエビも見られました

24_1105sori1.jpg 25_1105sori2.jpg
 ここでは普通は深場で見られるバニー、ソリキヌヅツミが水深-10mそこそこで見ることができます

26_1105tatsu1.jpg 27_1105tatsu2.jpg
 ドラゴンウォールでは当然のようにハナタツが見られました 精査すれば相当な個体数がいるんでしょうね

28_1105yami.jpg 29_1105akashima.jpg
 今シーズン、多く見られているヤミテンジクダイと魚のエステシャン、アカシマシラヒゲエビのペアです

30_1105somewake.jpg
 今シーズン、久し振りに登場してくれたソメワケヤッコ まだいてくれました~(^O^)

31_1105sarasa.jpg
 どこにでもいるサラサエビですが、なんと「かっぱえびせん」のポーズをしてくれました(笑)

32_1105moebi.jpg 33_1105kazari.jpg
 グビジンイソギンチャクにいた小さなセクシーシュリンプとサンゴイソギンチャクで見られるカザリイソギンチャクエビ

34_1105madai.jpg
 浅根までは行かずにシグナルフロートをうって安全停止 中層で大きなマダイが目の前を横切って行きました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温19℃ 水温:21.5℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛洞窟前~大牛前カド)

35_1105aou.jpg 36_1105shirou.jpg 37_1105iga.jpg
 ラスト4ダイブ目は大牛洞窟前からエントリー 普通種ですがウミウシの仲間も少しづつ増えてきました

38_1105akomon.jpg 40_1105kiiroib.jpg
 ちょっと変な色合いのアカネコモンウミウシと大きなキイロイボウミウシがいました

39_1105sori3.jpg
 ここで見られるソリキヌヅツミが一番、反り具合がいいですね

41_1105seboshi.jpg 42_1105akaiso.jpg
 カイメンの上で見られたのはセボシウミタケハゼとアカイソハゼ 本日もお腹いっぱいのダイビングでした~

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 19:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

連休最終日はフォトダイブで60分×3本勝負 11/4雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:雨 気温21℃ 水温:21.7℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛洞窟~小牛~ブイ)

1_110413.jpg
 連休最終日はフォトダイブでじっくり60分×3本勝負です(^O^)

2_1104thorunna.jpg
 まずは小牛洞窟内のトルンナ・プルプロペディス

3_1104akahoshi1.jpg 4_1104akahoshi2.jpg
 イソギンチャクにはアカホシカクレエビがいました

5_1104kue.jpg
 ここ最近、小牛裏カドで中くらいのクエをちょいちょい見かけますね

6_1104bisha1.jpg 7_1104matsukasa.jpg
 小さなビシャモンエビとこちらも小さなマツカサウオの幼魚

8_1104tenrok1.jpg 9_1108tenrok2.jpg 10_1104shiroobi.jpg
 ウミトサカの仲間ではバニーが見られました テンロクケボリとシロオビコダマウサギです

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温21℃ 水温:21.7℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛前)

12_1104kobu.jpg
 2ダイブ目も小牛をじっくりのんびり まずは懐いているコブダイにフィーディング 甲殻類が大好物のようですね

13_1104tsuyu.jpg 11_1104muchik1.jpg
 ツユベラの幼魚と小さなムチカラマツエビ

14_1104ishidai.jpg
 警戒心が強いはずの大きなイシダイ(クチグロ)がとてもフレンドリーでしたヽ(^0^)ノ

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温21℃ 水温:21.5℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛前カド~-16mアーチ~ブイ)

15_1104akahoshi3.jpg 16_1104hotate.jpg
 -16mアーチ付近のアカホシカクレエビとホタテウミヘビのノブオ 今日も食欲旺盛でした~

17_1104bkaeru.jpg 18_1104ikaeru.jpg
 ベニカエルアンコウとイロカエルアンコウ ダイバーの人気者です

19_1104hamafue.jpg
 ブイに戻る途中、3個体見られた大きなハマフエフキ かなり近づけましたよ~ 連休中、遊びに来て下さいました皆様 どうもありがとうございましたm(_ _)m

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 16:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

連休中日もたっぷり5ダイブ! 11/3雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温21℃ 水温:22.0℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛前)

1_110313.jpg
 連休中日はダイバーで賑わいました 海況もまずまず がっつり5ダイブしてきました~ヽ(^0^)ノ

2_1103ayame1.jpg 4_1103namakom.jpg
 まずは小牛前 リクエストのバニー、アヤメケボリとトラフナマコを宿主にしていたナマコマルガザミ

5_1103kobu1.jpg
 フィーディングしているコブダイの中くらいのヤツ 今日もエサをせがまれました

6_1103bisha1.jpg 9_1103matsukasa.jpg
 小さなビシャモンエビとこちらも小さなマツカサウオの幼魚

10_1103tenrok1.jpg 11_1103sero.jpg
 リクエストのバニー、テンロクケボリとセロガタケボリ キレイなバニーですね

7_1103monhana.jpg 8_1103kirin.jpg
 季節モノのモンハナシャコとキリンミノの幼魚 ちなみにボクは見ていません…(^_^;)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温21℃ 水温:21.4℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛前)

12_1103kobu2.jpg
 3個体いる餌付けしているコブダイのうち、一番大きいコ と、いってもまだまだ若者ですが

13_1103ayame.jpg 16_1103mokuzu.jpg
 雲見ではあちこちで見られるアヤメケボリとクモみたいなカニ、モクズショイ

14_1103koke.jpg 15_1103kita.jpg
 ギンポ岩のアライソコケギンポとキタマクラです キタマクラはこっちを見ていますね~

17_1103tenrok2.jpg
 キレイなテンロクケボリがまたまた見られました~

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温21℃ 水温:21.4℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:-
コース:黒崎(先端洞窟~浅根アーチ)

18_1103muchik.jpg 19_1103bisha.jpg
 マクロ天国の黒崎をご案内しました まずはムチカラマツエビとビシャモンエビ

20_1103benikinu1.jpg 21_1103koib.jpg
 ヤギで見られたベニキヌヅツミとドラゴンウォールのコイボウミウシ

22_1103tatsu1.jpg 23_1103tatsu1.jpg
 そしてお目当てのハナタツは本日、2個体 まさにドラゴンウォールというネーミングがピッタリ!

24_1103some.jpg 25_1103ishiyouji.jpg
 昨日、見つけたソメワケヤッコの幼魚 カワいいですね~ヽ(^0^)ノ 浅根アーチに向かう途中で見たイシヨウジ アーチ内にはキンメモドキがグッチャリ詰まっていました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温21℃ 水温:21.4℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛前カド~-16mアーチ)

26_1103bkaeru.jpg 27_1103ikaeru.jpg
 ここではカエルアンコウの仲間┏(゚Д゚)┓をご紹介しました ベニカエルアンコウとイロカエルアンコウです どちらもダイバーに人気がありますね

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温21℃ 水温:21.3℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:-
コース:三競(2番~4番洞窟)

28_1103sankyo1.jpg 29_1103sankyo2.jpg
 ラストは三競で地形ダイブを楽しみました 2番洞窟からスタート

30_1103ise.jpg 31_1103sankyo3.jpg
 4番洞窟ではイセエビも見られました 4番洞窟の幻想的な水中景観

32_1103kimme.jpg
 ここにもキンメモドキの群れがいました 今日もがっつり5ダイブ 夜は久し振りのカラオケでした~♪

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 15:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT