伊豆West Coast

西伊豆の豊かな自然と共に暮らす日々です

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フォトダイブを満喫しました 4/21雲見のLOG

天候:曇り 気温:22℃ 水温:16.2℃
透視度:8m
コース:牛着岩(小牛裏カド~小牛まわり~小牛前)

1_042116kaikyo.jpg
 今にも泣き出しそうな空模様 午後から雨が降る予報です 幸い海は穏やかです

2_0421aka.jpg 3_0421ten.jpg
 まずはアカホシカクレエビとテントウウミウシのペア

4_0421beni.jpg 5_0421aya.jpg
 ウミウサギの仲間、ベニキヌヅツミとアヤメケボリ

6_0421wata.jpg 7_0421mmino.jpg
 ワタトリカイメンにいるワタグモウミウシに似たウミウシとカイウミヒドラを摂食中のムラサキミノウミウシ

8_0421michi.jpg 9_0421run.jpg
 ミチヨミノウミウシとタマミルにいた小さなルンキナウミウシの仲間

10_0421kai.jpg
 お気に入りの黄色い帽子の可愛子ちゃん、カイカムリの仲間

11_0421aosa.jpg 13_0421moe.jpg
 アオサハギと英名セクシーシュリンプことイソギンチャクモエビ

12_0421ito1.jpg 14_0421iro2.jpg
 イロカエルアンコウ2連発です

15_0421muchi.jpg
 ラストはムチカラマツ ペアで見られました(写真は単体)

天候:曇り時々雨 気温:22℃ 水温:16.5℃
透視度:8m
コース:牛着岩(小牛横~ブイ)

16_0421mada.jpg 18_0421some.jpg
 2ダイブ目は1ダイブ目とほぼ同じ被写体をご紹介したので1ダイブで見ていない生物を掲載します マダコとソメンヤドカリ 捕食する側とされる側です ソメンヤドカリの背負っているベニヒモイソギンチャクは一説にはタコから身を守るためと言われています

17_0421mmino.jpg 19_0421mis.jpg
 産卵中のムラサキミノウミウシと貝を背負ったウミウシの仲間、ミスガイ

天候:曇り時々雨 気温:22℃ 水温:16.1℃
透視度:8m
コース:牛着岩(大牛洞窟前)

20_0421hiram.jpg 21_0421usu.jpg
 3ダイブ目は大牛洞窟前でじっくりウミウシダイブ まずはヒラムシの仲間とウスイロウミウシ

19_0421nkocho.jpg 22_0421koi.jpg
 最近、良く見かけるムラサキウミコチョウ そしてコイボウミウシ

23_0421sori.jpg 28_0421beni.jpg
 ウミウサギの仲間、ソリキヌヅツミとベニキヌヅツミ

24_0421osero.jpg 25_0421ose.jpg
 オセロウミウシの単体とペア いっぱいいました

26_0421saku.jpg 27_0421nishi.jpg
 サクラミノウミウシとニシキウミウシの幼体

29_0421shira.jpg 30_0421fuji.jpg
 シラユキウミウシとフジムスメウミウシ

31_0421mitsu.jpg 32_0421heri.jpg
 ミツイラメリウミウシとヘリシロイロウミウシ

33_0421oto.jpg
 小さなオトヒメエビです

34_0421iba.jpg
 レアなイバラウミウシの仲間 ペアです

35_0421iro.jpg
 イロウミウシの一種がいました

36_0421hime.jpg
 きれいなヒメコモンウミウシ 雲見ではコモンウミウシに比べて個体数が圧倒的に少ないです

37_0421seto.jpg
 大好きなセトイロウミウシ きれいですね~

38_0421cara.jpg 39_0421mkocho.jpg
 ラストはキャラメルウミウシとムラサキウミコチョウ 雲見のウミウシワールドを堪能しました~(^O^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします
スポンサーサイト

| ダイビング・イベント | 20:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

爆弾低気圧一過の穏やかな海でした 12/19雲見のLOG

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温11℃ 水温:15.7℃
透視度:18~15m 潮流:ニヤ潮、微 ウネリ:微
コース:牛着岩(-24mアーチ~小牛~ブイ)

1_121914kaikyo.jpg
 小学校、幼稚園とも休みになるくらいものすごい風が吹き荒れました 爆弾低気圧が去って穏やかな雲見になりました

2_1219teng.jpg 5_1219glass1.jpg
 -24mアーチの根頭にいたテングダイのペア そしてお気に入りのガラスハゼwithメダマイカリムシ

3_1219muchik1.jpg 4_1219tatsu.jpg
 その近くにはムチカラマツエビとハナタツ

6_1219ayame1.jpg 7_1219isobana.jpg
 アカヤギの一種を宿主にしているアヤメケボリとイソバナカクレエビ あちこちで見られます


8_1219namakom1.jpg
 トラフナマコをチェックするとナマコマルガザミがいました

9_1219hiro.jpg 10_1219moebi1.jpg
 小牛の亀裂には小さなヒロウミウシとイソギンチャクモエビ

11_1219ayame2.jpg 13_1219togari.jpg
 アヤメケボリとトガリアヤメケボリ 違う種類のヤギを宿主にしています

12_1219glass2.jpg
 大きなガラスハゼ ヤギを宿主にしています

14_1219umiusa.jpg
 ユビノウトサカを摂食中のウミウサギ まだ幼貝です 素晴らしいコンディションでした!

フィールドインプレッション

天候:晴れ 気温11℃ 水温:15.7℃
透視度:18~15m 潮流:ウラ潮、微 ウネリ:微
コース:牛着岩(ロッカク岩~大牛洞窟)

15_1219aou1.jpg 16_1219shirohana.jpg
 定番のアオウミウシと移動中のシロハナガサウミウシ

17_1219ikaeru.jpg 18_1219kkaeru.jpg
 数々の台風と今回の爆弾低気圧を乗り越えたイロカエルアンコウとクマドリカエルアンコウ このど根性には頭が下がりますね

19_1219kiiro.jpg
 コイツもロングセラーです キイロウミウシ

20_1219moebi2.jpg 22_1219namakom2.jpg
 小さなイソギンチャクモエビとナマコマルガザミ

21_1219hyomon.jpg 26_1219koika.jpg
 ブルーの柄が美しいヒョウモンダコ でも猛毒の持ち主なのでご注意ください 暗がりではコウイカの仲間が見られました


 ムービー撮影しました 是非ご覧ください

23_1219muchik2.jpg 27_1219muchik3.jpg
 ここでも見られたムチカラマツエビ


 今回は別々のムチカラマツで見ましたがペアで見られることもあります

24_1219sori.jpg 25_1219matsu.jpg
 ソリキヌヅツミとマツカサウオの幼魚 マツカサウオの幼魚はちょっと奥のほうにいて上手く撮影できませんでした 明日も凪予報 アフターダイブは民宿はまゆに泊まって大宴会 明後日、日曜日は田子でタカアシガニパーティでwす(^O^)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました よろしかったら
ポチをおねがいします

| ダイビング・イベント | 17:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

銭洲遠征、断念、、、

日曜日の銭洲遠征の中止を本日、決定しました。今シーズンは巡り合わせが悪く3回とも海況不良により中止になりました。例年以上にトレーニングや諸々の準備に余念がなかったので残念で仕方ありません、、、 必ずしも努力や準備が報われるとは限りませんし、むしろ報われない方のことが多いのはわかっているつもりでしたが。でもここで無理をして現地まで行って潜れませんでしたはあまりにも残酷ですからね。7年前に銭洲まで行って潜れなかったことが一度ありました。あの頃は若かったというか怖いもの知らずというか経験則もなかったので行けばなんとかなると思い込んでいました。実際に荒れ狂う銭洲の海と対峙した時に本当にビビリました。板子一枚下は地獄と言いますが荒れた銭洲はまさにそんな感じです。航行中もあのデカいアルミ船が跳ねて寝ている床から天井まで跳ね飛ばされます。天井に激突しないように手を伸ばしてガードしたり、手すりにつかまったり、、、

5/16/04銭洲

釣り人は行けるんです。でも、ダイバーにとって何が一番重要かというと全員無事に線上にエキジットできるかどうかということです。荒れていてもエントリー&ダイビングはできます。でもJG船で水面から見てあの高い乾舷からそびえ立つラダーを果たして無事に登り切れるのか。ここが判断基準になります。銭洲は逃げません。今シーズンはたまたま行くことができませんでしたが来シーズンは銭洲の最高のシーズナリティーにガチッと潜れるように今からフィジカル面、機材の面で準備をして行きます。2003年から遠征をスタートして船が火災にあった2009年以来、2度目のNO銭洲になってしまいました。でも諦めるのも勇気を大切に来シーズンの遠征に思いをはせてたいと思います。

最後に、、、
だから銭洲は面白いんですよね。だから遠征は止められません。「なんでそんなつらい思いまでして行くの?」って聞かれることがあります。「銭洲って面白いんですよ~っ」て答えていますが、本当はそこにダイバーの挑戦を待っている手強い海があるからなんですよね。

| ダイビング・イベント | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

銭洲遠征、直前...一抹の不安。。。

今週末、いよいよ銭洲遠征に行きます(今日現在、あくまでも予定)。今シーズンは海況不良で2度、中止になっていて今度がまさに2011年のラストチャンスです。今日も大ナライが吹いて東伊豆は大荒れ。銭洲は風の陰がないので大西でも大ナライでもOUTなんですよね~。天候、海況もさることながら2011年の銭洲のログをネットでチェックしていますが、ざっと見た感じかなりかなり厳しいようですね。(ハァ~っ) パッとしたログや心が躍るような画像が一個もUPされていませんね~、、、 去年はサメやバラクーダが大爆発していたんですがねぇ~、、、 ボク自身、銭洲の潜水本数はおそらく日本一だと思いますので経験の全てを出し切って状況が悪いながらもいいガイドができたらなァ~と気合だけは入ってます。1月からいつか来るその日のためだけにスタミナ強化で月間200キロとか走っていますからね~。週末のお天気はイマイチみたいです。せめて、海が穏やかになってくれればなァ~。

| ダイビング・イベント | 00:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011年松崎港発 銭洲遠征ツアー参加者大募集!

銭洲TOP

 当店では2002年3月にショップをOPENし、その翌年の2003年6月より銭洲遠征を開催しました 銭洲イナンバ遠征に関しましてはお陰さまで今年で8年目を迎えました シーズンを通じてツアー本数の多さ、過去の実績には自信があります! ダイバーがめったに足を踏み入れることができない、一生に一度は潜れれば、、、と言われている銭洲イナンバですが当店開催のツアーならそんな決死の覚悟も血のにじむような努力も必要ありません メールかお電話でご予約頂ければサクっと日帰りで参加することができます 既存のダイビングポイントでは飽き足りない方、冒険心たっぷりのダイナミックな海を潜りたいという方は是非、当店開催の遠征ツアーにご参加下さい ただし、初めてご参加される方は事前のチェックダイブ及び詳しいブリーフィングで注意事項等ご説明いたしますのでまずはご来店下さいね

銭洲についての詳しい説明は ≫ Read More をクリックしてください
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

≫ Read More

| ダイビング・イベント | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011年松崎港発 イナンバ島遠征ツアー参加者大募集!

イナンバTOP
 当店では2004年より藺灘波島(イナンバ-ジマ)へのアタックをスタートしました まさに絶海の巨岩という形容がピッタリの島です 伊豆諸島のダイビングエリアで、週末のみの休暇を利用して潜るにはちょっと厳しいと思われた場所ですが、松崎港から出港することにより週末のみの休暇で潜りに行くことが可能になりました 近隣の銭洲を潜りに行っているうちにどうしてもここを潜りたくなったのがイナンバ遠征をスタートしたキッカケです 「ダイバーがめったに足を踏み入れることができない、一生に一度は潜れれば、、、」という言葉は銭洲よりもむしろ、イナンバのほうがシックリきます 初めてイナンバ島を目の前にした時の強烈な印象は今でも忘れられません 海の中はもちろん、船上から島や360度広がる大海原、かすんで見える御蔵島の島影を眺めているだけで冒険心を満たされるまさにダイバー憧れの離礁といっても過言はないでしょう 今シーズンは日帰り(前夜船中泊)とイナンバ銭洲1泊2日の2パターンをご用意しました 既存のダイビングポイントでは飽き足りない方、冒険心たっぷりのダイナミックな海を潜りたいという方は是非、当店開催の遠征ツアーにご参加下さい ただし、初めてご参加される方は事前のチェックダイブ及び詳しいブリーフィングで注意事項等ご説明いたしますのでまずはご来店下さいね

イナンバについての詳しい説明は ≫ Read More をクリックしてください
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

≫ Read More

| ダイビング・イベント | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9/11(日)稲取発 日帰りドルフィンスイム&ダイブ参加者募集!

 来る9月11日(日)、伊豆諸島の利島(としま)でドルフィンスイム&ダイビングツアーを開催します 稲取港から知り合いのボートで利島まで移動し、ボートダイビング カンパチなどの回遊魚などが登場するダイナミックな海です 運がよければニタリ(オナガザメの仲間)が見られるかもしれません もちろん、オプションのビーチダイブでねっとりとマクロ系オタク・ダイブも楽しめます ランチタイムの後はいよいよメインイベントのドルフィンスイムです 野生イルカといえば御蔵島が有名ですが(いつもイナンバまで行ってしまうのでいつも通り過ぎていますが、、、)利島にもいるんです、野生イルカっ! しかもかなりの高確率で遊んでもらえるとのこと う~ん、これは行くしかありませんねぇ~ 何と言っても近場なので週末のお休みだけでサクっと行けちゃうところが魅力ですね~ 皆様のご参加、お待ちしていま~す!

ツアーの詳しい内容はコチラをCLICK!

| ダイビング・イベント | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4月2日 元麻布オフ会ご報告

4月に入り、バタバタしていてオフ会のご報告が遅くなりましてスミマセンでした さる4月2日、港区元麻布のダイニングバー「青いひみつきち」にてEXILES東京オフ会を開催しました 当初は池袋サンシャインで開催されるマリンダイビングフェアに絡めての企画でしたが、ご存知の通り東北地方太平洋沖地震により7月に延期 オフ会も中止もしくは延期を考えたのですが、こういう時期だからこそ皆さまの元気な姿に接したいとの思いで開催しました 当日はたくさんの方がお忙しい中、そして計画停電が実施されている最中、足を運んで下さいました ボクシング部時代の後輩でダイバーのP氏と同じく後輩でボクシング漫画「はじめの一歩」の篠田コーチのモデルで現在もJBスポーツでトレーナーをしているD氏とお店に前入りしました まずは「青いひみつきち」のオーナーシェフ、小堀氏と記念撮影 おいしいモノはカロリーたっぷりでカラダに悪い!が持論だそうでボクも同じ意見です おいしい食事は人を幸せにしてくれます 普段は海藻ばかり食べてウミイグアナのような食生活のボクですが、たまにはカロリーたっぷりのおいしいモノを食べに行きます 小堀さんの創る料理はどれもとっても美味しかったです 興味のある方は是非、リンクからお店のホームページをご覧下さいね
4/2東京オフ会1

店内はお店の名前どおり青い照明がとってもいい雰囲気のまさに「青いひみつきち」でした 大人になってグラスを傾けつつ、子供のころ作って友達と遊んだ秘密基地を思い出しノスタルジックな気分に浸れます ご参加くださいました皆さまの写真を掲載します 店内の雰囲気もなんとなく分かるのではないでしょうか
4/2東京オフ会6 4/2東京オフ会2 4/2東京オフ会3
4/2東京オフ会4 4/2東京オフ会5 4/2東京オフ会7

あっという間の2時間でしたが皆さんの元気そうな姿に接することができて本当に良かったです ボク自身、とっても元気をもらえました どうもありがとうございます! ダイビングという遊びは当然、海を潜る遊びであり伊豆半島は海に囲まれています 今回の震災の報道を見ても危険なイメージが付いてまわるのは当たり前のことですが、ダイビングをはじめ海の幸を採集するために日々、海と接して暮らしています 海が恋しくなりましたらいつでも遊びにいらして下さい その時に楽しかったと言って頂けるようにお客様がいない時でも海に入ります そして今回、ご参加くださいました皆さん本当にありがとうございました!

話はガラリと変わりますが、前述のボクシング部の後輩のD氏 彼はダイバーではないのですがそんなカレとご夫婦で参加して下さったA女史との間でこんな会話が、、、
A女史:Dさん、せっかくだからダイビング始めましょうよ アニキ(A女史はボクのことをこう呼びます)もいるんだし環境整ってるじゃないですかぁ~
D氏:はぁ・・・ オレでも出来ますかねぇ~
A女史:大丈夫ですよ~ Dさん、ボクシングやってたしスポーツマンじゃないですか~ ダイビングなんてあたしだって出来るんですからぁ
D氏:そーですよね 出来ますよね じゃあ先輩に言って教えてもらいますよ オレ、クモ膜下(クモ膜下出血の略)でアタマ開いていて脳圧とか上がっちゃうとヤバいんですけどそこまでススメられるんだったら大丈夫ってことですよね! やります、オレっ
A女史:え゛~~っ(絶句)
実はこれ、真面目なA女史をからかうために事前にP氏が仕込んでいたネタでした(D氏がアタマを開いたのはネタではありません やはりボクシングはあんまり長くならないほうがいいようですね、、、)

二次会は新橋に移動しました 駅に向かう道中、大黒屋(ブランド質店)の前を通りかかったのでロレックスのデイトナを身にまとっているボクシング部の後輩のP氏に
ボク:「Pちゃん、時計貸してくれない?」
P氏:「え、いいですけど、、、」腕時計を外す仕草
ボク:「デイトナ、大黒屋に預けて二次会はパァ~っと行こうよ!」
P氏:「え、ちょちょちょっと! 待ってください ダメっすよ~」
ボク:「じゃあTさん(=A女史の旦那さん)、奥方を質草にしてそれで飲みましょうか?」
P氏:「先輩、ダメっすよ 大黒屋はブランド品しか引き取ってくれないんですから」
どこまでも慇懃無礼なP氏でした(爆)

二次会にお付き合いくださいました皆さま、どうもありがとうございました!
その後、京浜東北線に揺られてボクとP氏は浦和駅で下車し三次会へと突入したのでした
以上、ご報告でした

それでは、また!

| ダイビング・イベント | 23:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4月2日(土)EXILES東京飲み会のお知らせ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※お知らせ※※※※※※※※※※※※※※※※※
マリンダイビングフェアの開催延期が発表されましたが、オフ会は予定通り開催いたします 停電等でアクセスもままならないかとは思いますが、皆様にお会いできるのを楽しみにお待ち申し上げます


4月1日(金)~3日(日)、池袋サンシャインで今年もマリンダイビングフェアが開催されます そこに合わせてEXILESでも東京飲み会を開催致します 日中はマリンダイビングフェアの会場を見学でまわりますのでもし見かけましたら是非、お声を掛けて下さい 飲み会ですがダイバーの方はもちろん、ノンダイバーの方でも大歓迎ですのでお友達などもお誘い合わせの上、是非×2ご参加下さい!! 西伊豆の海以外の場所でも皆様と親睦が深められたらと思います

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

日時:2011年4月2日(土)19:00~21:00
場所 元麻布ダイニングバー「青いひみつきち」
   -ADDLESS- 東京都港区元麻布 2-11-6-B1
   -TEL-   03-6809-5530
ホームページ:青いひみつきち
会費:¥4,500-(食事、飲み放題込み)
参加申し込みの締め切り:3月28日(月)
お申し込みはショップメールもしくは参加申し込みからお願いします 件名に「飲み会参加」などお願いします
(※完全予約制です 予約の都合上、飛び入り参加については事前にお問い合わせ下さい)
定員:30名くらい(定員になり次第、締め切らせて頂きます)
キャンセルについて:3月30日(水)まで 以降、¥4,500-のキャンセルフィーを申し受けます ご注意下さい

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

後日、皆様に飲み会のお誘いメールを致しますが、参加申し込みと行き違いになりましたらお詫び申し上げます
メールが届かなかった場合、アドレスの変更を登録していない場合がございますのでご一報頂けると幸いです

| ダイビング・イベント | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

忘年会! 12/7ダイビング&民宿はまゆ宴会 12/8田子ダイビング&タカシガニパーティ

2013年 EXILES忘年会

party1208hamayu2.jpg party1208hamayu1.jpg

party1208hamayu3.jpg party1208hamayu4.jpg

雲見で潜ったあとは民宿はまゆで豪華舟盛りに舌鼓! 翌日は田子で潜ってタカアシガニに舌鼓!
4ボ-トダイブ付 参加費・・・\50,000-(税込)
※※施設使用料+ランチはもちろん含まれていますのでたいへんお得です!※※
イベントにつき現金決済にて承ります

↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはコチラを開いてください

≫ Read More

| ダイビング・イベント | 12:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT