伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3月並みの暖かい一日でした~ 1/30雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:12℃ 水温:13.2℃
透視度:12~10m 潮流:ニヤ潮、中 ウネリ:なし
コース:牛着岩(-24mアーチ~小牛~湾内ブイ)

1_0130kaikyo.jpg
 3月並みの暖かい陽気になりました ベタ凪で絶好のダイビング日和でした~

2_0130moebi1.jpg 5_0130ayame.jpg
 -24mアーチからエントリーしてアヤトリカクレエビ探しをしましたが、残念ながら見つからず… 引き続き、精査したいと思います グビジンイソギンチャクを宿主にしているセクシーシュリンプことイソギンチャクモエビ アヤメケボリもいました

3_0130nakasone.jpg
 お゛~、久し振りのナカソネカニダマシっ(*゚▽゚*) 甲羅の模様が人の顔っぽいですね お気に入りの甲殻類です!

4_0130akahoshi.jpg 6_0130tenrok.jpg
 シマキッカイソギンチャクを宿主にしているアカホシカクレエビとウミトサカの仲間に付いていたテンロクケボリ セロガタケボリも見られました

7_0130kokuten.jpg 8_0130koro.jpg 9_0130otohime.jpg
 小牛の亀裂ではコクテンベンケイハゼ、コロダイの子ども、オトヒメエビ、ノコギリヨウジなどなど…

10_0130hiro.jpg 11_0130musume.jpg
 ここではヒロウミウシやムスメウシノシタも通年、見られます

12_0130shirotas.jpg
 おっ(@_@;) ラッキー! シロタスキウミウシです しかもでっかくてキレイっ(((o(*゚▽゚*)o)))

12a_0130moebi2.jpg 13_0130namakom.jpg 14_0130muchik1.jpg
 イソギンチャクモエビはMAX反り返っている時がシャッターチャンス! ナマコマルガザミは割とフツーに見られます 小さな×2、ムチカラマツエビもいました

15_0130akane.jpg 16_0130benikinu.jpg
 バニーのヤギではお気に入りのアカネケボリとベニキヌヅツミ ここにいるベニキヌヅツミは点々の色に黄色が入っていてキレイ!

19_0130hanayaka.jpg 17_0130ayame2.jpg
 擬態の名手、ハナヤカケボリ う~ん、ウマく撮れませんね…(^_^;) アヤメケボリが産卵中でした( ^ω^)

18_0130nishiki.jpg 21_0130isobana.jpg
 大きなニシキウミウシと小さなイソバナカクレエビ レギュラーメンバーがお出迎えしてくれました

20_0130koke.jpg
 ギンポ岩ではいつもの黒いコケギンポの仲間 以前いたオレンジ色のコがお気に入りだったんですけどね…(´・_・`)

22_0130fuji.jpg
 波止場から見た今日の富士山/^o^\ サイコーですヽ(^0^)ノ

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:12℃ 水温:13.4℃
透視度:12~10m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:牛着岩(大牛洞窟前)

23_0130kuroheri1.jpg 25_0130kuroheri2.jpg
 2ダイブ目はウミウシ・メインで潜りました まずは旬のクロヘリアメフラシ そこらじゅうにいます

24_0130traf.jpg 27_0130bisha.jpg
 トラフケボリと極小サイズのビシャモンエビ ここではチューブ管から顔をのぞかせていたテンクロスジギンポも見られましたがとってもシャイで近づくとチューブ管の中に引っ込んでしまいました…(>_<)

26_0130isokon.jpg
 イソコンペイトウガニGET! ここのところ極小サイズが多かったのですがこのコはまぁまぁのサイズでした

28_0130shiro.jpg 29_0130kotohime.jpg
 普通種ウミウシのシロウミウシとコトヒメウミウシ 特にシロウミウシは大発生中です

30_0130iro.jpg
 三角岩では人気のイロカエルアンコウ 確実に成長しています!

31_0130shirotae.jpg 32_0130sarasa.jpg
 左サイドではシロタエイロウミウシとサラサウミウシ この辺の普通種もよく見かけます

33_0130muchik2.jpg
 二本ムチカラマツの太っちょムチカラマツエビ コイツはカワいいですね(*´`)

34_0130iga.jpg 35_0130shirayuki.jpg
 コロニー?のように一ヶ所にかたまっているイガグリウミウシ ほんのり毛先がピンクです そしてシラユキウミウシでしょうか? いつも見てるのとちょっと違うような気がします...?

36_0130sori.jpg 38_0130murakinu.jpg
 ソリキヌヅツミとムラクモキヌヅツミ バニー2連発です

37_0130beni.jpg 41_0130caramel.jpg
 ベニカエルアンコウはいつものイヤラシー場所にいました ここが居心地いいんでしょうね~ そしてキャラメルウミウシも健在でした

39_0130kaname.jpg
 カイメンの中をのぞいたのですがカナメイロウミウシがいませんっ!(´Д`;) まわりを見ると近くのカイメンに移動していました 全身、見られたのは良かったのですがどこかへ移動する前触れでしょうか…(・□・;) それにしても美人さんですね~(´∀`*)ポッ

40_0130setoiro.jpg
 大好きなセトイロウミウシも近くで見られました~o(^o^)o 普通種なんですが相性が悪いのかなかなか見つけられません…(゜´Д`゜) 今日はラッキーでした!

42_0130hanabira.jpg
 ハナビラミノウミウシです 久し振りに見れました コレ系のミノウミウシ、けっこう好きです サガミミノウミウシなんかも出ないかなぁ~!

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

穏やかなお天気&海況 カワいいウミウシと出会いました(*´`) 1/24雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:11℃ 水温:14.8℃
透視度:10m 潮流:なし ウネリ:なし(洞窟外はニヤ潮、微)
コース:牛着岩(大牛洞窟前)
1_0124kaikyo.jpg
 穏やかなお天気&海況に恵まれました~ ベタ凪です! まずは大牛洞窟前からエントリーしました(^O^)

2_0124aou.jpg 3_0124kuroheri.jpg
 ファーストコンタクトはカメリハを兼ねてアオウミウシです 旬のクロヘリアメフラシはそこらじゅうで見られます

4_0124koke1.jpg 5_0124bisha.jpg
 コケギンポの仲間とビシャモンエビ ビシャモンエビは極小サイズですね(*´`)

6_0124shiro.jpg 7_0124tenkuro.jpg
 シロウミウシがやたらと目立ちました スマイル君ことテンクロスジギンポもいつものチューブ管から顔を出していました

8_0124akaera.jpg 9_0124osero.jpg 10_0124koto.jpg
 カヤの仲間に付いていたのはアカエラミノウミウシでしょうか? 大きなオセロウミウシと小さなコトヒメウミウシも見られました

11_0124iro.jpg
 いつものイロカエルアンコウ ちょっと大きくなったような気がします(^-^)

12_0124setoiro.jpg 14_0124fujiiro.jpg
 大好物のセトイロウミウシ いつもはなかなか見つけられなくてご一緒した方に教えてもらうのですが、今日はたまたま見つかりました(笑) フジイロウミウシもいました

13_0124sori.jpg 15_0124muchik.jpg
 新たにまたソリキヌヅツミを見つけましたよ~ 二本ムチカラマツではいつものムチカラマツエビ

16_0124iga.jpg 17_0124otohime.jpg
 イガグリウミウシはたくさんいるんですが毛先が丸くてキレイなピンクのコがいないんですよね~ オトヒメエビは大小、見られます

18_0124coleman.jpg
 今冬、多く見られるコールマンウミウシ このコはなんだかくたびれたカンジですね…(^_^;)

19_0124sarasa1.jpg 22_0124sarasa.jpg
 サラサウミウシは大きくなりました~ 普通酒ですがウチでは割と人気のあるウミウシです

20_0124murakinu.jpg
 ムラクモキヌヅツミは今日も定位置 ゲージュツ的な模様ですね

21_0124niji.jpg 23_0124hiram.jpg
 ブサイク顔のニジギンポΣ(゚д゚;)とヒラムシの仲間 このヒラムシも地味なんだよなぁ~

24_0124kaname.jpg
 超キレイなカナメイロウミウシ(((o(*゚▽゚*)o))) 雲見では過去、このエリアでしか見たことないんですが、I.O.Pでは5の根でそこらじゅうにいてビックリしました(;゚Д゚)!

25_0124glass.jpg 26_0124traf.jpg
 ペアで付いているガラスハゼの片割れ ツーショットを撮りたいんですがなかなかムズカシイですね 最後はトラフケボリを撮ってシグナルフロートをうってエグジットしました 潮陰を出るとかる~くニヤ潮がかかっていました

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:11℃ 水温:15.1℃
透視度:10m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:なし
コース:牛着岩(小牛横~小牛前~湾内ブイ)

27_0124koro.jpg 29_0124musume.jpg
 小牛の横からエントリーしました 亀裂ではコロダイの若魚とムスメウシノシタ その他、コクテンベンケイハゼ、ホシノハゼ、ノコギリヨウジなどなどが見られました

28_0124hiro.jpg 31_0124moebi.jpg
 ヒロウミウシ、いっぱいいます イソギンチャクモエビは小さなグビジンイソギンチャクに集まっています 狭そうだからもっと大きなイソギンチャクに引っ越せばいいのに…(メ・ん・)

32_0124nekojita1.jpg
 そして本日のヒット! ネコジタウミウシ属の一種1です タイトルのカワいいウミウシとはズバリこのコのことです(*´`) カラダの大きさに比べて触覚と二次鰓が大きすぎ このバランスの悪さがとってもカワイイですねカワ(・∀・)イイ!!

33_0124muchik2.jpg 47_0124yama.jpg
 2ダイブ目もムチカラマツエビをGET 小さなヤマドリはタイミングよく背びれを広げてくれました

34_0124benikinu1.jpg 37_0124ayame.jpg
 バニーのヤギではカラフルなベニキヌヅツミとアヤメケボリ

35_0124akane1.jpg 36_0124akane2.jpg
 オススメのアカネケボリも2個体付いています 白いピンドットがお洒落~o(^▽^)o

38_0124shirayuki.jpg 39_0124shiroobi.jpg
 なかなかウマく撮影できないシラユキウミウシ あんまり思い入れがないからウマく撮れないのか、ウマく撮れないから思い入れがないのか…? ビロードトゲトサカにいたシロオビコダマウサギ でっかかったですヮ(゚д゚)ォ!

40_0124azuki.jpg 41_0124nishiki.jpg
 冬ですね~ この時期、旬のゴクラクミドリガイの仲間、アズキウミウシです 触覚とお尻のブルーがとってもキレイ! 小さなニシキウミウシがいました 以前、田子でも見たことがあるんですが本来ならフタイロもしくはフルーツポンチ・サイズなのに成体の体色をしています ニシキウミウシじゃないんですかね?

42_0124cow.jpg 49_0124aosa.jpg
 英名ロングホーン・カウフィッシュ、シマウミスズメ がぶり寄りしました こちらはアオサハギです 小さければ小さいほどカワイイですね

44_0119hanayaka.jpg
 擬態の名手、ハナヤカケボリ 背景に完全に溶け込んでいますね~

45_0124koke2.jpg 43_0124benikinu2.jpg
 ギンポ岩でいつものコケギンポの仲間にごあいさつ ベニキヌヅツミもいました

46_0124isobana1.jpg 48_0124isobana2.jpg
 小牛前ではイソバナカクレエビもあちこちで見られます ここのヤギだけでも3個体いました なんだか黒目がこっちを見ているようですね

50_0124fusen.jpg
 湾内ブイに向かう途中、フウセンウミウシがいました ホント、風船みたいにまん丸に膨らんでいました(^O^) アメフラシの仲間やゴクラクミドリガイの仲間はつぶらな瞳がチャームポイントですね

51_fuji.jpg
 浮上してボートのピックアップを待ってる間に富士山を撮影 手前に田子島が見えますね それにしても穏やかな海でした~ 水温も若干、UP! でも明日は冬型の気圧配置に変わっちゃうんですよね~(T_T)

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 16:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

潜水エリア限定OPENでしたが初モノが見られました(^O^) 1/19雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:9℃ 水温:14.0℃
透視度:15m 潮流:ウラ潮、弱 ウネリ:弱
コース:牛着岩(-24mアーチブイ~クレバス~水路~ブイ)

0_0119kaikyo.jpg
 前日より風波、ウネリが強くなりました エリア限定のOPENです 午後から西風が強くなる予報でしたので早めに2ダイブしました と、いうことで残念ながら大牛洞窟前は潜れませんでした…(ToT)

1_0119doto.jpg 2_0119sagaryu1.jpg
 -24mアーチブイからエントリーしてクレバスでウミウシ探しをしました その前に立ち寄った小牛洞窟沖のクリーニングステーションでは大きなクエが気持ち良さそうにホンソメワケベラのエステを受けていました 小牛沖の小アーチではミレニアムマツカサウミウシ バライロマツカサウミウシを探したのですが宿主のドングリガヤがなくなっていました… H型のアーチの手前では小さめなサガミリュウグウウミウシがいました

3_0119benikinu1.jpg 4_0119kanoko.jpg
 同じくH型のアーチでキレイなベニキヌヅツミとカノコダカラ ウミウサギやタカラガイの仲間もキレイですね~

5_0119sagaryu2.jpg 9_0119kotohime.jpg
 小さな×2、サガミリュウグウウミウシです コミドリリュウグウウミウシはたくさんいましたが小さすぎてスルー カイメンにはコトヒメウミウシもいましたよ

6_0119aou1.jpg 7_0119sarasa1.jpg 8_0119shirou.jpg
 お得意の普通種3点盛り そう言えば中華ファミレスのバーミヤンにまだ「とりあえず3種盛り」ってメニューにあるのかな(メ・ん・)? ウネリが底まで入っていてウミウシ・ダイブにはちと厳しかったデス…(´Д`;)

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:9℃ 水温:14.1℃
透視度:15m 潮流:なし ウネリ:弱
コース:牛着岩(小牛裏カド~小牛~湾内ブイ)

10_0119koshiori.jpg 13_0119akahoshi.jpg
 予報通りだんだん海況が悪くなってきました 2ダイブ目は小牛の裏カドからエントリー ビロードトゲトサカの中に見たこともない異尾類がいました 腕がやたら長いのが特徴です いつものアカホシカクレエビは健在でした

11_0119murakoda.jpg
 お気に入りのバニー、ムラクモコダマウサギ 外套膜の模様がとってもキレイo(^▽^)o

12_0119traf.jpg 14_0119ayame.jpg
 ウミウサギの仲間、2連発 トラフケボリとアヤメケボリです

15_0119yubiwa.jpg
 小牛の岩肌でウミウシ探しをしました そして久し振りにユビワミノウミウシをGET\(^^)/ キレイなミノウミウシです

16_0119shirayuki.jpg 18_0119nisehaku.jpg
 意外とオオパンカイメンでウミウシが見られることが多く、シラユキウミウシやニセハクセンミノウミウシも見つかりました

17_0119kowata.jpg 19_0119kaikam.jpg
 コワタクズガニとカイカムリ カイカムリはなぜかカイメンを被っていません なぜならカイカムリを持ち上げたところ被っていたカイメンが取れてしまったのです(~ω~;))) 慌てて戻そうとしたのですが、被ってくれませんでした… と、ゆーことで罪悪感はありますがカイカムリの貴重な全身写真です(苦笑)


 コワタクズガニ 色々なバージョンの個体がいますがコケを身にまとったバージョンです 動かなければまず気付きませんね… 擬態のスペシャリストです

20_0119hiro.jpg 24_0119kuroheri.jpg
 ピンクの小さな花びらのようなヒロウミウシとこれからが旬で大発生するクロヘリアメフラシ

21_0119otohime.jpg 22_0119koro.jpg
 小牛の亀裂ではオトヒメエビとコロダイの若魚 その他、ノコギリヨウジやコクテンベンケイハゼなどが住んでいます

23_0119moebi.jpg 25_0119muchik.jpg
 小さなグビジンイソギンチャクにこれまた小さなイソギンチャクモエビがワラワラ付いていました 小さなエビといえばこのムチカラマツエビ ムチカラマツに手をかざすとコチラ側に回り込んで来るので見つかります

26_0119benikinu2.jpg 27_0119ayame2.jpg 28_0119akane.jpg
 バニーのヤギではウミウサギが3種類 ベニキヌヅツミ、アヤメケボリ、そしてアカネケボリです(^O^)

29_0119koke.jpg 31_0119murasaki.jpg
 ギンポ岩のコケギンポの仲間とアカウニを宿主にしていたムラサキゴカクガニ 探してみるとけっこうな確率で見つかりますよ(o^^o)

30_0119hanayaka.jpg
 こちらも擬態の名手、ハナヤカケボリ 一度、見つけて目が慣れないとなかなか見つかりません…(^^;

32_0119okenia_sp5.jpg
 そろそろエグジットという時に転石裏のウミウシをチェック✔していると見慣れないミノウミウシがいました 時間もなかったので取りあえず証拠写真を撮りショップに戻って調べて見ると、なんと二次鰓を発見 ミノウミウシではありませんでした 結局、イバラウミウシ属の一種5ということが判明 初モノウミウシです な~んだこんなことならもっと粘って撮れば良かったと後悔しちゃいました(><)

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大牛洞窟前でウミウシ・ダイブ 最後はとんでもない大物がっ!? 1/18雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:7℃ 水温:14.4℃
透視度:15m 潮流:なし ウネリ:なし(潜水エリア外はウネリ弱)
コース:牛着岩(大牛洞窟前)

0_0118kaikyo.jpg
 先週の三連休は遅い正月休みを取って家族で出かけていました と、いうことで久し振り?のダイビングです 全エリアOPENでしたが、ウネリが入っていました ウミウシ・リクエストで大牛洞窟前を潜りました

1_0118himeg.jpg 4_0118tenkuro1.jpg
 三角岩ではヒメギンポの婚姻色 写真は♂です スマイル君ことテンクロスジギンポも見られました

2_0118bisha1.jpg 3_0118sagaryu1.jpg
 ムチカラマツに小さな×ビシャモンエビ 久し振りに見ました\(^^)/ 大きなサガミリュウグウウミウシもいましたよ

5_0118glass1.jpg 8_0118moebi.jpg
 ガラスハゼのペアです どちらも小振りでした ウメボシイソギンチャクっぽいイソギンチャクにイソギンチャクモエビが付いています

6_0118shirotae1.jpg
 大きくてキレイなシロタエイロウミウシ 背中のハートマークと縁のフリルがお洒落ですね~(^-^)

7_0118osero1.jpg 10_0118osero2.jpg
 オセロウミウシが増えましたね~ アチコチで見かけます

9_0118iro1.jpg
 おそらく以前、見たのと同じ個体のイロカエルアンコウ 情報通りの場所にいました~(^O^)

11_0118cara1.jpg 12_0118sumizome.jpg
 キャラメルウミウシも増えましたね~ ただサイズがまだ小さめです… ヒドロ虫にはコチラも小さなスミゾメミノウミウシ

12a_01198shiro1.jpg 13_0118aou2.jpg 14a_0118sarasa1.jpg
 普通種3点盛り 順にシロ、アオ、サラサウミウシ お馴染みのメンバーですがコイツ等が増えてくると他のウミウシの多く見かけるようになります つまりバロメーター・ウミウシですね

13a_0118olt.jpg 17_0118muchik.jpg
 サビカラマツを宿主にしたオルトマンワラエビとムチカラマツを宿主にしたムチカラマツエビ 何を食べているんでしょうね? 生態が気になります(メ・ん・)?ー

13b_0118ryumon.jpg 14_0118iga.jpg
 ボクは見ていないんですが、リュウモンイロウミウシとたくさんいるイガグリウミウシ 左サイドにイガグリ・コロニーがあります

15_0118iboyagi.jpg 16_0118shirotae2.jpg
 わかりづらいですがキサンゴの間にイボヤギミノウミウシがいました コチラは前からいるシロタエイロウミウシ

18_0118ninjin.jpg
 でっかいニンジンヒカリウミウシがいました 発光しているシーンはまだ見たことがありません 興味ありますね~ 二次鰓もでっかいです!

19_0118sori1.jpg 21_0118murakinu.jpg
 右サイドで見られるウミウサギ、ソリキヌヅツミとムラクモキヌヅツミ ソリキヌヅツミはフォルムが、ムラクモキヌヅツミは模様がお気に入りです

20_0119beni1.jpg
 ジュズエダカリナとカイメンの間に隠れていたベニカエルアンコウ いっつもここで見るような気が… 撮れないし…( ;∀;)

22_0118kaname1.jpg
 大好物のカナメイロウミウシ 雲見では時々、見られるウミウシですが以前、海洋公園で深場を潜った時にそこらじゅうにいてビックリしました(;゚Д゚)!

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:7℃ 水温:14.2℃
透視度:15m 潮流:なし ウネリ:なし(潜水エリア外はウネリ弱)
コース:牛着岩(大牛洞窟前)

23_0118bisha2.jpg 24_0118glass2.jpg
 2ダイブ目も性懲りもなく同じポイントを潜りました( ´艸`) まずは1ダイブ目でも見たビシャモンエビのちびっことガラスハゼ

25_0118beni2.jpg
 ベニカエルアンコウはなんと場所を移動していました! こっちのほうが撮りやすかったです(^O^)

26_0118cole1.jpg 27_0118coleman2.jpg
 今シーズン、割と多く見られるコールマンウミウシ 本日も2個体、見られました

28_0118aou1.jpg 29_0118fuji1.jpg
 左サイドではバロメーター・ウミウシのアオウミウシとキレイなフジイロウミウシがいました

30_0118senhime.jpg
 過去にも1月に見たことがありましたが夏のイメージが強いセンヒメウミウシ この時期でもいるもんなんですね~(@_@;)

31_0118krakatoa.jpg 32_0118kaname2.jpg
 ヒュプセロドーリス・クラカトアと1ダイブ目でも見たカナメイロウミウシ どちらも美人さんですね~(´∀`*)ポッ

33_0118cara2.jpg 34_0118kotohime1.jpg
 前からいるキャラメルウミウシ いつの間にが2個体になっていました 特定のカイメンをチェック✔すると高確率でコトヒメウミウシが見られます

35_0118komi.jpg 37_0118ao_sp5.jpg
 いっぱいいるけど小さくて撮るのがタイヘンなコミドリリュウグウウミウシ アオウミウシ属の一種5は久し振りに見ました 以前は勘違いしてモンコウミウシだと思い込んでいました(苦笑)

36_0118isokasa.jpg 38_0118niji.jpg
 イソカサゴの眼がストロボの光に反射してキレイですね ニジギンポはこちらを見ているようです(^O^)

40_0118setoiro.jpg
 大好物のセトイロウミウシ 普通種なのですがボク自身はなかなか見つけられません…(^_^;) なのでいつもブリーフィングの時に「もしセトイロウミウシがいたら教えて下さいね~」と言っています

39_0118iro2.jpg 41_0118setoryu2.jpg
 1ダイブ目でも見た三角岩のイロカエルアンコウと前から左サイドにいる大きなサガミリュウグウウミウシ ここで時間になったので沖出ししてシグナルフロートをうって浮上しました ウネリが強かったのでなるべく島から離れて浮上

42_0118nanuka1.jpg 43_nanuka2.jpg
 港の手前で船長さんが何やら水面でぷかぷか浮いているモノを発見! 近づいて見るとお腹がパンパンに膨れて浮いていたナヌカザメでした

44_0118nanuka3.jpg
 大きさがわかるように持ってもらいました 全長1m弱といったところでしょうか かろうじてまだ生きていましたが虫の息でした… 一体、カレの身に何が起きたんでしょう? ナヌカザメは過去に冬場、田子の白崎で見たことがあります

46_0118fuji.jpg
 帰り際、富士山があんまりにもキレイだったので写真をパチリ/^o^\フッジッサーン 手前の島は田子島です 冬の海もいいもんですよ~♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

遅いお正月休み 鴨川シーワールドに行ってきました(^O^)

 1/12からの3連休を利用して遅い?お正月休みを取り、一家で母のトコロへお邪魔しました 13日は関東地方が大雪に見舞われました 鴨川の海っペリだというのに庭に雪が積もりました 翌朝、みんなでキャーキャー騒ぎながら小さな雪だるまを作りました 普段、雪に接する機会がないので一同、大コーフン(((o(*゚▽゚*)o))) 

7_0115amatsu1.jpg
 ちょっといびつな出来ではありますが…(笑) 新成人の皆さんにはホント大変な大雪になりましたね でもこれもきっと忘れられない青春の思い出になることでしょう

1_0115kamosea1.jpg 2_0115kamosea2.jpg
 連休明けの15日に鴨川シーワールドに行ってきました 鴨川に住んでいる新成人の成人式はここ、鴨シーで行われます 浦安のディズニーランドといい千葉県民、羨ましいっすね… うちの子ども達、ど~やら水族館がお気に入りのようで最初の淡水コーナーからいきなりカブリつきでした(^_^;)

3_0115kamosea3.jpg
 アシカのショーを見たあとはイルカのショーを観覧 記念撮影もしちゃいました 全員、怖がらずにイルカにタッチしました(^O^)

4_0115kamosea4.jpg 6_0115kamosea6.jpg
 楽しみにしていたシャチのショー でっかくて迫力満点! 前列に座っている人は波しぶきを浴びてビショビショ… ベンチに注意が書かれているのでチェック✔しましょう ショーの待ち時間にお土産コーナーで時間調整 双子に何か欲しいものある?と聞くと、選んだのはステッキの先にシャチが付いていてホイールがコロがると音が鳴るオモチャ ど~せすぐ飽きるからシャチのリュックやクッションにすればと言っても聞く耳を持ちません あ~、またガラクタが増えたぁ…(;▽;) 閑散とした連休明けの鴨シーにシャチのガラガラが鳴り響きます 音がうるさいので行き交う家族連れがみんな振り返り、恥ずかしいったらありません(^_^;) 大水槽の魚の餌付けショーを見終えて再び、お土産コーナーへ するとウチの双子が買ったうるさくてとても売れそうな気がしないシャチのオモチャを持った子どもが5人も! ど~やら販売促進になったようです(爆)

5_0115kamosea5.jpg
 トロピカルゾーンは癒されました 南方系の魚は名前がわからない魚が多く、勉強になりました

8_0115amatsu2.jpg
 いよいよ帰る日の朝、庭の雪だるまを見てみると木陰に置いたのでなんとか原型をとどめていました

9_0115amatsu3.jpg 10_0115sunset.jpg
 鴨川有料道路を使って君津から館山道に入ろうと思ったのですが積雪で通行止め 通行止めで車も通らないので車を停めて路肩で雪合戦をして遊びました あちこち寄り道をしながら西伊豆に帰っくるとキレイな夕陽が見えました 土肥の路肩で車を停めて夕陽が海に沈むのを見ました

11_0115kamosea.jpg
 今回、ボクが鴨シー買ったお土産はガチャガチャのパンダツノウミウシ どうです、完成度が高くないですか? その他、アカテンイロウミウシとアオウミウシをGET もっと買っとけば良かったなぁ~~ 海に出る前のカメラリハーサルにどうぞ
( ^ω^)_凵

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| おでかけ | 11:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

笑いアリ!楽しんで応急手当の訓練をしました(^O^) 1/11EFRコース

 もう十ン年来のお付き合いのダイバーの方々です 毎年、夏場だけ潜りに来て下さいます どうゆー風の吹き回しか?今夏はPADIレスキューダイバーコースコースを受講したいとのことで普段は潜らない冬場にEFRコースを修了しました 3日間、連続で休むってなかなかたいへんですよね 今回のように冬場に講習したり、今週1日でEFRを修了し次週2日間でレスキューを修了するといったように分けることもできます

1_0111efr.jpg
 お仕事柄、毎年AEDの講習を受講されているだけあってスキルはお見事でした! 話が盛り上がりすぎてちょいいちょい脱線してしまいました(←シャレになりませんね…笑)

 次回、PADIレスキューダイバーコースでお待ちしていますm(_ _)m

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 20:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平日のんびりじっくりフォトダイブリクエスト 1/8雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:11℃ 水温:14.2℃
透視度:12m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:牛着岩(大牛洞窟)

1_0108kaikyo.jpg
 年が明けて三ヶ日は大西CLOSE 冬型の気圧配置が緩み、今日で5日連続OPENになりました 十ン年来のお付き合いのダイバーと久し振りにご一緒させて頂きました フィッシュアイとマクロの2台持ちでじ~っくりフォトダイブを満喫しました~ヽ(^0^)ノ

2_0108tenkuro.jpg 3_0108osero.jpg 6_0108koto.jpg
 ファーストコンタクトは三角岩のテンクロスジギンポ ここではオセロウミウシやコトヒメウミウシも見られました~(^O^)

4_0108aou.jpg 5_0108shirou.jpg
 ド定番のアオウミウシとシロウミウシ 個体数が多いですがウミウシ密度のバロメーターになっている大切な存在ですね

7_0108kuma.jpg
 人気のクマドリカエルアンコウは今日も定位置で見られました!

8_0108himeg.jpg 9_0108otohime.jpg
 洞窟内ではまだ婚姻色になっていないヒメギンポとペアでいたオトヒメエビ

10_0108matsu.jpg 11_0108sakurat.jpg
 お目当てのマツカサウオの幼魚 たまたまサクラテンジクダイとコラボ写真が撮れました ラッキー(*^^*)

12_0108iga.jpg 13_0108sarasa.jpg
 定番のイガグリウミウシとサラサウミウシ いっぱいいるのでお好みのコを選んで心ゆくまで撮影して下さい!

14_0108shirotae.jpg 15_0108muchik1.jpg 16_0108iga2.jpg
 小さなシロタエイロウミウシと二本ムチカラマツのムチカラマツエビ ペアで見られます イガグリウミウシはここでも見られました

17_0108sagaryu.jpg 18_0108komi.jpg
 大きなサガミリュウグウウミウシがコケムシをムシャムシャたべていました その傍らでは小さなコミドリリュウグウウミウシが同じくコケムシを摂食中 同じリュウグウウミウシ系でもこんなにも大きさが違います(^^;

19_0108sori.jpg 20_0108murakinu.jpg
 バニーファンには堪らないソリキヌヅツミとムラクモキヌヅツミ ソリキヌヅツミがこんなに浅い水深で見られる雲見ってスゴイかも!?

21_0108beni.jpg 22_0108cara.jpg
 ちょいちょい見られているベニカエルアンコウとまだ小ぶりなキャラメルウミウシ ウミウシ密度、確実に上がっていますね~(^O^)

23_0108senten.jpg 24_0108krakatoa.jpg
 センテンイロウミウシとヒュプセロドーリス・クラカトア キレイ系のウミウシが増えてきましたね~(*゚▽゚*)

25_0108usuiro.jpg 26_0108murasaki.jpg
 レギュラーメンバーのウスイロウミウシとアカウニの裏にいたムラサキゴカクガニ マクロ系が充実の1本目でした~\(^^)/

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:11℃ 水温:13.9℃
透視度:12m 潮流:なし ウネリ:微
コース:牛着岩(小牛横~小牛前~湾内ブイ)

27_0108hiro.jpg 29_0108shirohana.jpg
 2ダイブ目は小牛の横からエントリーしてじ~っくり泳がずフォトダイブ 亀裂のエッジではヒロウミウシ すぐ上の岩肌ではシロハナガサウミウシが見られました

28_0108moebi.jpg 28_0108muchik2.jpg
 グビジンイソギンチャクにいるイソギンチャクモエビ ちっこいのがワラワラ集まっています すぐそばのムチカラマツにはムチカラマツエビがペアで見られました~(^-^)

30_0108akane.jpg 31_0108ayame1.jpg
 お馴染みバニーのヤギではアカネケボリが2個体、アヤメケボリはいっぱい付いています

32_0108ayame2.jpg 33_0108haokoze.jpg
 おんなじヤギでハオコゼとアヤメケボリ 止まり木のようにいろいろな生物が集まってきます

34_0108namakom.jpg 35_0108nisehaku.jpg
 トラフナマコを宿主にしたナマコマルガザミと藻の中にいたニセハクセンミノウミウシ

36_0108sarasa2.jpg 37_0108ayame3.jpg
 小牛前の段々ではサラサウミウシとまたまたアヤメケボリ アヤメケボリはポリプのようなトゲトゲが出ていてキレイですね

38_0108hanayaka1.jpg 39_0108hanayaka2.jpg
 NEWフェイスをGETしてハナヤカケボリが2個体、見られました 一見、地味ですが実はキレイなこのバニー それにしても擬態の名手です リクエストをお待ちしていま~す(´∀`)

40_0108isobana1.jpg 42_0108isoba21na2.jpg
 お気に入りのイソバナカクレエビ相変わらず虫っぽいルックスです(笑)

41_0108koke.jpg 43_0108traf.jpg
 ラストはギンポ岩のコケギンポの仲間とトラフケボリをチェック✔して本日のフォトダイブを終えました じじっくり撮影に時間をかけて頂いたので被写体の数はやや少なめでしたが満喫できました~\(^^)/

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 20:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬型の気圧配置が緩みましたヽ(^0^)ノ 1/7雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:9℃ 水温:13.8℃
透視度:12m 潮流:ウラ潮 ウネリ:なし
コース:牛着岩(-24mアーチ~大牛洞窟前)

1_0107kaikyo.jpg
 本日、リサーチでベタ凪の雲見をコンコンっと潜ってきました~ヽ(^0^)ノ

2_0107nisehaku1.jpg 3_0107aomino.jpg
 まずはミノウミウシをGET ニセハクセンミノウミウシとアオミノウミウシ科の一種のようです なんでもカラダにラインが入っていないとニセハクセンミノウミウシだそうですが過去の画像をチェック✔したところリアルハクセンミノウミウシはまだ見ていないようです…

4_0107akahoshi.jpg 5_0107izuoko.jpg
 大きめのアカホシカクレエビと一昨日、見つかったイズオコゼ イズオコゼは珍しいは珍しいんでしょうが、今ひとつ写真映えしないので封印でしょうか…

6_0107hanamino1.jpg 7_0107hanamino2.jpg
 珍しくハナミノカサゴがいました 一番、簡単なミノカサゴと見分け方は尾びれです コチラはハナミノカサゴで間違いないようです!

8_0107tenkuro.jpg 9_0107osero.jpg
 三角岩のスマイル君ことテンクロスジギンポと大きなオセロウミウシ オセロウミウシはお饅頭みたいですね(^O^)

10_0107shiro.jpg 11_0107sarasa.jpg
 アチコチで見られたシロウミウシとサラサウミウシ サラサウミウシの背中の模様を血管に例えていましたが、本日ご一緒した方は目玉焼きの裏側に例えていました なるほど…(´ε`)ウーン…

12_0107muchik1.jpg
 二本ムチカラマツのムチカラマツエビ 今日は単体でした

13_0107iga.jpg 14_0107shirotae.jpg
 大牛洞窟寄りではイガグリウミウシとシロタエイロウミウシが見られました シロタエイロウミウシ背中のハートマークがずいぶんクッキリしてきましたね♥

15_0107matsu.jpg
 洞窟内ではお気に入りのマツカサウオ ん~、カワいいですね~(*´`)

16_0107otohime.jpg
 オトヒメエビのペアが下にいました 紅白でおめでたいカラーリングですよね~

17_0107kuma.jpg 18_0107beni.jpg
 ここの人気者、クマドリカエルアンコウ! 低水温にめげず、まだ頑張っています! すぐそばにはベニカエルアンコウも見られました~\(^^)/
 
19_0107sori.jpg 20_0107murakumo.jpg
 大好きなバニー、ソリキヌヅツミとウミカラマツにいるムラクモキヌヅツミ バニー好きには堪りませんねぇ~
 お気に入りの

21_0107kaname.jpg
 カナメイロウミウシです ヒュプセロドーリス・クラカトアにちょっと似ていますがアチラはちょっとケバいカンジ コチラの方が控えめな美しさがあります アケボノハゼとハタタテハゼみたいな

22_0107cara1.jpg 23_0107cara2.jpg
 ラストはキャラメルウミウシ2個体 ウミウシが這った後を同種の他の個体が追いかけて出会うと言われています

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:9℃ 水温:13.6℃
透視度:12m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:牛着岩(小牛裏~小牛前~湾内ブイ)

24_0107sumizome.jpg
小牛洞窟沖の小アーチ付近でウミウシ探しをしました まずはオオパンカイメンの上でドヤ顔していたスミゾメミノウミウシ

25_0107doto.jpg 26_0107moebi.jpg
 産卵中?のミレニアムマツカサウミウシとMAX反り返った瞬間がシャッターチャンスのイソギンチャクモエビ 英名、セクシーシュリンプです

27_0107nisehaku2.jpg 38_0107traf.jpg
 またまたニセハクセンミノウミウシ Theハクセンミノウミウシにいつで会えるんでしょうね? 黄色と黒の縞々、トラフケボリです テングダイやカゴカキダイなど水中生物は結構この色合い、多いですね

28_0107kaikam.jpg
 黄色いカイメンをかぶったカイカムリ かくれんぼがとっても上手ですね

29_0107hiro.jpg 30_0107muchik2.jpg
 岩肌にいたヒロウミウシ ちっこいです ムチカラマツにはこちらも小さなムチカラマツエビ ペアで見られます(^-^)

31_0107ayame.jpg 32_0107akane.jpg
 バニーのヤギではアヤメケボリがいっぱいとアカネケボリが2個体 アカネケボリは初めて見つけた時より大きくなりました\(^^)/

33_0107hanayaka1.jpg 34_0107hanayaka2.jpg
 擬態の名手、ハナヤカケボリ アップでもわかりづらいのに引くとこんなカンジで全くわからなくなります(^^;

35_0107koke1.jpg 37_0107koke2.jpg
 コケギンポの仲間が見られました(^O^) まずは全身出ているコとギンポ岩のいつものコケギンポ

36_0107isobana.jpg
 砂地に出てカスザメを探しましたがそうウマくはいきませんね… お気に入りのイソバナカクレエビです シャッタースピードを遅くして青く抜いてみました 虫っぽくてカワいい(*´`) 冷水塊に覆われて水温が低めですが、南伊豆は15℃台の潮が入ってきたそうです 早くこっちさ来~い( ´_ゝ`)∂゛

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おめでとう、PADIレスキューダイバーコース修了!! 1/5雲見のLOG

フィールドインプレッション
天候:曇り→晴れ 気温:7℃ 水温:13.4℃
透視度:12m 潮流:なし ウネリ:弱
コース:牛着岩(小牛横~小牛前~湾内ブイ)

1_0105kaikyo.jpg
 午前中は張石ビーチでレスキューコースのシナリオ練習 ダイビングサービスはまゆのスタッフ、エリナさんが事故者役で協力してくれたのでさらに楽しくタメになるコースができました 午前中 最終日に素晴らしい海況になりホント、良かったです(*^_^*)

フィールドインプレッション
天候:曇り→晴れ 気温:10℃ 水温:13.4℃
透視度:12~10m 潮流:なし ウネリ:なし
コース:牛着岩(-24mアーチ~たて穴~大牛洞窟前)

2_0105bob.jpg
 レスキュー講習で使った残タンク(150atm以上)を使ってファンダイブをしました -24mアーチブイからエントリーしてまずはボブサンウミウシから 浮島のカマガ根では遭遇率が高いこのウミウシ、雲見ではグンカン、大牛洞窟前、そしてこことまだ3個体しか見ていません(^_^;) それにしても不思議な色合いですね~

3_0105hiro.jpg 4_0105hebig.jpg
 大きめサイズのヒロウミウシと昨年末、年賀状の素材に探すも撮れなかったヘビギンポ なんてことない普通種なんですが探すと意外と見つからなかったりします

5_0105namakom.jpg 6_0105shiro.jpg
 アカオニナマコを宿主にしていた立派な体躯のナマコマルガザミ トラフナマコにいるのと同種なんでしょうかね? シロウミウシはアチコチで見られます

7_0105kuma.jpg
 ここのアイドル、クマドリカエルアンコウ この低水温の中、今日も定位置にいました このまま越冬しないもんですかね?

8_0105matsu.jpg 9_0105beni.jpg
 洞窟内のマツカサウオとこのところジュズエダカリナの近くで見られているベニカエルアンコウ

10_0105murakinu.jpg
 ウミカラマツではキレイなウミウサギ、ムラクモキヌヅツミをチェック✔しました クダゴンベっぽいルックスですね

フィールドインプレッション
天候:晴れ 気温:7℃ 水温:13.3℃
透視度:12~10m 潮流:なし ウネリ:微
コース:牛着岩(たて穴~小牛まわり~湾内ブイ)

11_0105ushi.jpg
 お昼休みを取ってから2ダイブ目はたて穴からエントリーしました なぜなら、なんとイズオコゼの目撃情報があったからです 牛着岩と富士山のコラボ 絵になりますね~

12_0105izuoko.jpg
 情報通り、イズオコゼがいました~ヽ(^0^)ノ 発見者はししマリンの坂倉さんです 情報、どうもでした!

13_0105minamig.jpg
 久し振りにミナミギンポに遭遇 とってもシャイですぐに穴の中に引っ込んでしまいました ブルーのラインがキレイですね~

14_0105murakoda.jpg 15_0105akahoshi.jpg
 外套膜が美しいムラクモコダマウサギとクリーナーシュリンプのアカホシカクレエビ 小牛まわりはじ~っくり生物を探すと面白いですよ~

16_0105ayame.jpg 17_0105moebi.jpg
 すぐ近くでアヤメケボリとグビジンイソギンチャクを宿主にしているイソギンチャクモエビがいました イソギンチャクモエビは大小、ごちゃごちゃっと集まっていました

18_0105matsu2.jpg 19_0105muchik.jpg
 亀裂で見られたマツカサウオの幼魚と小さなムチカラマツエビ ネッタイミノカサゴの幼魚はどうやらいなくなってしまったようですね(ToT)

20_0105akane.jpg 21_0105hanayaka.jpg
 バニーのヤギではピンドットがお洒落なアカネケボリ 小牛の前では擬態の名手、ハナヤカケボリも見られました いると分かっていないとなかなか見つかりません(^_^;)

22_0105isobana.jpg
 ラストはお気に入りのイソバナカクレエビ でもなかなかウマく撮れません…

23_0105red.jpg
 安全停止中に記念撮影 EFRコースも含め3日間の行程でしたが、なんとファンダイブを4本もしちゃいましたね~(*^◯^*)

24_0105fuji.jpg
 水面でボート待ちの間に富士山をパチリ いや~、キレイな富士山でした~

25_105sunset.jpg 27_105sunset2.jpg
 帰り道、空を見ると茜色に染まっていました 松崎の新港から見た海に沈む夕陽です タイミングよく夕陽と貨物船がかぶっています そして日没後の茜色の空を背景にした釣り人のシルエット 海越しの富士山や海に沈む夕陽が見られる西伊豆ってサイコー(*≧∀≦*)

26_0105red.jpg
 レスキューダイバーコース修了、おめでとうございます! これからはさらに安全で楽しいダイビングをしましょうね~o(^o^)o

最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします


それでは、また!

| ダイビングログ | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レスキューダイバーコースでダイビングプールに行ってきました~ 1/4の日記

1_0104pool.jpg
 年が明けてようやく冬型の気圧配置が緩み、西風がおさまりました 本日、PADIレスキューダイバーコースの1日目で河津町の薬師の湯の温泉プールに行ってきました 到着してみると写真ではわかりませんが水面からほんのり湯気が出ていました 水温は28~27℃ ここのダイビングプールは真冬にホント、ありがたい存在ですねo(^▽^)o

2_0104red.jpg 3_0104red.jpg
 後からもうひと組(3人)来ましたが午前中は貸し切りでしたヽ(^0^)ノ コースは順調に進み、行方不明ダイバーの捜索のシナリオ以外を全部、終わらせました(^o^)ノ イエー!

4_0104sunset.jpg
 工事中の浜橋から撮影した本日の夕陽 この時期の夕陽はホントきれいですね~(´∀`*)ポッ ショップに戻ってから知識の復讐とファイナルエグザムをやりました 事前学習がバッチリでまさにNO残業DAYでしたね(爆) どうもおつかれさまでした~

| ダイビングログ | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT