伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

潮色回復してきました~ヽ(^0^)ノ 8/27雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温30℃ 水温:21.8℃
透視度:12~10m 潮流:ウラ潮、弱 ウネリ:なし
コース:牛着岩(ブイ~水路~-24mアーチ~たて穴~-24mアーチブイ)

1_0827kaikyo.jpg
 ウネリがなくなり穏やかな海況になりました お天気も最高ですね~ 本日、初雲見のお客様とご一緒しました~

2_0827arch1.jpg 3_0827arch2.jpg
 ブイからエントリーして水路へ そしてH型のアーチ 潮色、回復しましたね~ アーチ内はクロホシイシモチやツマグロハタンポが詰まっていました(笑)

4_0827kagokaki.jpg 5_0827teng.jpg
 クランクのカゴカキダイと-24mアーチのテングダイ テングダイはペアでいました イタチウオやオオモンハタも見られました

6_0827muchik.jpg 7_0827bisha.jpg
 ムチカラマツでは擬態の名手、ムチカラマツエビとビシャモンエビ 背中にトゲがある方がビシャモンエビです

8_0827matsuba.jpg
 たて穴を上がり浅根でキンギョハナダイやイスズミ、イサキの群れをウォッチ つかまっている岩の手元にはとってもカワいいマツバギンポがいました

9_0827koinobori.jpg 10_0827ishi.jpg
 結構、いい潮がかかっていました と、いうことで鯉のぼりパフォーマンスをしてもらいました ブイ下では夏の風物詩、イシダイの幼魚 とってもフレンドリーでした いや~、いい潮色になってきましたよ~(^O^)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温31℃ 水温:22.8℃
透視度:12~10m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:牛着岩(-16mアーチ~グンカン)

11_0827koro.jpg 12_0827kuma.jpg
 続いては-16mアーチの湾内側からエントリー 浅場にはコロダイが数匹 そしてオオサンゴイソギンチャクの群生地にはクマノミがいます

13_0827akahoshi.jpg 14_0827hotate.jpg
 -16mアーチを抜けてアカホシカクレエビをご紹介 今日はブダイの幼魚がエステされていました そして砂地のホタテウミヘビ、ノブオ 本日もいい食いっぷりでした(^O^)

15_0827isokon.jpg 16_0827namakom.jpg
 いつものお腹パンパンのイソコンペイトウガニとナマコマルガザミ ウチでは結構、人気がある被写体です

17_0827matsu.jpg 18_0827sakata.jpg
 マツカサウオ 以前はもっと小さかったのですがすっかり成魚になりつつあります そして砂地でサカタザメ探し ここ最近はこのエリアでサカタザメが多く目撃されていて今日もビンゴでした~ヽ(^0^)ノ

19_0827gunkan.jpg 20_0827sun.jpg
 グンカン根頭ではキンギョハナダイが乱舞 イソギンチャク畑ではクマノミも見られます 見上げると日差しがサンサンと注ぎ込んでいます 青い海が戻ってきましたね~ ただ週末に台風が本州に接近してきます ん~、いい海が続いて欲しいものです(>人<;)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大物、群れ、マクロ系、地形と欲張りダイブ! 8/25雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:雨 気温27℃ 水温:21.5℃
透視度:8~5m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:中
コース:牛着岩(小牛前)

1_082513kaikyo.jpg
 ウネリは残っていましたが、前日の西風はおさまり雲見OPEN いや~、ようやくホームゲレンデを潜れました~ 海況を考慮し狭い洞窟やアーチは避けてダイブしました

2_0825hirame.jpg 5_0825kobu1.jpg
 1ダイブ目は小牛前をのんびり ファーストコンタクトは大きなヒラメ まるで空飛ぶじゅうたんのようでした コブダイの若魚は2個体 ホンソメワケベラのクリーニングステーションを訪れていました

3_0825koke1.jpg 4_0825koke2.jpg
 ギンポ岩のいつものアライソコケギンポ

6_0825isokon.jpg
 イソコンペイトウガニ、でっかいです お腹ぱんぱん

7_0825sero1.jpg 8_0825tsuyu.jpg
 セロガタケボリとツユベラの幼魚

9_0825diver.jpg
 安全停止中に記念撮影しました(^O^)

フィールドインプレッション
天候:雨 気温27℃ 水温:22.3℃
透視度:8~5m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:中
コース:牛着岩(-16mアーチ~グンカン)

10_0825sero2.jpg 26_0825akahoshi.jpg
 ホタテウミヘビのフィーディングをご紹介しようと-16mアーチからエントリー まずはセロガタケボリと抱卵中のアカホシカクレエビ

11_0825hotate.jpg 12_0825tensu.jpg
 ホタテウミヘビのノブオ 最近、食事制限させていたので今日はガッツリ食べてくれました 砂地ではテンスの幼魚が登場

13_0825kobu2.jpg 14_0825matsukasa.jpg
 するとコブダイのシンペーが久し振りに登場 せっかくなのでフィーディングして楽しみました(^O^) マツカサウオもいつものトコロで見られそのままグンカンへ向かいました

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温27℃ 水温:23.6℃
透視度:8~5
m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:中
コース:牛着岩(H型のアーチ~小牛~ブイ)

15_0825arch1.jpg 16_0825arch2.jpg
 海況は今ひとつでしたが雲見を満喫!午後からもう一本、潜りました 島裏からエントリーしてH型のアーチで水中景観を楽しみました

17_0825glass.jpg 18_0825medama.jpg
 おお~久し振りのガラスハゼwithメダマイカリムシ ガラスハゼだけだとスルーしちゃうんだけどメダマイカリムシがパラサイトすることによってボク的には役がついて何倍も価値が上がります(笑) メダマイカリムシをクローズアップしてみました いや~、ステキです(爆) しかも2匹も付いてるなんてなんと贅沢な(๑≧౪≦)てへぺろ

19_0825namakom.jpg 20_0825isobana.jpg
 トラフナマコを宿主にしていたナマコマルガザミとヤギ類を宿主にしているイソバナカクレエビ どちらもお気に入りです

21_0825hanayaka1.jpg 22_0825hanayaka2.jpg
 そして擬態の名手、ハナヤカケボリを2個体GET 見つけるの難しいから2個体も見つかってテンション上がりました! 触覚と眼もバッチリ写ってますね 他店のLOGではまず見ないのでボクは好きだけどあんまりニーズがないんでしょうね(苦笑)

23_0825daiver2.jpg 24_0825diver3.jpg
 ワイコンを装着して3人で記念撮影しました 船上でもパチり お天気はパッとしませんでしたが楽しいダイビングでしたねヽ(^0^)ノ

25_0825cut.jpg
 ところがシーサイドハウスでシャワーを浴びる前に壁に思いっきり激突 パックリ傷が開いてロギング後、救急で病院へ ちょこっと縫って傷を塞いでもらいました 昨日は右耳の鼓膜にピンホール開いちゃうし、なんかついてないっす~~~(ToT)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 20:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウネリの中でも楽しいダイビング! 8/24谷津のLOG

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温32℃ 水温:23.4℃
透視度:5~3m 潮流:南→北、微 ウネリ:中
コース:境

1_0824kaikyo.jpg
 台風のウネリに加え西風強風でまたまた雲見CLOSE…(>_<) 黄金崎や田子は潮色が今ひとつ芳しくないので東伊豆に遠征しました 須崎や菖蒲沢という選択肢もあったのですが、ここは思い切って初めてのポイント、谷津を潜りました 水面を見る限りこちらは穏やかですね~ まずは境という比較的、浅いポイントにエントリーしました 採光があり明るかったのですがいかんせん、ウネリが強かったですね(>_<)

3_0824kiiro.jpg
 ファーストコンタクトはキイロウミウシ キレイなウミウシです! 雲見より東伊豆の方がよく見かける気がします

4_0824box.jpg
 ジャジャ~ン♪ ミナミハコフグの赤ちゃん いや~、大好物ですヽ(^0^)ノ

5_0824mukade1.jpg
 ムカデミノウミウシの幼体はフツーに見られました 幼体のうちはホント、カワイイですね~

2_0824sora.jpg 7_0824hebig.jpg
 鮮やかな色合いのソラスズメダイとヘビギンポ ペアで見られましたがが画像はメスです

6_0824moebi.jpg
 セクシーシュリンプことイソギンチャクモエビ 悩ましげに腰をフリフリ MAX反り返った瞬間がシャッターチャンスです

フィールドインプレッション
天候:曇り 気温32℃ 水温:23.4℃
透視度:5~3m 潮流:南→北、弱 ウネリ:中
コース:サザエ根

8_0824tenrok1.jpg
 浅場のウネリを避けたかったので水深がやや深めのサザエ根に入りました ここはカイメンやヤギ類、ウミトサカの仲間が多く潜り込めば相当、色々な生物が見つかりそうですね~ まずはテンロクケボリ あちこちで見られましたがウネリの影響でしょうか? みんな外套膜がむけていました

9_0824mukade2.jpg
 またまたムカデミノウミウシの幼体GET 小さいのですが色鮮やかなのですぐに目に付きます

10_0824olt1.jpg 11_0824olt2.jpg 12_0824olt3.jpg
 オルトマンワラエビいっぱい 今が旬の抱卵中の個体のお腹を撮りたかったのですがウネリに翻弄されてままならなかったです(ToT)

13_0824benikinu.jpg 16_0824ayame.jpg
 ヤギ類やウミトサカの仲間が多いのでバニー(ウミウサギ)が多いですね~ ベニキヌヅツミとアヤメケボリです

14_0824akahitode.jpg 15_0824kita.jpg 17_0824kiiroib.jpg
 いっぱいいたアカヒトデ 裏をめくってヒトデヤドリエビを探したり、腕(ヒトデの中心を盤=ばん、外側の長い部分を腕=わんといいます)が欠損していたり傷ついているとフリソデエビがいるんじゃないかと思ったりしますね 残念ながらどちらも見つかりませんでしたが腕のボコボコしているトコロにはアカヒトデヤドリニナが寄生していますよ その他キタマクラやキイロイボウミウシが見られました

いい海況とは言えませんでしたがとっても楽しく潜れました!それと耳よりな情報をGETしました 河津川の河口が近い汽水域なのでビーチエントリーでアユやコイ、フナなどの淡水魚が見られることもあるそうです これは是非、見てみたいですね~ またコンディションがいい時に絶対、遠征しますよ~ 是非、ご一緒しませんか!

お知らせです 9/24(火)、谷津のツアーに便乗して銭洲に行くことになりました まだ若干、空きがあるようですので是非、ご一緒しませんか~~?

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 19:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風のウネリで黄金崎CLOSE(>_<) 8/22田子のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温33℃ 水温:21.5℃
透視度:10~8m 潮流:ウラ潮、微 ウネリ:強
コース:フト根

1_0822kaikyo.jpg
 遥か西の彼方、大陸に上陸した台風のウネリが本格的に入ってきました 安良里のTATSUMIさんの応援だったのですが黄金崎ビーチがCLOSEした為、田子に移動しました 普段、田子を潜る時に利用するダイビングサービスとは違うサービスを利用したのでいつもとは違う光景です

2_0822matsubas.jpg
 船外機の和船で大きなウネリをゆっくりやり過ごしながら20分以上かけてようやくフト根へ 猛暑とウネリで皆さん、この時点で結構、ヘロヘロでしたね(>_<) やっとの思いでたどり着いてエントリー 強烈なウネリで3mは左右に振られましたね… でも沖の潮色はまずまずで魚影はとにかく濃かったのが救いでした…

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温33℃ 水温:20.6℃
透視度:8~3m 潮流:なし ウネリ:中
コース:弁天島

3_08722koke.jpg
本当はネタが豊富な白崎を潜りたかったんですが透視度が1mと聞いて断念… 弁天島を潜りました マクロ系は結構、充実していましたね~ 今回は下請け仕事だったので写真が少ないのですがそれなりに生物は見られて職務は全うできたかと思います 週末は良くなるといいですね~ヽ(^0^)ノ その前に明日、雲見は開いたら週末前のチェック✔、してきま~す

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風のウネリが入ってきました(>_<) 8/21黄金崎のLOG

天候:晴れ 気温33℃ 水温:28.3℃
透視度:10~8m 潮流:なし ウネリ:中
ポイント/コース:ビーチ

1_082113kaikyo.jpg

 今日は安良里ダイビングサービスTATSUMIさんの応援で黄金崎ビーチで体験ダイビング6名です まずは黄金崎のクラブハウスでPADIディスカバースクーバダイビングフリップチャートを使って体験ダイビングの内容の説明 その後、体験ダイビング前のスキルの練習をしました ウネリが入ってきたので水底のガイドロープを握ってもらって練習をしました 皆さん頑張りましたね~ 当然、6名はいっぺんにご案内できないので2名づつ3回転しまし 

天候:晴れ 気温33℃ 水温:28.6℃
透視度:10~8m 潮流:なし ウネリ:中
 2組(4名)終わったところで海冒主まのっちがファンダイブを終えて合流 残り2名を引率してくれました 阿吽の呼吸でバトンが渡せるのでホント嬉しい限りです まのっち、センキュ~~~~~!!!!
 
ポイント/コース:ビーチ

天候:晴れ 気温35℃ 水温:26.3℃
透視度:10~8m 潮流:なし ウネリ:中
ポイント/コース:ビーチ

 午後の部は午前中、2ボートした方々がオプションでビーチダイブに参戦 人数が多かったのでまのっちガイドでボクがケツ持ちをしました

3_0821mijin.jpg
 リクエストのミジンベニハゼ 水深浅いしじ~~~っくり観察&撮影できますよ~! ハタタテダイも見られてこのエリア、オイシイですね

2_0821koro.jpg 4_0821sukashi.jpg 5_0821akaeso.jpg
 ガイドロープ沿いにはコロダイの幼魚 そしてスカシカシパンをめくるとスカシカシパンヤドリニナがいました 砂地に潜伏していたアカエソの眼、まるでルビーみたい!

6_0821uzura.jpg
 浅場で見られるウズラカクレモエビ 雲見でも一生懸命探していますが未だ見つからず でもきっと見つけますからしばらくお待ち下さいね~ 体験ダイビングの皆さん、ファンダイビングの皆さん、どうもおつかれさまでした~~ヽ(^0^)ノ

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 20:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

じっくりフォトダイブを楽しみました 8/18雲見のLOG

天候:晴れ 気温31℃ 水温:25.8℃
透視度:15~12m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:なし
コース:牛着岩(小牛前)

1_081813kaikyo.jpg
 夏真っ盛り!今日も暑い一日でした~ 本日フォトダイブでじっくりのんびり3ダイブです

2_0818koke1.jpg 3_0818koke2.jpg
 まずはカメラリハーサルでギンポ岩へ アライソコケギンポです 動かないのでいいリハーサルができますよ

4_0818isobana.jpg 5_0818sejiro.jpg
 イソバナカクレエビと南方系のセジロノドグロベラの幼魚 セジロノドグロベラは今シーズンお初です

6_0818hanayaka.jpg 7_0818isokon.jpg
 擬態系を2種類 ハナヤカケボリとイソコンペイトウガニ 居場所がわかっていてもどちらも見つけるのがタイヘンです…(>_<)

8_0818tsuyu.jpg 9_0818kamisori.jpg
 続いては南方系を2種類 ツユベラの幼魚とカミソリウオです

10_0818niji.jpg
 最後は安全停止バーのニジギンポ 青が背景になると涼しげですね~(^O^)

天候:晴れ 気温31℃ 水温:28.8℃
透視度:15~12m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:黒崎(浅根~先端)

11_0818benikinu.jpg 12_0818egg.jpg
 浅根のヤギの群生地ではベニキヌヅツミがアチラコチラで見られます そして卵塊も産み付けられています 以前、ナマハゲウミウシが見られた場所なので気が抜けませんね

13_0818ohmon.jpg 14_0818kimme.jpg
 アーチ内にはネンブツダイ、オオモンハタ、そしてキンメモドキの群れがぐっちゃり

15_0818tsumani.jpg 16_0818moebi.jpg 17_0818nishiki.jpg
 先端洞窟に向かう途中、キレイなバニー、ツマニケボリにとセクシーシュリンプ、イソギンチャクモエビ そしてニシキウミウシの幼体が見られました

18_0818sujio.jpg 19_0818akashima.jpg 20_0818senten.jpg
 先端洞窟手前のドラゴンウォールではキンセンイシモチのドット型(伊豆型)改め、スジオテンジクダイと魚のエステティシャン、アカシマシラヒゲエビ センテンイロウミウシが見られました

21_0818tatsu.jpg 22_0818kampa.jpg
 ドラゴンウォールのその名にたがわずハナタツが見られました 白くてカワいい個体です ここで時間切れ… 先端洞窟まであとちょっとのところでたどり着けませんでした 中層ではカンパチの群れが通り過ぎて行きました 潮色良く水温かくホント気持ちよかったですね~~ヽ(^0^)ノ

天候:晴れ 気温31℃ 水温:28.2℃
透視度:15~12m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:三競(3番洞窟~2番洞窟)

23_0818sankyo.jpg
 ラスト3ダイブ目は地形と生物の二本立てで三競を潜りました 三競3番のトップライトから差し込む日差し 最高ですね~

24_0818traf.jpg 26_0818senten2.jpg
 トラフケボリとセンテンイロウミウシ え、オオモンカエルアンコウじゃないかって? ○で囲ったところにさりげにいます オオモンカエルアンコウとセンテンイロウミウシのコラボ写真です

25_0818okaeru.jpg
 オオモンカエルアンコウはこちらがベストショットでした あくびシーンです(^O^)

27_0818okibeni.jpg 28_0818ichimonji.jpg
 イシサンゴの緑色にオキナワベニハゼのオレンジ色が映えますね~ そしてこちらはイチモンジハゼ

29_0818hanakin.jpg 30_0818futasuji.jpg
 南方系2種類 ハナキンチャクフグとフタスジタマガシラの幼魚 フタスジタマガシラは今シーズンお初です

31_0818muchik.jpg 32_0818minamig.jpg
 でぶっちょなムチカラマツエビ、発見 いつからいたんだろ?全然、気が付きませんでした… ここ最近、このエリアでちょいちょい見かけるミナミギンポ ケヤリムシのチューブ管に入ってくれると良かったのですがこの日はずっと遊泳していました ブルーのラインがキレイですね~ 雲見のフォトダイブ、地形ダイブならお任せください!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

伊豆デビュー!光と影のラビリンス、三競に感動( ;∀;) 8/17雲見のLOG

天候:晴れ 気温32℃ 水温:23.9℃
透視度:12m 潮流:ウラ潮、微 ウネリ:なし
コース:牛着岩(湾内ブイ~水路~-24mアーチ)

1_081713kaikyo.jpg
 伊豆で潜るのが初めてというダイバーさんとご一緒しました この一本で伊豆の海の印象が決まってしまうかもしれないのでガイドとしては責任重大?ですね(^_^;) たまたまいい潮が入っていましたので追い風は吹いています(^_^)

2_0817arch1.jpg 3_0817tatsu.jpg
 初めてご一緒しましたのでセオリー通り湾内ブイからエントリー まずは小牛前のカミソリウオをご紹介した後、水路へ クレバスを抜けてH型のアーチへ アーチの水中景観は相変わらずキレイですね~ その後、-24mアーチに向かいましたがダイバーで大渋滞していました アーチをかわしてハナタツをご紹介 だいぶお腹が目立ってきました

4_0817bisha.jpg 5_0817teng.jpg
 ビシャモンエビとムチカラマツエビを紹介してから-24mアーチをグンカン側からのぞいてテングダイをパチり

6_0817tkoke.jpg 7_0817mgimpo.jpg
 たて穴を上がり浅根でニシキベラの産卵&放精シーンをウォッチ トウシマコケギンポとマツバギンポを見た後、-24mアーチブイへ 地形と魚影、マクロ系を楽しみました 伊豆デビュー、おめでとうございます!

天候:晴れ 気温32℃ 水温:25.9℃
透視度:12m 潮流:ウラ潮、微 ウネリ:なし
コース:牛着岩(-16mアーチ~大牛洞窟)

8_0817isokon1.jpg 9_0817akahoshi.jpg
 ウミウシを見てみたいということで-16mアーチからエントリーして大牛洞窟へ まずはイソコンペイトウガニのペアからスタート メスの方はマタニティでお腹パンパンです 続いてはアカホシカクレエビ こちらもマタニティです

10_0817hotate.jpg 11_0817sakata.jpg
 砂地ではいつものホタテウミヘビと狙い通りにサカタザメをGET

12_0817nishiki.jpg 13_0817matsu.jpg
 リクエストのウミウシもいました ニシキウミウシの幼体です マツカサウオは最初に見つけた時からずいぶん成長してカワイくなくなりました(>_<)

14_0817kaikam.jpg 0806kaikam.jpg
 いつものカイカムリ おっ!?体色が変わっています 以前はジュズエダカリナに黄色いボディだった(写真右)のがジュズエダカリナと同じカラーに変化していました これはスゴいですね~ カエルアンコウの仲間もず~っと追跡していると体色が変わりますがカイカムリも同様だったんですね~

15_0817iga.jpg 17_0817senten.jpg
 大牛洞窟前ではウミウシの仲間をご紹介しましたイガグリウミウシとセンテンイロウミウシです

16_0817sakurat.jpg
 洞窟内ではサクラテンジクダイの口内保育シーンが旬を迎えています 口を開けて卵がバッチリ見えるシーンを狙って粘ってみませんか?

天候:晴れ 気温32℃ 水温:26.4℃
透視度:12m 潮流:ウラ潮、微 ウネリ:なし
コース:牛着岩(小牛前)

18_0817aosa.jpg 19_0817isobana.jpg
 小牛前でじっくり小物探し 実はここのエリアも大好きなんですね~ まったり潜れます(^O^) アオサハギの赤ちゃん 背景のヤギの赤とのコントラストがいいですね~ イソバナカクレエビもレギュラーメンバーですね

20_0817koke.jpg
 ギンポ岩のアライソコケギンポ 何個体、見つかるか探してみましょう

21_0817ayame.jpg 22_0817akane.jpg
 バニーのヤギのアヤメケボリとアカネケボリ その他、ベニキヌヅツミもいました

23_0817hanayaka.jpg
 擬態の名手、ハナヤカケボリ テンロクケボリやセロガタケボリみたいに目立つと見つけるのが楽なんですが、コイツは擬態がウマ過ぎて見つけるのがタイヘンです ガイド泣かせなバニーかも(^_^;)

24_0817tosaka.jpg 25_0817isobana2.jpg
 ウズラカクレモエビ捜索中 でも見つかるのはトサカガザミばかり… そしてイソバナカクレエビがワラワラ付いているヤギをチェック✔

26_0817tsuyu.jpg
 ツユベラの幼魚 最初に見つけた時よりだいぶ大きくなりましたね!

天候:晴れ 気温32℃ 水温:28.9℃
透視度:15m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:三競(2番洞窟~4番洞窟)

27_0817koro.jpg 28_0817sankyo1.jpg
 ラストは午後の日差しを狙って三競をご案内しました まずは2番洞窟からスタート 洞窟の手前にいたのはコロダイ 2番洞窟のビューポイントで撮影して頂きました

29_0817okibeni.jpg
 2.5番のオキナワベニハゼ かなり寄れます じっくり撮影してみてください 緑色のイシサンゴが背景になると絵になりますね~

31_0817tenkuro.jpg
 ケヤリムシのチューブ管から顔を出していたのはテンクロスジギンポ スマイルくんですね

32_0817traf.jpg 30_0817kutsuwa.jpg 34_0817ise.jpg
 黄色と黒のバニー、トラフケボリ 眼に横のライン(釣り人的には縦)が入っているクツワハゼ そして洞窟の住民、イセエビ

33_0817okaeru.jpg
 幸福の黄色いカエルアンコウ(オオモンカエルアンコウ)

35_0817sankyo2.jpg 36_0807sankyo3.jpg
 3番洞窟は先客ありのため4番洞窟へ どうです、この水中景観っ! 幻想的ですね~~

37_0817itachi.jpg 38_0817kokeu.jpg
 3番洞窟の横穴にしたイタチウオとコケウツボ コケウツボは悪い顔をしていますね~(>_<)

39_0817sankyo4.jpg 40_0817sankyo5.jpg
 そして3番洞窟の水中景観 この美しさには何度、見ても思わず目を奪われてしまいそうになりますね

41_0817all.jpg
 最後はフロートのラインにつかまって記念撮影をしました ワイコンを装着していたので自撮りでもラクラク画角におさまります 初めての伊豆を楽しんで頂けたようで良かったです!!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 18:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地形&魚群リクエスト 三競は光と影のラビリンス 8/16雲見のLOG

天候:晴れ 気温33℃ 水温:24.6℃
透視度:15m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:なし
コース:牛着岩(湾内ブイ~水路~-24mアーチ)

1_081613kaikyo.jpg
 今日もHOTな一日でした 一昨日、昨日とウネリが入り透明度が下がりましたが、今日はウネリが取れ透明度も回復しました! 今日は何と十ン年ぶりにご一緒する方と3年前にまだジュニアだったお子さんの体験ダイバーが15歳に成長してご家族で遊びに来て下さいました~ いや~久し振りにご一緒できてホント、嬉しかったです(^O^)

2_0816wet.jpg 3_0816kamisori.jpg
 さて気合を入れてと思ったのですが、ないっ、ないっ!スーツがない(^_^;) スーツ、持ってくるの忘れちゃいました(>_<) と、ゆーことでレンタルスーツで潜りました(笑) 体験ダイバーみたいですね(笑) さてファーストコンタクトはカミソリウオです また戻って来てくれました

4_0816arch1.jpg 5_0816arch2.jpg
 今日は地形&魚群リクエストでさわやか系ワイドなダイビングです H型のアーチの右と左

6_0816arch3.jpg 7_0816ohmon.jpg
 -24mアーチとアーチの中にいたオオモンハタ

8_0816teng.jpg
 テングダイはペアで見られました ラッキー!

9_0816kingyo.jpg 10_0816nishikib.jpg
 根頭ではキンギョハナダイが乱舞しニシキベラがダンゴ状にかたまったかと思うとパッと散る産卵&放精シーンが見られました

11_0816matsuba.jpg
 スマイル顔のマツバギンポ -24mアーチのブイでエグジットしました

天候:晴れ 気温33℃ 水温:26.3℃
透視度:15m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:なし
コース:黒崎(浅根~先端洞窟)

12_0816kimme.jpg
 浅根のアーチでキンメモドキの群れの中に入りました 圧巻の密度です!

13_0816akashima.jpg 14_0816sori.jpg
 お魚のエステシャン、アカシマシラヒゲエビや深場のバニー、ソリキヌヅツミをご紹介しました

天候:晴れ 気温33℃ 水温:29.1℃
透視度:15m 潮流:ウラ潮、微 ウネリ:なし
コース:三競(2番洞窟~5番洞窟)

15_0816sankyo1.jpg
 ラスト3ダイブ目は三競で洞窟ダイブ 午後の太陽光の差込を狙って入りました まずは2番洞窟

16_0816carmel.jpg 17_0816okaeru.jpg
 キャラメルウミウシとオオモンカエルアンコウをご紹介しました オキナワベニハゼも見られましたが写真は撮れず…

18_0816sankyo.jpg 21_0816sankyo4.jpg
 3番洞窟の光と影のラビリンス ドンピシャのタイミングでした そして5番洞窟 ご一緒したダイバーに先にくぐってもらいました

18_0816sankyo2.jpg 20_0816sankyo3.jpg
 最後は4番洞窟 ここの水中景観も幻想的です 透明度がいいので地形ダイブが気持ちいいですね~~ヽ(^0^)ノ

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 19:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぬくぬくでロクハンから5mmに衣替え(^O^) 8/15雲見のLOG

天候:晴れ 気温31℃ 水温:28.7℃
透視度:10m 潮流:なし ウネリ:弱
コース:赤井浜~オオ根

1_081513kaikyo.jpg
 大陸に行った台風のウネリが昨日あたりからやってきたようです 浮遊物が巻き上がって潮色がダウン(>_<) でも水温は依然、高く5mmスーツで潜りました

2_0815akaeso.jpg 3_0815dsd.jpg
 岩場ではたくさんのお魚さんたちが見られましたね! デジカメでいっぱいお魚を撮影していたね

天候:晴れ 気温31℃ 水温:26.7℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:弱

4_0815isobana.jpg
 午後からネタ探しで潜りました まずは大きなイソバナカクレエビ

5_0815koke.jpg 6_0815namakom.jpg
 ギンポ岩のアライソコケギンポとナマコマルガザミ

7_0815itachi.jpg 8_0815okig.jpg
 アオリイカの産卵床の残骸ではイタチウオとオキゴンベが見られました

9_0815atame.jpg 10_0815akane.jpg
 バニーのヤギではアヤメケボリとアカネケボリ

11_0815hanayaka.jpg
 おっ、久し振りのハナヤカケボリ コイツ、擬態がウマ過ぎてなかなか見つかんないんですよね(>_<)

12_0815isokon1.jpg
 今日もいました抱卵中のでっかいイソコンペイトウガニ マタニティ・イソコンです

15_0815traf.jpg 16_0815benikinu.jpg
 バニーをご紹介します まずはトラフケボリとベニキヌヅツミ

17_0815tenrok1.jpg 18_0815tenrok2.jpg
 テンロクケボリの小さいのと大きいの

19_0815sero.jpg
 キレイなセロガタケボリがいました(^O^)

20_0815isobana2.jpg 13_0815moshio.jpg
 イソバナカクレエビがワラワラ付いているヤギを発見ヽ(^0^)ノ ウズラカクレモエビを探したんですが見つからず コイツはモシオエビの仲間でしょうか

14_0815tsuyu.jpg 21_0815aosa.jpg
 ツユベラの幼魚とアオサハギの幼魚 その他、コガネキュウセンの幼魚も見られました

22_0815kamisori.jpg
 カミソリウオが戻ってきました どこに出かけてたんでしょうね?

23_0815ishi.jpg
 イシダイの幼魚 人懐っこくてカワいいですね 湾内のブイ下で見られるこの時期ならではの光景です

コース:牛着岩(小牛前)

天候:晴れ 気温31℃ 水温:26.3℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:微
コース:牛着岩(-16mアーチ~グンカン)

 知り合いのSHOPオーナーさんが当店のブログを見てくれてホタテウミヘビのノブオの話題になりました 是非、見たいというのでそれではとすっかりしまった器材を引っ張り出してご案内しました 昨日も餌付けしたのでお腹いっぱいじゃないかと心配でしたが旺盛な食欲でムシャムシャ食べてくれました(笑)

 新たに大好物のイソコンペイトウガニが見つかり、これで在庫が4個体になりました その他、マタニティのアカホシカクレエビやタツノイトコなどをご紹介 サカタザメ探しをしたのですが残念ながらこちらは見つからず… グンカンでエグジットしました

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 20:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キンメモドキ、マダイ、カンパチの群れ群れ祭り 8/14雲見のLOG

天候:晴れ 気温32℃ 水温:24.6℃
透視度:15m 潮流:なし ウネリ:微
コース:牛着岩(-16mアーチ~大牛ショートカット~トレジャーロック)

1_081413kaikyo.jpg
 猛暑が続いていますね~ 引き続き最高のコンディションです 今日は昨年、OWD講習を終了した高校生ダイバーが水中カメラ・デビューしました

2_0814akahoshi.jpg 3_0814hotate.jpg
 まずは抱卵中のアカホシカクレエビとホタテウミヘビのノブオ 久し振りのフィーディングに興奮したのかかなり出ています(笑)

3_0814itoko.jpg 4_0814nishiki.jpg
 タツノイトコはペアになっていました キレイなニシキウミウシの幼体も見られましたよ

5_0814sakata.jpg
 水温の上昇に伴いこのエリアにサカタザメが集まっています

6_0814isokon.jpg 7_0814kazari.jpg
 抱卵中のイソコンペイトウガニと小さな×2、カザリイソギンチャクエビ

8_0814diver1.jpg
 初めての水中デジカメに夢中でしたね! とっても上手ですね~(^O^)

天候:晴れ 気温32℃ 水温:24.3℃
透視度:15m 潮流:ウラ潮、微 ウネリ:微
コース:牛着岩(-24mアーチ~モロコ根~グンカン)

9_0814arch1.jpg 10_0814teng.jpg
 透明度抜群の海を気持ちよく流してきました! -24mアーチは向こう側もクッキリ そしてここの住民、テングダイとダイバーの2ショット写真

12_0814muchik.jpg 13_0814bisha1.jpg
 ムチカラマツエビとビシャモンエビ 背中にトゲトゲがビシャモンエビです

14_0814tora.jpg 11_0814sujio.jpg 16_0814kumanomi.jpg
 トラウツボのペア もう一匹いればキングギドラだったのに… 惜しいっ! そしてカワいいクマノミの赤ちゃん

15_0814madai.jpg
 今日もいました~ モロコ根の大きなマダイの群れ 圧巻です!

17_0814tobi.jpg 18_0814sun.jpg
 トビ根からグンカンに移動中に遭遇したトビエイ 気持ち良さそうに泳いでいました そしてグンカンのブイした 日差しがキラキラと眩しかったです

天候:晴れ 気温32℃ 水温:28.0℃
透視度:15m 潮流:なし ウネリ:弱
コース:黒崎(先端洞窟~浅根)

19_0814sori.jpg 20_0814bisha2.jpg
 ラストは黒崎をご案内しました 先端洞窟から入りまずは深場のバニー、ソリキヌヅツミ 暗がりの多い雲見では水深-10mで見られちゃうんです! ビシャモンエビのペアもいました

21_0814akashima.jpg
 ずっと居着いているアカシマシラヒゲエビ 今日のお客さんはトラウツボでした

22_0814benikinu.jpg 23_0814moebi.jpg
 浅根のアーチに向かう途中で見つけたベニキヌヅツミ アカヤギではなくなぜか海藻に付いていました そしてセクシーシュリンプことイソギンチャクモエビ

24_0814nembutsu.jpg 25_0814kimme.jpg
 浅根のアーチ内は圧倒的なの魚影 ネンブツダイとキンメモドキの群れ、群れ、群れ 魚まみれで後続のダイバーが見えなくなります

27_0814aosa.jpg 26_0824arch2.jpg
 アオサハギの赤ちゃんとアーチ内を通過中のダイバー

29_0814kampa.jpg
 安全停止中にカンパチが来襲 シラス(カタクチイワシの幼魚)の群れにアタックをかけていました いや~、カッコいい~~ヽ(^0^)ノ

28_0814diver2.jpg
 2日間どうもありがとうございました マイスーツもあつらえたし是非、秋の連休も遊びに来てくださいね~

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。