伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アクアリストの仲間入り?

と、言ってもまだ何も飼っていません ただ小さな水槽をホームセンターのペットコーナーで買ってきただけです ヒーターもサーモスタットもありません 砂利やライブロックもありません おいおい揃えていく予定です じゃあ、なぜ水槽なんか買ったのか それも海水魚なら何匹も入らない小さな水槽を、、、 それはウミウシを観察してみようと思ったからです きっかけは今日、収穫した「てんぐさ」を管理するために海水を汲みに行った時ふと思ったのです こんなに簡単に新鮮な海水が手に入るんだったらウミウシを飼いたいなぁと この時期、海の中ではウミウシの密度が日に日に濃くなってきています 漁業権が絡んでいないし砂利やライブロック、餌になる海藻やカイメン、カヤ類は実際にウミウシが棲んでいる環境から持ってくれば一番いいのではないかと しかも¥0-だし(笑)
1/31/水槽
当面はアオウミウシやシロウミウシ、サラサウミウシなどの食性が分かっていてキレイなイロウミウシが欲しいなぁと思います クロヘリアメフラシはたくさんいますし、これからゴクラクミドリガイ科の仲間が増えてくるので藻食系のウミウシもいいですね 夜、ひとりで水槽の中のウミウシを見ながら酒を飲んでいるかもしれません(爆) ウミウシ飼ったら是非、見に来てくださいね

今日で1月も終わりですね 明日から2月です そして2月といえば如月です 如月と言えば子供のころ見たアニメ、キューティーハニーの変身前はたしか如月ハニーっていうんでしたよね 全然、関係ないですが・・・

それでは、また!
スポンサーサイト

| その他 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大西の田子でウミウシ・フォトダイブ

昨日まで穏やかなお天気だったのですが、今日は冬型の気圧配置が強まり大西が吹きました 今年になってから本当によく吹きますね~ 吹くのはわかっていながらも車が錆びちゃうのがイヤだからマメに洗車して、一晩でフロントガラスは潮風で真っ白、、、 この時期はこの繰り返しですね(涙) さて本日は黄金崎を予定していたのですがあまりの大西で潜水注意とのこと 今後の経過次第ではCLOSEするかも!?ということでOPEN確実な田子湾内を潜ってきました 風波で上っ面はバシャバシャしているものの中層から深場にかけてはとても穏やかで潮もクリアでした! キアンコウや外れ1位のセトリュウグウウミウシ、カンナツノザヤウミウシ探しでやや深場を潜るので浅場のヨタはあまり関係ありませんが、、、 結果としてはキアンコウ、本日も見つからず セトリュウグウはご一緒した方に見つけてもらいまたまたいいトコなし!?でしたがピカチュウとかクリヤイロウミウシなどキレイなウミウシが見つかりました
1/30ログ
左上:セトリュウグウウミウシ 右上:ウデフリツノザヤウミウシ 左下:マドレラ・フェルギノーザ 右下:クリヤイロウミウシ

西風続きで水温は13.6~13.5℃と伊豆のボトムの水温まで下がってしまいましたが、インナーを着込んで使い捨てカイロをベタベタ貼ってそれなりの装備で潜っている為、水中ではそれほど寒さは感じませんでした 問題はエキジットしてからです 濡れたカラダに西風が当たると気化熱が奪われあっという間に冷え切ってしまいます 冬のダイビングはここが頑張りどころですね~ 波止場に戻れば熱いお湯がバスタブに張ってあるのでスーツのままドボン 午前中にコンコンっと2ダイブして田子の台所「さかなや食堂」でカラダの中から温まるというのが冬のこの辺(西伊豆ダイブ)のトラディショナルな楽しみ方でしょうか リクエストで東伊豆(IOP)も潜りますので是非、遊びにいらして下さいね~!

| ダイビングログ | 20:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久し振りの雲見でした。。。

昨夜半、西風が強く吹きましたが明け方にはおさまり凪になりました 先週末は凪だったようですが千葉の内房を潜りに行っていたので久し振りに雲見を潜れました やはりいいですね~、雲見! お好みの生物がザクザク見られましたぁ~ 1ダイブ目はグンカン・エントリーで途中、大牛洞窟付近まで行って-16mアーチを横切りトレジャーロックでフロート浮上 クラカトアウミウシ2個体、イソコンペイトウガニ、イボイソバナガニ♂♀、ビシャモンエビのペア、トサカガザミなど ウミウシ、エビカニはやっぱいいっす 見ていてホント飽きませんね~
2ダイブ目は-24mアーチ根頭からエントリーしてH型のアーチ~クレバス~水路~小牛の内カド~湾内ブイというコース取り 完全にウミウシ狙いのガチガチ・コースでした ウミウシの仲間が増えましたね~ 岩肌に藻類が生え始めウミウシが繁殖する環境がバッチリ整いました! 伊豆ダイバーの方、ウミウシ好きの方、冷たい海を潜りたいマゾっ気のある方、是非遊びにいらして下さい(笑)
1/28ログ1 ②1/28ログ2 ③1/28ログ3
①ウミウシ・シリーズ ②ムチカラマツを宿主にする生き物 ③エビカニ・シリーズ

そうそう、4月2日(土)に池袋のサンシャインで開催されるマリンダイビングフェアに絡めてEXILES飲み会をやります 池袋はダイバーだらけでしょうから、雲見でも繁忙期に水中でダイバーと出会わないスペシャルコースが得意なボクとしましては麻布までちょっと足を伸ばして宴会やります 予算は¥4,000-~¥5,000-で飲み物込みの予定です 実はもう会場も決まっていますので近々に告知しますね 皆様と一緒に楽しい時間を過ごせるのを楽しみにしています!!

| ダイビングログ | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明鐘で、、、自分の中の何かが変わる!?

前日の大西がおさまり、小春日和になりました 本日は浮島ビーチを潜ってきました さすがに西風が吹いただけあって水温が13~14℃と伊豆のボトムまで下がりましたが、透明度はさすがに良かったですね~ 大西明けだけあってヨタが残っていたのでドラゴンホールはウネウネでウミウシ探しはしんどく断念 明日も凪になりそうなのでうネリを避けて隠れていたウミウシが続々と出てくることでしょう
先週は千葉の内房を潜ってきたのですが、伊豆半島のダイビングポイントではありえない施設のない海を潜って自分の中で何かが変わったようです、、、 自分でドライスーツの背中のファスナーを閉めて90分近く潜った後、ドライスーツを独りで脱いで器材はその辺の手すりに 日差しがあり風もなく暖かかったので、頭も潮しおのままTシャツでしばし海を眺めていました
1/27浮島
あーゆー場所(洗い場もシャワーもない)で潜るとなんだかシャワー浴びたり器材洗ったりなんか家に帰ってからでいいかなぁ~なんて思ってしまいますね(笑) そういう意味では岩地なんかもいまなら満喫できそうです

それでは、また!

| ダイビングログ | 00:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京湾ダイビングツアーのご報告

1月21日~23日で千葉の内房(波佐間、明鐘)に東京湾ダイビングツアーに行って来ました! 初めて東京湾を潜りましたが当然ながら西伊豆(雲見)とは全然、違う海が待っていました ロケーションやダイビングスタイルの違いも大いに勉強になり、いい経験を積ませて頂きました 思ったより透明度が良く、黒潮の影響でしょうか水温も高かったです スポット的というかイベント的になってしまいますが、そのうちまた企画して潜ってみたいと思います
東京湾ダイビングツアー1 ②東京湾ダイビングツアー2
東京湾ダイビングツアー3 ④東京湾ダイビングツアー4
①マンボウランド(生簀)のマンボウはとても人懐っこかったです、ミンミギンポが登場、なんとタテキン幼魚もいました、コブダイはフィーディングされていてダイバーに寄って来ます
②クマドリカエルアンコウ2個体、オオモンカエルアンコウ、イロカエルアンコウの観られました、なんとタツノオトシゴが登場 こっちはハナタツはほとんど見られないそうです
③ウミウシ三昧 ゴマフビロード、アカネコモン、ムカデミノ、ヒメエダウミウシ、、、他にもたくさんのウミウシ達が見られました
④キイロウミコチョウ、シロミノウミウシ、マドレラ・フェルギノーザ、ルンキナウミウシ、、、明鐘は雲見と一緒で西風に弱いのが残念なのですが噂通りウミウシは結構、見られました

帰ってから風邪を引いてしまいました ゆっくり休んで早く風邪を治します ま、子供が交代で風邪っ引きなのである意味、仕方ないのですが・・・

それでは、また!

| ダイビングログ | 00:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011年、初田子 ウミウシ三昧っ!

年が明けて初めて田子を潜りました 午後着2ダイブのリクエストだったので、ポイントまでピストン輸送でサクサク潜れる田子は便利ですよね 昨年末に潜った際はウミウシ密度が薄く、ちょっと心配していましたがその心配も杞憂に終わりました 1ダイブではカンナツノザヤやピカチュウ、2ダイブ目ではセトリュウグウとウミウシの中でも大好物が登場してくれました 水温は14℃と冬の伊豆のボトムになっていましたが、透明度はすばらしくホームページのLOGには15mと記入しましたが20m~はあると思います 特に2ダイブ目はキアンコウでも、、、とサプライズ狙いでデカタンクを背負ってDECO STOP前提で深場を潜りました 透明度がいいので深場でもストレスがないですね 元来、深場はあまり好きではないのですが、今日くらい潮がキレイだとちょっとヤル気になりますよね(あ、ボクのいう深場は-30mくらいをチョロチョロのことですよ 笑)
1/19田子1 ②1/19田子2 ③1/19田子3
1ダイブ目と2ダイブ目の間に出前を取りました 吹きっさらしの中、薪をくべたストーブに当たりながらの食事もなかなかオツなものでした
写真は左上→右上→左下→右下の順で
①セトリュウグウウミウシ、カンナツノザヤウミウシ、ウデフリツノザヤウミウシ、シロイバラウミウシ
②ハナオトメウミウシ、イガグリウミウシ、アオウミウシ、シロハナガサウミウシ
③コロダイ若魚の群れ(水がキレイ!)、オルトマンワラエビ、ハナミドリガイ、サラサウミウシ

明後日から3日間、東京湾ダイビングツアーです 伊豆とは違う海でどんな生物との出会いがあるか今から楽しみです ホームページのLOGの更新は帰ってきてからになりますが、日記(このブログ)とツイッターはマメに更新しますね

それでは、また!

| ダイビングログ | 22:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雲見、久し振りの凪 そしてマンボウ情報!

昨日の朝から夜半まで吹いた西風の影響か多少のヨタが残っていましたが、まずまずの凪になりました なんと前日、雲見の-24mアーチ付近でマンボウが見られたとのこと 勇んで器材を車に積んで出発しました ま、経験則から出たといってすぐに潜ってもまず見られないので見られればラッキーくらいの気持ちで、、、 1本目は島前からエントリーして水路~クレバス~H型のアーチ~-24mアーチ手前まで行ってブイまで戻るコース取りです H型のアーチを抜けてから-24mアーチ付近はそれこそ眼をギンギンにギラつかせて中層をチェックしましたが、青い海にキビナゴが群れ、そこに大型のマダイが数個体プレッシャーをかけていました まぁ、結果から言うと思ったとおりサプライズはありませんでした 2ダイブ目もちょっぴりサプライズを狙ってグンカンからエントリーしましたがすぐに気持ちもマクロモードにチェンジ ウミウシの仲間やエビカニをチェックして参りました この時期の雲見は凪ぎ次第で多少リスキーな感じがしますが、潜られれば洞窟の水中景観は最高です!そして生物の方もご満足頂けるように情報を収集しますので是非、遊びにいらして下さい もし、西風CLOSEなんていうことになっても黄金崎や昨日行ったばかりのIOP(さらに経験を積んでおきます)、そして田子や大瀬崎をご案内しますので遊びに来たのに潜れないはありませんのでご安心下さいね
1/13の雲見1 ②1/13の雲見2
写真①左上:マダライロウミウシ 右上:イソコンペイトウガニ 左下:ビシャモンエビ 右下:キャラメルウミウシ
写真②左上:キリンミノ 右上:マツカサウオyg 左下:ガラスハゼ 右下:イロカエルアンコウ

気温が下がっています 船原峠は凍結の恐れがあります 深夜移動の方は冬用タイヤなどを装備していらして下さいね
それでは、また!

| ダイビングログ | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

伊豆海洋公園に行ってきました!

今日、ついにIOPを潜ることができました この時期、冬型の気圧配置になると西風が吹き雲見がCLOSEになるため他のポイントに移動してダイビングをするのですが、なんとな~く敷居が高い感じがして行けなかったのがココです 今回はバリバリの現地ガイドお三方に色々とご教授頂きました 特にO氏は同い年ということもあり、昨年辺りから親しくさせて頂いておりました いきなり14L(初体験)を背負って15分くらい中層を泳ぎ、直潜降で一気に水深-40mオーバーまで行くスタイルや30分くらいであっという間にDECOがでてしまうなど新鮮な体験でした(もちろん、ファンダイブではこの潜り方はしませんのでご安心を あくまでも業者向けでした) 生物層も雲見とはまた違って面白かったですね~ 2本目は鉄板コース1の根を教えて頂き実りの多い時間を過ごせました お三方、今日は大変お世話になりました そしてどうもありがとうございました
IOP魚IOPウミウシIOPエビカニ
①は今日のお魚さん達 ニラミギンポ、ダイダイヨウジ、オランヨウジ、クマドリなど他にはイロカエルが5個体も見られました
②は今日のウミウシ達 クロスジ、チゴミドリガイ、カメキオトメ、ガーベラミノなど ウミウシもいっぱいいましたヨ
③は今日のエビカニ達 大好きなアヤトリカクレエビを始め、ヒトデヤドリエビ、ムラサキゴカクガニ、ゼブラガニなど

雲見がCLOSEした場合は黄金崎やIOPなどコンディションが良いポイントをご案内しますので安心して遊びにいらして下さいね 

それでは、また!

| ダイビングログ | 00:11 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大西で雲見CLOSE、、、黄金崎へ!

昨日は冬型の気圧配置が緩み、穏やかな小春日和でした でも夜になると西よりの風が吹き始め、夜半には大西びゅ~びゅ~に、、、 雲見は当然、CLOSE でも黄金崎はOPENしていました エントリーエリアは時折り、大きな波が来て注意が必要でしたが水中は穏やかでしたよ(かる~くヨタは入っていましたが) 生物情報を元にじっくりのんびりお目当ての被写体を探しながら潜りました 水深-16mのケーソンに生えているウミトサカにはイソコンペイトウガニ付いていて、それが大きくてキレイなんですよ~ イソコン好きのボクとしては現在、ファンダイブでご案内しているウチ(雲見)のイソコンより可愛くて内心、嫉妬してしまいました(爆)その他、雲見では見られていないミジンベニハゼやなんとホワイトブイオクトパス(何年か前、話題になった変ダコ=ミミックオクトパス)も見られました ホワイトブイは最初、砂地の巣穴から10cmくらい顔を出していたのですが撮影しようと近づくと少し引っ込んでホタテウミヘビに擬態しました さらに近づくとシャッターを切る間もなく巣穴の中に消えてしまいました あ゛~、ざんね~ん(涙) ダイビングサービスには情報を伝えておいたので見つかるといいですね~
1月9日のログ

さて今回はボクの写真があまりにもしょっぱい感じだったのでご一緒した方の画像を拝借しました とってもキレイに撮って頂きました~ 雲見CLOSEの時やリクエストで黄金崎も行きますので是非っ!
そうそう、今日のようにエントリーエリアが波立っている場合はあらかじめフィンを履いてからエントリーしたほうがいいんですね 勉強になりました ところでこんなんで来週、IOPのエントリー大丈夫でしょうか!?(爆)
それでは、また!

| ダイビングログ | 22:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初潜り、いかがでしょうか?

昨日まで吹き荒れた大西が止んで今日は静かになりました と、いうことで雲見のダイビングログを 水底水温は15.7~15.6℃、透視度が15mでまずまずのコンディションでした 1ダイブ目は牛着岩の沖合いの隠れ根「トビ根」でいとしのアヤトリカクレエビを探したのですが撃沈、、、、 大瀬崎で見たイメージが残っているうちにGETしたいものです 大牛洞窟前に移動して-16mアーチ方面でウミウシ探しをしました 普通種ですがイロウミウシの仲間が非常に多いです ウミウシダイブはいよいよこれからっていう感じですね ウミトサカでまたまたイソコンペイトウガニをGET 今回のはサイズが大きく白っぽい個体でした 小さいのもいますのでイソコン好きの方は是非! 黄色いクマドリカエルアンコウも見られましたよ 2ダイブ目はH型のアーチからクレバス~水路というベタなウミクシ・ライン キャラメルウミウシ大小、フジイロ、そして初めてみたネコジタウミウシ科の一種が登場 大牛洞窟よりこっちの方がウミウシ密度は濃いですね~ 明日は冬型の気圧配置が緩み少し温かくなりそうです
1月7日雲見

明後日からまた西風が吹きそうです 成人の日は特に寒くなりそうですが、、、 成人の日が1月15日だと思い込んでいるのはちょっとヤバいですかね!?
それでは、また!

| ダイビングログ | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT