伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

10/27 雲見のLOG

秋晴れ、ベタ凪、水温まずまず、潮色絶好調の雲見でした。水温は22℃、透明度20m、透視度15mといったところでした。出モノもよかったですね~。ウミウシの個体数も増えてきましたよ~!今日は牛着岩の水路前からENT.して南方系のベラの幼魚を軽く観察して三角穴手前のトウモンウミコチョウが出た岩を探しました。残念ながらやはりトウモンウミコチョウは見られませんでしたが同じ岩の上でサガミイロウミウシが見られました。その後、H型のアーチはくぐらずに左に進路をとってウミウシサンクチュアリへ。リュウグウウミウシ系を探そうと思ったのですが、大牛をぐるりと一周回って湾内のブイで上がるコース取りだったのでじっくり探す時間がなく断念。大牛洞窟前へ。ここはもう鉄板コースですよね。ウミウシ、エビカニ、ベニカエルアンコウなど出モノはザクザクでした~!今週末もこのエリアを核にしてコースを選ぶ予定です。
なぜ、今日はこんなに泳いだかというとかねてからTUSAで開発していたフィンがTOA(TUSAオフィシャルアドバイザー)向けに先行で送られてきました。サンプル段階でプールテストやフィールドテストで試着はしていましたが、完成品を手にするのは感無量でした。コンセプトが泳ぎ続けていてもアオリでなくピッチでフィンキックがし続けられる、陸上競技でいうと中長距離800m、1500m以上、長距離トラック&マラソン選手向けのフィンです。実際の使用感は、、、 ボクにはまさにピッタリでした。60分泳ぎ続けましたが、もっともっとどこまでも泳げそうなそんな印象でした。色々なメーカーの様々なフィンを所有していますがやっと出会えた1本です!例年ならこの時期にはとっくにドライスーツに衣替えしているんですが、この愛機と少しでも長く一緒に過ごしたいのでもうしばらくウェットスーツで潜ろうかと思います。
10/27雲見
本日の1枚は左上から時計回りでマダライロウミウシ、トラフケボリビ、イチゴミルクウミウシ、テンロクケボリです。
透明度いいんだからワイドやれっていう意見が聞こえてきそうですね。(爆)

それでは、また!
スポンサーサイト

| ダイビングログ | 20:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

銭洲遠征、断念、、、

日曜日の銭洲遠征の中止を本日、決定しました。今シーズンは巡り合わせが悪く3回とも海況不良により中止になりました。例年以上にトレーニングや諸々の準備に余念がなかったので残念で仕方ありません、、、 必ずしも努力や準備が報われるとは限りませんし、むしろ報われない方のことが多いのはわかっているつもりでしたが。でもここで無理をして現地まで行って潜れませんでしたはあまりにも残酷ですからね。7年前に銭洲まで行って潜れなかったことが一度ありました。あの頃は若かったというか怖いもの知らずというか経験則もなかったので行けばなんとかなると思い込んでいました。実際に荒れ狂う銭洲の海と対峙した時に本当にビビリました。板子一枚下は地獄と言いますが荒れた銭洲はまさにそんな感じです。航行中もあのデカいアルミ船が跳ねて寝ている床から天井まで跳ね飛ばされます。天井に激突しないように手を伸ばしてガードしたり、手すりにつかまったり、、、

5/16/04銭洲

釣り人は行けるんです。でも、ダイバーにとって何が一番重要かというと全員無事に線上にエキジットできるかどうかということです。荒れていてもエントリー&ダイビングはできます。でもJG船で水面から見てあの高い乾舷からそびえ立つラダーを果たして無事に登り切れるのか。ここが判断基準になります。銭洲は逃げません。今シーズンはたまたま行くことができませんでしたが来シーズンは銭洲の最高のシーズナリティーにガチッと潜れるように今からフィジカル面、機材の面で準備をして行きます。2003年から遠征をスタートして船が火災にあった2009年以来、2度目のNO銭洲になってしまいました。でも諦めるのも勇気を大切に来シーズンの遠征に思いをはせてたいと思います。

最後に、、、
だから銭洲は面白いんですよね。だから遠征は止められません。「なんでそんなつらい思いまでして行くの?」って聞かれることがあります。「銭洲って面白いんですよ~っ」て答えていますが、本当はそこにダイバーの挑戦を待っている手強い海があるからなんですよね。

| ダイビング・イベント | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10/20 雲見のLOG

週末の大西で下がった水温もここ数日の大北東(おおならい)でだいぶ持ち直しましたね~。ちなみに本日の水温は21.5℃、透視度は12~10mといったところでした。例年ならとっくにドライスーツに衣替えしているのですが、今週末に控えた銭洲遠征のためにロクハンを貫いています。何故かというと一度、ドライを着てしまうとロクハンにした時に水の冷たさを感じて心が折れてしまうからです(笑) さて、肝心の本日のフィールドインプレッションですがそちらはメインページのLOGに詳しく記載していますので興味がある方はそちらをチェックして下さい。出モノが満載ですよ~!!
10/20雲見1

このネタは実は2回目なんですがツイッターでUPしたもののしょせんボクのフォロワーなんて2ケタしかいませんから、しつこくブログの方でもUPしてみました(爆) ボク的には快心作なんですが、いかんせん反応が鈍くて。ご意見、ご感想をお待ちしています。ちなみに背景は雲見の牛着岩と真ん中にぼんやり写っているのは海越しの富士山です。
10/20雲見2

ふざけてばかりでもいけないので今日の茜色に染まった西伊豆Dの夕日もツイッターにUPしました。今の時期の夕焼け空が一年を通じて一番キレイですね~!!
10/20雲見3

明日は金曜日。夜はトモダチのまのっちが主催しているスイミング教室のコーチのお手伝いです。松崎のB&G(屋内プール)が改装工事中につき山奥の屋外温水プールでやるんですが、ハンパなく寒いんで娘は休ませてボクだけ行ってきます。マジで罰ゲーム的な寒さです。

風邪、引かないようにに気を付けます。

それでは、また!

| ダイビングログ | 22:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

銭洲遠征、直前...一抹の不安。。。

今週末、いよいよ銭洲遠征に行きます(今日現在、あくまでも予定)。今シーズンは海況不良で2度、中止になっていて今度がまさに2011年のラストチャンスです。今日も大ナライが吹いて東伊豆は大荒れ。銭洲は風の陰がないので大西でも大ナライでもOUTなんですよね~。天候、海況もさることながら2011年の銭洲のログをネットでチェックしていますが、ざっと見た感じかなりかなり厳しいようですね。(ハァ~っ) パッとしたログや心が躍るような画像が一個もUPされていませんね~、、、 去年はサメやバラクーダが大爆発していたんですがねぇ~、、、 ボク自身、銭洲の潜水本数はおそらく日本一だと思いますので経験の全てを出し切って状況が悪いながらもいいガイドができたらなァ~と気合だけは入ってます。1月からいつか来るその日のためだけにスタミナ強化で月間200キロとか走っていますからね~。週末のお天気はイマイチみたいです。せめて、海が穏やかになってくれればなァ~。

| ダイビング・イベント | 00:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

七五三の写真撮影(秘話)

先月の話ですが、台風12号が静岡県に上陸というさなか、なぜか下の双子の娘の七五三の写真を撮影をしに函南の某フォトスタジオに行ってきました。台風接近の影響で長女の通学している小学校が休校になったのでついでに下の双子は保育園も休ませました。9月中に撮影をすると料金がお得だということで悪天候の中、ちょっとしたドライブです。行きは雨、風ともたいしたことなく順調に目的地に到着。こんな悪天候の中でも3組の撮影が入っているとのことでした。娘たちは衣装選びで大興奮!小さくても女の子なんですね~、、、 お互い同士で可愛いね~と褒めあっています。(ボクにはまったく理解不能) 和装、洋装で何パターンかポーズをとって撮影終了。と、思いきや長女が一人で撮影してもらいたいとダダをコネ始めました。だってもう七五三、終わってるし今日の主役は妹ぢゃん!
その時に撮影した写真をスライドショーにしてみました。後半は七五三とは関係ない、自分大好きな長女のナルシスト写真。最後の1枚は長女の七五三を神社でやったと時にたまたま居合わせたロシアの方が描いてくれた絵です。ご丁寧に送ってきてくれたので画像データにしました。



10/17七五三

2時間ちょっとの撮影が終わりスタジオを出るとあたりはなんと暴風雨!まさに台風の真っただ中にいました。あわてて車に乗り込みました。走行中の車が風でユサユサと揺れます。トタン屋根が風で剥がされて道路に転がってきて2台前の車にガシャーンッ!!色々なモノが風で飛ばされてきます。頼む、ウチの車にはぶつからないで~、祈るような気持ちでふと、道路の左右を見ると国道と並行している鉄道の線をが水没。民家も1階部分は床上浸水。中古車展示場の車は屋根まで水没。もう、生きた心地がしませんでした。修善寺まで戻ったところで帰宅を断念。小高い場所にある温泉施設に逃げ込みました。駐車場入口のグレーチングからは水がドバドバ溢れ出しています。なるべく上の方上の方を目指して車を止め温泉施設に入館しました。そこで夜中まで過ごし、台風が去ってから家路に向かったのでした。

いや~、こわかった、、、

それでは、また!

| イベント | 12:52 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10/15 田子のLOG

未明から窓ガラスがバリバリと音を立てる暴風雨。ヤバイっ!目が覚めます、、、 朝になっても風が止まず当然、雲見はCLOSE(涙) でも西伊豆には田子湾内というスーパーポイントがあります。地形、大物、透明度といったリクエストだと厳しいのですが、「伊豆半島では」マクロ系を得意とするボクとしましてはマクロ派の方には雲見と比べても遜色ないくらいの楽しいダイブができるのではないでしょうか。豪雨に見舞われた割には潮色は思ったより良く、お客様のロストの不安もなくじっくりのんびり潜れました。本当は弁天島でエビカニも交ぜたかったのですが午前中はいかんせん大風が吹いていましたので、、、

10/15田子

2ダイブ目は白崎2番ブイからエントリーしてセトリュウグウウミウシ狙いです。狙いはバッチリ、3個体GETできました。本当にキレイなウミウシですよね~。ご一緒したウミウシ好きのお客様に「生まれ変わったらセトリュウグウウミウシと結婚したい」と冗談で言っていますが、あながち冗談でもないかな~っと思うくらいの美しさです。雲見でも今季、見ていますがかなり頑張って探して出会ったレアケースです。田子では普通に見られるんですよね~。本当にスゴイっ!!

写真は左上から時計回りでセトリュウグウウミウシ、アカホシカクレエビ、ニシキウミウシ、イソギンチャクモエビ

それでは、また!

| ダイビングログ | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10/12 雲見のLOG

お天気、凪に恵まれさらにさらに潮色も回復しベストシーズンの雲見になりました!本日、透明度20m、透視度12m、水温23℃でした。透明度が良くなっても結局はマクロ系ガッツリ60分×2本、潜ってきました。

1ダイブ目は大牛洞窟前から-16mアーチ付近までのボクの十八番のコースです。ウミウシ、エビカ中心でしたが、以前からいるキリンミノの幼魚と新たにネッタイミノカサゴの幼魚が加わりました。

2ダイブ目は島裏からエントリーして小牛回りです。貝類をターゲット潜りましたが、さすがにソフトコーラルが多い雲見、たくさんの種類が見られました~!小牛の亀裂ではなんとヌノサラシの幼魚をGET。こいつは人生2度目の出会いです。最初に出会ったときは絶海の巨岩、イナンバに2006年8月20日の回で行った時に出会った以来です。その時は口からエビの触覚のようなものが出ていたのでてっきりエビを食べたのかと思っていたら、実はヌノサラシの味蕾だったんですね~。なんか、なつかし~な~!!来週、銭洲に行きますが、メンツが揃えば是非またイナンバにも行きたいんだよな~、、、

10/12雲見110/12雲見2

①は左上から時計回りでヌノサラシ、ハナヤカケボリ(素敵!)、オビテンスモドキ、ホソテンロクケボリ
②は左上から時計回りでカエルアンコウ(本種)、アカホシカクレエビ、トサカガザミ、コミドリリュウグウウミウシ

今年になってから可能な日はロードワークをしているのですが、始めたばかりのころは10kmを1時間切ることができなかったのですが(70分くらい)今では50分を切ることができるようになりました。最近では来週の銭洲に向けてラスト3kmからペースアップして心肺機能に負荷をかけるようにしています。足かけ8年、ゆうに100本以上は銭洲を潜っています。海自体はそんなにキツくないんですが、シェルパとして最高のパフォーマンスを発揮できるよう準備だけは整えておかないと、ですよね。

それでは、また!

| ダイビングログ | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10/7 雲見のLOG

今日は27年来の友人のダイブ海冒主のまのっちからお誘いされて雲見を一緒に潜ってきました。西伊豆のガイド仲間の中でも一番気心がしれているので一緒に潜っていてもホント、楽しいです。海況の方はかなり厳しくて冬を思わせるような西風ビンビン(午後にはおさまりましたが)の中、潮流はチョッパヤっ! レジャーダイビングには不適切なコンディションの中、スプリットフィン(先割れフィン)で潜ってきました。最初は違和感があってなかなか好きになれなかったスプリットフィンですが、今ではすっかり慣れて元もとのジブンの足のような感覚になりました。多方面から激流やハンマーダッシュが必要な海には不向きという話を多方面から聞きましたがそれは多分都市伝説でしょう。、銭洲やイナンバのチョッパヤの激流の中でもスプリットフィンで潜ってなんら困ったことはないので個人差というか好みの問題かと勝手に想像しています。
10/7雲見 

今日はコンディションが悪かったのでターゲットを絞って潜りました。オビテンスモドキ、、、結局、上手く撮れませんでした(涙)


それでは、また!

| ダイビングログ | 00:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10/6 雲見のLOG

本日の雲見のLOGです。IOPの懇意にしているショップからの依頼で雲見をご案内してきました。IOPがCLOSEで西伊豆に逃げてきた為、雲見に到着したのは11:00過ぎ。そこからガッツリ3ダイブしてきました。ウチで潜るからには当然、30分とか35分のしゃぶしゃぶ系ダイブは致しません。もちろん、じっくりコトコト煮込み系ダイブですよ~!アドバンスとベテランファンダイブの方がご一緒だったのですが、どちらも楽しめるように工夫はしました。まず1ダイブ目はいわゆる雲見的な洞窟三昧なベタなコース取りです。湾内ブイからエントリーして水路~H型のアーチ~-24mアーチ~たて穴の脇の穴~迷路みたいな洞窟~三角穴~湾内のブイ、、、 地形リクエストが無ければまずこんな潜り方はしませんのでご希望の方は事前にリクエストをお願いします。スタンダートと呼んでいるショップ様もあるようですがウチ的には全くスタンダードなコース取りではないのでそうは呼びません、、、 あしからず。 あえて言うならその時、旬の生物が見られてその時期にヘビーローテーションでご案内しているコースがその時のスタンダードなんですかね? 生物やフォトダイブが好きなのであえてにコースに縛られないようにしている無手勝流とでもいいましょうか。
2ダイブ目は今、最もヘヴィローテーションで潜っている大牛洞窟からの-16mアーチ上がりです。ここのLOGはいつもご説明しているので今回は言わずもがなということで、、、
ラスト3ダイブ目は黒崎で洞窟&生物、生物、生物、生物、洞窟といったダイブでした。お昼からでも煮込み系50分×3ダイブ、NDLに十分余裕を持って潜れますよ~!
10/5雲見10/6雲見
①は昨日のLOG写真。左上から時計回りでマダライロウミウシ、ヒトデヤドリエビ、ベニカエルアンコウ、コケギンポの仲間。
②は今日のLOG写真。左上から時計回りでナミマツカサ、キンメモドキ、ミノカサゴ、ハリセンボン。

これから南方系の死滅回遊魚(季節回遊魚といったほうが優しげでトレンドなのかもしれませんが、敢えて直球で)が増えて海の中が賑やかになります。今週末の3連休は実はたいして予約が入ってなくて困っています。是非×2、遊びにいらして下さい!!

| ダイビングログ | 21:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10/3 雲見のLOG

ここ最近、めっきり涼しくなり秋めいてきました。海の中は出モノが増え、いよいよこれからといったところです。ドーリス系のウミウシはまだ小さいものが多く、もうちょい育ってくれるとなぁといった感じです。死滅回遊魚が多く見られ伊豆の在来種とミックスして生物層がバリエーションに富んでますよ~!
10/3雲見1 ②10/3雲見2 ③10/3雲見3
①は3日のLOGです。①左上から時計回りでミヤケテグリ、キリンミノ、ヤマドリ、イソギンチャクモエビ
②と③はここ最近見られている生物。②左上から時計回りでセトリュウグウウミウシ、トサカリュウグウウミウシ、イチゴミルクウミウシ、マダライロウミウシ
③左上から時計回りでクエ、オキナワベニハゼ、ホソテンロクケボリ、クロハコフグ

クマドリカエルアンコウとフリソデエビが見たいですね~。今年は登場するのでしょうか?楽しみですね!!

それでは、また!

| ダイビングログ | 11:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |