伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

南方系、増えました~(^O^) 10/30雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:21.7℃
透視度:10m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛洞窟前~小牛~ブイ)

1_103013kaikyo.jpg
 お天気&凪になりました 今日は海冒主まのっちとリサーチで3本やってきました 流れもなく海況が安定しました

2_1030furieri.jpg 3_1030ayame1.jpg
 まず小牛洞窟沖で見たのはフリエリイボウミウシとアヤメケボリ

5_1030yokoshima.jpg
 久し振りのヨコシマクロダイ 南方系の登場です! しばらく同じエリアで見られると思います

6_1030akahoshi1.jpg 7_1023akahoshi2.jpg
 アカホシカクレエビ2連発 隣り同士のイソギンチャクにいました どちらもちっこいです

8_1030kokuten.jpg 9_1030matsukasa.jpg
 コクテンベンケイハゼとマツカサウオ どうやら先だって見かけたベニカエルアンコウはいなくなってしまったようです

10_1030isobana.jpg 11_1030namakom1.jpg
 雲見では珍しいパープルのイソバナカクレエビ 初めて見ました そして地味~にツボなナマコマルガザミ

12_1030shiroobi.jpg 13_1030tenrok.jpg
 キレイ系バニーのシロオビコダマウサギとテンロクケボリ シロオビコダマウサギは大きかったですね

14_1030hanayaka1.jpg
 久し振りに見つけたハナヤカケボリ ボク的には一番と言っていいくらい見つけづらいバニーちゃん でも擬態がウマすぎるだけに見つけた時の喜びはひとしおなんです! ただ、雲見の現地ショップがどっこもLOGに載せない不人気キャラですが…(>_<)

15_1030koke.jpg 16_1030kobu1.jpg
 ギンポ岩ではいつものアライソコケギンポを撮影 しばらくするとカラダがちょっと大きめのジュンが登場しました いつものようにエサをおねだりしたのであらかじめ準備していたエサをご馳走すると美味しそうに食べてくれました(^O^)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:21.7℃
透視度:10m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛前カド~大牛洞窟前~裏)

17_1030mikado.jpg 20_1030kiiroib.jpg
 2ダイブ目はカメラとライトを水槽に忘れてしまいました… 大牛の前カドでエントリー スパニッシュダンサーことミカドウミウシを発見 いい泳ぎっぷりを披露してくれました ウミウシの仲間はキイロイボウミウシやヒブサミノウミウシが見られました

18_1030umiushi1.jpg 19_1030namakom.jpg
 今日もいましたウミウシカクレエビ 片方のハサミが欠損しているのかと思いきや小さいだけでした いつ見てもカワいいエビですね♪ そしてまたまたいましたナマコマルガザミ その他、セボシウミタケハゼやスジタテガミカエルウオ、マツバギンポ、トウシマコケギンポなどが見られましたがカメラを忘れたので撮影できませんでした(>_<) あ、そうそう、まのっちにイソコンペイトウガニの居場所を教えてもらいました 小さかったから次、行った時に見つけられるかわかりませんが…(^_^;)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:21.8℃
透視度:10m 潮流:- ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛前)

21_1030umiushi2.jpg
 ラスト3ダイブ目は小牛前でじっくりマクロ・ネタ探し いや~、またまたいましたよ、ウミウシカクレエビ 今度のはちょっと大きかったです

22_1030hirame.jpg 24_1030megane.jpg
 大きな×2、ヒラメがいました~ 大きさがわかりづらいのでフィン脱いで並べて写真撮れば良かったですねぇ 南方系のメガネハギの幼魚 ツマジロモンガラにちょっと似ています

23_1030umikara.jpg 26_1030umiushi3.jpg
 おぉ~、超久し振りのウミカラマツエビ しかもちっちゃ(>_<) そしてまたまたウミウシカクレエビ 今シーズンは大当たり年ですね~ どのコもカワイイですね(*´`)

25_1030eal.jpg 27_1030kowan.jpg
 ホンソメワケベラがウツボをエステ中でした それにしてもこんな大口開けてなんと無防備な(笑) 先だって見つけたコウワンテグリ 1ダイブ目で見つけられなかったんであきらめかけていたんですが、やっぱりいました 赤いルージュがお洒落なネズッポの仲間です そ~いえば去年の今頃はイッポンテグリ見つけて大コーフンしたのを思い出します 11月無制限ダイブが1日からスタートします 3日以外はまだ余裕があります 是非、ご参加下さい!!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 19:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CLOSE明けは出モノが充実! 10/27雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温20℃ 水温:21.8℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:微
コース:牛着岩(大牛裏カド~大牛洞窟前)

1_102713kaikyo.jpg
 台風27号の影響で23日から雲見がCLOSE… 一週間振りの雲見になってしまいました 朝のうちはまだヨタが残っていましたがようやく潜れて良かったで~す

2_1027hotate.jpg 3_1027namakom.jpg
 まずはバースデーダイブ&バースデーのリクエストで大牛裏カドからエントリー ノブオに餌やりをしました よっぽど腹が減ってたんでしょうね 近づいただけで砂地から半分ぐらい体を出しました(笑) フィーディング後、トラフナマコを宿主にしているナマコマルガザミがいました

4_1027akahoshi.jpg 5_1027sori.jpg
 ちっこいアカホシカクレエビと大牛洞窟前のソリキヌヅツミ

6_1027aosa.jpg
 アチコチでアオサハギのおちびちゃんが見られました いや~、カワいい(*´`)

7_1027iga.jpg 10_1027aou.jpg
 ウミウシも少~しづつ増えてきましたね イガグリウミウシとアオウミウシ

8_1027muchik.jpg 9_1027sakurat.jpg
 小さな×2、ムチカラマツエビと口内保育中のサクラテンジクダイが見られました~(^O^)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温20℃ 水温:21.7℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:微
コース:牛着岩(ブイ~水路~-24mアーチ~ブイ)

11_1027tsuyu.jpg
 
2ダイブ目は雲見初めての方に地形ダイビングをご案内しました まずは水路前のツユベラ

12_1027arch1.jpg 13_1027arch2.jpg
 アーチの景観が幻想的ですね

14_1027kope.jpg
 グビジンイソギンチャクを宿主にしていたコペポーダ 柄がとってもキレイ! オススメの一品です(笑)

15_1027ohmon.jpg 16_1027teng.jpg
 洞窟の入口前でたむろっていたオオモンハタと洞窟内の住民、テングダイ

17_1027arch3.jpg 18_1027arch4.jpg 19_1027arch5.jpg
 ここからの洞窟巡りはサイコーでしたね(爆)

20_1027yuckey2.jpg 21_1027diver.jpg
 リアル100本&お誕生日、おめでとうございます!100本記念は高知の安満地でやろーねー(((o(*゚▽゚*)o)))

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温20℃ 水温:21.8℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:微
コース:牛着岩(小牛洞窟~小牛~ブイ)
22_1027thorunna.jpg 23_1027waka.jpg
 ラストは再び、マクロ系を中心にがっつり60分ダイブ ボクの大好きなマクロ系ダイブ、アゲイン! 小牛洞窟では台風を乗り切ったトルンナ・プルプロペディス そしてカワいいルックスのワカウツボがいました

24_1027bkaeru.jpg
 久し振りのベニカエルアンコウ 手(胸ビレ)が堪りませんね(>_<)

25_1027murakoda.jpg 26_1027koke.jpg
 移動中に見つけたとってもキレイなバニー、ムラクモコダマウサギとギンポ岩のアライソコケギンポ

27_1027isobana.jpg 28_1027kowan.jpg
 ヤギの仲間ではイソバナカクレエビがいました 虫っぽいルックスがツボにハマっています ミヤケテグリを探していると見つかったのは久し振りのコウワンテグリ しかも成魚でした この時期、幼魚が多いんですけどね~ 独特の体色です 時間がなかったのでとりあえず証拠写真まで しばらく同じエリアで見られると思いますよ(^O^)

29_1027yuckey1.jpg 30_1027yuckey2.jpg 31_1027yuckey3.jpg
 ゆっき~のバースデーダイブ記念をしました これからも素敵なLOGを積み重ねて下さいね~~

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風27号もなんのその マクロ系で盛り上がりました! 10/26田子のLOG

フィールドインプレッション
天候:雨 気温20℃ 水温:22.1℃
透視度:8m 潮流:なし ウネリ:微
コース:白崎№1

1_1026kaikyo.jpg
 台風27号が伊豆半島に最接近する中、田子湾内を潜ってきました 台風の進路が発生当初の予報より南下したので田子湾内は穏やかでした 潮色も思ったより良く、じっくりフォトダイブを楽しめました(^O^)

2_1026iboiso.jpg 2a_1026hiro.jpg 3_1026olt.jpg
 ファーストコンタクトはイボイソバナガニ それにしてもゴミが付着してなんだかよくわかりません…(>_<) 深場でウミウシを探すも空振り お客様がヒロウミウシを見つけてくれました ヤギ類ではオルトマンワラエビがいっぱい見られます

4_1026akane.jpg 5_1026ayame.jpg
 アカネケボリとアヤメケボリ どちらもキレイなバニーです

6_1026mebaru.jpg 7_1026isokasa.jpg 8_1026minok.jpg
 メバルが横たわってコチラをじっと見ているようですね イソカサゴがソフトコーラルの中にふんわりといました そしてミノカサゴ 正式名称はミノリカワカサゴ、略してミノカサゴ な~んて(^_^;)

9_1026isobana.jpg 10_1029glass1.jpg
 アミメヤギの中にいつものイソバナカクレエビ そしてムチカラマツにはガラスハゼがいました

11_1026mokuzu.jpg 12_1026kazari.jpg
 エグジットエリアに向かう途中で見つけたモクズショイ サンゴイソギンチャクにはカザリイソギンチャクエビがいました 45分ののんびりダイブでした 

フィールドインプレッション
天候:雨 気温20℃ 水温:22.3℃
透視度:8m 潮流:なし ウネリ:微し
コース:弁天島

13_1026akahoshi1.jpg
 まずは深場まで移動し、そこからスタート 徐々に水深を上げていきます スナイソギンチャクにはアカホシカクレエビ 派手なダンスをしていたので最初はオドリカクレエビかと思いました

14_1026glass2.jpg 15_1026togari.jpg
 ムチヤギが多くたくさんのガラスハゼが見られました そしてキレイなバニー、トガリアヤメケボリ

16_1026akasuji.jpg 17_1026kinsuji.jpg
 クダヤギには今年もアカスジカクレエビがワラワラ付いていました 水温が下がってくるといつの間にかいなくなってしまいます そして久し振りのキンスジケボリ いや~、大好きなバニーちゃんです(*゚▽゚*)

19_1026akahoshi2.jpg 20_1026moebi.jpg 21_1026akahoshi3.jpg
 ニチリンイソギンチャクに付いていた抱卵中のアカホシカクレエビ セクシーシュリンプことイソギンチャクモエビもいっぱいいました そしてコチラはちっこいアカホシカクレエビ

22_1026isohaze.jpg
 多分、イソハゼの仲間かと こち亀両さんのまゆ毛みたいで面白かったのでついつい撮影してしまいました(^O^)

23_1026hosoten.jpg 18_1026benikinu.jpg
 ここにもバニーが2種類 ホソテンロクケボリとベニキヌヅツミです

24_1026cymo.jpg 25_1026tosaka.jpg
 安全停止中はエンタクミドリイシでヒメサンゴガニ属の一種や青い眼のキモガニをご紹介 クサイロモシオエビやフタイロサンゴハゼなんかがいるともうちょっと盛り上がるんですけどね… ユビノウトサカでウズラカクレモエビを探している時に見られた外れ一位のトサカガザミ ウズラカクレモエビがいそうなユビノウトサカが「いっぱいあったんだけどなぁ~ 明日は雲見がOPEN予定です 久し振りの雲見のLOGをお楽しみに!!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 18:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バースデーダイブのお祝いをしました~ヽ(^0^)ノ 10/20雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:曇り→雨 気温19℃ 水温:22.3℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:なし
コース:牛着岩(小牛横)

1_102013kaikyo.jpg
 大ナライでした(>_<) 風が強くてビックリです風波が立っていましたが水中は穏やかでした 潮色は前日より良くなりました 本日、バースデーの記念ダイブをしました(^O^)

2_1020kob1.jpg
 1-3便チームの1ダイブ目です 小牛前の砂地ではコブダイ シンペーよりちょっと大きな個体です コイツも手懐けつつあります(笑)

3_1020tsuyu.jpg 4_1020ayame.jpg
 ツユベラの幼魚が2個体 水路前にもツユベラがいますね~ ヤギ類をチェックするとアヤメケボリが見られます

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温19℃ 水温:22.3℃
透視度:8~6m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:なし
コース:牛着岩(ブイ~水路~ブイ)

6_1020matsuba2.jpg
 2-4便チームの1ダイブ目 初雲見の方がご一緒でしたので洞窟などの地形を中心にご案内しました たて穴の根頭にはマツバギンポとトウシマコケギンポが見られました

フィールドインプレッション
天候:雨 気温19℃ 水温:22.3℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:なし
コース:牛着岩(大牛前カド~ブイ)

8_1020benikinu.jpg 10_1020namakom.jpg
 1-3番チームの2本目は大牛前カドからエントリーしてじっくりフォトダイブをしました ベニキヌヅツミとナマコマルガザミをご紹介しました

9_1020kob2.jpg 12_1020clear.jpg
 コブダイが2個体やってきました ちなみにこのコはシンペーです 岩の亀裂にはクリアクリーナーシュリンプがいましたよ~

11_1020kika.jpg 13_1020hiro.jpg
 海藻の上にいたキカモヨウウミウシ 絵になります(^O^) ヒロウミウシは2個体かと思ったら3個体でした…

14_1020okaeru.jpg
 湾内ブイへ戻る途中、目撃情報があったカエルアンコウの仲間をチェック で、でかいです(@_@;)

フィールドインプレッション
天候:雨 気温19℃ 水温:22.3℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:なし
コース:牛着岩(ブイ~小牛~-24mアーチブイ)

15_1020ayame2.jpg 16_1020niji.jpg
 2-4便チームの2本目と1-3便チームからお一人合流の3本目です大牛裏カドでミヤケテグリを探しているとご一緒していたお客様が中層のクエを教えてくれました! マクロ系はアヤメケボリとニジギンポです

17_1020haokoze.jpg 18_1020akahoshi.jpg
背びれに毒があるハオコゼ 手を付くときはコイツがいないか注意しましょう 小さなアカホシカクレエビも見られました

21_1020ura1.jpg 1020ura2.jpg 1020kinen3.jpg
 お誕生日、おめでとうございます! 素敵な一年にして下さいね~ あいにくの雨降りでしたがとっても楽しく潜れましたね~o(^o^)o

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 20:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

200本記念のお祝いをしました~ヽ(^0^)ノ 10/19雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温19℃ 水温:22.4℃
透視度:8~6m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:なし
コース:牛着岩(大牛カド~大牛洞窟前)

1_101913kaikyo.jpg
 曇りベースの肌寒い一日になりました 富士山、初冠雪です 移動中の車内でお客様が「あ、富士山に雪が積もってる」とのこと 前日までてっぺんはまっくろだったので「雲じゃないですか~?」と返事をしました ところが車から降りてよく見てみるとホントに雪が積もっていました!

 まず1ダイブ目は全員で潜って、200ダイブ記念をしました~ヽ(^0^)ノ 台風やらなんやらで思うように潜れず、先々週も来ていただきこの日のために本数調整をしました レンズのキャップを付けたままデジカメのセッティングをしてしまい記念ダイブの撮影ができず(;゚Д゚)! ご一緒した娘さんからデジカメをお借りして記念撮影をしました(写真はこのブログの最後にまとめました) その後、ホタテウミヘビのフィーディングパフォーマンス お客様にも挑戦して頂き、指を甘噛みされるハプニングもありました(^_^;)

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温19℃ 水温:22.4℃
透視度:8~6m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:なし
コース:牛着岩(-24mアーチ~たて穴~水路~ブイ)

2_1019muchik.jpg
 まずは先発組です 初雲見のお客様がいらっしゃいましたので2ダイブ目は地形をメインにご案内しました -24mアーチ、たて穴、H型のアーチ、三角穴などなど 魚影も濃く楽しめましたね -24mアーチを抜けたところのムチカラマツにムチカラマツエビがいました

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温19℃ 水温:22.5℃
透視度:8~6m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:なし
コース:牛着岩(小牛裏カド~小牛前カド)

3_1019abura.jpg 4_1019umiushi.jpg
 続いては後発組です 小牛裏カドからエントリーしてイソギンチャク畑でミヤケテグリ探しをしました するとアブラヤッコ発見 キンチャクダイの幼魚はアチコチで見られました そして昨日、見つけたウミウシカクレエビ 小さなカワいい個体でした イロカエルアンコウはどこかへ行ってしまったようですね…(>_<)

5_1019yami.jpg 6_1019matsukasa.jpg
 亀裂の中を覗くとヤミテンジクダイとマツカサウオの幼魚 今シーズンはヤミテンジクダイが多いですね 今日だけで3個体、見られました

7_1019hutosuji.jpg
 岩のくぼみを覗くとフトスジイレズミハゼ コクテンベンケイハゼやベンケイハゼよりこっちの方がちっこくて可愛らしい気がします

8_1019hosoten.jpg 9_1019tsumani.jpg
 キバナトサカでマルミカクレモエビを探しているとホソテンロクケボリとツマニケボリが見つかりました キレイなバニーですね

1019komi1.jpg 1019komi2.jpg 1019komi3.jpg
 そして本日の記念ダイブです! 200本おめでとうございます これからも素敵なチョイ悪オヤジでいて下さい(^O^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 21:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CLOSE明けのリサーチダイブ 10/18雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:曇り時々晴れ 気温22℃ 水温:23.2℃
透視度:8~6m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:弱
コース:牛着岩(大牛洞窟前~大牛カド)

1_101813kaikyo.jpg
 台風26号が過ぎ、CLOSE明けの雲見をリサーチしてきました ウネリが残り潮色はやや落ちていました 大潮まわりなので潮が入れ替わってくれるといいですね さてどんな生物との出会いがあるのでしょうか?

2_1018kirin.jpg
 新ネタ登場 キリンミノの幼魚です CLOSE前は黒崎で見ていました

3_1018kammuri.jpg
 海冒主まのっちが発見 カンムリベラの幼魚です サイズがちょっと小さかったから見つけるのがタイヘン(>_<) でもカワユス(*´`)

4_1018aou1.jpg 5_1018kika.jpg
 大牛洞窟前ではウミウシ探し 小さなアオウミウシとCLOSE前から動いていないキカモヨウウミウシ

6_1018iga.jpg 11_1018shiro.jpg
 イガグリウミウシと小さなシロウミウシ 今週末、お客様と丹念にウミウシ探しをしてみます!

7_1018clear.jpg 10_1018moebi.jpg 12_1018akahoshi1.jpg
 ウツボのエステをしていたクリアクリーナーシュリンプとセクシーシュリンプことイソギンチャクモエビ そして小さなアカホシカクレエビを発見!

8_1018sakurat.jpg 9_1018koke.jpg
 洞窟内ではまだ口内保育中のサクラテンジクダイがいました そして洞窟を出ると小さなコケギンポの仲間がいました

13_1018kob.jpg
 フィーディングしているコブダイのシンペーがやってきました もちろん、メシをご馳走しましたよ(^O^) 大牛の湾内側でネタ探しをしましたが目ぼしい獲物は見つからず… ここでエグジットしました

フィールドインプレッション
天候:曇り時々晴れ 気温22℃ 水温:23.2℃
透視度:8~6m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:弱
コース:牛着岩(小牛洞窟前~小牛まわり~ブイ)

14_1018sujio.jpg 15_1018ohsuji.jpg
 小牛の洞窟内でミカドウミウシを宿主にしている大きなウミウシカクレエビがいるとのこと 早速、小牛洞窟前からエントリー 先客がいたのでまずは近隣でネタ探し 季節来遊テンジクダイを探すも見つからず… 在来種のスジオテンジクダイとオオスジイシモチです

16_1018umiushi1.jpg
 いました、いました~ヽ(^0^)ノ ホント、でかい(;゚Д゚)! 沖縄なんかで見るサイズとカラーリング いや~、いいモノ、見られましたぁ~

17_1018mikado.jpg 16a_1018thorunna.jpg
 宿主のミカドウミウシ スパニッシュダンサーとも呼ばれています そしてすぐ上にいるトルンナ・プルプロペディス 台風を乗り切りましたね

18_1018ayame.jpg 19_1018maruga.jpg
 洞窟を出てヤギをチェック✔するとアヤメケボリがいました そしてシマキッカイソギンチャクの中心にマルガザミがいました こんな場所で見つけたのは初めてです

20_1018akahoshi2.jpg 21_1018akahsohi3.jpg
 キッカイソギンチャクとサンゴイソギンチャクをそれぞれ宿主にしていたアカホシカクレエビ

22_1018muchik.jpg 24_1018noko.jpg
 ムチカラマツをチェック✔ 残念ながらキミシグレカクレエビはいなくなってしまいましたね…(>_<) 代わりに見られたムチカラマツエビのちびっこ そしてカイメンが付着したノコギリガニ

25_1018ikaeru.jpg
 昨年、クマドリカエルアンコウが出た小牛の亀裂でイロカエルアンコウが見られました お手頃サイズですね 雲見では久し振りに見ました(^O^)

26_1018umiushi2.jpg 23_1018matsukasa.jpg
 そしてまたまた見つけちゃいました、ウミウシカクレエビのちびっこ そしてマツカサウオのちびっこも各所で見られています

27_1018yamiten.jpg
 うぉ~、ヤミテンジクダイのちびっこ!! 季節来遊テンジクダイを探していたのでうれしい~~ まのっちが見つけました ファインプレイですね~ このブログをUPした後、まのっちスイミングスクールのお手伝いでまたまたまのっちと一緒です 金曜日はいつも家族と過ごすよりまのっちと過ごしている時間の方が長くなっちゃうんだよなぁ~(^_^;) ちなみにウチの双子の娘はまのっちのことを「じゃがりこのオジサン」と呼びます せめて「じゃがりこのおじちゃん」と呼びなさいと注意しています(笑)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

海賊料理祭りで浜も波止場も大賑わい 10/14雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:23.4℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:弱
コース:牛着岩(大牛カド~大牛洞窟前)

1_101413kaikyo.jpg
 連休最終日は海賊料理祭りと重なり7:30に港に到着したもののすでに駐車スペースはいっぱい(゚д゚lll) スゴいことになってました しかも秋特有の速い潮がMAXでした 今シーズン一番、速かったのではないでしょうか? 台風26号のウネリも入ってきましたね(>_<)

2_1014muchik.jpg 3_1014glass.jpg
 60分×3本勝負でじ~っくりフォトダイブ まずはムチカラマツエビとガラスハゼをご紹介しました

4_1014seboshi.jpg 5_1014matsukasa.jpg
 オオパンカイメンの上にいたのはセボシウミタケハゼでしょうか? この仲間、ちょっとよくわかりませんね(^_^;) マツカサウオのちびっこが各所で見られるようになりました

6_1014kotohime.jpg 7_1014kika.jpg 8_1014iga.jpg
 大牛洞窟前ではコトヒメウミウシ、キカモヨウウミウシ、イガグリウミウシが見られました

9_1014isogin.jpg 10_1014moebi.jpg
 小さなグビジンイソギンチャクの上にちょこんといたイソギンチャクエビと宿主を共有していたイソギンチャクモエビ このイソギンチャクにいてくれると触手がないから撮りやすいんですよね~(^O^)

11_1014sero.jpg 12_1014himeiso.jpg
 セロガタケボリとヒメイソギンチャクエビです 大牛洞窟エリアを出ると潮が結構、かかっています(>_<)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:23.9℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、強 ウネリ:弱
コース:牛着岩(小牛前)

13_1014furai2.jpg
 ニシキフウライウオの目撃情報があり早速、チェック✔してきました 尾びれと背びれが開くととってもキレイ! それにしても小さな個体です 背景の岩と同化して分かりづらいですが…

14_1014koke1.jpg 15_1014koke2.jpg
 いや~、潮流がガンガンかかっていました ギンポ岩につかまっているのもタイヘンでした(^_^;)

16_1014aya.jpg 18_1014sazanami.jpg
 アヤメケボリとサザナミヤッコ この辺は潮流とウネリに翻弄されて結構、キツかったです

17_1014umiushi1.jpg
 それでも見たいウミウシカクレエビ またまた別の個体をGETしちゃいました~

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:24.1℃
透視度:8m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:弱
コース:黒崎(先端洞窟~浅根)

19_1014muchik.jpg 20_1014bisha.jpg
 ラスト3ダイブ目は激流を避けて黒崎へ はまゆスタッフの皆さん、この忙しい時に空気読まなくてスミマセン(笑) まずはいつものムチカラマツエビとビシャモンエビ

21_1014gonzui.jpg 22_1014kimme.jpg
 先端洞窟内ではゴンズイの大玉とキンメモドキの群れです

23_1014sori.jpg 24_1014olt.jpg
 ドラゴンウォールではソリキヌヅツミとオルトマンワラエビがいました

25_1014tatsu.jpg
 そして久し振りに見つけられたハナタツ(^O^) ここのところ相性が良くなくてハナタツを見つけられていませんでした

26_1014akashima.jpg 30_1014otohime.jpg
 最近、ペアになった?アカシマシラヒゲエビ オトヒメエビのちびっこも各所で見られます

27_1014umiushi2.jpg
 ハンドパワーで出したウミウシカクレエビのペア 小さいもの同士のペアもいたし、今回は大小のペア 一体、何個体いるんでしょう?

28_1014oshare1.jpg 29_1014oshare2.jpg
 腕立て伏せのような独特な動きをするオシャレカクレエビ 大小ペアで見られます

32_1014kazari.jpg 33_1014isogin2.jpg 34_1014isogin3.jpg
 サンゴイソギンチャクにはカザリイソギンチャクエビとイソギンチャクエビのペアが見られます

31_1014kirin.jpg 35_1014matsuba.jpg
 今シーズンお初のキリンミノの赤ちゃん しかも超ちっこい!! しばらくいてくれるといいなぁ~ ラストは浅根の根頭でキモガニやヒメサンゴガニ属の一種を見ているときにたまたま見つけたマツバギンポ 根頭付近はタワシウニが多いので手元、足元、着底注意です 強烈な台風26号が接近中です 今回のはなんだかとってもヤバそうです 皆さまお気を付けて…((((;゚Д゚))))

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

連休中日は凪になりました~ヽ(^0^)ノ 10/13雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:24.2℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、強 ウネリ:-
コース:牛着岩(-24mアーチ~グンカン)

1_101313kaikyo.jpg
 風は東よりに変わり絶好のダイビング日和にんりました~ 本日、2パーティで5ダイブです 秋特有の速い潮が走っていたため、ドリフトダイビングを実施しました

2_1013all1.jpg
 SELFISHの皆さん 学習しましたね~、本日はエアーで顔が隠れていません(笑)

3_1013teng.jpg 4_1013kagokaki.jpg
 -24mアーチのテングダイのペアと-26mアーチ手前に群れていたカゴカキダイ

5_1013matsukasa.jpg 6_1013okig.jpg
 -26mアーチにいたマツカサウオと愛嬌のあるオキゴンベ

7_1013akahoshi1.jpg b8_1013akahoshi2.jpg
 シマキッカイソギンチャクではアカホシカクレエビのペアが見られました

9_1013hitode1.jpg
 根頭ではいつものヒトデヤドリエビ ヒトデヤドリエビが付いているアカヒトデをコツコツここに集めているのでひっくり返せば高確率で見つかりますよ

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:24.1℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:黒崎(先端洞窟~浅根アーチ)

10_1013glass1.jpg 12_1013bisha.jpg
 1-2-4便チームの2ダイブ目は黒崎マクロ系フォトダイブをご案内しました まずはガラスハゼとビシャモンエビ

11_1013kiiroib.jpg 18_1013michiyo.jpg
 大きなキイロイボウミウシと小さなミチヨミノウミウシも見られました

13_1013kimme.jpg
 洞窟内から出口を見るとキンメモドキの群れがキレイです

14_1013olt.jpg 14_1013sori.jpg

15_1013honsome.jpg 15_1013sarasa.jpg
 オルトマンワラエビとサラサエビ 普通種ですがじっくり観察してみるのも面白いですよ

16_1013nogogani.jpg 17_1013namakom.jpg
 岩の亀裂にはノコギリヨウジ トラフナマコを宿主にしているナマコマルガザミです

19_1013oshare1.jpg 20_1013oshare2.jpg
 オシャレカクレエビが大小のペアで見られます

21_1013kazari.jpg 22_1013mitsuboshi.jpg
 サンゴイソギンチャクにいるカザリイソギンチャクエビとミツボシクロスズメダイの幼魚達

23_1013arch1.jpg
 ラストは浅根のアーチをくぐってエグジットしました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:24.4℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:-
コース:三競(1番洞窟~3番洞窟)

24_1013all2.jpg
 1-3-5便チームの2ダイブ目は昨日はご案内できなかった三競で地形ダイブを楽しみました

25_1013sankyo1.jpg 26_1013sankyo2.jpg
 1.5番アーチをくぐり抜けて

27_1013sankyo3.jpg 28_1013sankyo4.jpg
 2番洞窟に向かいます 2番洞窟のトップライトに光が差し込んでいます

29_1013sankyo5.jpg 30_1013kimme.jpg
 振り返って出口を見るとキンメモドキの群れがまるでファインディング・ニモに出てくるシルエットクイズみたい 近寄って接写しました

31_1013okibeni.jpg 32_1013togeashi.jpg
 2.5番のオキナワベニハゼ 背景の被覆サンゴの緑色とハゼのオレンジ色の対比がキレイです ゴロタの隙間でいっぱい見られるひらべったい変な形のカニ、トゲアシガニ

33_1013muchik2.jpg 34_1013sankyo6.jpg
 ぷっくらしているムチカラマツエビをご紹介していよいよ3番洞窟のエアードームを目指します エアードームで浮上して記念撮影をしました

35_1013sankyo7.jpg 36_1013sankyo8.jpg
 4番洞窟の水中景観 ここでも幻想的な光景が見られます

37_1013ise.jpg 38_1013sankyo9.jpg
 岩の亀裂にはイセエビがギシギシ詰まっています その他、ムラソイがいました 4番洞窟を出てシグナルフロートをうってエグジットしました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:24.1℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛裏カド~小牛~ブイ)

39_1013kaikam.jpg 40_1013kimi.jpg
 1-2-4便チームの3ダイブ目は当店オススメのフォトダイブコース、小牛周辺をご案内しました ジュズエダカリナの帽子を被ったカイカムリと意外と個体数が少ないキミシグレカクレエビ

41_1013mino.jpg 42_1013aosa.jpg
 ミノカサゴの幼魚とアオサハギがいました アオサハギは眼の動きがカワいいですね

43_1013koke.jpg 45_1013akasasa.jpg
 ギンポ岩のアライソコケギンポとホンソメワケベラの幼魚にエステされていたアカササノハベラです

44_1013isobana.jpg 46_1013korai.jpg
 ヤギの仲間をチェックするとイソバナカクレエビが大小さまざま見られます コウライトラギスは目つきが悪いですね~(笑)

53_1013umiushi2.jpg
 今日もいました、ウミウシカクレエビ 今シーズンも昨シーズン同様、いっぱい見られて嬉しいです 

47_1013kinchaku.jpg 49_1013niji.jpg
 キンチャクダイの幼魚を見たところで時間です 湾内のブイへ向かいました 安全停止停止中はニジギンポと戯れているとあっという間に3分経っちゃいますね

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温28℃ 水温:23.0℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:-
コース:黒崎(先端洞窟~浅根アーチ)

50_1013bisha2.jpg 51_1013gonzui.jpg
 1-3-5便チームラスト3ダイブ目は再び黒崎先へ いつものビシャモンエビとず~っとこのエリアで見られているゴンズイの大玉

52_1013namakom2.jpg 54_1013oshare3.jpg
 ナマコマルガザミとオシャレカクレエビをご紹介しました

48_1013umiushi2.jpg
 さっきは見つからなかったウミウシカクレエビが見つかりました 黒崎のマクロ系ダイブがホント、楽しいです! 最後は浅根のアーチをくぐり抜けてエグジットしました 皆さま、おつかれさまでした~~(^O^)


 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三連休の初日は西風でしたがOPEN 10/12雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温28℃ 水温:24.8℃
透視度:15~12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛洞窟前~グンカン)

1_101213kaikyo.jpg
 朝のうちは穏やかでしたが午後から西よりの風が強くなる予報です 早めのダイビングを心がけましたがいかんせん、2パーティ5ダイブなので午後からはポイント選びを慎重にしないとです(^_^;) まずは1-3-5便チームをご案内しました

2_1012kika.jpg 3_1012moebi.jpg
 大牛洞窟前のキカモヨウウミウシとイソギンチャクモエビ その他、イガグリウミウシも見られました

4_1012matsu.jpg 5_1012yokoshima.jpg
 な、なんとマダラタルミいなくなっちゃいました(T ^ T) 代わりにマツカサウオの幼魚(代わりにはならないっすね(ToT) ナマコマルガザミを探してトラフナマコをチェックしたらヨコシマエビが付いていました

6_1012kob1.jpg
 コブダイのシンペーです サザエをバリバリ食べています まさに食欲の秋っ!

7_1012glass.jpg 8_1012nakakom.jpg
 ムチカラマツを宿主にしているガラスハゼとトラフナマコを宿主にしていたナマコマルガザミ

9_1012hitode1.jpg 10_1012hitode2.jpg
 グンカン根頭でヒトデヤドリエビをご紹介しました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温28℃ 水温:23.7℃
透視度:15~12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(ブイ~-24mアーチ~ブイ)

11_1012all1.jpg
 2-4便は大学のダイビングサークルSELFISHの皆さんです 皆さん、弾けていましたよ~(^O^)

12_1012umiushi1.jpg
 まずは昨日、見つけたウミウシカクレエビをご紹介 ん~、カワいい(*´`)

13_1012arch1.jpg 14_1012arch2.jpg
 H型のアーチの-24mアーチ どちらも魚が詰まっているカンジですよね~ヽ(^0^)ノ

15_1012teng.jpg
 -24mアーチの住民、テングダイのペア でっかいです!

16_1012arch3 17_1012arch4.jpg
 たて穴を抜けてから迷路のような洞窟を通り三角穴へ 地形ダイブを満喫しました

18_1012kaikam.jpg
 最後はブイ近くのでっかいカイカムリをご紹介してエグジットしました~

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温28℃ 水温:22.8℃
透視度:15~12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛洞窟前~小牛~ブイ)

19_1012thorunna.jpg 20_1012ui.jpg
 1-3-5便チームの2ダイブ目は小牛洞窟前からエントリー まずは洞窟内のトルンナ・プルプロペディスという和名のないウミウシの仲間 洞窟を出てウイゴンベをチェック✔

21_1012aya1.jpg 22_1012aya2.jpg
 ヤギの仲間ではアヤメケボリがいっぱい見られます

23_1012kue.jpg
 小牛の裏カドではクエの若魚が2個体、見られました~(^O^)

24_1012kimi.jpg
 お気に入りのキミシグレカクレエビ カッコいい~!

25_1012aosa.jpg 26_1012niji.jpg
 アオサハギと安全停止中に遊んでくれるニジギンポ ニジギンポと遊んでいるとあっという間に3分、経っちゃいますよ~

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温28℃ 水温:23.3℃
透視度:15~12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛洞窟前~大牛カド~トレジャーロック)

27_1012all2.jpg
 続いては2-4便のSELFISHチーム 大牛洞窟前からエントリーしてトレジャーロックでエグジットするコース取りです

28_1012clear.jpg 29_1012utsubo.jpg
 大牛洞窟前ではクリアクリーナーシュリンプやホンソメワケベラがウツボにエステをしています

30_1012sakurat.jpg 31_1012sakurat2.jpg
 大牛洞窟内ではサクラテンジクダイの口内保育シーンをじっくり観察 すでにハッチアウトしているサクラテンジクダイの幼魚がいっぱいいますが、まだ口内保育中の育メンもいます アップで見ると赤ちゃんの眼がハッキリと見えますね

32_1012otohime.jpg 34_1012glass1.jpg
 オトヒメエビとガラスハゼ ガラスハゼはどうやらマタニティのようですね

33_1012senten.jpg 36_1012koib.jpg
 密度が薄いながらもセンテンイロウミウシとコイボウミウシが見られました

35_1012hotate.jpg 37_1012kobu2.jpg
 ホタテウミヘビのノブオとコブダイのシンペー よくなついています(笑)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温28℃ 水温:24.3℃
透視度:15~12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛前カド~トレジャーロック~ブイ)

38_1012umiushi2.jpg 39_1012isogin.jpg
 ラスト5ダイブ目は大牛の前カドからエントリーしました コブダイのシンペーがすぐに近づいてきましたがスルー またまたウミウシカクレエビを見つけました 今シーズンは当たり年ですね~(^O^) イソギンチャクエビも見られました

40_1012obiten.jpg 41_1012sazanami.jpg 42_1012aori.jpg
 水路前ではいつものオビテンスモドキとサザナミヤッコ そしてブイ下ではアオリイカのちびっこがいました

43_1012takeru.jpg 44_1012fuji.jpg 45_1012selfish.jpg
 

 そして本日の最優秀作品賞 ハウジング越しのタケル 発想もさることながらよくジャスピンで撮れたよね~ タケルの表情もサイコ~です そして海越しの富士山とメンバーの集合写真 海は荒れていましたが海況なんてなんのその 若さってスゴいっ!(笑) 

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 20:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マダラタルミの幼魚を見つけて大コーフン! 10/11雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温26℃ 水温:24.4℃
透視度:15m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(大牛洞窟前~大牛カド)

1_101113kaikyo.jpg
 連休前のリサーチダイブ 昨夜はてっぺん越えの25:30まで一緒に飲んでいた海冒主のまのっちとラブラブ・ダイビングです(爆) 秋特有の速い潮でしたが潮色はバツグンでした~~ヽ(^0^)ノ

2_1011sazanami.jpg
 まずはサザナミヤッコ 小牛で見つけたのより大きいいので見栄えがいいです 場所もいいので撮影しやすいですよ

4_1011kika.jpg 5_1011iga.jpg
 大牛洞窟前でウミウシ探し まずはキカモヨウウミウシとイガグリウミウシ

6_1011olt.jpg 7_1011clear.jpg 8_1011moebi.jpg
 甲殻類のチェック✔ オルトマンワラエビ、ちっこいクリアクリーナーシュリンプ、セクシーシュリンプことイソギンチャクモエビ

3_1011hiro.jpg 9_1011kotohime.jpg
 ヒロウミウシとコトヒメウミウシ アオウミウシやシロウミウシのちっこいのが増えてきましたよ~

11_1011muchik.jpg 12_1011glass.jpg
 ロッカク岩付近まで移動 ムチカラマツを宿主にしているムチカラマツエビとガラスハゼです ホタテウミヘビのノブオを砂地でチェックしつつ…

10_1011madarat.jpg
 Σ(゚Д゚;エーッ! な、なんとマダラタルミの幼魚をはっけーーーーーーん!!!(;゚Д゚)! なんて可愛いんでしょう! そ〜いえば去年の今頃もイッポンテグリを見つけたっけ いや~、いいモノ見られました~ 皆さーん 是非、リクエストして下さいね~ヽ(^0^)ノ

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温29℃ 水温:24.6℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:-
コース:牛着岩(小牛洞窟~小牛まわり~ブイ)

13_1011umiushi1.jpg
 2ダイブ目のファーストコンタクトはウミウシカクレエビ 潜る度に見られています ホント、当たり年ですねーー(^O^) 牛着岩、黒崎の各所に在庫、有ります(笑)

14_1011ayame1.jpg 16_1011ayame2.jpg
 アヤメケボリもいっぱい!

15_1011akahime.jpg 19_1011hirame.jpg
 アカヒメジの群れと砂地にいた大きなヒラメ フライングカーペットのように泳ぎ去っていきました

17_1011tenrok.jpg 18_1011traf.jpg 24_1011sero.jpg
 バニー3連発 テンロクケボリ、トラフケボリ、セロガタケボリ どのコも美人揃いですネ!

20_1011namakom.jpg 23_1011kazari.jpg
 アカオニナマコを宿主にしていた大きなナマコマルガザミとサンゴイソギンチャクで見られたカザリイソギンチャクエビ ペアでいました

21_1011kimi.jpg
 お気に入りのキミシグレカクレエビ カッコいい~ヽ(^0^)ノ

22_1011madai.jpg
 浅場では大きなマダイがホンソメワケベラのエステで気持ち良さそうにしていました

25_1011umiushi2.jpg
 ジャジャーン 本日、2個体目のウミウシカクレエビ 大好物なので何匹見ても嬉しいです(((o(*゚▽゚*)o)))

26_1011bkaeru.jpg 27_1011niji.jpg
 まのっちに聞いたらいないって言われて糸井さんがいるよって教えてくれたベニカエルアンコウ まのっち、老眼ススミ過ぎ! ハリウッド俳優のローガン・フリーマンって呼んじゃうよ(爆) そして安全停止中に遊んでくれたニジギンポ

 明日は西風予報ですが雲見をやります みんなと飲んじゃうんで約束はできませんが、ログの更新をお楽しみに~~(^O^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 16:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT