伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011年松崎港発 イナンバ島遠征ツアー参加者大募集!

イナンバTOP
 当店では2004年より藺灘波島(イナンバ-ジマ)へのアタックをスタートしました まさに絶海の巨岩という形容がピッタリの島です 伊豆諸島のダイビングエリアで、週末のみの休暇を利用して潜るにはちょっと厳しいと思われた場所ですが、松崎港から出港することにより週末のみの休暇で潜りに行くことが可能になりました 近隣の銭洲を潜りに行っているうちにどうしてもここを潜りたくなったのがイナンバ遠征をスタートしたキッカケです 「ダイバーがめったに足を踏み入れることができない、一生に一度は潜れれば、、、」という言葉は銭洲よりもむしろ、イナンバのほうがシックリきます 初めてイナンバ島を目の前にした時の強烈な印象は今でも忘れられません 海の中はもちろん、船上から島や360度広がる大海原、かすんで見える御蔵島の島影を眺めているだけで冒険心を満たされるまさにダイバー憧れの離礁といっても過言はないでしょう 今シーズンは日帰り(前夜船中泊)とイナンバ銭洲1泊2日の2パターンをご用意しました 既存のダイビングポイントでは飽き足りない方、冒険心たっぷりのダイナミックな海を潜りたいという方は是非、当店開催の遠征ツアーにご参加下さい ただし、初めてご参加される方は事前のチェックダイブ及び詳しいブリーフィングで注意事項等ご説明いたしますのでまずはご来店下さいね

イナンバについての詳しい説明は ≫ Read More をクリックしてください
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

≫ Read More

スポンサーサイト

| ダイビング・イベント | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9/11(日)稲取発 日帰りドルフィンスイム&ダイブ参加者募集!

 来る9月11日(日)、伊豆諸島の利島(としま)でドルフィンスイム&ダイビングツアーを開催します 稲取港から知り合いのボートで利島まで移動し、ボートダイビング カンパチなどの回遊魚などが登場するダイナミックな海です 運がよければニタリ(オナガザメの仲間)が見られるかもしれません もちろん、オプションのビーチダイブでねっとりとマクロ系オタク・ダイブも楽しめます ランチタイムの後はいよいよメインイベントのドルフィンスイムです 野生イルカといえば御蔵島が有名ですが(いつもイナンバまで行ってしまうのでいつも通り過ぎていますが、、、)利島にもいるんです、野生イルカっ! しかもかなりの高確率で遊んでもらえるとのこと う~ん、これは行くしかありませんねぇ~ 何と言っても近場なので週末のお休みだけでサクっと行けちゃうところが魅力ですね~ 皆様のご参加、お待ちしていま~す!

ツアーの詳しい内容はコチラをCLICK!

| ダイビング・イベント | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4/21 雲見のLOG

一昨日、昨日と西よりの風が吹きCLOSEした雲見ですが今日はベタ凪 水面は鏡面仕上げのようにツルッツルでした 波止場から海を見ると潮がキレイです 喜び勇んでエントリーするも、、、冷たいではありませんか しかも透視度も今ひとつ 恐るおそるダイブコンピューターで水温をチェックするとなんと14.4℃! 例年より3℃以上、低いじゃありませんか 一体、どうしちゃったんでしょうね どマクロ・ダイブだったのでほとんど泳がず60分 先週から衣替えしたロクハン姿に14℃台の海水温は四十過ぎのカラダには拷問に近いものがありました(涙) エキジット後、タンク交換もさておき施設2階のスーツのまま入れるお湯を張ったバスタブに直行 冷え切ったカラダを温めました そして十分にカラダを温めてからの2ダイブ目、潜降してすぐにコンディションの変化に気がつきました 潮色が良くなって水温が2℃もUP! 沖から温かくキレイな潮が押しているようです G・Wにはグッとコンディションが良くなってくれるといいですね~ 2ダイブ目も泳がず60分以上、フォトダイブをしたのですが被写体はとにかく多いですね G・Wもまだまだ空きがありますので是非みなさん、遊びにいらしてくださいね

4/21雲見
写真左上から時計回りで:サガミコネコウミウシ、エンジイロウミウシ、サガミミノウミウシ、ジュッテンイロウミウシ

明日もちっちゃいちっちゃいもの倶楽部です 無理して背伸びしないでドライスーツ持ってきます(苦笑)

それでは、また!

| ダイビングログ | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久し振りのお湿りでした

4月に入ってから晴天続き 昨晩から未明にかけて久し振りに雨降りになりました ひと雨ごとに暖かくなってきますね そして雨が上がるとお約束の西風がびゅ~びゅ~吹きました 明日は西伊豆のガイド会(西伊豆エリアのガイド衆が集まって和やかに潜る催し)が雲見で行われる予定でしたが、おそらくCLOSEになるかと思います 大潮まわりで今夜23:59と明日のお昼の12:30が干潮の潮止まりなので今夜21:00からと明日の朝9:00前からてんぐさ採りに行こうかと準備をしました 今年に入ってからまだ一回もてんぐさ、採ってないのですっかりストックがなくなってしまいました、、、

写真は今日の夕陽です 左手に突き出しているのが安城岬(あじょうざき)です
4/19夕陽

それでは、また!

| 田舎暮らし | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しわめ採り

引き続き凪になりました 今日はしわめ(正式名:アントクメ)採りに行きました 今が旬の海藻でとても美味いんです 今年は水が冷たくて素潜りも楽ではありませんが、頑張って出陣してきました
4/18しわめ1

2時間ほどの素潜りでスカリ4つ分、採れました たった2時間と思われるかもしれませんが、今日の天気予報は午前中は曇り、午後から晴れて夜は雨になるというもの 干して乾燥させる作業が大事なので早々に引き上げます
4/18しわめ2

ロープを貼り洗濯ばさみではさんでシワメを吊るし乾燥させます しわめのカーテンの出来上がりです
4/18しわめ3

半日ほど干すとこんな感じで乾きます ところが天気予報が外れこの後、雨がポツポツ降ってきました 慌ててしわめを洗濯ばさみから外してかたずけます 頭の中では子供の頃にTVで観たドリフの「8時だョ!全員集合」の舞台替えのテーマ、盆回りが鳴り響きます
4/18しわめ4

てんぐさ、ひじき、のりにも言えることなのですが海藻は手間がかかる上、仕上げ作業がお天気に左右されます 干している時に限って天気予報に反して風が吹いたり、雨が降ったりするような気がします まさに自然相手ですよね 今日は採ったしわめをご近所に配りましたが、タケノコを頂いたり野菜を頂いたりとちょっとした物々交換の場になり、大切なコミュニケーションの機会になりました

話は変わりますが、ポストに特定健診、肺がん結核検診、胃がん検診の案内と受診票が町の福祉センターから届いていました 若い頃はこんなの無かったのでコレが届くと年取ったなぁ~とつくづく感じてしまいます その中でも胃がん検診の受診票が面白かったので写真を載せます
4/18しわめ5
オ.便が黒い→食卓に旬のひじきやしわめが上がるため翌日、こーなっちゃいます ク.背中または腰に、抜けるような痛みがある→抜けるような痛みかどうかは分かりませんが、ひじき採りから軽い筋肉痛です(もう、ほとんど治りましたが) コ.体重が減った(約3ヶ月で20kg)→ご存知、走りこみとトコロテンでダイエットしました でもお医者さんが何の説明もなしにこの受診票だけ見たらボクは要チェック人物になってしまうかもしれませんね、、、

明日は雨が上がったら大西が吹く予報です ってゆーことはてんぐさ?、、、ですかね(笑)

それでは、また!

| 漁師 | 21:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4月2日 元麻布オフ会ご報告

4月に入り、バタバタしていてオフ会のご報告が遅くなりましてスミマセンでした さる4月2日、港区元麻布のダイニングバー「青いひみつきち」にてEXILES東京オフ会を開催しました 当初は池袋サンシャインで開催されるマリンダイビングフェアに絡めての企画でしたが、ご存知の通り東北地方太平洋沖地震により7月に延期 オフ会も中止もしくは延期を考えたのですが、こういう時期だからこそ皆さまの元気な姿に接したいとの思いで開催しました 当日はたくさんの方がお忙しい中、そして計画停電が実施されている最中、足を運んで下さいました ボクシング部時代の後輩でダイバーのP氏と同じく後輩でボクシング漫画「はじめの一歩」の篠田コーチのモデルで現在もJBスポーツでトレーナーをしているD氏とお店に前入りしました まずは「青いひみつきち」のオーナーシェフ、小堀氏と記念撮影 おいしいモノはカロリーたっぷりでカラダに悪い!が持論だそうでボクも同じ意見です おいしい食事は人を幸せにしてくれます 普段は海藻ばかり食べてウミイグアナのような食生活のボクですが、たまにはカロリーたっぷりのおいしいモノを食べに行きます 小堀さんの創る料理はどれもとっても美味しかったです 興味のある方は是非、リンクからお店のホームページをご覧下さいね
4/2東京オフ会1

店内はお店の名前どおり青い照明がとってもいい雰囲気のまさに「青いひみつきち」でした 大人になってグラスを傾けつつ、子供のころ作って友達と遊んだ秘密基地を思い出しノスタルジックな気分に浸れます ご参加くださいました皆さまの写真を掲載します 店内の雰囲気もなんとなく分かるのではないでしょうか
4/2東京オフ会6 4/2東京オフ会2 4/2東京オフ会3
4/2東京オフ会4 4/2東京オフ会5 4/2東京オフ会7

あっという間の2時間でしたが皆さんの元気そうな姿に接することができて本当に良かったです ボク自身、とっても元気をもらえました どうもありがとうございます! ダイビングという遊びは当然、海を潜る遊びであり伊豆半島は海に囲まれています 今回の震災の報道を見ても危険なイメージが付いてまわるのは当たり前のことですが、ダイビングをはじめ海の幸を採集するために日々、海と接して暮らしています 海が恋しくなりましたらいつでも遊びにいらして下さい その時に楽しかったと言って頂けるようにお客様がいない時でも海に入ります そして今回、ご参加くださいました皆さん本当にありがとうございました!

話はガラリと変わりますが、前述のボクシング部の後輩のD氏 彼はダイバーではないのですがそんなカレとご夫婦で参加して下さったA女史との間でこんな会話が、、、
A女史:Dさん、せっかくだからダイビング始めましょうよ アニキ(A女史はボクのことをこう呼びます)もいるんだし環境整ってるじゃないですかぁ~
D氏:はぁ・・・ オレでも出来ますかねぇ~
A女史:大丈夫ですよ~ Dさん、ボクシングやってたしスポーツマンじゃないですか~ ダイビングなんてあたしだって出来るんですからぁ
D氏:そーですよね 出来ますよね じゃあ先輩に言って教えてもらいますよ オレ、クモ膜下(クモ膜下出血の略)でアタマ開いていて脳圧とか上がっちゃうとヤバいんですけどそこまでススメられるんだったら大丈夫ってことですよね! やります、オレっ
A女史:え゛~~っ(絶句)
実はこれ、真面目なA女史をからかうために事前にP氏が仕込んでいたネタでした(D氏がアタマを開いたのはネタではありません やはりボクシングはあんまり長くならないほうがいいようですね、、、)

二次会は新橋に移動しました 駅に向かう道中、大黒屋(ブランド質店)の前を通りかかったのでロレックスのデイトナを身にまとっているボクシング部の後輩のP氏に
ボク:「Pちゃん、時計貸してくれない?」
P氏:「え、いいですけど、、、」腕時計を外す仕草
ボク:「デイトナ、大黒屋に預けて二次会はパァ~っと行こうよ!」
P氏:「え、ちょちょちょっと! 待ってください ダメっすよ~」
ボク:「じゃあTさん(=A女史の旦那さん)、奥方を質草にしてそれで飲みましょうか?」
P氏:「先輩、ダメっすよ 大黒屋はブランド品しか引き取ってくれないんですから」
どこまでも慇懃無礼なP氏でした(爆)

二次会にお付き合いくださいました皆さま、どうもありがとうございました!
その後、京浜東北線に揺られてボクとP氏は浦和駅で下車し三次会へと突入したのでした
以上、ご報告でした

それでは、また!

| ダイビング・イベント | 23:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

双子の入園式

4月6日は長女の始業式があり早いものでもう小学2年生になりました そして4月6日は下の双子が保育園に入園しました 一家でめかしこんで保育園に登園しました まずは登園前に記念撮影
4/7入園式1

今年3歳になる双子は一番下のクラスで「みかん組」さんです 双子ですが性格は別々 一人は式の間じゅうノリノリでしたがもう一人は式の途中で寝てしまいある意味、大物?振りを発揮していました(笑)
4/7入園式2 4/7入園式3

すこやかに成長してくれことを願っています

それでは!

| イベント | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひじき採り

4月5日に西伊豆町の仁科地区はひじきの口開け(解禁)になりました 4月4日の晩に埼玉の妻の実家から西伊豆に戻り、朝マラ(朝のジョギングをこう呼ぶらしい)中に西伊豆町の広報(町内放送)で知り大慌て 当日は西伊豆ダイビング協議会の「潜ろう会」が安良里で開催され参加する予定だったのですが、急きょキャンセル 10:00出船、10:30開始に間に合うように世話しなく支度をしました 平日だったせいか人出はそれほどでもなくのどかなムードのの中、8スカリ採って終いました 採ってきたばかりのひじきです
4/5ひじき1

収穫したひじきを前に記念撮影 まずは長女と そして全員集合 三姉妹と
4/5ひじき2 4/5ひじき3

コンクリートブロックで即席のカマドを作り、そこにドラム缶を設置 水を張って拾ってきた燃し木に着火 沸騰したら採ってきたひじきを投入します 4時間から6時間かけて煮るのですが、今年は2回分煮るのでお昼から煮始めても夜中までかかってしまいます 途中でフタを開けて蒸発して減った水を足し、ひじきを返します
4/5ひじき4 4/5ひじき5

ひじきの火の番をしながらBBQというのがお約束 同級生のまのっちも参戦しました ちなみにまのっちは今年からダイビングショップ「海冒主=うみぼうず」をOPEN お互い協力体制でやっていきますので海でご一緒することがあると思います その時はよろしくお願いしますね そして夜になりBBQパーティの恥ありです もしかしたらこれが楽しくてひじき採りをやっているのかもしれませんね(笑) 酒を飲みながらホルモン焼きをつまみつつ、西伊豆の夜は更けていきました 干す前の煮たてのひじきは「釜揚げひじき」といってマヨネーズを和えたりドレッシングやわさび醤油などで食べると最高です この時期にしか味わうことのできない贅沢です
4/5ひじき6 4/5ひじき7

1回目に煮たひじきはクウーラーボックスや発泡スチロールの箱に入れて蒸します 2回目に煮たひじきは火を落としそのままドラム缶に入れたままひと晩蒸らします そして翌日、干して出来上がりです 簡単にご紹介しましたが結構、手間がかかる作業なんですよ 西伊豆のひじきはとっても美味しいので是非、ご賞味下さい ショップにもお土産用にご用意していますよ
4/5ひじき8

それでは、また!

| 漁師 | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4/15 須崎のLOG

ダンゴウオ狙い(内心はアユカワウミコチョウ狙い)で須崎を潜ってきました お昼前から南西が吹く予報 アユカワウミコチョウが見られる田ノ浦は南西の風に弱いため早めにエントリーしました 見つかるかどうか半信半疑でしたがダイビングをスタートして5分と経たないうちにGET! 2個体目もたて続けに見つかりました いや~、本当にラッキーでした 田ノ浦を2本堪能して九十浜へ移動 ダンゴ(ダンゴウオ)とビクニン(スナビクニン)をガッツリ観察してきました 特にビクニンはご一緒した名古屋の酔鯱さんがみつけてくれました(喜) 神子元でハンマー狙いをする時はハンマーが出たらダイブタイムが20分台でもサクっと浮上を開始したりするのですが、須崎のダンゴ&ビクニンダイブも狙いが明瞭なためそれだけをガッツリ撮影したらサクッと終了という感じで潜りました それにしても1ダイブ目の田ノ浦、日大のキャンパスの敷地内?なのですが。大学生がBBQをしたりカヤックやスキンダイビングを楽しんだりとキャンパスライフを謳歌していました うらやましいっ! 本日のフィールドインプレッションですが水温15.1~14.1℃、透視度5mでした ダイブ後、お昼を下田市内で食べたのですが今回は「とんえび」に行きました とんかつ屋さんでは「一=はじめ」が有名ですが昨年、神子元の帰りにご案内していたので河岸を変えてみました 「とんえび」はちょっとお高いですがお値段なりの価値はありますよ 他には塩ラーメンの「一品香」もランチをやっていてここもオススメです
4/15須崎

写真左上から時計回りで:
アユカワウミコチョウ、スナビクニン、サラサウミウシ、ダンゴウオ

ダンゴウオが確実にGETできる須崎、すごいですね~

それでは、また!

| ダイビングログ | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4/14 雲見のLOG

ベタ凪の雲見、サーフェスインターバル中に衣替えしたロングジョン姿に日差しが暖かい一日でした! こんな陽気に誘われて1ダイブ目は気分良く島裏からエントリーして-24mアーチ~-26mアーチ~トンガリ~ヒラ根~トビ根と沖合いを流してグンカンでエキジットする予定でした 潮色が悪いのは重々、分かっていたもののヒラ根からトビ根に飛んだところでなんと離反してしまいました フロート打って浮上し、水面で合流 グンカンのブイまで移動しロープにつかまってその後、ボートにピックアップされました う~ん、調子に乗りすぎましたね~(苦笑) 2ダイブ目、3ダイブ目は久し振りに三競をウミウシ狙いでジックリ潜ってきました いや~、密度が濃かったですね~!! ウミウシ・ファンの方には是非オススメしますよ~ 本日のフィールドインプレッションですが、水温15.0~14.7℃、透視度5~3mといったところでした
4/14雲見

写真左上から時計回りで:
モンコウミウシ、セトイロウミウシ、オセロウミウシ、ゴマフビロードウミウシ

昼前から西風予報です ダンゴウオリクエストもありますので須崎を潜ります

それでは、また!

| ダイビングログ | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT