伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

連休3日目はお天気、海況ともサイコ~! 4/29雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:18.3℃
透視度:15m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:なし
コース:牛着岩(-24mアーチ~グンカン)

1_0428kaikyo.jpg
 連休3日目は素晴らしい海況に恵まれました! アドヴァンスコースの最終日とファンダイブでがっつり4ダイブして来ましたヽ(^0^)ノ まずはアドヴァンスコースのドリフトダイバー -24mアーチからエントリーしてグンカンヘ 潮が結構、かかっていたのでフリー潜降で着底した時にはトンガリまで流されていました

2_0429benikinu1.jpg 4_0428arari.jpg
 ファーストコンタクトはベニキヌヅツミ ヤギの先端にいました 平根ではアラリウミウシをGET

3_0429nishiki.jpg
 ニシキウミウシもいました トビ根からグンカンまで流してシグナルフロートをうって浮上 気持ちよく流されました~(^O^)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:18.0℃
透視度:15m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:なし
コース:牛着岩(小牛裏カド~小牛~湾内ブイ)

5_0428diver.jpg
 2ダイブ目は小牛の裏カドからエントリー ウミウサギやエビカニの仲間をメインにじっくりフォトダイブをしました 潜降中、太陽光がダイバーを背後から照らして絵になってました!

6_0429tsuno.jpg
 ウミトサカの仲間の中にいたのはツノガニでしょうか? カラダにポリプを付着させて見事な擬態です

7_0429sero.jpg 8_0429tenrok.jpg
 ウミトサカの仲間を宿主にしているセロガタケボリとテンロクケボリ なぜかセロガタケボリはオオパンカイメンの上を移動中でした

9_0429haokoze.jpg 10_0429yadokari.jpg
 ハオコゼが縄張り争いの真っ最中でした 時に激しく噛み付き合っていたのですがシャッターチャンスを捉えるのはなかなか難しいもんですね… ヤドカリがカイメンの上にいてなんかユニークだったので思わずパチリ

11_0429iboiso.jpg 12_0429hiro.jpg
 擬態が上手いイボイソバナガニ ピンクの花びらのようなヒロウミウシも見られました

13_0429akane.jpg 14_0429benikinu1.jpg
 バニーのヤギではアカネケボリ、アヤメケボリ、ベニキヌヅツミの3種盛りです

15_0429benikinu2.jpg 16_0429benikinu3.jpg
 この周辺のヤギでは他にもベニキヌヅツミが見られました

17_0429suzume.jpg
 潮が結構、かかっていたので魚の活性が上がっていました スズメダイの群れがスゴかったですね~

17b_0429mokuzu.jpg 19_0429akeus.jpg
 モクズショイとアケウスです どちらもカラダにカイメンなどを付着させて擬態しています 脱皮の度にゴミやカイメンを身にまとう作業はホント、大変そうですね…

18_0429oran.jpg
 久し振りに見た、オランウータンクラブ 相変わらずユニークな出で立ちです アカオニナマコの上にちょこんといました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:17.9℃
透視度:15m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:なし
コース:牛着岩(-16mアーチ周辺)

20_0429akahoshi.jpg 21_429kumogani.jpg
 3ダイブ目はソフトコーラルを背景に魚を撮りたいというリクエストでウミトサカやヤギの仲間が群生している-16mアーチ付近をご案内しました ロッカク岩からエントリー アカホシカクレエビやクモガニがいました

22_0429itoko.jpg 24_0429hebi.jpg
 砂地のクロミル見るにはタツノイトコのペアがいました オオパンカイメンの上でコチラを見ていたヘビギンポ

23_0429tenrok.jpg 25_0429hosoten.jpg 26_0429benikinu4.jpg
 キバナトサカを宿主にしているホソテンロクケボリとアカヤギ類に付くベニキヌヅツミ ナマハゲウミウシが嬉しかったんですが…(>_<)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:17.8℃
透視度:15m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:三競(一番~三番洞窟)

27_0429sankyo1.jpg 28_0429sankyo2.jpg 29_0429sankyo3.jpg
 本日のラスト4ダイブ目は地形リクエストで三競へ まずは1.5番の出口 そして2番洞窟のトップライト そして2番洞窟の出口です

30_0429ezoiso.jpg
 2番の横の亀裂をのぞいてみるとイタチウオ おっと、違ったエゾイソアイナメっ! イタチウオに比べて圧倒的に個体数が少ない気がします

31_0429caramel2.jpg 32_0429sarasaebi.jpg
 2番洞窟にいるキャラメルウミウシと暇ネタで撮ってみたサラサエビ 瞳がキレイですね~

33_0429bora.jpg
 洞窟を出て表層を見上げるとボラが群れていました この画像の構図、ちょっとハンマーの群れっぽいですね(爆)

34_0429sankyo4.jpg 35_0429sankyo5.jpg
 3番洞窟は狙い通りのレーザービー----ム!!! この光景を一人でも多くのダイバーに見て頂きたくて三競を潜ります

36_0429sankyo5.jpg
 エアードームで記念撮影 露天風呂みたいですね(笑)

37_0429sankyo6.jpg 38_0429sankyo7.jpg
 光のシャワー、光のカーテンといったところでしょうか こんな水中景観を楽しめるのも雲見ならではでないでしょうか?

39_0429nishiki2.jpg 40_0429moku.jpg
 ラストはエグジットエリアの岩で見たニシキウミウシとモクの林 特にモクの林はこの時期の西伊豆の海っぽい光景ですよね

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 19:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初ナイトダイビング、おめでとうございます! 4/28浮島のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温20℃ 水温:18.4℃
透視度:-m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:ビーチ

1_0428sarasa.jpg 7_0428bai.jpg 2_0428sabi.jpg
 久し振りに1日6本も潜っちゃいました! 本日のラストダイブはアドヴァンスコースのナイトダイブを浮島でやりました ご一緒した方々はナイトダイブ初体験 楽しみですね~ ライトを当てると眼が光るサラサエビ 砂地を徘徊しているバイやあごヒゲが特徴のサビハゼです

3_0428gazami.jpg 4_0428haokoze.jpg
 このカニは:アカイシガニでしょうか? ハオコゼも見られました

5_0428mimi1.jpg
 お題目の水中ナビをやっていると、いました、いました~! ミミイカです 怒ってるのでしょうか?

6_0428umisabo.jpg 9_0428gokai.jpg
 ウミサボテンと砂地のアチコチで見られる不思議な砂のモンブラン 実はタマシキゴカイの糞です(笑)

8_0428mimi2.jpg
 おっとまたまたミミイカ発見! いや~、カワいい(*´`)

10_0928kawa.jpg 11_0428hiram.jpg
 カワハギがガイドロープをくわえて寝ていました 砂地ではヒラムシの仲間がすごいスピードで這っています

12_0428mimi3.jpg
 このコが一番、カワイく撮れました~ 本日3個体目のミミイカ

13_0428hotel.jpg 14_0428aow.jpg
 ナイトダイブを終えて水面に出るとホテルの灯りがロマンチック! 初めてのナイトダイビング、楽しかったですね~~ 明日はいよいよアドヴァンスコースの最終日ですね

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

連休2日目は凪になりガッツリ5ダイブ! 4/28雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温20℃ 水温:18.4℃
透視度:15~12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:微
コース:牛着岩(湾内ブイ~小牛前~湾内ブイ)

1_0428kaikyo.jpg
 連休2日目は予報通り凪になりました 潮色はまずまず ちょっと流れていました まず1ダイブ目は小牛前でアドヴァンスコースのボートダイブ兼、ウミウサギを中心にフォトダイブをしました

2_0428traf.jpg 5_0428hiro.jpg
 トラフケボリのペアと小さなヒロウミウシです

3_0428akane.jpg 4_0428benikinu.jpg
 バニーのヤギではアカネケボリ、ベニキヌヅツミ、そしてアヤメケボリも見られました

6_0428togari1.jpg 7_0428togari2.jpg
 トガリアヤメケボリでしょうか? 地味ですが探すと結構、見つかります

8_0428shiroobi1.jpg 9_0428shiroobi2.jpg
 シロオビコダマウサギも大小2個体、見られました

10_0428sero.jpg
 セロガタケボリのペア キレイなウミウサギの仲間が見られました~ 

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温20℃ 水温:18.4℃
透視度:15~12m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:微
コース:牛着岩(-24mアーチ)

11_0428mega.jpg 12_0428tatsu.jpg
 続いてはアドヴァンスコースのディープダイブ -24mアーチから入り根のまわりで遊びました ディープダイブのお題目の計算問題や計器の比較、色彩の吸収などをチェックしました 潜降中に見られた多分、カニのメガロパ幼生 そしてロープに付いていたハナタツです

13_0428shimaumi.jpg 14_0428sumizome.jpg
 シマウミスズメがこちらを見ています ヒドロ虫にはスミゾメミノウミウシが2個体いました

15_0428benikinu2.jpg 16_0428aou.jpg
 ベニキヌヅツミとアオウミウシ この辺のラインナップは定番でしょうか

17_0428arch.jpg 18_0428teng.jpg
 -24mアーチの中ではイシダイやマツカサウオ、そしてテングダイなどが見られました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温22℃ 水温:18.5℃
透視度:15~12m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:牛着岩(大牛洞窟前)

19_0428bisha.jpg 20_0428mkocho.jpg
 大牛洞窟前ではウミウシ・メインでフォトダイブ 今日もたくさんのウミウシが見られました~ まずはウミウシじゃないんですがビシャモンエビ そしてボク的には夏のイメージのウミウシのムラサキウミコチョウ

21_0428osero1.jpg 22_0428osero2.jpg
 今シーズンはオセロウミウシが大発生中です!

23_0428sori1.jpg
 お気に入りのバニー、ソリキヌヅツミです

24_0428kaname.jpg
 カナメイロウミウシは今日もカヤ類に付いていました

25_0428senhime.jpg 26_0428caramel1.jpg
 こちらも夏っぽいイメージのセンヒメウミウシ このフォルム、大好きです そしてスイーツ系ウミウシのキャラメルウミウシ

27_0428senten.jpg 28_0428fujiiro.jpg
 センテンイロウミウシやフジイロウミウシなどお気に入りのラインナップが見られました

29_0428iga.jpg 30_0428ryumon.jpg
 イガグリウミウシも多いです そしてリュウモンイロウミウシ

31_0428koro.jpg
 コロダイが数匹、ホンソメワケベラのクリーニングを受けていました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温22℃ 水温:18.6℃
透視度:12m 潮流:なし ウネリ:微
コース:三競(2番洞窟~3番洞窟)

32_0428arch2.jpg
 お天気、海況に恵まれたので光と陰のコントラストを楽しみに三競へ まずは2番洞窟のトップライト

33_0428amef.jpg 34_0428caramel2.jpg
 洞窟内ではアメフラシとキャラメルウミウシが見られました

35_0428sagaryu.jpg 36_0428kanoko.jpg
 2.5番のハングの壁にいたサガミリュウグウウミウシと3番洞窟の壁にいたキレイなタカラガイ、カノコダカラ

37_0428sankyo1.jpg
 じゃじゃ~ん どうです!? この光のシャワーっ!

38_0428sankyo2.jpg 39_0428sankyo3.jpg
 この美しさは伊豆半島では雲見ならではですね~

40_0428manryo1.jpg 41_0428sumizome2.jpg
 大きなマンリョウウミウシとまたまたスミゾメミノウミウシがいました

42_0428aou2.jpg 45_0428aou3.jpg
 アオウミウシの単体と交接シーンです 継っている白いトコロが交接器です

43_0428senten.jpg 44_0428olt.jpg
 エグジット間際に見たセンテンイロウミウシと小さな×2、オルトマンワラエビ

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温22℃ 水温:18.5℃
透視度:12m 潮流:なし ウネリ:微
コース:黒崎(先端洞窟前)

46_0428sori2.jpg 47_0428sori3.jpg
 そして無制限ダイブのラスト5ダイブ目は黒崎を潜りました 先端の洞窟付近のみじっくりのんびりです ソリキヌヅツミが2個体いました

48_0428manryo2.jpg 48_0428otohime.jpg
 この時期いっぱい見られるマンリョウウミウシと紅白のキレイなクリーナーシュリンプ、オトヒメエビ

49_0428olt2.jpg
 オルトマンワラエビが抱卵中のようですね

50_0428arari.jpg 51_0428shiro.jpg
 アラリウミウシとシロウミウシが見られました

52_0428homura.jpg
 ジュズエダカリナのエダの間に小さなコシオリエビが おそらくホムラチュウコシオリエビのちびっこかと…

53_0428traf2.jpg 54_0428hanayaka.jpg
 外套膜がちょっと奇形っぽいトラフケボリがいました そして実は1ダイブ目からず~っと探していたハナヤカケボリ 最後の最後に見つかりました~ いや~、いっぱい潜れて楽しかったぁ(*゚▽゚*) これからアドヴァンスコースのナイトダイビングを浮島でやりま~すヽ(^0^)ノ

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

連休初日はあいにくの海況でした 4/27田子のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:18.8℃
透視度:5m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:白崎№2

1_0427kaikyo.jpg
 ゴールデンウィーク初日は西風ビュービューで雲見がCLOSE と、いうことで田子湾内を潜ってきました ただ雲見無制限ダイブを楽しみにして来た方には残念な海況でした…m(_ _)m 本日のメニューはドライスーツSPとアドヴァンスコース、ファンダイブです

2_0427aow.jpg
 まずはドライスーツSPコース 初めてのドライスーツ 不慣れなため最初のうちは苦戦しましたね(^_^;) でもこの経験が糧になります!

3_0427hirata.jpg
 砂地にいたヒラタエイ 尻尾がトゲではなくヒレになっているのが特徴です

4_0427aou.jpg 5_0427okibeni.jpg
 アオウミウシやオキナワベニハゼも見られました 潮色は芳しくなかったもののウネリもなく静かな湾内でした

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:19.1℃
透視度:8m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:瀬の浜
 続いてはアドヴァンスコースの水中ナビを瀬の浜で実施しました ナビだからと思い普段は携行している水中カメラを持って行かなかったのは大失敗でした 講習中に十ン年振りのウチワザメに遭遇! なんと2個体も見られました~ でもNOカメラだったので証拠写真すら撮れませんでした(ToT) 肝心のナビの方はコンパスをバッチリ使いこなして大成功でした~ヽ(^0^)ノ

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:18.8℃
透視度:5m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:白崎№1
 3ダイブ目はじっくりフォトダイブで白崎№1を潜りました

7_0427iboiso.jpg 8_0427glass.jpg
 二本土管のムチカラマツではいつものイボイソバナガニとガラスハゼ

6_0427arari.jpg 10_0427sagamiiro.jpg
 アラリウミウシやサガミイロウミウシも見られました さすがココはウミウシ、多いですね~

11_0427isokon2.jpg
 いました、いました~ 白崎と言えばやっぱりコイツ イソコンペイトウガニ!

12_0427isobana.jpg
 イソバナカクレエビもいつものヤギで見られました 雲見で見てるヤツよりキレイなんだよなぁ~

13_0427fujiiro.jpg 14_0427kimo.jpg
 フジイロウミウシとサンゴの中にいたキモガニ

15_0427isokon1.jpg
 そしてまたまたいましたイソコンペイトウガニ! こっちのコの方がいいカンジで写真が撮れました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温24℃ 水温:19.1℃
透視度:8m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:瀬の浜

16_0427daruma.jpg 17_0427date.jpg
 本日のラスト4ダイブ目はドライスーツSPのダイブ2とファンダイブで瀬の浜へ 2本目で見たウチワザメが忘れられません… ところがそうは問屋が卸しませんねぇ 結局、ウチワザメは見つからず。゚(゚´Д`゚)゚。 ダルマガレイとダテハゼです

18_0427itoko.jpg
 海藻の中にタツノイトコがいました ユラユラと揺れて海藻そっくりに擬態していました ん~、またウチワザメのリベンジをせねば… 明日は凪予報 雲見無制限ダイブをやります!

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

連休前のリサーチダイブ 4/25雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温22℃ 水温:17.9℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:中
コース:牛着岩(-24mアーチ~大牛洞窟前~-24mアーチ)

1_0425kaikyo.jpg
 連休前にリサーチダイブをしました 前夜はものすごい風雨 さながら春の嵐でした 一夜明けお天気は良くなったもののヨタはかなり残っていました

2_0425benikinu1.jpg 3_0425shirotae1.jpg
 大牛裏で先週末、見つけたイロカエルアンコウを探しましたが見つからず… 大牛洞窟前に移動しました 途中で見つけたベニキヌヅツミ 洞窟前ではちょっと大きめのシロタエイロウミウシも見られました

4_0425kaname.jpg
 人気のカナメイロウミウシ カイメン食のウミウシなハズなのに何故かカヤ類に付いていました

5_0425akokom1.jpg 6_0425caramel1.jpg
 小さなアカネコモンウミウシとようやく育ったキャラメルウミウシ どちらも人気のウミウシです

7_0425kuriya1.jpg
 今シーズン、ちょいちょい見かけるクリヤイロウミウシ 大きかったです!

11_0425akahoshi.jpg 8_0425benikinu2.jpg
 大牛洞窟前を出て-エグジットポイントの24mアーチへ 途中で見かけたベニキヌヅツミとアカホシカクレエビ

9_0425fuhiiro1.jpg 10_0425sori.jpg
 フジイロウミウシやソリキヌヅツミなど雲見ではよく見かける生物も見られました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温22℃ 水温:17.8℃
透視度:12m 潮流:ウラ潮、中 ウネリ:中
コース:牛着岩(大牛洞窟前~グンカン)

12_0425bisha.jpg 13_0425muchik.jpg
 続いては大牛洞窟前エントリーでグンカン上がり ファーストコンタクトはビシャモンエビとムチカラマツエビ どちらもムチカラマツを宿主にしていました

14_0425akomon2.jpg 15_0425arari.jpg
 1ダイブ目で見た個体よりやや大きなアカネコモンウミウシ そしてアラリウミウシがいいカンジのポーズをしてくれました

16_0425ibara.jpg
 おぉ~、本日の大当たりウミウシっ! 初めて見たので種を調査中です おそらくイバラ系かネコジタ系かと…

17_0425kuriya2.jpg
 またまたいましたクリヤイロウミウシ 田子湾内だとやや深場で見られるウミウシですが雲見では水深-12~13mで見かけます

18_0425ao.jpg 20_0425osero.jpg
 アオウミウシ属の仲間と今シーズン、大発生しているオセロウミウシです オセロウミウシを探すなら三角岩ですね!

19_0425mkocho.jpg
 ラストはムラサキウミコチョウ コイツが出てくると夏近しって思ってしまうのはボクだけでしょうか? 明日も大潮 西伊豆や松崎の幼稚園、小中学校は軒並み潮干狩り遠足です(^O^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒潮ビンビン 青い潮の中、海藻ダイビング!? 4/24浮島のLOG

1_0424kaikyo.jpg
 昨日、午前中に採ってきたシワメをロープに吊るしていたら一本の電話が 首都圏の出版社からでウチのブログに掲載されているマクサ=てんぐさの画像を出版する書籍に使用したいとのことでした そんなのど~ぞ、ど~ぞなんですが、ボク的にはもっといい画像を使ってもらいたいという一心からマクサのブツ撮りで浮島を潜ってきました 予報ではお昼前から南寄りの風がビュービュー吹くとのこと 朝のランニングを終えて速攻、支度をして浮島に向かいました 沖合は南寄りの風ですでに風波が立っていました

2_0424umiuchi.jpg 3_0424yoremoku.jpg
 潜降すると、ん~やっぱ青いっ! 水底に黄色いカーペットのように敷き詰められたウミウチワ 深場で見られるソフトコーラルのウミウチワとは全く別物です さらにヒドロ虫とも全く別物の海藻です ヨレモクがぼうぼう茂っていました 浮島はガラモ場があり、ホンダワラの仲間がこのガラモ場を形成していますが、実はホンダワラ自体はあまり生育していません

4_0424makusa1.jpg
 今回、ご依頼して頂いたマクサの画像 8月以降に出版されるそうなので出版されたらまたこのブログに掲載したいと思います てんぐさ、早く口開け(解禁)しないかな~(笑)

5_0424bai1.jpg 10_0420bai2.jpg
 あんまりにも青かったのでボラ、撮っちゃいました~ 昨日はシワメやってるときにボラの大群が見られたんですけどね(^-^)

6_0424kuroishi.jpg
 カワいいっ! 久々のクロイシモチっ(^O^) 以前、働いていた浮島では普通酒でしたが雲見ではオオ根で1回、見ただけです

7_0424bora.jpg 8_0424tamashiki.jpg 9_0424nisekuro.jpg
 あんまりにも青かったのでボラ、撮っちゃいました~ 昨日はシワメやってるときにボラの大群が見られたんですけどね(^-^) 砂でできたモンブランはタマシキゴカイの糞です 潮干狩りでもよく見かけます ニセクロナマコも見られました

11_0424mhanagin.jpg
 これはビューティホーっ!!! ムラサキハナギンチャクですね フローダイブ(蛍光発色ダイブ)で美しかったヤツです 当店は6月からフローダイブ、始めます 今までのダイビング観を覆す感動がありますょ~~~~

12_0424kuromil.jpg
 ガイドロープに群生したクロミル タツノイトコでもいないかなぁ~とチェック✔

13_0424hiramil1.jpg 14_0424hiramil2.jpg
 やっぱ、いるのはヒラミルミドリガイですよね~(笑)

15_0424himeika.jpg 16_0424anahaze.jpg
 ウェーブラインの水中ブイに付いていたアナハゼ 近づいてもあんまり逃げません

17_0424makusa2.jpg
 ラストはちぎれて砂地に集まったテングサの寄り草です 海がシケルとこれが浜に打ち上げられ、冬場の現金収入になります(笑)

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いつものランニングコースでフォトランしましたヽ(^0^)ノ

 月間300~200km走っています 朝10km、夕10kmで一日合計20km~走る日もあります そんないつものランニング(10km)コースで季節を感じる場面や気になる光景を写真に撮りたいと思っていて、今日ようやく実行に移しました

1_0424cherry.jpg
 ついこの間までお花見シーズンだったのにすっかり青々とした葉桜の季節 サクランボがなっていました(往路0.5km付近)

2_0424tsutsuji.jpg
 ツツジがキレイに咲き誇っています ホント、キレイ!!(往路1.0km付近)

3_0424nishina_riv.jpg
 仁科川流域です 6月からいよいよ、鮎釣りが解禁になりますね(往路3.0km付近)

4_0424fuji.jpg
 いつも気になっていた藤の花 野山に野生の藤が咲いて紫色に染まっています(往路3.5km付近)

5_0424isshiki.jpg
 一色公民館 ここもジオサイトです こんな山奥まで大昔は海底だった痕跡があります キチンと説明できるように地シオガイド目指して頑張りま~す(往路4.0km付近)

6_0424saiseki.jpg
 でも山あいは採石のため丸坊主になっています スタジオジブリの「もののけ姫 」だったら森の賢者ショウジョウがこれを見て怒るシーンですね 経済活動と自然保護は両立できないといったところでしょうか…(^_^;)(往路4.4km付近)

7_0424bridege.jpg
 すれ違いができない道幅の一色橋 石造りのレトロな橋です(復路4.5km付近)

8_0424flower.jpg
 季節の花が咲いて季節の移り変わりを教えてくれます(復路7.5km付近)

9_0424port.jpg
 仁科港に出ました 海が見えますね たった10kmのランニングコースですが川、山、海、緑、花、鳥、大地… さまざまな自然を肌に感じながら走ることができます(復路9.1km付近) 

10_0424wearhouse.jpg
 天草倉庫です いかにもひなびた漁村という風情でぐっときますね 明日もまたこの美しい自然の中を走りま~す(復路9.3km付近)

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| 田舎暮らし | 21:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年もやりました! 2日連続シワメ採り 4/22~23

 1月~2月にはんば、岩のり、布海苔が口開け(解禁)して続いてヒジキ ヒジキが終わるとシワメが口開けします 4/10にシワメが口開けしましたが、凪が悪い日が続きました 凪いだ日もお陰さまでダイビングガイドをしていたのでシワメ採りは昨日、今日とやりました

042213shiwame.jpg
 昨日より今日の方が大漁(だいりょう)でした! 画像は昨日のモノです 今日はこの2倍は採れましたよ(^O^) ワカメの芽かぶのようにしてご飯にかけるとサイコ~ いわゆるトントンメです 作り方は簡単 シワメを茹でて包丁で細かく叩き、おかかや醤油を混ぜればOK 茹でで叩いた状態でビニール袋に小分けにして冷凍し食べる時に自然解凍すればいつでもトントンメが楽しめます ロープに吊るして乾燥させれば保存食に タケノコなどと一緒に煮るとこれがまた美味なり うちの場合、大半は仕立てたあと漁協に納品します

 この世のすべての食材に感謝を込めて… いただきます(^人^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| 漁師 | 21:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

潮色回復、水温UP↑ ウミウシ36種類!! 4/20雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温13℃ 水温:18.3℃
透視度:12m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:なし
コース:牛着岩(大牛洞窟前)

1_0420kaikyo.jpg
 ウラ潮が続き南からいい潮が上がってきました 車で移動中の国道から見た海の色が全然、違いますっ! 車中の会話も「今日は潮色、いいですよっ!」という話題に(^○^) 潜る前からテンション上がります 60分×3本勝負でがっつりウミウシダイブです

2_0420bisha.jpg
 ウミウシダイブといいつつ、ファーストコンタクトはなぜかビシャモンエビ(笑)

3_0420bob2.jpg 4_0420kiberi.jpg
 今年は当たり年なんでしょうか? ボブサンウミウシ登場! ストライクゾーンのキベリアカイロウミウシも見られました

5_0420osero1.jpg 6_0420osero2.jpg
 オセロウミウシが大発生中 途中で数えるのをヤメるくらいいっぱいいます 交接中とか乱交?中は狙いますが単体はスルーしてしまいます

7_0420iga.jpg 8_0420hiram1.jpg
 コチラもいっぱい見られるイガグリウミウシと今シーズン、特に多い種類のヒラムシの仲間

9_0420koneko.jpg 10_0420hiro.jpg
 雲見では今が旬のサガミコネコウミウシとロン毛な?ヒロウミウシ

11_0420mitsui.jpg 12_0420akomon.jpg
 定番のミツイラメリウミウシはチラホラ見かけます アカネコモンウミウシのちびっこもいました~(^-^)

13_0420caramel1.jpg 14_0420caramel2.jpg
 キャラメルウミウシもいっぱいいます 大きい個体も見られるようになりました

16_0420kkushi.jpg 18_0420sagamiiro.jpg
 キイロクシエラウミウシが同色のカイメンの上にいました サガミイロウミウシはいつもめり込んでいるイメージですね(苦笑)

17_0420bob1.jpg
 で、でたぁ~~ でっかいボブサンウミウシっ! サイズといい色彩といい絶好の被写体です 大事にしたいですね

19_0420kuriya1.jpg 20_0420hiram2.jpg
 割と深場のクリヤイロウミウシ 雲見では比較的、浅い水深で見られます キレイなヒラムシの仲間も見られました

21_0420mkocho.jpg
 ムラサキウミコチョウ、増えてきました~ サイズはまだまだ小さめですが個体数はかなり見られますよ~

22_0420shirayuki.jpg 23_0420senten.jpg
 定番のシラユキウミウシとセンテンイロウミウシもアチコチで見られました いや~、ウミウシがいっぱいいましたね~(喜)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温13℃ 水温:18.5℃
透視度:5m 潮流:ウラ潮、弱 ウネリ:なし

24_0420kaname.jpg
 2ダイブ目のファーストコンタクトはカナメイロウミウシ 以前、いた個体かと思われますがかなり移動していました

25_0420koke1.jpg 26_0420koke2.jpg
 コケギンポの仲間の仲間も見られました 全身、出てる姿ってなんかカワイくなくて今イチですよね(笑)

27_0420himeg.jpg 28_0420niji.jpg
 ギンポシリーズです ニジギンポとヒメギンポ ヒメギンポの婚姻色はわかりやすいですがニジギンポって婚姻色があるんですかね?

29_0420usuiro.jpg 30_0420shirayuki2.jpg
 定番ウミウシのウスイロウミウシとシラユキウミウシ

31_0420ryumon.jpg 32_0420fujiiro1.jpg
 リュウモンイロウミウシとフジイロウミウシもいっぱいいました

33_0420kuriya2.jpg 34_0420senten2.jpg
 本日、2個体目のクリヤイロウミウシと雲見では割とよく見かけるセンテンイロウミウシ

35_0420yubi.jpg 37_0420komon.jpg
 ユビウミウシとコモンウミウシがいました ユビウミウシは雲見ではこのタイプが多いです

36_0420gomaf.jpg
 出たぁ~! ゴマフビロードウミウシ 一昨日、リクエストがあったのですが見られませんでした やっぱ雲見でウミウシ・リクエストで潜るんでしたら大牛洞窟前は行かないと…ですね(>_<)

38_0420setoiro.jpg
 大好物のセトイロウミウシ 2個体見られました

39_0420sori.jpg 41_0420muchik.jpg
 お約束のバニーのヤギ、ソリキヌヅツミとやや大きめなムチカラマツエビです 鉄板なのでリクエストお待ちしています!

40_0420otome.jpg 42_0420kiiro.jpg
 いっぱいいたオトメウミウシと大きくてキレイなキイロウミウシ 白いのにキイロウミウシとはこれいかに?

15_0420komon1.jpg 43_0420tsumani.jpg
 あるウミウシガイドブックでは伊豆の基本4種と書かれていますが雲見ではそれほど見られないコモンウミウシ 今シーズンは割とよく見かけますね

コース:牛着岩(-24mアーチブイ~クレバス~裏上がり)
フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温13℃ 水温:18.3℃
透視度:12m 潮流:ウラ潮、中 ウネリ:なし
コース:牛着岩(大牛洞窟前)

44_0420shirotae.jpg 45_0420mkocho2.jpg
 ラスト3ダイブ目も大牛洞窟前からエントリー 岩の隙間にいたシロタエイロウミウシと夏のイメージのウミウシ、ムラサキウミコチョウ

46_0420hiro2.jpg 47_0420hiro2.jpg
 ヒロウミウシもいっぱいいます ポリプっぽいので初めて見たときはウミウシとは思わないでスルーしてしまうかもしれませんね

48_0420usuiro2.jpg 49_0420arari.jpg
 こちらも定番のウスイロウミウシといっぱいいたアラリウミウシ ノウメア・ワリアンスも見られましたよ

50_0420akaera.jpg 53_0420shiroiba.jpg
 エツキイワノカワの上にいたアラリウミウシと今シーズン、ちょいちょい見られているシロイバラウミウシ

51_0420koke3.jpg 54_0420hiram3.jpg
 コケギンポの仲間は結構、見つかります ヒラムシの仲間もこっちのキレイバージョンは嬉しいですね(*≧∀≦*)

52_0420kaikam.jpg 64_0420hyomon.jpg
 黄色いカイメンを被ったカイカムリと警戒すると美しいブルーの斑紋がカラダから浮き出すヒョウモンダコ 猛毒の持ち主です…(>_<)

55_0420ikaeru.jpg
 わーぉ、久し振りのカエルアンコウ(*'▽'*)♪ イロカエルアンコウのちびっこです やっぱベニよりもイロの方がカワいいよなぁ~

56_0420kitama.jpg
 ウミトサカが背景のキタマクラ ちびっこなので通称マメマクラです カワイイですね~

57_0420tenrok1.jpg 58_0420tenrok2.jpg
 トゲトサカにいたテンロクケボリ 残念ながらリクエストのイソコンペイトウガニは見つけられませんでした…スミマセンm(_ _)m

60_0420sweet.jpg
 比較的、浅場でよく見られるスイートジェリーミドリガイ 不思議な色合いですね

61_0420koib.jpg 59_0420aou.jpg
 普通種ウミウシのど真ん中でしょうか? コイボウミウシとアオウミウシです

62_0420sagaryu.jpg 63_0420kuriya3.jpg
 サガミリュウグウウミウシは2個体、見られました~ クリヤイロウミウシは本日、3個体目です なにげに見ちゃってますがこれってスゴくないですか? 本日、大牛洞窟前だけで36種類のウミウシが見られました クレバスやサンクチュアリを入れて3ダイブすればおそらく50種類は見られるかもしれませんね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 21:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どっぷりウミウシフォトダイブ 潮色カンケーなく満喫しました 4/18雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温21℃ 水温:16.7℃
透視度:5m 潮流:ニヤ潮、弱 ウネリ:なし
コース:牛着岩(-24mアーチブイ~クレバス~裏上がり)

1_0418kaikyo.jpg
 前日の須崎は曇り空でしたが今日は素晴らしいお天気に恵まれました 本日、ウミウシ・リクエストです(^O^)

2_0418aou1.jpg 3_0418fujiiro.jpg
 -24mアーチブイからエントリー トップにサンゴイソギンチャクの群生地がある根でウミウシ探し まずはアオウミウシでカメラリハーサル シラユキウミウシがいたんですが撮影できず フジイロウミウシは2個体いました

4_0418aomino1.jpg 5_0418aomino2.jpg
 アオミノウミウシ科の一種3も2個体 雲見では比較的よく見かけるミノウミウシの仲間です

6_0418hiram.jpg 7_0418akahoshi.jpg
 ヒラムシの仲間とやや大きめのアカホシカクレエビ 越冬しましたね

8_0418iga.jpg 11_0418arari.jpg
 クレバスに向かう途中、大きなイガグリウミウシとアラリウミウシがいました

9_0418dotorake1.jpg 10_0418dotorake2.jpg
 カヤ類にはドト・ラケモサ 画像はありませんがコガネマツカサウミウシもいっぱい!

12_0418akane.jpg
 沖からH型のアーチに入る手前のドラム缶穴の縁にアカネコモンウミウシがいました

13_0418shiro.jpg 14_0418sarasa1.jpg
 クレバスでは定番のシロウミウシとサラサウミウシ

15_0418doto3.jpg
 今年も付きましたね~、マツカサウミウシ属の仲間のワライボヤマツカサウミウシです

16_0418shirayuki.jpg 17_0418noumea.jpg
 シラユキウミウシとノウメア・ワリアンスもいました キレイ系のイロウミウシの仲間が増えましたね~

20_0418komon1.jpg 18_0418otome.jpg
 ここ最近、よく見かけるコモンウミウシとベタベタいっぱい貼り付いているオトメウミウシ オトメと呼ぶほど可愛くないんですけど…(>_<)

19_0418sagaryu.jpg 22_0418tenrok.jpg
 大きなサガミリュウグウウミウシとトゲトサカを宿主にしていたテンロクケボリ

21_0418hanakin.jpg
 なんと早くもハナキンチャクフグが登場 二週間前に入った黒潮の恩恵でしょうか? 他店情報ですがネコザメの穴の近くでセナキルリスズメダイの目撃情報もありました スゴイなぁ~ヽ〔゚Д゚〕丿

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温21℃ 水温:16.5℃
透視度:5m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:なし
コース:牛着岩(-24mアーチブイ~クレバス~裏上がり)

23_0418bob.jpg
 休憩時間中のボブサンウミウシの目撃情報を聞きました これはごっつあんゴールと思いきや、聞いた場所からけっこう移動していました(>_<) たまたま見つかったんですがラッキーでした それにしてもミアミラウミウシと並んで不思議な色合いですね

24_0418nishiki.jpg 25_0418runxina.jpg
 すぐそばには大きなニシキウミウシ フルポンバージョンのコンプリート系です タマミルには小さなルンキナウミウシが2個体、付いていました

26_0418benikinu.jpg 27_0418ashibuto.jpg
 H型のアーチでは居着きの大きなクエがいました そしてクレバスで見たベニキヌヅツミとアシブトイトアシガニ ここと三競3番洞窟の壁ではレギュラーメンバーのカニです

28_0418sarasa2.jpg 30_0418kaimen.jpg
 大発生中のサラサウミウシと久し振りに見たカイメンウミウシ 地味なウミウシですが背中の一本線が目印です

29_0418osero.jpg
 オセロウミウシが3個体連なっていました まるで亀田トレインですね(←ボクシングの亀田兄弟の入場シーンです)

31_0418caramel.jpg 32_0418komidori.jpg
 小さなキャラメルウミウシと大きなコミドリリュウグウウミウシ 大きなキャラメルウミウシと小さなコミドリリュウグウウミウシはよく見かけるのですが今日は逆パターンでした

33_0418fujiera.jpg 35_0418komon2.jpg
 キレイなフジエラミノウミウシとまたまた観られたコモンウミウシ フジエラミノウミウシはちょっと久し振りかも!?

34_0418koke.jpg 36_0418shiromino.jpg
 安全停止の根頭に向かう途中、コケギンポの仲間をGET 潮がけっこうかかっていたのであくびをさせる余裕なし… 安全停止中にシロミノウミウシが見られました 触覚を上下に動かす独特な動きをします

37_0418kishimoto.jpg
 Kご夫妻様、たくさんの画像提供をありがとうございました! 来週の三宅島もスーパーエンジョイしてきて下さいね またご一緒できるのを楽しみにお待ちしていますヽ(^0^)ノ

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。