FC2ブログ

伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

レスキューダイバー認定おめでとう! 10/8雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温27℃ 水温:24.6℃
透視度:12~10m 潮流:ウラ潮、中 ウネリ:中
コース:牛着岩(大牛カド~グンカン)

1_100813kaikyo.jpg
 昨日の時点では雲見CLOSEの予定でしたが朝、連絡がありOPENするとのこと レスキューダイバーコースのファイナルを実施するため早速、雲見へ向かいました 台風避難でボートを揚げるため朝一番でファンダイブに行ってきました

2_1008isokon.jpg
 早速、お気に入りのイソコンペイトウガニをチェック✔ いや~、キレイな個体です

3_1008muchik.jpg 4_1008glass1.jpg 5_1008glass2.jpg
 ムチカラマツ・シリーズ ムチカラマツエビとガラスハゼです

6_1008hotate.jpg
 ホタテウミヘビのノブオ 今日もガツガツ食べてくれました~

7_1008komachi.jpg 8_1008ise.jpg 11_1008isogin.jpg
 グンカンではコマチコシオリエビ、イセエビ、そして根頭のイソギンチャク畑のイソギンチャクエビをご紹介

9_1008hitode1.jpg 10_1008hitode2.jpg
 ヒトデヤドリエビはバリエーションが豊富です

12_1008umiushi.jpg
 いました×2~、ウミウシカクレエビ ボク的にはホント、大好物なんです! カワいいですね(*´`)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温27℃ 水温:24.7℃
透視度:3m 潮流:なし ウネリ:中
コース:張石ビーチ(レスキューコース)

13_1008red1.jpg 14_1008red2.jpg
 午後からはレスキューコースのシナリオを4つ実施しました レスキュースキルの方、お見事でした! レスキューダイバー認定おめでとうございます ただ変身するとレスキュー仮面に… でも、こんな人には誰も助けられたくないですよねぇ(爆)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 19:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レスキューコース初日 10/7雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温25℃ 水温:24.6℃
透視度:10m 潮流:なし ウネリ:中
コース:張石ビーチ(レスキューコース)

1_100713kaikyo.jpg
 週明けはPADIレスキューダイバーコースを実施しました 張石ビーチでトレーニングダイブを実施しました 心配された台風のウネリもたいしたことなく良かった×2(^O^) トレーニングセッションは順調に進み、お昼休みはボートダイブをしていました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温25℃ 水温:24.4℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:中
コース:牛着岩(小牛裏カド~小牛~ブイ)

2_1007sujio.jpg 3_1007kisei.jpg
 キンセンイシモチドット型改めスジオテンジクダイ おや脇腹に何か付いていますね どうやら寄生虫のようです ホンソメワケベラがクリーニングしようと近づくもスジオテンジクダイが嫌がってクリーニングさせません… ガッチリ食い込んでベラに引っ張られると痛そうです(>_<)

4_1007sero.jpg 5_1007traf.jpg
 セロガタケボリとトラフケボリです ソフトコーラルが多い雲見ではウミウサギの仲間が多く見られます

6_1007glass.jpg 7_1007muchik.jpg 8_1007kimi.jpg
 ムチカラマツを宿主にしている生き物 ガラスハゼ、ムチカラマツエビ、そしてキミシグレカクレエビ キミシグレカクレエビは個体数、少ないですよね~ お気に入りのネタです

9_1007hirame.jpg
 9/30にも同じ場所に大きなヒラメがいました 同じ個体なんでしょうかね?

10_1007bkaeru.jpg
 ブイの近くにいるベニカエルアンコウ レスキュー講習で使用していたタンクでそのまま潜ったのでエアーが厳しく30分ちょいの潜水でした 午後はレスキューコースの続きを実施しました 明日は雲見CLOSEとのこと 浮島か黄金崎ビーチで最終日を実施しま~す(^O^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 19:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

200本のお祝いをしました~ 10/6雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温29℃ 水温:24.6℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:弱
コース:牛着岩(小牛まわり)

1_100613kaikyo.jpg 
 台風24号の影響で三競、黒崎、牛着岩の水路などポイント制限はつきましたがなんとかOPEN 本日は牛着岩を4ダイブしてきました~

2_1006glass.jpg 3_1006isobana.jpg
 初めてご来店の方とご一緒しましたのでスキルチェックを兼ねて小牛前を潜りました アカヤギの仲間に付いているガラスハゼ、ムチカラマツが宿主よりも映えますね そして同じ宿主にイソバナカクレエビもいました ピンボケでスミマセン… 証拠写真です(>_<)

4_1006kimi.jpg
 お気に入りのネタ、キミシグレカクレエビ 雲見での個体数はムチカラマツエビ>ビシャモンエビ>キミシグレカクレエビかと

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温29℃ 水温:24.6℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:弱
コース:牛着岩(小牛洞窟~-24mアーチ)

5_1006ise.jpg 6_1006thorunna.jpg
 小牛の洞窟前からご案内いました 洞窟内ではイセエビがギシギシ そしていつものトルンナ・プルプロペディス まだ和名が付いていないキレイなウミウシです

7_1006tenrok.jpg
 ウミトサカの仲間を宿主にしているバニー、テンロクケボリ 外套膜がキレイですね~(^O^)

8_1006arch1.jpg 9_1006tkoke.jpg
 H型のアーチにはクロホシイシモチやツマグロハタンポが詰まっていました そしてたて穴根頭のトウシマコケギンポです

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温29℃ 水温:24.7℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:弱
コース:牛着岩(大牛カド~大牛洞窟)

17_1006kinen1.jpg
 本日、200ダイブ記念を開催しました 昨日、今日と記念ダイブが続いておめでたいですね~! これからも素敵なLOGを積み重ねて下さいね~

10_1006hotate.jpg 11_1006glass.jpg
 リクエストでノブオ(ホタテウミヘビ)のフィーディングをしました ほぼ全身、出せるようになりましたよ~ リクエストして下さいね 近くのムチカラマツにはガラスハゼがいます

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温29℃ 水温:24.7℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:弱
コース:牛着岩(グンカン)

12_1006boxfish.jpg
 ラスト4ダイブ目はグンカンをご案内しました グンカンのアーチではミナミハコフグの幼魚が2個体いました(*゚▽゚*)

13_1006ise2.jpg 14_1006isaki.jpg 16_1006isogin.jpg
 亀裂ではたくさんのイセエビがいました そして根頭のイソギンチャク畑にはイソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイなどで賑わっています

15_1006hitode.jpg
 ヒトデヤドリエビが3個体、仲良く寄り添っていました 大きさ、色は違いますが同じ種類なんですよ カラーバリエーションが豊富ですね

18_1006kinen2.jpg 19_1006kinen3.jpg
 とっし~、200ダイブおめでとう! 今週末も盛り上がりましたね~ どうもありがとう!!

20_1006face.jpg
 昨日、目が覚めたら左目が腫れてふさがっていました 今日は少し腫れが引いてまぶたが開くようになりました どうやら毒虫かなにかに刺されたみたいです ホント、参りました…(ToT)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無制限ダイブでがっつり5ダイブ 10/5雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温29℃ 水温:24.4℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:弱
コース:牛着岩(大牛洞窟~大牛カド)

1_100513kaikyo.jpg
 台風24号のウネリが入ってきました 潜水制限がかかり水路、三競は通行止めです 狭い場所は避けて水中生物をご紹介しました

19_1005kinen1.jpg
 記念ダイブが重なりました~ヽ(^0^)ノ 100ダイブ記念と50ダイブ記念です おめでとうございます!

2_1005sakurat.jpg 5_1005aou.jpg
 大牛洞窟内のサクラテンジクダイの口内保育シーン 洞窟前の壁では小さなアオウミウシやシロウミウシが増えてきました

4_1005kika.jpg 3_1005iga.jpg
 キカモヨウウミウシとイガグリウミウシ ご一緒したお客様が見つけて下さいました!

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温29℃ 水温:24.5℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:弱
コース:牛着岩(大牛カド~大牛洞窟)

6_1005umiushi.jpg
 今日もいました、ウミウシカクレエビ 今回は大牛で見つけました やや大きめな個体でした(*゚▽゚*)

7_1005isokon.jpg
 そしてキレイなイソコンペイトウガニ お気に入りのネタのひとつです

8_1005musume.jpg 9_1005clear.jpg
 オオパンカイメンにムスメウシノシタがへばりついていました そして海冒主まのっちが教えてくれたクリアクリーナーシュリンプ 小さくて肉眼では識別しづらかったんですが、確認したところ後ろ向きに撮影していましたね(苦笑)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温29℃ 水温:24.6℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:弱
コース:牛着岩(グンカン)

10_1005komachi.jpg 11_1005namakom.jpg
 牛着岩の隠れ根、グンカンをご案内しました 根頭のイソギンチャク畑にはイソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイで賑わっています ハナウミシダにはコマチコシオリエビ、トラフナマコではナマコマルガザミが見られました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温29℃ 水温:24.6℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:弱
コース:牛着岩(小牛前)

12_1005isobana.jpg
 小牛前でじっくりフォトダイブをしました このエリアではイソバナカクレエビがたくさん見られます その他、アライソコケギンポやアヤメケボリ、キミシグレカクレエビ、ムチカラマツエビなどが見られました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温29℃ 水温:24.6℃
透視度:8~6m 潮流:なし ウネリ:弱
コース:黒崎(先端洞窟~浅根アーチ)

13_1005gonzui.jpg 14_1005kimme.jpg
 ラスト5ダイブ目はマクロ天国の黒崎でじっくりフォトダイブ 先端洞窟前ではゴンズイとキンメモドキの群れが見られました 最初はキモいと思っていたゴンズイの大玉?、最近ではお気に入りになりつつあります(笑)

15_1005bisha.jpg 16_1005sori.jpg
 ムチカラマツを宿主にしていたビシャモンエビと本来は深場のバニー、ソリキヌヅツミ

17_1005tatsu.jpg 18_1005oshare.jpg
 ドラゴンウォールのハナタツとオシャレカクレエビ 浅根のアーチではキンメモドキとクロホシイシモチの群れが見られます ただ、依然より群れが密度が薄くなったような…

20_1005kinen2.jpg 21_1005kinen3.jpg
 あさみちゃん、100ダイブおめでとう! モロくん、50ダイブおめでとう! 明日も雲見をがっつり潜ります!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風が来ていますがいい海続いています 10/4雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温23℃ 水温:24.4℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:微
コース:牛着岩(島前~水路~小牛洞窟~-24mアーチ~たて穴)

1_100413kaikyo.jpg
 台風23号と24号のはざま?でウネリがなく前日の午後よりむしろ穏やかなコンディションでした 本日も雲見無制限ダイブでじっくりと4ダイブしてきました~ヽ(^0^)ノ

2_1004arch1.jpg 4_1004tenrok.jpg
 H型のアーチの水中景観 いいですね~(^O^) ウミトサカの仲間を宿主にするバニー、テンロクケボリ 外套膜がキレイですね~

3_1004thorunna.jpg 5_1004namakom.jpg
 小牛洞窟内の和名のないウミウシ、トルンナ・プルプロペディスとトラフナマコを宿主にしていたナマコマルガザミ

6_1004kue.jpg
 -24mアーチに向かう途中、中層に大きなクエが2個体、ゆっくりと泳いでいました いや~、迫力ありますね~

7_1004arch2.jpg 8_1004matsukasa.jpg
 -24mアーチの中にはマツカサウオがいっぱい 画像はありませんが他にはイシダイ、イタチウオ、テングダイ、コロダイなどが見られました

9_1004sujitate1.jpg 10_1004sujitate2.jpg 11_1004koke.jpg
 たて穴の根頭ではギンポ三兄弟のうちの2種類 スジタテガミカエルウオとトウシマコケギンポです

天候:曇り 気温23℃ 水温:24.3℃
透視度:10~8m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:微
コース:牛着岩(大牛カド~グンカン)

12_1004isokon.jpg
 大牛カドからエントリーしていつものキレイなイソコンペイトウガニ 他の個体も捜索中です

13_1004glass1.jpg 14_1004hotate.jpg
 ガラスハゼとホタテウミヘビのノブオです 今日もいっぱいエサを食べました 食欲の秋ですね~

15_1004yokoshima.jpg
 グンカンでは昨日、見つけたヨコシマエビが今日も見られました~o(^▽^)o

16_1004kob.jpg 17_1004hitode.jpg
 コブダイのノブオ ロッカク岩からグンカンまでず~っと付いてきました コイツもフィーディングしているコなのでグンカン根頭で食事をご馳走して上げました(笑)

18_1004umiushi.jpg
 そしてここでも見つけました、ウミウシカクレエビ 今シーズンは昨シーズン同様、当たり年ですね~ 10月に入ってから連日、見られていますねヽ(^0^)ノ

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温23℃ 水温:24.4℃
透視度:10~8m 潮流:なし ウネリ:微
コース:三競(1番洞窟~5番洞窟)

19_1004sankyo1.jpg 20_1004sankyo2.jpg
 3ダイブ目は地形をご案内しました 2番洞窟の小窓から覗いた光景と出口のキンメモドキの群れ

21_1004kimme.jpg 22_1004muchik2.jpg
 キンメモドキとムチカラマツエビ 画像はありませんがレギュラーメンバーのオキナワベニハゼはすっかりダイバー慣れしましたのでそ~っとアプローチすればかなり寄れますよ~

23_1004sankyo3.jpg 26_1004sankyo4.jpg
 3番洞窟と4番洞窟の水中景観です 幻想的ですね~!

24_1004ise.jpg 25_1004murasoi.jpg
 4番洞窟の住民、イセエビとムラソイです

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温23℃ 水温:24.4℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:微
コース:黒崎(先端洞窟~浅根アーチ)

31_1004iga.jpg 27_1004musume.jpg
 ラスト4ダイブ目は黒崎マクロ天国を満喫しました まずはイガグリウミウシとムスメウシノシタ

28_1004bisha.jpg 29_1004muchik.jpg
 ビシャモンエビとムチカラマツエビです どちらもムチカラマツを宿主にしています 雲見ではムチカラマツエビの方が多いかな 個体の多さで言うとムチカラマツエビ>ビシャモンエビ>キミシグレカクレエビでしょうか?

30_1004sori.jpg 35_1004akashima.jpg
 深場のバニー、ソリキヌヅツミも暗がりが多い雲見では水深-10mそこそこで見られます そしてアカシマシラヒゲエビ いつの間にかペアになっていました! 一体、どこからやって来たんでしょうね???

32_1004tatsu1.jpg 33_1004tatsu2.jpg 34_1004tatsu3.jpg
 ドラゴンウォールではハナタツが3個体 まさにドラゴンウォールたる由縁ですね~ 大小、カラーバリエーションもさまざまです

36_1004akahata.jpg 38_1004kokeustubo.jpg
 アカハタとコケウツボがホンソメワケベラの幼魚にエステされていました それにしてもコケウツボ、人相悪いっすね(^_^;) 気持ちいい時も怖い顔をしています

37_1004umiushi2.jpg 39_1004oshare.jpg
 おぉ~、ウミウシカクレエビのちっこいのがペア?で見られました やっぱ今シーズンは当たり年ですね~(*゚▽゚*) そして腕立て伏せみたいな動作が特徴的なオシャレカクレエビ 画像はありませんがここのすぐそばでクリアクリーナーシュリンプがいます ちょっと撮影は厳しいのですが… いや~、今日もいい海でしたぁヽ(^0^)ノ

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フォトセッション、楽しかったですね~(^O^) 10/3雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温28℃ 水温:24.3℃
透視度:10~8m 潮流:ウラ潮、弱 ウネリ:なし
コース:牛着岩(小牛洞窟~小牛裏カド)

1_100313kaikyo.jpg
 午前中は引き続き穏やかな海況でした 本日も雲見無制限ダイブでがっつり4ダイブ しかもみんなでフォト・セッション いや~、盛り上がりましたね~(^O^)

2_1003thorunna.jpg 3_1003itachi.jpg
 まずは小牛洞窟でトルンナ・プルプロペディス 洞窟内ではイタチウオや画像はありませんがイセエビが見られました

4_1003tenrok.jpg 6_1003murakoda.jpg
 ウミトサカを祝主にしたバニー、2種 テンロクケボリとムラクモコダマガイ どちらもキレイですね!

5_1003umiushi1.jpg
 今日もいました、ウミウシカクレエビ(((o(*゚▽゚*)o))) 今シーズンも当たり年ですね~ヽ(^0^)ノ

7_1003ayame.jpg 8_1003traf.jpg
 ヤギ類をチェックするとアヤメケボリとトラフケボリが見られました

9_1003kimi.jpg
 ラストはこちらもお気に入りのキミシグレカクレエビ 雲見ではムチカラマツエビに比べて圧倒的に個体数が少ないですねぇ

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温28℃ 水温:24.3℃
透視度:10~8m 潮流:ウラ潮、弱 ウネリ:なし
コース:牛着岩(大牛カド~大牛洞窟前)

10_1004isokon.jpg
 一時は4個体あったイソコンペイトウガニの在庫も今は1個体になってしまいました(>_<) 早く他の個体も見つけないと…

11_1003muchik.jpg 12_1003glass.jpg
 ムチカラマツを宿主にしているムチカラマツエビとガラスハゼ

13_1003hotate.jpg 14_1003seboshi.jpg
 ホタテウミヘビのノブオには今日もフィーディングのパフォーマンスをしてもらいました オオパンカイメンにいたショウブハゼの仲間はセボシウミタケハゼでしょうか? この仲間、識別がムズカシイ…

15_1004aou.jpg 16_1003noumea.jpg
 大牛洞窟前ではアオウミウシやシロウミウシの小さな個体が増え始めました そして久し振りのノウメア・ワリアンス

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温28℃ 水温:24.4℃
透視度:10~8m 潮流:ウラ潮、微 ウネリ:弱
コース:牛着岩(グンカン)

17_1004hitode.jpg 18_1003hitode2.jpg
 グンカン根頭ではヒトデヤドリエビが見られます カラーバリエーションが豊富ですね

19_1003yokoshima.jpg
 ウミウシカクレエビを探していると久し振りにヨコシマエビが見つかりました コイツ、まるっこくてカワいいですね~!

20_1003oshare.jpg 21_1003kaikam.jpg 23_1003namakom.jpg
 腕立て伏せをしているような動きが特徴的なオシャレカクレエビとカイメンの帽子を被ったカニ、カイカムリ そしてトラフナマコを宿主にしたナマコマルガザミです

22_1003benkei.jpg 27_1003mitsuboshi.jpg
 岩のくぼみを覗くとベンケイハゼがいました 根頭のイソギンチャク畑ではミツボシクロスズメダイやクマノミが見られます

24_1003kazari.jpg 25_1003isogin2.jpg 26_1003isogin.jpg
 カザリイソギンチャクエビやイソギンチャクエビがいっぱいいます ここだけで結構、盛り上がっちゃいますね~(^O^) 浅場はちょっとウネリが入ってきました…(>_<)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温28℃ 水温:24.3℃
透視度:10~8m 潮流:ウラ潮、微 ウネリ:微
コース:牛着岩(小牛前)

28_1003bkaeru.jpg
 ウネリを避けて小牛前でじっくりフォト・セッション まずはベニカエルアンコウ

29_1003uzura.jpg
 小さなウズラカクレモエビも見られました ダイバーの間では背中の模様がタレントの和田アキ子さんに似ていると言われていましたね

30_1003koke.jpg 31_1003isobana.jpg
 ギンポ岩のアライソコケギンポとお気に入りのイソバナカクレエビ いっぱい見られます

32_1003kogane.jpg 33_1003sazanami.jpg
 季節モノの幼魚、コガネキュウセンとサザナミヤッコ サザナミヤッコはフラフラしていて撮影しにくいですね…(^_^;) たっぷり4ダイブ、フォト・セッションを満喫しました~ヽ(^0^)ノ

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月です ベストシーズンです! 10/2雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温27℃ 水温:24.4℃
透視度:12~10m 潮流:ウラ潮、弱 ウネリ:なし
コース:牛着岩(小牛洞窟~-24mアーチ~たて穴)

1_100213kaikyo.jpg
 素晴らしい秋晴れです 10月はいよいよ伊豆のダイビングシーンのベストシーズンですね 駿河湾にいい潮が入ってきました! まずは小牛の洞窟前からエントリー 地形とマクロ系の生物をご紹介しました

2_1002thorunna.jpg
 小牛の洞窟内にいるトルンナ・プルプロペディス まだ和名のない美しいウミウシです

3_1002ise.jpg 4_1002itachi.jpg
 イセエビがギシギシ見られました イタチウオもいたるところにいます

5_1002musume.jpg 7_1002himesemi.jpg 6_1002otohime.jpg
 水底をチェックするとシタビラメの仲間、ムスメウシノシタやユニークなフォルムのヒメセミエビが見られました 壁にはオトヒメエビがアチコチで見られました さらに画像はありませんがクリアクリーナーシュリンプがウツボをクリーニングしていました

8_1002arch1.jpg 12_1002arch2.jpg
 小牛洞窟の出口の水中景観と-24mアーチ -24mアーチの前には今夏、ハッチアウトしたテンジクダイ系の幼魚が群れています

9_1002tenrok.jpg
 ウミトサカの仲間を宿主にしたテンロクケボリ 美しいウミウサギの仲間です

10_1002umiushi.jpg
 おぉ~、こんなところにもウミウシカクレエビがいました~ヽ(^0^)ノ 昨年に続き今年も当たり年のようですね~ 早くウミウシを宿主にしている個体が見たいですね(^O^)

11_1002hanamino.jpg 13_1002ishidai.jpg
 -24mアーチの壁沿いにいた大きなハナミノカサゴとアーチ内で見られる大きなイシダイ

14_1002bisha.jpg
 ムチカラマツを宿主にしているビシャモンエビです CLOSE前と比べるとやや個体数が減ってしまいましたね…

15_1002sujitate.jpg 16_1002matsuba.jpg 17_1002tkoke.jpg
 たて穴の根頭ではいつものギンポ三兄弟 スジタテガミカエルウオ、マツバギンポ、トウシマコケギンポです

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温27℃ 水温:24.4℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:なし
コース:牛着岩(大牛カド~大牛洞窟)

18_1002koro.jpg
 -16mアーチを抜けるとコロダイが群れていました

19_1002muchik1.jpg 20_1002furieri.jpg
 大牛洞窟方面へ向かいます 途中で見られたムチカラマツとフリエリイボウミウシ 大牛洞窟内ではサクラテンジクダイの幼魚と口内保育シーンが見られました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温27℃ 水温:24.4℃
透視度:10~8m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:三競(1番洞窟~4番洞窟)

21_1002sankyo1.jpg 22_1002sankyo2.jpg
 3ダイブ目は三競で地形ダイブです 三角岩からエントリーしました

23_1002sankyo3.jpg 24_1002sankyo4.jpg
 2番洞窟の水中景観 いや~、幻想的ですね(^-^)

25_1002kimme.jpg 26_1002akahata.jpg
 キンメモドキの群れとアカハタがいました

27_1002okibeni.jpg
 2.5番のレギュラーメンバー、オキナワベニハゼ ダイバー慣れしているのでそ~っとアプローチすれば接写できます!

28_1002sankyo5.jpg 29_1002ise2.jpg
 3番洞窟の光のカーテンと洞窟内で見られるイセエビ

30_1002sankyo6.jpg 31_1002sankyo7.jpg
 4番洞窟の水中景観 個人的にはここが一番、好きかもです

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温27℃ 水温:24.4℃
透視度:8~6m 潮流:ウラ潮、弱 ウネリ:なし
コース:黒崎(先端洞窟~浅根アーチ)

32_1002muchik2.jpg 33_1002bisha.jpg
 ラストは黒崎でマクロ系フォトダイブ まずは先端洞窟でムチカラマツエビとビシャモンエビをご紹介

35_1002gonzui.jpg
 ここ最近、ゴンズイの大玉?が入口付近で見られます

36_1002sori.jpg 39_1002benikinu.jpg
 深場のバニー、ソリキヌヅツミとよく見るバニー、ベニキヌヅツミ

37_1004kiiroib.jpg 38_1002koib.jpg
 イボウミウシ2種 キイロイボウミウシとコイボウミウシです

41_1002oshare1.jpg 42_1002oshare2.jpg
 オシャレカクレエビのペアが見られます 腕立て伏せをしているような動きが特徴的ですね

43_1002moebi.jpg 45_1002isogin.jpg
 グビジンイソギンチャクにいたイソギンチャクモエビとこの時期、サンゴイソギンチャクでよく見かけるイソギンチャクエビ その他、カザリイソギンチャクエビも見られました

44_1002hashinaga.jpg 46_1002kuma.jpg
 久しぶりにハシナガウバウオを見ました 伊豆では死滅回遊魚なんでしょうか? そして極小サイズのクマノミ ちっちゃかったぁ~

40_1002michiyo.jpg 47_1002kimme2.jpg
 カヤ類で見られるミチヨミノウミウシと浅根アーチ内ではキンメモドキの群れ いや~、相変わらず圧巻の密度の濃さですね~♪

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 22:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |